妊婦さんはとっても運転が大変!知っていましたか?

既婚男性で妊婦さんを助手席に乗せて病院に連れて行ったことがある人が大半だと思いますが、仕事でどうしても一緒にいくことができない場合もあります。新しい生命を宿した妊婦さんは、妊娠中期からお腹が出てきて日常生活に支障が出る場合もあります。車の運転にも支障が出る恐れがあるので、パートナーが妊娠しているのであれば夫が車の運転をすることが優しさにもつながるといえます。

妊娠中の運転は控えて!

普段以上に周りに気を使って!

安全運転に気を使っている人がほとんどだと思いますが、妊娠中の運転や妊婦さんを乗せての運転はいつも以上に気を使ってください。交通事故はいつ起こるかも予測できないので、気を引き締めて安全運転をしてください。特に夜間は事故が起きやすいので、病院へ向かうときは慎重に運転してください。
また、急ブレーキなどの急の付く運転は禁物です。危険回避の急ブレーキは仕方ありませんが、急の付く運転は妊婦さんに強いストレスを与えることになります。妊娠中に強いストレスを受けることで、胎児の発育に影響を与えることが証明されています。
妊娠中の定期健診などで病院にいくときは、夫や家族に運転してもらうことが良いでしょう。万が一の事故に巻き込まれて、究極の選択を迫られる事故もありますので注意してください。事故は他人事ではないので、普段より気を使って運転してください。

優しい運転をして!

妊娠中の運転では、優しい運転が必要になります。妊婦さんの体に強い衝撃が加わるような運転は禁物なので、段差などに普段以上に気を使ってください。スピードが出ている状態て段差などを超えると、かなり強い衝撃を感じるのでゆっくり慎重に通過してください。
また、運転中にスマートフォンなどを操作することも禁止です。法律でも禁止されていますが、何気ない行動が妊婦さんの不安をあおってしまいストレスへとつながります。仕事で急用電話やメールが来たときは、安全な場所に停車してから操作するようにしてください。
何気ない行動が妊娠している女性のストレスの原因になっている可能性もあり、正しい知識で理解が必要となります。妊娠初期では急にイライラを見せたり気分が落ち込むなどの症状があるので、できるだけ優しく接することが必要です。運転にも同じことがいえるので、パートナーとお腹の赤ちゃんを守るために優しい運転をしてください。

父になるために!

病院で指導を受けると思いますが、妊娠中のパートナーを優しくいたわることが必要です。車の運転も同じで妊娠しているのであれば、普段以上に優しい運転と安全運転に集中してください。赤ちゃんの誕生は喜ばしいので、絶対に事故を起こさないことと事故に巻き込まれないと強く思って運転をしてください。
妊婦さんの苦労を男性が理解することは難しいことなので、一緒に隣にいて愚痴を聞いてあげることなどできることで励ますことができます。個人差はありますが妊娠後期では家の中にいることが多くなり、多くのストレスや不安を取り除くためにも一緒に過ごすことが大事といえます。
お子さんができてから運転を変えるのではなく、パートナーと赤ちゃんを守るためにも妊娠していることが分かったら優しい運転をしてください。妊娠初期の変化を見つけることは難しいために、普段から気を使って優しくすることが良いでしょう。

妊婦さんはシートベルトしなくていい?

シートベルトは使用してください!

シートベルトを着用することで腹部が圧迫されて赤ちゃんに悪影響が出ないか心配になってしまいますが、着用することが良いでしょう。事故から身を守るために、助手席にいたとしても正しく着用することがお腹の赤ちゃんを守ることになります。
道路交通法では健康上やむを得ないときは使用しなくてもいいとなっていますが、妊娠を理由にしなくていいということではありません。座っていることも辛いほどの状況や臨月で出産の兆候が見られるときなどは、健康上のやむを得ないときに該当します。
妊娠していれば着用の義務ががなくなると思われていますが、体型に変化がないと信用してもらうことはとても難しいといえます。母子手帳を見せても信用されない場合もあるので、妊娠していても必ず着用してください。助手席に乗せている場合も同じで、運転手であるあなたがしっかりと安全運転とシートベルト着用で家族を守ることができます。

シートベルトを着用しないと大変なことになる!

