マツダのロードスターに乗りたい!購入前に確認したい購入後の維持費

マツダから発売されているライトウェイトスポーツカー「ロードスター」初代「NA」が販売されてから「NB」「NC」「ND」とマイナーチェンジを繰り返し、なんと25年以上マツダの象徴として販売を続けています。日本車の中で少ない「オープンカー」ですので「乗りたい!」と感じる事でしょう。しかし維持費を考えていなければ購入した後が大変になります。本日はロードスターの維持費について解説していきます。

マツダ ロードスターとは?

ロードスターは冒頭でもお話した通り、バブル真っ只中の1989年に誕生したライトウェイトスポーツカーです。幌を上げれば開放的な空間を生み出し、オープンカーとしての魅力を存分に私達へ教えてくれる車でもあります。もちろん走りの点でも妥協はしていません。初代NA型・NB型は軽さを活かした走り、三代目の「NC」型は重さは少し増えたものの、2,000ccの高出力・高馬力エンジンで重さを感じさせないフットワークの軽い運転を存分に楽しむことができます。

現在販売されている「ND」ロードスターは「原点回帰」と言うことで1,500ccに戻ってしまいました。とは言え、魅力的なボディに軽量ボディ(グレードによって1,000kgを切ります)のため走るだけでなく所有するだけで満足感を得られる車に仕上がっています。

ロードスターは維持費が高い?

「購入したいと考えているけど…スポーツカーだけあって維持費が高いのでは?」と言った考えをお持ちの方が、もしかしたら読者の中にもあると思います。ですが、ロードスターを含めた現在のスポーツカーはそこまで維持費が高額ではありません。ここからは初代~現行のNDまで各維持費について紹介していきます。皆さんも参考にしていただければ幸いです。

(ガソリンの値段は2016年1月20日現在の全国平均にて算出しています。そのため「レギュラー117円」「ハイオク127円」にて計算を行っております。)

(1)NAロードスター(1600cc)

自動車税:45,400円(平成27年4月以降より初回登録より13年以上経過した車は15%増額)
自動車重量税(車検時に2年まとめて支払っているとします):25,200円(18年以上経過)
自賠責保険料(車検時に2年まとめて支払っているとします):27,840円
任意保険料:60,000円(等級・年齢・km数等で異なりますので、あくまでも「仮」の金額です」)
車検費用:自動車税+自動車重量税+自賠責保険料=98,440円
    :その他に検査費用・書類・交換部品等でお金が発生する場合があります。
     そのため15~20万円は車検時に用意した方が安心できるかと思います。
ガソリン代:燃費12km/L(レギュラー)燃料タンク容量48L
     :満タンで5,616円 

●修理代金

・幌が破れている場合→幌料金+取り付け料金 15万円~
・幌周りのゴムの劣化(交換しませんと雨漏りの原因になります)3万円~
 多くの場合、幌交換と同時に行う方が多いです。

・クラッチが錆付いている、または劣化によって全交換
・タイミングベルト交換
・オイル漏れの修理
・エンジン周りの異常
等々…
(経年劣化により上記のような症状が出てくる可能性があります。そのため幌交換以外に余裕を持って40~50万円用意しておきましょう)

NAロードスターは素晴らしい車と言えども、発売から何十年と経過しているため所々が傷んでいる可能性があります。もしかしたら、購入した後になって「あれ?」と言うように不調が出てくるかと思います。そのため購入したのは良いものの、修理代金が捻出できない! と言う事態にならないよう多めに資金を用意しておくようにしましょう。

(2)NBロードスター

自動車税:45,400円(平成27年4月以降より初回登録より13年以上経過した車は15%増額)
自動車重量税(車検時に2年まとめて支払っているとします):32,400円(13年以上経過)
自賠責保険料(車検時に2年まとめて支払っているとします):27,840円
任意保険料:60,000円(等級・年齢・km数等で異なりますので、あくまでも「仮」の金額です」)
車検費用:自動車税+自動車重量税+自賠責保険料=105,640円
    :その他に検査費用・書類・交換部品等でお金が発生する場合があります。
     そのため15~20万円は車検時に用意した方が安心できるかと思います。
ガソリン代:NB6C・NB8C前期型はレギュラー NB8C後期型はハイオク
燃費14.8km/L(レギュラー)燃料タンク容量48L
     :満タンで5,616円 

