【日産マーチ】あなたのかわいい相棒として最適なクルマ

コンパクトで低燃費なマーチシリーズ。かわいいスタイルが男女問わず大人気となっています。今回は新型マーチの実燃費や中古車情報はもちろん、2017年に販売が予想されている次期マーチについてもピックアップしました。

日産マーチとは?

1982年から続く日産を代表するコンパクトカー

「日産マーチ」という名前はご存知の方も多いはずです。コンパクでかわいいフォルムが人気で、CMなどでも度々目にすることだと思います。そのかわいいスタイルから、女性にも人気があることでも有名です。また、歴代マーチはどれも軽量なボディが特徴で、その軽さを生かしてレースなどでも活躍しています。

今回はそんな歴代マーチから、現在販売中の、新型マーチまで幅広く紹介するので、ぜひご覧になってくださいね。マーチが気になる方は必読ですよ!

一般公募で決めた名前「マーチ」

もともと「NX-018」の名称で発売前の1981年に、東京モーターショーで公開された初代ですが、ネーミングは、一般公募によって付けられました。「マーチ」という名前はかわいい見た目にマッチしていますね!

新型マーチの特徴

先代のかわいさはそのままに、新しくなったマーチ

ふっくら真ん丸なスタイルはそのままに、輪郭のハッキリしたヘッドライト、大型化されたフロントダクト。先代のデザインを継承しつつ、より近代的なフォルムトとなりました。このデザインに変更したことで、中性的なイメージになったような印象も受けます。さらに新機能も付け加えられ、より便利になった新型マーチ。その新機能を紹介します。

インテリジェントキーで楽々操作が嬉しい

新型マーチは、キーをカバンやポケットに入れておくだけで、ドアの開閉やエンジンスタートができる「インテリジェントキー」を採用しています。これによって両手が塞がっていても、ドアノブに触れるだけでドアが開き、エンジンもボタン一つでプッシュスタート可能です。

ミラーも自動で開閉してくれる

エンジンスタート時に電動格納ミラーが開き、車外へ降りて、ドアロックすれば、ミラーは閉じてくれます。この機能によって、車から降りるときに、ミラーで後方を安全の確認できるので、より安全に車外へ出ることができる機能です。

フレンドリーメッセージ機能付きのメーターパネル

出典:http://www2.nissan.co.jp/MARCH/point_3.html

エンジン始動時や停止時に連動して、フレンドリーなメッセージを表示してくれる新型マーチ。相棒らしさがよりアップしますね。

メンテナンス時期も教えてくれる

出典:http://www2.nissan.co.jp/MARCH/point_3.html

おいる交換時期もメモを取ることなく、画面で表示してくれます。また、休憩やパーキングブレーキの戻し忘れ、運転席のシートベルトやキー忘れなど、さまざまな情報を教えてくれるので、重宝すること間違いなしです。

もちろん燃費もわかる!

出典:http://www2.nissan.co.jp/MARCH/point_3.html

瞬間燃費や平均燃費、巡航可能距離など、最近では必須の機能も搭載されています。これがあると、わざわざ燃費の計算をする必要もありませんし、瞬間燃費を見ることで、どうすれば燃費を抑えた走りができるか、などを身につけられますね。巡航可能距離も、ロングドライブなどではあると便利な機能です。

しっかり低燃費! しかもアイドリングストップ機能付!

出典:http://www.nissan.co.jp/MARCH/performance.html

マーチの燃費は23km/L。排気量は1,200ccで、車両重量は1,000kg未満。これならどこへでも、燃費を気にせずドライブできますね!

日産 マーチの購入諸費用・維持費・車検代

もっとも人気のあるグレード「Sプレミアムインテリア」での購入シミュレーション

128万7,360円(Sプレミアムインテリア)+15万6,669円(販売諸費用等)+32,100円(自動車取得税)+15,000円(自動車税)+40,040円(自賠責保険)+34,500円(自動車税:月割)+リサイクル費用(8,730円)+49,299円(登録諸費用参考価格)=161万4,968円

自動車税は購入月によって変わります。今回の計算では、1年間の満額で計算しました。登録諸費用は、販売店によって上下します。いわゆる販売手数料となるので、新車購入時は、値引きを迫ることで、値段が安くなる可能性も。

マーチの自動車税は?