シートベルトを着用していることが前提で、自動車の安全性能が向上しています。エアバックやABSなどの装置が安全性能の向上に役立っていますが、補助的な役割なので着用せずに事故が起きるとエアバックの衝撃によって怪我をする恐れがあります。事故は起こさないことが大切ですが、万が一の事故に備えることも大切です。
自動車が進化しても事故を無くすためには、運転手の安全運転だといえます。妊婦さんの体調が急に悪くなったからといって、法定速度を超えるような速度での運転では事故を起こしてしまいます。すぐに専門医の診察を必要とする場合があり、救急車を呼ぶこともときとして必要になります。自家用車を使う場合は軽い症状のときだけにすることで、悲惨な事故を防ぐことになります。
安全運転をサポートするシートベルトは正しく使用することで、効果を発揮します。お子さんにチャイルドシートがあるように、妊婦さんも使用しなければいけません。万が一に備えておかないと、社外に投げ出されて母子ともに死亡するケースも珍しくはありません。交通事故は決して他人事ではないので、しっかりと安全運転を実行してください。

妊婦さんのシートベルトの着用の仕方!

妊婦さんが通常の使い方をしてしまうと、お腹を圧迫したり胸を圧迫してしまいます。個人差はありますが、妊娠することで胸が大きくなり痛みを感じる場合があります。正しく使用しないと痛みや圧迫に耐えることができなくなり、安全運転に支障が出る場合があります。
使用するときは、肩ベルトが首にかからないようにします。多くの車でベルトの始点の位置を変更することができるので、妊婦さんのベストな位置に設定することが必要です。胸の部分は両乳房の間を通すようにしてください。腰ベルトは、腰骨付近に合わせると良いでしょう。お腹を直接圧迫しないので、赤ちゃんにも影響はないといえます。
使用することで悪影響が出ないかと心配になる声もありますが、正しく使用することで万が一に備えることができます。交通事故はいつ起きるのか分からないので、お腹の赤ちゃんを守るために正しく使用しましょう。

 妊婦さんもシートベルトを装着しましょう

妊婦さんが運転中に事故を起こさないためには?

体調をしっかりと把握して!

車の運転中に突然の発作が起きて亡くなる事故が多発しているので、運転をするときは自分の体調をしっかりと把握する必要があります。妊婦さんにも同じことがいえるため、体調の変化があるときは運転を控えうることが良いでしょう。妊娠中(特に妊娠初期)に精神的な不安を与えたり体に強い衝撃を与えてしまうと、赤ちゃんに影響してしまいます。普段以上にデリケートになっているので、優しく接してください。
また、はじめての妊娠ではうつ病の傾向が見られるときがありますので、病気の傾向が見られる場合は運転を控えてください。運転中に強いストレスや衝撃を受けることで、発育に影響がでる可能性があります。出産が終わると症状はよくなりますが、稀に重症化する場合がありますので注意が必要です。
小さな衝撃でも妊婦さんには大きな衝撃になりますので、慎重に運転をしてください。妊娠中だけではなく、普段からパートナーの体を気遣うことが良いでしょう。見た目では分からない体調の変化に気が付くことで、早めに対処ができるために安心できます。

車間距離を十分に!

安全運転の基本になる車間距離を、普段より長くすることが必要になります。妊娠のためにお腹が大きくなっていると、通常の動作が遅くなるのと同じで反応が遅れる場合があります。お腹が大きくなっていることが原因なので、運転を変わってもらうことが良いでしょう。車間距離を長くすることで割り込みされる場合もありますが、冷静に対処してストレスにならないようにしてください。
また、自分では長く車間距離を取っているつもりでも短くなってるときがあります。加速性能に差があるので一定に保つことは難しいので、ゆっくり発進とゆっくり加速を心がける必要があります。通常よりアクセルを弱く踏むことで、体の負担や運転の疲労を軽減してくれます。
運転中はさまざまなストレスや衝撃を体で感じるために、赤ちゃんに悪影響が出る可能性があります。小さなストレスも積み重なっていくことで大きくなり、母子ともに負担になります。妊娠初期や出産予定日が近いと不安になっていますので、運転には細心の注意を払ってください。

スピードは控えめに!

