【話題のISOFIXも!?】チャイルドシートなどでベビー用品で有名なアップリカの商品をご紹介!

アップリカは現在、コンビと並ぶ日本のベビー用品2大メーカーです。そのアップリカはチャイルドシートやベビーカーなどの大型用品から、哺乳瓶やおもちゃまで開発・製造・販売を行っています。そのなかで今回はチャイルドシートに照準を合わせてご紹介します。

アップリカの歴史はこうなっています。

出典:http://www.aprica.jp/

アップリカは、正式名称を「アップリカ・チルドレンズプロダクツ株式会社」といい、大阪府大阪市中央区島之内に本社を置くベビーカーを中心とした育児用品製造販売をおこなう会社です。2008年4月に、アップリカ葛西(”かっさい”と読みます)株式会社より全事業を譲渡されて発足した会社です。

アップリカは、1947年前身会社であるアップリカ葛西創業したことに始まります。ちなみに設立は1958年です。1949年、ベビーカーの第1号作品を発表し、ここからアップリカのベビーカーの歴史が始まります。その後順調にシェアを伸ばし、アップリカよりも10年遅れて出てきた「コンビ」と切磋琢磨をしながら進みますが、2007年には、長年にわたる不適切な決算処理を訂正し、数十億円の特別損失を計上して債務超過に陥るという事態になります。
ここで、アメリカ大手日用品メーカーの「ニューウェル・ラバーメイド社」がアップリカへの経営支援を表明し、アップリカは全株を譲渡して現在の、アップリカ・チルドレンズプロダクツ株式会社となったのです。

【予習】ISOFIXっていったいどういうものなのですか?

ISOFIX(アイソフィックスと読みます)とは、通常、チャイルドシートはシートベルトとチャイルドシート付属のベルトで固定するのが一般的ですが、このISOFIXという構造がある車であればとても簡単にチャイルドシートを設置することができるのです。設置はとても簡単で、後部座席のISOFIXの金具に、チャイルドシートのバーを差し込もだけ。なんとこれだけでチャイルドシートが固定されるんです。面倒なシートベルトの固定は一切いりいません。これならママさん一人でもラクラク取り付けできますね。
ただし、どの車でもつかえるというわけではなく、ISOFIXに対応しているシートがなければ使うことができません。この場合は、シートベルトでの固定となりますので、ISOFIXとシートベルト両方が対応しているチャイルドシートの検討をオススメします。

【ディアターン プラス】回転式シートにやわらかクッションを採用しました。

アップリカ 回転式チャイルドシート ディアターン プラス バウンシングブラックBK ベッド&イス型3ステップタイプ 【やわらかクッション搭載】(取付説明DVD付き) 93089

¥39,960

販売サイトへ

このモデルの一番の特徴は、上級モデルに搭載されている「やわらかクッション」を装備したことでしょう。まだまだ骨格ができあがっていない赤ちゃんを守るために、その名のとおり柔らかいクッションで全身を覆うことで衝撃から守ってくれます。大きさはかなりあるのですが、その分きちんと赤ちゃんを包み込んでくれている、ということでしょう。

基本情報

◆商品重量:14Kg
◆梱包サイズ:76.8x61.5x49cm
◆性別:男女共用
◆推奨最低体重:2.5Kg
◆推奨最高体重:18Kg
◆素材:ポリプロピレン、発泡ポリエチレン、発泡ポリウレタン、ポリエステル、ポリエチレン

【フラディア】やわらかクッションよりも進化したシートがココに。

アップリカ フラディア ノーブルブラック 回転式&ベッド型チャイルドシート(ヒップインナーシート付き) 93085

¥43,200

販売サイトへ

先ほど紹介した「ディアターン プラス」の上位機種にあたる「フラディア」は、やわらかクッションを最初に導入した機種です。今回のフラディアは、このやわらかクッションをさらに改良し、新たな安全性を備えたクッションを開発し搭載しています。

【らくすやマクラ】はこれまでも搭載されていた枕を約2倍も大きくし、しっかりと赤ちゃんのまだ柔らかい頭をガードするとともに、心地よい眠りを妨げないような工夫も施されています。