マーチは1,200cc(一部1,500ccもあり)で、自動車税は1,000~1,500cc以下区分となります。一年間の自動車税と、マーチ購入時などの月割額は以下です。

【4月 31,600円】【5月 28,700円】【6月 25,800円】【7月 23,000円】【8月 20,100円】【9月 17,200円】【10月 14,300円】【11月 11,500円】【12月 8,600円】【1月 5,700円】【2月 2,800円】

マーチの重量税は?

マーチの重量税は、1,000kg以下区分で、エコカー減税が適用されるかもしれませんが、念のため適用なしの金額も知っておくといいですよ。重量税は16,400円となります。

マーチの車検費用を予想

新車購入時のみ3年間、それ以降は2年毎の車検です。ここでは2年毎の車検費用を予想します。また、念のためエコカー減税は適用なしの計算です。

16,400円(重量税)+27,840円(自賠責保険24ヵ月)+20,000円(車検手数料は店舗によって異なります あくまでも相場です)=64,240円

エコカー減税が適用されれば、さらにお安くなります。マーチは車両重量が軽いので、車検費用はリーズナブルです。

日産 マーチのエクステリア(外観)

新型マーチのボディカラーは全9種類

男女問わず人気のある新型マーチのボディカラーは、全9種類。それぞれ紹介します。

ナデシコピンク

カプリブルー

オリーブゴールド

クリスタルライラック

ナイトベールパープル

ラディアンレッド

ブリリアントホワイトパール

ブリリアントシルバー

ピュアブラック

日産 マーチ ボレロもラインアップ

フロントグリル、フロントバンパーなど、専用品を採用したマーチ ボレロもラインアップされています。スタンダードなマーチをベースに、よりエレガントな雰囲気に。

日産 マーチ NISMOもある

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/v_eGklFmgkU" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

マーチ NISMOの走行動画です。参考にしてください。

歴代マーチは軽量なボディと運動性能のいいエンジンも相まって、レースなどでも採用されるほどの人気となっていますが、新型マーチは、日産のワークスチームであるNISMO(ニスモ)が専用チューニングを施した、マーチ NISMOもラインアップされています。

エアロパーツの違いはもちろん、チューニングサスペンション、強化されたボディ、エンジンは1.5Lに排気量アップされ、変速機は5速ミッション搭載。本格的なスポーツ仕様となっています。

日産 マーチのインテリア(内装)

グレードによって違いのあるマーチのインテリア

マーチのスタンダードモデルの内装

落ち着いたブラックトーンカラーを基調にしたスタンダードモデルの内装。かわいいエクステリアとは裏腹に、かっこいい印象がありますね。

マーチ ボレロの内装

出典:http://www2.nissan.co.jp/MARCH/customize_bolero.html

マーチ ボレロはスタンダードモデルと違い、ベージュを基調としたエレガントな内装となっています。シートはもちろん、センタークラスターフィニッシャーもマーブル柄の専用品です。

マーチ NISMOの内装

出典:http://www2.nissan.co.jp/MARCH/nismo.html

マーチ NISMOの内装は、スポーティーな性能にピッタリの、スタンダードとはまた違ったブラックを基調としたデザインとなっています。ステアリング形状、タコメーターが追加されるなど、コンパクトカーとは思えない、本格的な仕様です。

いつもかわいいマーチの歴史を散策

日産マーチはコンパクトカーの代名詞的な車でもあります。その昔、トヨタスターレットとコンパクトカー市場を争っていたモデルです。
ふっくら丸い形を基調にデザインされたマーチはいつの時代も誰にでも愛されています。しかもそれは日本のみならず海外でも同じことです。
マーチの購入を考えている人も初代から最新型まで振り返ってみましょう!

日産マーチのラインアップ

マーチ S:新車価格115万1,280円

もっともスタンダードなモデルです。

■フロントバンパー
■電格リモコンカラードドアミラー
■標準ステアリング
■標準スピードメーター
■液晶トリップメーター(燃費表示付)
■マニュアルエアコン
■標準インナーハンドル
■一体式リアシート
■リモコンエントリーシステムキー

マーチ Sプラム:新車価格128万7,360円

マーチ Sを基準にフロントバンパー、ドアハンドル、インナーハンドルなどにメッキが追加され、高級感がアップしたモデルです。

●フロントバンパー ロアメッキ加飾
●メッキドアハンドル
■電格リモコンカラードドアミラー
●シルバーフィニッシャーステアリング
■標準スピードメーター
■液晶トリップメーター(燃費表示付)
■マニュアルエアコン
●メッキインナーハンドル
●6:4分割式リアシート
■リモコンエントリーシステムキー

