チャイルドシートの選び方とアップリカ、レカロなど人気商品

チャイルドシートと一言でいっても、たくさんの種類屋メーカーがあってどれを選べばいいのかわからないですよね。そこで、選び方や選ぶ基準、そしてメーカーについてをご紹介します。チャイルドシート選びの参考になるとうれしいです。

チャイルドシートってつけなければいけないの?

チャイルドシートは6歳未満の幼児を車に乗せる時はチャイルドシートの使用が義務付けられています。なので、6歳以上のお子さんはチャイルドシートに乗っていなくても問題ないのですが、それ以下のお子さんになると、「嫌がっているから」とか「ぐずってしまうから」といった理由で乗せないということはできないということになります。
でも、よくある話で、家族でドライブに出掛ける時、最初はお子さんもチャイルドシートにニコニコ座っていますが、時間が経ってくるとだんだんグズってきませんか? お子さんが泣き止まず、チャイルドシートから降ろして抱っこ。なんてことはパパやママなら経験がある方も多いのではないでしょうか。こちらもありがちな話ですが、チャイルドシートなしで事故に遭った場合、チャイルドシート使用時と比べて、死亡・重傷率が約4倍に達してしまうという驚きの結果もあるほどです。

お子さんがぐずって泣き止まないというときに、「かわいそう」とか「うるさくてかなわない」という気持ちになるのは当然のことです。しかし、本当にお子さんの安全や安心を思うならば、シートから降ろさない、ということが大切です。もしくは、パパママがお子さんのペースに合わせて休憩をはさんでみてはどうでしょうか?いったん車を止めてドライバーも休憩。そして赤ちゃんも休憩して落ち着いたところで再出発。これで安全安心なドライブができますよ。

チャイルドシートとジュニアシートってどこを境に選べばいいの?

チャイルドシートとジュニアシートはいってしまうと”だいたい”で分けられてます。これから定義をご紹介しますが、あくまでも定義なので、お子さんの体重や身長といった大きさ次第では早まることも遅くなることもありますので、この点にはご注意ください。

チャイルドシートは「0~3歳」までのこどもが乗るシートのことで、ジュニアシートは「3~12歳」までのこどもが乗るシートのことを指します。しかし、必ずしも3歳以上でないとジュニアシートを使ってはいけないというわけではなく、またその逆で3歳になったらチャイルドシートを卒業しなければいけないといったこともありません。つまり、最初から「新生児・幼児・学童兼用チャイルドシート」を購入したのであれば、それを使えばいいことですし、また、途中で学童用チャイルドシート、つまりジュニアシートに買い替えるといったことでも、どちらでもOKなのです。あとはご両親がどちらを使うか、安全面はどうなのかなどを考えて決めることなのです。

ちなみにベビーシート(新生児用シート)は文字どおり新生児が使うもので、一般的にはチャイルドシートに含まれます。ベビーシート単独のものよりも、チャイルドシートと一緒に作られているものが多くなっています。ベビーシートは概ね体重が9kgまでといった目安があります。

国内シェア1位のコンビも世界に進出の兆しあり?

コンビ Combi チャイルド&ジュニアシート ジョイトリップ エアスルー GF エアーライトブラック (1歳~11歳頃対象) 軽量&省スペース設計

¥15,369

販売サイトへ

コンビといえば、ベビー・キッズ用品販売店舗でよく見かけるメーカーですよね。コンビ株式会社の歴史は、1957年に医薬品を販売する”三信株式会社”として創立されました。1961年にミマツ化学株式会社を買収し、コンビブランドで哺乳瓶やおまるなどの生産を開始し、1968年衛生用品を始めアパレル用品・ベビートイなどベビー用品を中心に生産販売する問目的で社名を、「コンビ株式会社」へと商号変更しました。外資企業のような名前ですが、れっきとした日本企業です。すでにアメリカ市場に進出していて、今後中国・ヨーロッパへと進出するのではないかといわれています。コンビという社名は、「母と子というコンビを応援する」という意味で名付けられました。

今や日本を代表するベビー用品メーカーとしてシェア1位に君臨しています。ですがそこに甘んじず次から次へと新規格の商品やパパやママを楽しませてくれる商品を出し続けるエモーショナルな動き方があるからこそ、シャア1位という立ち位置にいるということではないでしょうか。