スピードを控えめにすることで、周囲の状況をしっかりと把握することができます。法定速度を守ることは前提ですが、下り坂などでは知らない間にスピードが出てしまう場合があります。スピードメーターで確認をする必要があり、追突事故を起こさないためにも前車の動きをしっかりと見ながら注意してください。
控えめに運転をしていると後ろの車からパッシングやクラクションを鳴らされるあおり行為を受けて、恐怖を感じるときがあります。恐怖を感じると知らない間にストレスとして蓄積され、大きな音や声に敏感に反応してしまいます。恐怖を感じないように、病院までのルートを変更するなど対策が必要になります。
夫や家族が運転する場合も同じで、その道であおり行為を受けたことを伝えてルートを変更してください。遠回りになってイライラするのではなく、妊婦さんの気持ちになって優しく対応してください。また、妊婦さんも助手席ではなくリアシートに乗るとストレスの軽減につながります。視覚からの情報が少なくなるので、ゆっくりと乗っていることができます。

緊急時には冷静な対応を!

自己判断ができるとき!

妊娠中に倒れたからといって、必ず急を要するとは限りません。倒れた方で判断することができますが、意識があるかないかで判断してください。意識がある場合は、症状を聞き出してかかりつけの病院に連絡を取ってください。症状によっては大きな病院を紹介されて、そちらで診察を受けることになります。
意識がなかったときは、迷わずに救急車を呼んでください。倒れると同時に意識を失うことは、違う病気が原因かもしれないので注意してください。救急車を呼ぶときには妊娠していることやかかりつけの病院を伝えておくことで、スムーズに救急搬送されます。
急激な体調変化を起こしてしまう要因はさまざまですが、大きい衝撃や急激な温度変化などが要因となるでしょう。体調管理も重要なので妊婦さんはもちろんですが、夫や家族の優しさも必要です。家族の誰かが風邪を引いてしまったのなら、早くに病院で適切な治療を受けることが良いでしょう。

自己判断ができない!

自己判断ができないときは、慌てないで119番で連絡をしてください。倒れた時の状況や意識があるのかないのかなど、状況をしっかりと伝えることで電話で指示を受けることができます。救急隊員が来るまでに適切な応急処置ができます。
医療関係の知識を持っているのであれば即座に応急手当ができますが、医師や看護師でもないと対応することができません。素人判断での応急処置は怪我などには有効でも、妊娠している場合は専門的な知識が必要になるので安易な判断はしないでください。
母子ともに何事もなく回復する場合が多いので、勝手に薬を飲ませたり民間療法などを使うことはしないでください。妊婦さんは薬の服用にも大きく制限があるので、鎮痛剤や風邪薬などを使うことはしないでください。病院で指導されると思いますが、普段から使っている薬やサプリメントがあるのであれば医師と相談してから使用してください。

まとめ

妊婦さんが車を運転することは想像以上に大変なことなので、可能な限りは運転を変わりましょう。乗り降りのときもドアを全開にするなど大変な思いをするため、少しのことでも手助けすることが良いでしょう。妊娠は男性が考えているより大変なので、妊婦さんに優しくしてください。
パートナーは妊娠することで、日常生活の中に変化が起きます。味覚の変化や肩こりなどが妊娠の兆候として見受けられるので、もしかしてと疑って見てください。個人差によって症状は異なるので全部が当てはまらないので、産婦人科で診察を受けてください。
妊婦さんが運転していることを示すステッカーなどもあり、活用することも良いでしょう。活用することで多くの人が理解しますが、一部の心の無い人もいることを忘れないでください。マタハラ(マタニティーハラスメント)が問題になっているように、わざと追突させ事故を起こす人もいます。被害に遭わないためにも運転は控えて、外出は夫婦で一緒にいってください。