マーチ X:新車価格133万2,720円

4WDモデルは150万7,680円。マーチ Sをベースに、ドアロック連動格納ドアミラーと、スマートキー、エンジンプッシュスタート機能をプラスしたモデルです。

■フロントバンパー
■電格リモコンカラードドアミラー(ドアロック連動格納機能付き)
●シルバーフィニッシャーステアリング
■標準スピードメーター
■液晶トリップメーター(燃費表示付)
■マニュアルエアコン
■標準インナーハンドル
■一体式リアシート
●スマートキー(エンジンプッシュスタート)

マーチ G:新車価格155万7,360円

4WDは172万1,520円。マーチ Xをベースにメッキが追加されたモデルです。マーチの中でもっとも高級グレードとなっています。

●フロントバンパー ロアメッキ加飾
■電格リモコンカラードドアミラー(ドアロック連動格納機能付き)
■メッキドアハンドル
●シルバーフィニッシャーステアリング
●タコメーター付きスピードメーター
■マニュアルエアコン
●メッキインナーハンドル
●6:4分割式リアシート
●スマートキー(エンジンプッシュスタート)

マーチ ボレロ:新車価格158万6,520円

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/-6JGEdmg6B4" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

マーチ ボレロの公式動画です。参考にしてください。

4WDモデルは176万1,480円。

マーチ NISMO:新車価格160万3,800円

マーチ NISMOはCVT。マーチNISMO Sは5速ミッションで新車価格184万2,480円。

マーチの主要諸元はこちら

歴代マーチの紹介

初代マーチ: K10型(1982~1992年)

1982年に販売されたマーチ。一般公募によってネーミングされたそうです。数々の名車を生み出した有名デザイナーのジョルジェット・ジウジアーロが基本デザインを担当しました。排気量は1,000ccを中心に、1,200ccモデルの2ラインアップ。

販売期間は10年とこの頃の車としてはロングランでした。当初、3ドアハッチバック車4種類のみのグレードでしたが売れ行きも好調だったため、キャンバストップ車や5ドアハッチバック車、MA10ET 987cc水冷ターボECCSエンジンを搭載した「マーチターボ」、930cc空冷式インタークーラー、ダブル過給機付きECCSエンジンを搭載し、ビスカスLSD標準装備のモータースポーツに対応したマーチR、そのグランドツーリング版のマーチスーパーターボなどラインアップされています。

初代マーチ: K10型の中古車相場は50~100万円くらい

現在は希少価値の高い存在となっている初代マーチ。中古車流通はほとんどなく、入手困難となっています。また、古い車のためか、実燃費の参考になる情報がありません。

日産 マーチ izワンオーナー 禁煙車 記録簿 新品ナビTVの中古車情報。ワンオーナー!禁煙車!新品ナビTV!記録簿! 中古車物件情報が30万台!中古車検 索なら日本最大級の中古車情報サイトGoo-net!

2代目マーチ: K11型(1992~2002年)

日産として初めてCADを試作段階でありながらも使用してデザインされた二代目マーチ。ボディ形式は初代に引き続き3ドアと5ドアのハッチバックの二種類でしたが、カブリオレなども追加されました。エンジンは1,000ccと1,300ccの二種類を用意。

トランスミッションは5速MTと4速ATに加え、スバルから供給を受けたECVTを組み合わせたラインアップとなっています。日産として初めてのCVTの採用でもありました。バブル崩壊に伴い、コンパクトカーの経済性が見直されてきたことなどの要因から、登場から4年後の1996年度には142,000台を販売し、記録を更新しライバルが新型となってマーチよりスペックや安全性が向上し、それに加えて主力グレードが安価であったがそれでもマーチはヒットするなど、何かと話題になったモデルです。

2代目マーチ: K11型の中古車相場は9,000~80万円くらい

高価格帯は、外装がクラシカルにカスタムされたコレットやコペルボニートなどの特別仕様車の低走行車やサーキット走行を前提とした改造が施されたマーチとなっています。そのほか普通のグレードは30万円までで、低走行な状態の良い車両が手に入りそうです。

もともとが低価格な車両でしかも中古車流通量も多い2代目マーチ。少しでも販売価格を下げないと売れないのが実情で、一万円を切る価格のマーチが販売されていることも。特に問題はなさそうなので、購入する側としては安く買えるので、都合がいいですね!