【マシュマロクッション】すでに「ふわふわ感がなんともいえない気持ちよさ」と評判になっているのですが、これを超える「マシュマロ」感が味わえます。これでおこさんはチャイルドシートに乗りたがること間違いなしですね。

このように、様々な改良が行われています。新生児からおこさんを車に乗せることを考えているパパやママはこういった回転式のものを選ぶと、赤ちゃんが泣いてしまったときも安心してパパやママの顔が見られるといったメリットもあるので、ぜひとも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

基本情報

◆商品重量18Kg
◆梱包サイズ:76.5x61.5x48.5cm
◆性別:男女共用
◆推奨最低体重:2.5Kg
◆推奨最高体重:18Kg
◆素材:樹脂部:ポリプロピレン シートクッション:ポリエチレン発泡、ポリウレタン発泡 表生地:ポリエステル

【クルリラ】取り付け方法が選べたり、ワンタッチで回転したりと便利な機能がいっぱい。

アップリカ 回転式チャイルドシート クルリラ モアレブラック BK 【ISOFIX固定&ベルト固定両方可能】 93498

¥60,480

販売サイトへ

この「クルリラ」は名前から何となく想像できる方もいらっしゃるとは思いますが、回転式のチャイルドシートです。そしてこのクルリラのメリットは、シートベルト固定とISOFIXの両方でチャイルドシートの設置ができるということが最も大きなポイントです。
やはり、ISOFIXは簡単に取り付けができることが人気の秘密です。しかし、ISOFIX対応のシートの車両であれば取り付けはできるのですが、非対応の車種だとシートベルト固定しか選択肢がありませんのでご注意ください。このチャイルドシートは、ISOFIXで取り付けた場合、インジケーター(チャイルドシートと座席が固定されたかを確認するための印)が赤から緑に変わるので、きちんとはまったかどうかがすぐにわかります。
ISOFIX対応車種の車に乗っている方はぜひとも使ってみて欲しい機能です。

基本情報

◆商品重量:15Kg
◆梱包サイズ:65x62.5x47.3cm
◆性別:男女共用
◆推奨最低体重:2.5Kg
◆推奨最高体重:18Kg
◆素材:樹脂部:ポリプロピレン / クッション材:発泡ポリプロピレン、ウレタンフォーム / 表生地:ポリエステル、ナイロン

【エアグルーヴ AGスター】ヘッドレストが5段階で高さ調節できます。

アップリカ エアグルーヴ AGスター 軽量ジュニアシート 1歳頃からのロングユース仕様 (両サイドドリンクホルダー付き) 93485

¥15,500

販売サイトへ

「エアグルーヴ AGスター」はヘッドレストが5段階で高さ調節ができるといったメリットがあります。ヘッドレストの高さが変えられないと、お子さんが成長したときに頭の位置が合わなくて不安、ということも起こりかねません。このチャイルドシートに至ってはそういった心配がないのはありがたいですね。
また、ヘッドレストを調節した時に、肩ベルトガイドの位置もヘッドサポートと一緒に変更されるという親切設計。これがあればシートベルトをきちんとしたポジションで装着できますね。それに加えて、ヘッドサポートが大きくて深いので、首と頭をしっかり支えてくれます。これなら、お子さんが眠ってしまった時も安心して運転に集中できますね。

基本情報

◆商品重量:6Kg
◆梱包サイズ:75.2x45.4x26.8cm
◆性別:男女共用
◆推奨最低体重:9Kg
◆推奨最高体重:36Kg
◆素材:本体:ポリプロピレン
◆シート:ポリエステル / クッション:ポリエチレン発泡 / 外箱・緩衝材:段ボール

【エアグルーヴ プラス】エアグルーヴの上位機種はあの機能も付いています。

アップリカ エアグルーヴ プラス ストリングレッドRD 軽量ジュニアシート 1歳頃からのロングユース仕様 (両サイドドリンクホルダー付き&ランバーサポート搭載&洗濯機で洗えるシートカバー) 93502

¥29,160

販売サイトへ

基本情報

エアグルーヴプラスの2015年モデルが登場しました。先ほど紹介した「エアグルーヴ」の上位機種にあたります。エアグルーブとの違いは「クッションの厚みが増した」ということです。具体的には、ヘッドサポート内側:上部37%・下部73%増量、背もたれサイド内側:(メッシュ部分を除く部位)100%増量と座り心地も抜群になっています。