コンビと並んでシェア1位争いをしているアップリカ

アップリカ エアグルーヴ プラス ストリングブラックBK 軽量ジュニアシート 1歳頃からのロングユース仕様 (両サイドドリンクホルダー&ランバーサポート搭載) 93487

¥19,800

販売サイトへ

先ほど紹介した「コンビ」と熾烈なシェア争いをしているアップリカ。コンビよりも10年早くベビー用品メーカーとして産声を上げました。1947年に創業し、国内のベビー用品2大ブランドの一つとして君臨しています。独自の医学構造から生まれたアップリカの製品は、ぜんぶ「Baby 1st class」という考えに基づいて設計・開発されています。アップリカの製品すべてに、赤ちゃん医学・育児工学から導き出された製品づくりの基となる医学構造を採用しているので、赤ちゃんはもちろん、毎日大変な苦労があるパパやママも笑顔で過ごせるよう、ベビーファーストクラスの使い心地で、赤ちゃんの健やかな成長を応援しいる企業です。

現在、アップリカは外資系企業の「ニューウェル・ラバーメイド社」に全事業を譲渡しているので、正確には国内メーカーではなくなってしまっています。しかし、譲渡したから外資基準になるのかというわけではなく、すべてのベビー用品の設計基準はこれまでと同じなので、お子さんや、パパやママは安心してアップリカ製品を使うことができますね。

タカタって何となく聞いたことあるけどベビー用品のメーカー?

タカタ 04スマートフィックスベーシック シートベルト固定チャイルドシート(0~4歳向け) オーキッド(ピンクパープル) TKSMB-002

¥26,997

販売サイトへ

タカタはモータースポーツが好きな方なら、耳にしたことがあると思います。エアバッグやシートベルトを中心とした「人の安全を守る製品」をつくっている自動車部品メーカーです。昨年2015年にエアバッグのリコール問題が出ていろいろと話題になっていますが、チャイルドシートはかなりのクオリティーに仕上がっています。

1933年の創業以来、世界中のカーメーカーに安全装置を供給してきたTAKATA。国内メーカーではもっとも早い時期から自社試験設備を備えて安全性のテストを行ってきました。そして、TAKATAのチャイルドシートは、すべて国内の自社工場でつくっています。安全なものを確実にお届けするのがTAKATAのものづくりの姿勢です。

こういった企業の考え方やこれまでの信頼性といったところでコンビ・アップリカとは話されていますが、安定的にシェアを持っている企業です。

リーマンってたしかに見かけるけど、どんな会社?

リーマン ピピデビューフォルテ ノワールレッド CF-403 3点式固定 チャイルドシート 0歳

¥19,800

販売サイトへ

コンビ・アップリカなどと比べると、あまり馴染みのないメーカーですが、すべて日本製(MADE IN JAPAN)にこだわっているメーカーです。トヨタ自動車のある愛知県に本社を構え、開発・生産・検品もすべて愛知県の自社工場にて行い、独自の厳しい基準をクリアした製品を世界に発信しています。
余剰な機能やデザインを削り落とし、安全性を最優先したシンプルで軽量、かつリーズナブルな高品質製品を提供しています。安全面でも、ヨーロッパ基準に適合しており、質実剛健といったイメージのチャイルドシートです。

リーマンは実は単独企業ではなく、ナカバヤシ株式会社という会社の子会社となっています。このナカバヤシは、大阪市中央区北浜東と東京都板橋区東坂下に本社を置くアルバムを中心とした紙製品や事務機器、育児用品の製造販売を行う企業です。アルバム・製本事業で国内最大手のシェアを誇り、製本・手帳・シュレッダーや収納製品・セキュリティ製品、介護用品の一部を製造輸入販売しています。
ナカバヤシが事業拡大の一つとしてベビー用品に目をつけ、2005年にリーマン株式会社を完全子会社化し、ナカバヤシグループとなりました。

海外製が多くなっているところで、「MADE IN JAPAN」というのは安心できますね。やはり日本製のクオリティは”信頼のブランド”といったところでしょうか。

赤ちゃん用品ではよく聞く「ピジョン」もチャイルドシートを出してるの?