さらに実燃費はリッター17キロ程度と非常に低燃費となっています。購入費も安く、修理の心配もいらない、故障しても安く直る上燃費も良いので中古車としてとても魅力的なコンパクトカーだと思います。
初めての一台や、セカンドカー、カスタムベースとしてもおすすめです。

日産 マーチ コレット TANABE足回り エアロ スポーツマフラ 5MTの中古車情報。オプションで「納車整備」「1年保証」を付ける事ができます! 中古車物件情報が30万台!中古車検 索なら日本最大級の中古車情報サイトGoo-net!

2代目マーチ: K11型の実燃費は10~17km/Lくらい

軽量なボディと小排気量なエンジンが相まって、現代のモデルと大差のない低燃費となっています2代目マーチ。その気になれば20km/Lも夢ではないようです。

日産 マーチ1999年登録(1300cc AK11 AT FF レギュラー)の平均燃費:13.36km/L。全国のオーナーからの燃費情報を元にした実燃費が分かります。クルマの乗り方によっても燃費は大きく異なります。車レビューも参考になります。

3代目マーチ:K12型(2002~2010年)

丸みを帯びた二代目からさらに丸くなった3代目マーチ。ボディも一回り大きくクリッとした目が特徴的です。一部からはドラゴンクエストのキャラクターに似ていることもあり、水色はスライム、銀色はメタルスライムと呼ばれ親しまれていました。

エンジンは1,000ccを始め、1,200cc、さらに1,400cc、1,500ccとそれまでのマーチにはない大き目なエンジンも用ラインアップ。駆動方式はFFに加え、e-4WDも追加されました。このe-4WDとは日立製作所が開発したモーターアシスト式四輪駆動システムで、前輪をエンジンで駆動し、後輪をモーターで駆動する方式のことです。

これは、通常の4WDではエンジンからプロペラシャフトを介して後輪を駆動させていますが、そういった物を使用せず後輪だけをモーターで駆動させることによって、部品点数が抑えられコスト削減できること、後部座席の足元にトンネルを作らなくて良いのでスペースが保たれることなどメリットがあるのでこのような方式を採用しています。ちなみにこのe-4WDは日立製作所の物で、モーターは業務用洗濯機の物を流用。

日産のCEOにカルロス・ゴーンが着任後、初めて開発された車種として、その売れ行きには注目が集まりましたが、発売初年度の日本市場では月販目標台数8,000台を大幅に上回る月平均14,000台を販売しました。その後、他社から競合車が続々と発売されたこともあり、販売実績は低下傾向に。

しかし、モデルチェンジを繰り返している中で他社のモデルはボディーサイズが大きくなっていくのに対し、マーチは比較的小さい車種ということもあり、発売後4年を経過した2006年時点でも月5,000台程度をコンスタントに売り続けていました。

3代目マーチ:K12型の中古車相場は1~163万円

中古車相場は1円~163万円となっています。高価値の160万円前後の物件は、低走行車をベースにクラシックカスタムされた車両です。外観がマーチとは思えないヨーロピアンなスタイルになっています。100万円代の物件はスポーツモデルの15SRが中心です。

一般的なグレードは50万円程。低価格帯は1円や500円、1万円といった破格の値段で販売されています。程度に関しても安心できる走行距離50,000~80,000kmあたりのマーチが中心です。故障報告も少ないので安心した中古車選びができると思います。

日産 マーチ 12Sコレットfの中古車情報。ディーラー記録簿 ブラウン内装 純正CDデッキ 2年走行無制限ロング保証 中古車物件情報が30万台!中古車検 索なら日本最大級の中古車情報サイトGoo-net!

3代目マーチ:K12型の実燃費は11~20km/Lくらい

とても低燃費な3代目マーチですが、交通状況によって燃費に差が出やすいようです。一般道では15km/Lあたり、高速道路走行では15~20km/Lくらいとなっています。

日産 マーチ 3代目 12SR/12c 2002年登録(1200cc AK12 MT FF レギュラー)の平均燃費:16.24km/L。全国のオーナーからの燃費情報を元にした実燃費が分かります。クルマの乗り方によっても燃費は大きく異なります。車レビューも参考になります。

4代目マーチ:K13型(2010年~)

現行型の4代目マーチ。先代のまん丸いデザインからモギュッとかわいい形に進化した現在も生産中の四代目マーチです。ボディーカラーも9色選択できます。今回生産は国内ではなく、タイ、中国、インド、メキシコ、台湾の各工場が担当しているのも特徴です。

4代目マーチ:K13型の中古車相場は19~218万円

高価格帯は新車、新古車がメインとなっていますが、低価格帯では走行距離の多いマーチが中心となっています。しかし、歴代から続く故障報告の少なさから、少々過走行(走行距離100,000km以上)であっても気にすることはありません。低価格帯のマーチでも気に入ればおすすめです。

日産 マーチ 12X  i−stop スマート ETC 純正CD ABSの中古車情報。2.6万k/i−stop/スマート/ETC/純正CD/電格ミラー/ABS 中古車物件情報が30万台!中古車検 索なら日本最大級の中古車情報サイトGoo-net!