そしてランバーサポートも導入しました。ランバーサポートとは、腰(特に腰椎、仙椎)を運転時にも、正しい姿勢を保つように作られた、いわば”サポート機能”のことです。ランバーとは「腰部」つまり、腰を意味しています。このサポート機能は、シートに座っているときの姿勢を安定にすること、座っていることによる疲労の軽減化をはかるといった目的があり、立っているときの人の脊椎が描く逆S字カーブをシートに座っている時にも保つとともに、ストレスが集中する腰椎、仙椎を適度な圧力で支えることが必要とされ手いることから生まれたものです。これがあるだけで長時間のドライブでも負担が違いますよ。

基本情報

◆商品重量:6Kg
◆梱包サイズ:75.6x45.8x25.2cm
◆性別:男女共用
◆推奨最低体重:9Kg
◆推奨最高体重:36Kg
◆素材:樹脂部:ポリプロピレン / シートクッション:ポリエチレン発泡 / 表生地:ポリエステル / 外箱・緩衝剤:段ボール

【エアライド】汗がしみこみやすいところは手洗いができるうれしい設計。

アップリカ エアライド ライドブラウンBR 軽量ジュニアシート 3歳頃からのロングユース仕様 (両サイドドリンクホルダー付) 93489

¥12,960

販売サイトへ

この「エアライド」も、ほかの製品同様に「5段階ヘッドレスト」や「3Dクッション」を採用しています。エアライドの最も特徴的なところは、「通気性がよい」というところです。特にメッシュ構造を多く用いていることで、汗をかきやすいお子さんが快適にシートに座って居続けられるというのは大きいですよね。
そして、そのシートは手洗いができるのです。どうしても小さいお子さんは汗をいっぱいかくので、シートには消臭剤などをまいて終わってしまいがちになりますよね。そんなときにこの「エアライド」なら、シートをはがして手洗いすれば清潔な状態で使えます。やはり乗り続けるものであるならば、できればきれいなものに乗せてあげたいという親心を感じ取って製品化できるというのはすばらしいですね。

基本情報

商品重量:4.5Kg
梱包サイズ:75x45.5x25cm
性別:男女共用
推奨最低体重:15Kg
推奨最高体重:36Kg
素材:本体:ポリエチレン / シート:ポリエステル / クッション:ポリウレタン

【ユーロジュニアインパクト】11歳くらいまで使えるハイブリッドなチャイルドシート。

アップリカ ユーロジュニアインパクト.01 メッシュレッド

¥22,980

販売サイトへ

「ユーロジュニアインパクト」は1歳~11歳くらいまでのお子さんが使えるハイブリッドかつフレキシブルなチャイルドシートとなっています。特筆するポイントは、画像をご覧いただけるとわかるかと思いますが、座面の下に通気口ができています。これによって格段に通気性がよくなったのです。通常はおしりの熱は逃げずにそこに居続けます。メッシュ構造担っていてもクッション材が熱を閉じ込めてしまうのですが、この「ユーロジュニアインパクト」は熱を逃がす構造になっているため、長時間座っていても熱がこもりにくいという特徴を持っています。
近場でお買い物だけならいいのですが、長距離のドライブとなるとこういった機能があるだけでも、お子さんは快適に座っていられるので、パパもママも安心できますね。

また、ヘッドレスト・背中が外せるようになっていますので、成長に合わせて使い分けることができます。なお、このチャイルドシートはシートベルト固定のみとなっていますので、ISOFIXをご希望の方はほかのものを探してみることをオススメします。その点を除いても、”快適性”といったところを見るとこれはかなりのものですので、ぜひ一度検討してみて損はないのではないでしょうか。

基本情報

商品重量:8Kg
梱包サイズ:85x43.8x26.8cm
性別:男女共用
推奨最低体重:9Kg
推奨最高体重:36Kg

まとめ

※イメージ画像

アップリカのチャイルドシートについてご紹介しました。どれもこれも非常にそれぞれで特徴があって悩むところではないでしょうか。最近は「安全性」に加え、「居住性」や「通気性」といったことも非常に大切な要素となっているようです。こういった点も踏まえていろいろと比較検討してお気に入りの1台を見つけてみてください。