●修理代金

・幌が破れている場合→幌料金+取り付け料金 15万円~
・幌周りのゴムの劣化(交換しませんと雨漏りの原因になります)3万円~
 多くの場合、幌交換と同時に行う方が多いです。

・クラッチが錆付いている、または劣化によって全交換
・タイミングベルト交換
・オイル漏れの修理
・エンジン周りの異常
等々…

NAロードスターよりも年式は新しいものの、中には15年以上経過している車体もあります。そのため車体が安くても後々修理代金で頭を悩ませる可能性が出てきます。自分で交換から修理ができるのであれば良いですが、もしできない場合はNAロードスター同様40~50万円は用意しておくと良いでしょう。

(3)NCロードスター

自動車税:39,500円
自動車重量税(車検時に2年まとめて支払っているとします):24,600円
自賠責保険料(車検時に2年まとめて支払っているとします):27,840円
任意保険料:60,000円(等級・年齢・km数等で異なりますので、あくまでも「仮」の金額です」)
車検費用:自動車税+自動車重量税+自賠責保険料=91,940円
    :その他に検査費用・書類・交換部品等でお金が発生する場合があります。
     そのため15万円は車検時に用意した方が安心できるかと思います。
ガソリン代:NCは全てハイオクになります。
燃費13.4km/L(ハイオク)燃料タンク容量50L
     :満タンで6,350円 

●修理代金

・幌が破れている場合→幌料金+取り付け料金 15万円~
・幌周りのゴムの劣化(交換しませんと雨漏りの原因になります)3万円~
 多くの場合、幌交換と同時に行う方が多いです。
・「RHT」の場合、電装系の部品交換等で7~10万円掛かる場合もあります。

年式がまだ新しいため、前オーナーが「荒い運転」「メンテナンスをされていない」ロードスターでなければ「オイル漏れ」と「幌の水抜き穴の詰まり」に注意しましょう。特にNCは幌の水抜き穴の詰まりが発生しやすいため、中古車を選ぶ際は「運転席」「助手席」が湿っている、または錆びていないかを確認しましょう。「レースに参加します!」「毎日のようにロードスターを乗り回します!」と言った方でなければ当分「えっ? こんなに修理が必要なの…」と言う事態にはならないでしょう。

ただし、念には念を入れて幌の交換代金+αの資金を用意しておくと不測の事態に対応できます。

(4)NDロードスター

自動車税:34,500円
自動車重量税(車検時に2年まとめて支払っているとします):24,600円
自賠責保険料(車検時に2年まとめて支払っているとします):27,840円
任意保険料:60,000円(等級・年齢・km数等で異なりますので、あくまでも「仮」の金額です」)
車検費用:自動車税+自動車重量税+自賠責保険料=86,940円
    :その他に検査費用・書類・交換部品等でお金が発生する場合があります。
     そのため10~13万円は車検時に用意した方が安心できるかと思います。
ガソリン代:NDは全てハイオクになります。
燃費17.2km/L(ハイオク)燃料タンク容量40L
     :満タンで5,080円 

●修理代金

・幌が破れている場合→幌料金+取り付け料金 15万円~
・幌周りのゴムの劣化(交換しませんと雨漏りの原因になります)3万円~
 多くの場合、幌交換と同時に行う方が多いです。

NDロードスターは発売されたばかりの車です。中古車市場に出回っているNDもデモカーや販売店が購入した、ほぼ「新車」のような車です。そのため事故や乱暴な運転、またはメンテナンスを欠かさなければ3~4年間は何事もなく過ごせるでしょう。他に掛かると言えば「駐車場代」「オイル代」「タイヤ交換代」「高速料金」ぐらいです。

ロードスターを安く入手するか?それとも初めから高額車両を購入するべきか?