4代目マーチ:K13型の実燃費は15~24km/L

4代目となってからこれまでにくらべ、実燃費が向上したようです。状況によって一般道でも20km/Lを越えるほどの低燃費を実現しています。

日産 マーチ タイ仕様 2010年登録(1200cc K13 CVT FF レギュラー)の平均燃費:16.7km/L。全国のオーナーからの燃費情報を元にした実燃費が分かります。クルマの乗り方によっても燃費は大きく異なります。車レビューも参考になります。

新型マーチのマイナーチェンジ情報

時期マーチのフルモデルチェンジは2017年!?

2016年の9月29日、フランスのパリでのモーターショーで、マーチの海外モデルである、マイクラの新型が発表されました。発売時期について2017年との噂があります。

最新の安全機能が装着される予定

次期マーチには車線逸脱防止支援システム、歩行者認識インテリジェントエマージェンシーブレーキ、ハイビームアシストなどの装着が予想されています。これによって現行のマーチでは他モデルにくらべそれらの安全装置の装着に遅れと取り戻す形といえますね。

さて、スタイリッシュなイメージの次期マーチ。デビューではそのような姿になるのか今後に注目です。

新型マーチの評判はどうなのか?

CVTの評判はグッド

ジャトコ製の副変速機付CVT7は素晴らしく、1.2リッターエンジンと思えない程、良く走る。

出典:www.goo-net.com

CVTはとても精度の要求される機構で、メーカーやモデルによっては悪評なものもありました。新型マーチでは、そういったレビューは少なく、とても高評価となっているので、変速による衝撃などの心配も必要ないようです。

エンジンの振動は気になるかも

先代の4気筒エンジンと比べると振動は大きめ。しかし、実用域のトルクが充実しているのでとても乗りやすい。実用燃費にすぐれ、地方の一般道ならば20km/Lを超える燃費を出すのも難しいことではない。

出典:www.goo-net.com

加速や発進時など、振動の大きさを指摘するレビューも見かけます。感じ方には個人差があるのようなの、一度試乗することがおすすめです。

新型マーチのライバル車

トヨタ パッソ(2016年~)

新車価格は115万200円からとなっているトヨタ パッソ。マーチよりも後発にデビューしているということもあって、自動ブレーキやマーチを上回る燃費など、機能的にはマーチよりも有利かもしれません。値段設定もマーチを意識していることがわかりますね。両モデルとも、新車購入時は競合車として値引き交渉にせまるのもおすすめです。

空飛ぶ日産マーチって?

ここでちょっとこぼれ話です。空飛ぶ日産マーチって聞いたことある人もいると思います。そうです、マーチって飛べるんですって言うのは嘘です…。

パンツァーファウスト3

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

ドイツのRPG砲、パンツァーファウスト3が空飛ぶ日産マーチの謎を握るカギとなっています。RPG砲と聞いてピンとこない人も多いと思いますが、戦車などの重量級の兵器に対して威力を発揮するいわゆるバズーカ砲です。世界の戦地で使用されている有名なRPG砲。
ちょっと物騒な話ですが、さてこれがなぜ空飛ぶ日産マーチと関係があるのか?と話は続きます。

陸上自衛隊も採用している

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

狙撃されないように注意しましょう。

陸上自衛隊でも配備が進められており、IHIエアロスペース(旧日産自動車宇宙航空部門)がライセンス生産しているそうです。もともと日産が生産していました。日産製だったことから空飛ぶ日産マーチの通称となったと言われています。

さらに弾の値段が高価で、一発発射するだけで日産マーチが買える程と言われたからとの説も。このことから「空飛ぶ日産マーチ」というワードが今もどこかで語り継がれている、ということです……。

日産 マーチのまとめ

歴代マーチはコンパクトで低燃費、初心者にも優しい運転しやすい設計となっており、新型が販売されていても、旧モデルの人気も絶えることがありません。また、ドレスアップやチューニングなどにも人気があるなど、多くのファンに支えられています。次期マーチはこれまでにはないスタイリッシュな印象で販売される予想ですが、果たしてどのような進化を遂げるのでしょうか?マーチファンの方もそうでない方も必見ですよ。