チャイルドシートの義務について徹底解説!!

チャイルドシートが日本で義務になったのは、平成12年(2000年)4月1日に改正道路交通法が施行されたためです。事故が起きた際に幼児を守る目的で義務になったのですが、病気などがあるときは免除される場合があります。車のシートベルトは身長140センチメートル以上の体格に合うように設定されていますので、身長が低い幼児を事故の衝撃から守ることができないのでチャイルドシートが必要になります。

チャイルドシートの意味は?

幼児を守ること!

万が一の事故に備えて幼児を守るためにも必要で、幼児の体格に合わせて選ぶ必要があります。大人用のシートベルトを幼児が使用すると、首を圧迫する可能性があるのでチャイルドシートが必要になります。肥満体系などで体に合うサイズがない場合は使用を免除されますが、お子さんの安全を考えるのであればジュニアシートなどを使うことが良いでしょう。
嫌がるお子さんもいて車に乗せるのことが大変な場合がありますが、同乗者の安全を考えなくてはいけません。今までに事故を起こしたことがないから大丈夫だと思ってしまうと、思いもよらないところで事故に巻き込まれてしまうかもしれません。小さな衝撃の事故でも幼児にとっては大きな衝撃になるので、後遺症が残ったり最悪は死亡事故になってしまいます。
家族でドライブなどに出かけるときにお子さんや同乗者の命を守ることができるのは、運転手の安全運転と安全に対する意識だといえます。事故を起こさないのはもちろんのことですが、事故に巻き込まれない運転もお子さんを守ることにつながります。

幼児って何歳から何歳まで?

幼児とは、生まれたての赤ん坊から6歳未満のお子さんのことを指します。病院から自宅に帰宅する際には新生児用のチャイルドシートが必要になりますので、計画的に準備をしておくことが大切です。出産予定日前には、購入するかレンタルをするかをしっかりと話し合って決めておくことが良いでしょう。
また、使用年齢の上限である6歳の誕生日を迎えても、体が小さい場合は継続して使用することが良いでしょう。年齢だけで判断するのではなく、お子さんの体の成長に合わせて判断することが必要になります。無理をして大人用のシートベルトを使うことの方が、とても危険な状態になります。
成長は個人差が大きいので周りが上限年齢で使用しなくなっても、体格に合わせて使用していくことが必要になります。義務化されているから使用するのではなく、お子さんの安全を第一に考えることが重要になります。

違反するとどうなるの?

幼児用補助装置使用義務違反となり、罰金はないものの点数が1点減点されます。反則金がないので使用しなくてもいいと考えられますが、安全を第一に考えなくてはいけません。また、軽微な違反が二回以上あると、次回の免許更新時に違反者講習を受けて有効期限は3年になってしまいます。
同じ項目で何度も違反切符を切られていると、ゴールド免許でも免許停止などの処分を受けるようになってしまいます。お子さんの前で警察官に事情聴取されることになりますので、違反しないために使うのではなく安全を確保するためにチャイルドシートを使ってください。
義務ではありませんが、お子さんが乗っていることを示すステッカーなども市販されています。追突されないために付けている方が多いと思いますが、急な進路変更やウインカーを出さない右左折をする方が目立ちます。マナーを守っている人が大半だと思いますが、一部のマナーのない行動で迷惑している人がいますのでステッカーを使う際には注意が必要です。

チャイルドシートが免除される場合はどんなとき?

バスやタクシーでは免除される!

バスやタクシーなどの公共交通機関では、チャイルドシートの使用が免除されています。不特定多数の人が利用するためで、幼児用の席を確保することが難しいためです。優先席は設置されていますが、幼児専用の席は設置されていません。幼児を連れている場合は、優先席を利用してしっかりと抱っこしておくことが大事です。
大型観光バスなども使用は免除されていますが、座席にシートベルトがある場合は使用することが良いでしょう。最近では大型バスの事故も増えている現状があるので、自分と大切なお子さんの命を守ることにもなりますので使用することをおすすめします。
バスやタクシーでも事故が多発しているので、万が一に備えておくことが重要になります。本来、公共交通機関は安心して使うことができますが、安全だと安心していてはいけないでしょう。事故に巻き込まれないためにも、何がいつ起こってもいいような心構えが必要だといえます。

幼児が怪我や病気で病院にいくとき!