現在の中古車市場は「NA」「NB」「NC(NC1)」が手頃な価格帯になっています。下記を見てみましょう。(こちらに掲載している金額は「価格.com」の中古車価格を参考にしております)

●NAロードスター:30万円~80万円
●NBロードスター:40万円~90万円
●NC(NC1)ロードスター:60万円~120万円

いかがでしょうか? 学生でも手が届く価格帯もあれば社会人の方も「ボーナスを含めれば大丈夫だな」と感じる価格帯でもありますよね? しかし注意したいポイントは、確かに車両価格は安いですがその分「年式が古い」「過走行」「状態が悪い」車両がチラホラ出てくることです。先ほども紹介しましたが、自分で修理ができるのであれば、わざと安いのを購入し自分でアフターマーケットから部品を調達して修理・改造ができるのであれば良いと思います。

しかし自分で修理~改造ができない場合は、どうしてもディーラーや修理業者にお任せするしかありません。そうなると部品代金+技術料で「これならもう1台ロードスターが買えるよ…」と思う金額になる可能性があります。そのため「長く乗りたい」「なるべく自分で修理や改造をしない状態の良い車両」を求めるのであれば、少し金額を出しても高額車両を入手しましょう。

「買ってよかった!」と思えるお買い物は価格.comから! パソコンや家電から、ファッション、食品に至るまで、あらゆる製品・サービスを、販売価格やクチコミ情報、ランキングなどの視点から比較・検討できる、お買い物支援サイトです。

他メーカーと比較!維持費はどれぐらい変わるのか?

(1)BMW Z4 2009年モデル(2000cc)

自動車税:39,500円
自動車重量税(車検時に2年まとめて支払っているとします):32,800円
自賠責保険料(車検時に2年まとめて支払っているとします):27,840円
任意保険料:60,000円(等級・年齢・km数等で異なりますので、あくまでも「仮」の金額です」)
車検費用:自動車税+自動車重量税+自賠責保険料=100,140円
    :その他に検査費用・書類・交換部品等でお金が発生する場合があります。
     そのため20~25万円は車検時に用意した方が安心できるかと思います。
     (外車のため交換部品にお金が掛かる場合があります。そのため金額を多めに見積もっています)
ガソリン代:Z4は全てハイオクになります。
燃費12.4km/L(ハイオク)燃料タンク容量55L
     :満タンで6,985円 

●修理代金

年式が新しいため荒い運転やメンテナンスを怠らなければ「幌」以外は特に問題ないでしょう。ただし、交換となると外車ですので部品代だけで日本メーカーの2~3倍する可能性があります。もし馴染みのディーラーや修理業者がいれば「リビルド品」も視野に入れておきましょう。

(2)メルセデス・ベンツ SLKクラス 2011年モデル(1800cc)

自動車税:39,500円
自動車重量税(車検時に2年まとめて支払っているとします):24,600円
自賠責保険料(車検時に2年まとめて支払っているとします):27,840円
任意保険料:60,000円(等級・年齢・km数等で異なりますので、あくまでも「仮」の金額です」)
車検費用:自動車税+自動車重量税+自賠責保険料=91,940円
    :その他に検査費用・書類・交換部品等でお金が発生する場合があります。
     そのため20~25万円は車検時に用意した方が安心できるかと思います。
     (外車のため交換部品にお金が掛かる場合があります。そのため金額を多めに見積もっています)
ガソリン代:SLKクラスは全てハイオクになります。
燃費14.7 km/L(ハイオク)燃料タンク容量70L
     :満タンで8,890円 

●修理代金

年式が新しいため荒い運転やメンテナンスを怠らなければ特に問題ないでしょう。ただし、BMW同様部品交換となると「メルセデス・ベンツ価格」で皆さんの前に明細がやってきます。日本部品の2~3倍、物によってはメルセデス・ベンツですので4倍掛かるものも出てきますので覚悟はしておきましょう。そのため購入費用の他に150~200万円は余分で用意しておきたいところです。BMW同様、もし馴染みのディーラーや修理業者がいれば「リビルド品」も視野に入れておきましょう。

最後に

最後になりますが、マツダのロードスターは「えっ? こんなに維持費がかかるの…」と言う車ではなく他の2,000ccと大差ない維持費で所有することができます。特に現行の「ND」ロードスターは自動車税も抑えられ燃費も向上しているため、より所有しやすくなっています。もし皆さんの中で、ロードスターを所有するかどうか悩んでいる方がいましたら、上記を参考にしていただけると幸いです。