ピジョン サルヴァージュトレス ブラック

¥41,000

販売サイトへ

世界中の赤ちゃんとご家族に最も信頼される育児用品メーカー “Global Number One”をめざして二尾研究・開発を行っている会社が「ピジョン」です。ベビー用品店の売り場や、ドラッグストアの衛生用品売り場でよく見かけますね。この会社、元々は哺乳瓶のメーカーで、神奈川県の茅ヶ崎市に設立されました。経営理念は「愛」で、愛のこもった製品・サービスを生むのは、愛の心のみを社是とし、赤ちゃん・子供・そして手助けが必要な方々に製品・サービスを提供しています。

1957年に創業され、1966年にピジョン哺乳瓶本舗からピジョンに社名変更し、ベビー用品総合を扱うメーカーとして発展していきます。扱うアイテムが多いため、自社製造だけでなく、委託製造による商品も多いですが、自社製造を行っているというのも感心ですね。社名の「ピジョン」は、和訳すると「鳩」。平和の象徴として知られる鳥で、平和で豊かな社会を願う同社の思いが込められています。また、1985年から使用されているシンボルマークのPの文字はハート模様を2つ組み合わせており、これは母と子の「愛」を象徴しており、ここでも経営理念がひも付きますね。

レカロってあのレーシングカーのレカロ?

レカロ スタート ジェイワン グラウブラック RC370.009 1歳頃からのジュニアシート (12歳頃までのロングユース仕様&簡単ワンタッチ肩ベルト高さ調節)

¥24,516

販売サイトへ

車好きな方なら、レカロシートという言葉を耳にした事があると思います。特にFなどのレーシングスポーツがお好きな方はぴんとくるのではないでしょうか。「RECARO」と上部に書いてあるシートでおなじみ、ドイツの自動車・鉄道・航空機の関連製品を製造しているメーカー「レカロ」です。
独自の厳しい試験プロセスを通じて開発されたレカロのチャイルドシート。側面からの衝撃にも頭部や胸部、下半身をしっかりと保護するサイドプロテクションやお子様の正しい姿勢をキープするサドルグリップシートクッションなどを採用し、小さな「いのち」をしっかり守る徹底した安全設計がなされています。ヨーロッパの厳しい基準(ECE R44/ 04)にも適合し、車両やチャイルドシートに関する安全基準の強化を図っております。

性能もさることながらデザインもスタイリッシュ。車好きな方なら一度はお子さんをこのシートに乗せてみたい! と思う方も少なくないのではないでしょうか。

【賢い選び方】ISOFIX(アイソフィックス)チャイルドシートは便利!

※イメージ画像

ベビー用品店のチャイルドシートコーナーに行くと、「ISOFIXは手間がかからず安心安全~」とよく書いてあったりしますが、どういうところがメリットなのでしょうか。
ます、その仕組みにパパやママにとってのメリットがたくさん詰まっています。

通常チャイルドシートはシートベルトとチャイルドシート付属のベルトで固定するのが一般的ですが、このISOFIX(アイソフィックス)チャイルドシートは、ISOFIX機能の付いた車であればとても簡単にチャイルドシートを設置することができるのです。
設置はとても簡単。後部座席のISOFIXの金具に、チャイルドシートのバーを差し込めばOK! なんとこれだけでチャイルドシートが固定されるんです。通常、シートベルトであちこち固定…という、面倒なシートベルトの作業は一切いりいません。これならママさん一人でもラクラク取り付けできますね。ただし、どの車でもつかえるというわけではなく、ISOFIXに対応しているシート(座席)がなければ使うことができません。シートが非対応の場合はこれまでどおりの、シートベルト固定となりますので、どちらかがわからない場合は、ISOFIXとシートベルト両方が対応しているチャイルドシートの検討をオススメします。

まとめ

※イメージ画像

チャイルドシートの選び方についてご紹介しました。チャイルドシートをつけなければいけない理由から、代表的なメーカーやISOFIXまで幅広くご紹介しました。やはり、チャイルドシートってちょっと手間なんですよね。自分で車に乗れるようになってもシートの上にのせてベルトで固定して…。でも、それがお子さんの安全を守るためなんです。なので6歳の誕生日を迎える日までは、かならずチャイルドシートに乗せてあげてください。

そしてチャイルドシートを選ぶときに一番大切なことは「安全が守れるかどうか」「お子さんにフィットするか」といったことです。これさえ当てはまればどれを選んでもOK! 安心安全なドライブを楽しむためにも、きちんとしたチャイルドシートを選んでくださいね。