幼児が急な発熱や骨折などの怪我をしたときに、病院にいくときは免除されます。怪我をしているのに無理矢理チャイルドシートを使ってしまうことで、病状が悪化する場合があるからです。義務違反で止められても、病気であることを伝えると違反にはなりません。緊急を要する場合は、自分で運転していくよりも救急車を呼ぶことが良いでしょう。
怪我ではなく急な発熱の場合などは、使用しても大丈夫といえます。急ぎたい気持ちは分かりますが、病院に行く前に事故に遭ってしまっては意味がありません。適切な応急処置をしてから、かかりつけの病院に向かうことが大事です。
また、未使用で捕まったときに病気を理由にはできません。理由にしてしまうと、細かく聞かれてしまい嘘を見抜かれてしまいます。未使用で捕まったのなら、使わなかった本当の理由を説明してください。場合によっては、公務執行妨害の罪に問われる場合があります。

日常の世話をするとき!

日常の世話をするときは使用が免除されますが、安全な場所に停止してからおこなうことが良いでしょう。運転しながらでは集中することができなくなり、事故の原因になってしまいます。幼児などを乗車させるときは、休憩をこまめに取ることが必要です。目安としては、1~2時間に1回15分からを目安にすることが良いでしょう。
また、幼児と一緒のドライブでは急なトイレにも対応できるように、簡易トイレや紙おむつなどを持っていることで安心できます。特に、高速道路での急な割り込みをしてパーキングエリアなどに入っていくことは事故の要因になるので、絶対にしないでください。
日常の世話が終わったら、チャイルドシートに戻してください。万が一の事故に備えなくてはいけないので、病気などの理由がないのであれば戻すことが必要になります。悲惨な事故から幼児を守るための装置なので、ルールをしっかりと守りましょう。

チャイルドシートの取り付けは慎重に!

正しく使用しましょう!

取り付けにかんしては各メーカーによりさまざまですが、正しく取り付けないと機能を発揮させることができなくなります。取り付け不良は事故の衝撃を倍増させる要因になり、軽微な事故でも重大な事故へとなってしまいます。取り付け不良や助手席への取り付けは、性能を発揮させることができませんので注意してください。
幼児には必要なチャイルドシートですが、運転手にとっては大きな負担になってしまいます。取り付けや取り外しは手間がかかりますので、簡単にできるものを選ぶことが良いでしょう。また、腰痛やぎっくり腰の原因にもなるので、取り付け作業などをするときは慎重に作業をしてください。
正しく使用することで、事故が起きたときに幼児を守ることができます。正しく取り付けられていることを確認してから幼児を乗車させることが、万が一の事故に備えることにもなります。安全運転は基本ですが、事故を起こさない保証はどこにもありません。

成長に合わせて選ぶ!

幼児の成長に合わせて選ぶことも、選び方では重要になります。チャイルドシートは幼児用補助装置の総称であって、ベビーシートやジュニアシートも含まれます。生後から1歳頃までがベビーシート、1歳から4歳頃までが幼児用チャイルドシート、3歳頃から11歳頃までが学童用ジュニアシートの使用が推奨されています。
買い替えることも可能ですが、長く使えるタイプやレンタルなどさまざまなタイプがありますので夫婦でしっかりと話し合うことが必要です。生まれてから慌てて準備をするのではなく、予定日の前にはしっかりと準備することが良いでしょう。
また、機能だけを優先して選ぶことも良いでしょうが、車の内装に合わせてファッション性で選ぶことも良いでしょう。楽しいドライブを実現させるためにも、しっかりと話し合ってから選んでください。

チャイルドシート選びをお手伝いします!

レンタカーでも必要です!

レンタカーは着用必須で、車と一緒にチャイルドシートも借りることができます。自分で用意ができないと、車を借りれなくなってしまいますので注意してください。6歳未満の幼児を同乗させるときは、レンタカーでも知人の車でも使用義務は発生します。
事故が起きてから後悔するより、正しく使うことが運転手には求められます。虚偽の申告で事故を起こしてしまうと、自動車保険が適用されず全額自己負担になってしまいます。裁判になってしまうと、虚偽の申告も罪になってしまい前科が付く可能性があります。
取り付けられていることで、確認をしないで幼児を乗車させることは大変危険な行為といえます。レンタカー会社が取り付けをしていても、運転手自身が確認をしないと安全とはいえないでしょう。安全確認は運転手の必須項目になるので、用意されているチャイルドシートの取り付けを確認することも重要になります。

チャイルドシートは安全なの?

事故の衝撃を減らしてくれる!

同じ追突事故でもチャイルドシートを使用していることで、車外に投げ出されて死亡する事故を防ぐことができます。安全運転が基本になりますが、割り込まれて急ブレーキで停車されては事故になってしまいます。ドライブレコーダーも普及していますので、事故の要因を作ったとして罰せられる可能性があります。
また、小さいお子さんなどを乗車させているのに、一般道の追い越し禁止区間で法定速度を無視して追い越ししていく人を見たことがあります。どんな理由であれ、幼児を乗せての暴走運転は周りの車を巻き込む大事故につながります。
事故の衝撃を和らげてくれるのですが、運転手が法定速度を守り交通ルールとマナーを守ってこそ性能が発揮されます。無謀な運転では楽しいドライブが最悪のドライブになり、一生忘れられない一日になることは間違いがありません。お子さんの大切な未来を守るためにも、正しく利用することが良いでしょう。

使用の前提には安全運転がある!

幼児用補助装置やシートベルトは、事故の衝撃から運転手や同乗者を守る補助装置です。万が一に備えて任意保険を準備するのと同じで、正しく使用しなければ効果が発揮されることはありません。義務だから使うのではなく、安全確保のために使うことが必要になります。
捕まったり事故を起こさなければ何をしてもいいと考える人もいますが、時代遅れの考え方で自己中心的な象徴だといえます。同乗者の命を守るのは運転手の責任で、事故を防ぐための安全運転を必要とします。また、近年では高齢者の死亡事故や交通事故が頻繁に報道されています。自分勝手な判断(高速道路でのUターンなど)や逆走などがあり、それらの車と事故を起こさないようにするのも運転手の義務といえます。
法律で義務になっていますが、安全運転が大前提で使用しなくてはいけません。幼児を乗車されているときは、普段以上に周りの車にも気を使うことが必要になります。周りにも気を使うことで、悲惨な交通事故から大切なお子さんや家族を守ることができます。

まとめ:日本は遅れている!

日本でチャイルドシートの法律が改正され施行されたのは平成12年(2000年)ですが、世界各国と比較すると法制化が遅かったように感じます。アメリカでは1978年頃から法律が整備されている州が多く、日本より早くに取り入れています。アメリカには遅くなっていますが、イギリスは1989年にドイツは1993年に法律で制定されています。
義務化が始まった頃は浸透していませんでしたが、最近ではしていない人の方が珍しくなっています。義務だから使うことよりも、幼児を安心させて乗車させるために正しく使用されています。楽しいドライブをするためにも必要なことなので、お子さんの体格に合うものを選んでください。
また、中古品や譲り受けたものは壊れている箇所がないかしっかりと確認をしてください。部品が欠けていたりすると、事故に遭遇したときに性能を発揮することができません。大切なお子さんを同乗させるためにも、安心して使えるチャイルドシートを選ぶことが良いでしょう。