【アメリカ・デトロイトで開催!】「北米自動車ショー」ってどんなイベント!?【話題の新発表が続々★】

車好きなら誰でも聞いたことがある『北米自動車ショー』または『北米国際自動車ショー』。世界5大モーターショーの1つで、アメリカのデトロイトにおいて開かれます。アメリカの自動車といえばデトロイトなので、その権威はすごく、世界中から沢山のマスコミと来場者が集まり、とても盛り上がります。車好きなら一度は憧れたであろうショーなので、ご存知の方は多いと思いますが、復習という形で紹介していきます。

『北米自動車ショー』ってどんな感じ?

上述させて頂いたように、世界五大モーターショーとして、「フランクフルトモーターショー」、「パリサロン」、「ジュネーヴ・モーターショー」、「東京モーターショー」と並び、世界でも有名なショーです。しかし、元々は国際モーターショーとしては特に有名ではなく、アメリカのモーターショーのもつ特徴であるビジネスライクな展示会といった要素が強かったため、コンセプトカーや新車の発表という部分では少し、弱かったのです。それを危惧した自動車メーカーがアメリカで行われている有名な4つのモーターショーの中から、1つをショーとして盛り上げようと、アメリカ車の代表的な街であるデトロイトで行われていたこのショーをそれに選び、現在のような『北米国際モーターショー』として扱うようになりました。
毎年1月に開催され、新車やコンセプトカーの発表など、非常に盛り上がるので、一度は足を運んでみたいですよね! 2016年は1月11日から24日まで開催されますので、非常に楽しみです!

『北米自動車ショー』の会場は?

アメリカミシガン州の州都デトロイトにある「コボセンター」は、ワシントン通り沿いにあり、とても良い立地にある国際展示場です。1960年に前身となった建物が作られ、1989年に展示場として改装、それまでの倍以上の敷地面積となり現在の名前で呼ばれるようになりました。名前の由来は建築に関わった当時の市長であるアルバート・E・コボから取られています。
『北米自動車ショー』以外にも多数のイベントが行われており、チャリティショーやアーティストによるコンサートも行われています! KISSやマドンナ、ローリングストーンズといった日本でも人気がある面々が使っているため、アメリカまで観に行った方もおられるのではないでしょうか? 他にもスポーツの試合にも使われたりするので、休日にはかなり混雑するようです。
大きな駐車場もありますが、もしお車で向かわれる場合には、かなり早めに会場へ着くのがいいかもしれませんね!

直近ではどんな発表があった?「リッジライン」の新型発表!

記事を書いている時点でまだ『北米自動車ショー』が開催中なので、最大の盛り上がりはまだわかりませんが、ホンダが発表したピックアップトラック「リッジライン(Ridgeline)」新型はかなり盛り上がっているようですよ! 日本ではあまりピックアップトラックを見かけることはありませんが、アメリカでは税制上でも優遇されているので、若者を中心にとても人気があり、最近の景気持ち直しと共に、新車販売台数が増えているアメリカ市場では歓迎されそうですね!
1代目の「リッジライン(Ridgeline)」は独自の機構を備えた2パターンで開閉できるテーブルゲートがとても好評だったため、2代目でもそれを踏襲し、さらに同クラスの中で最も広い室内と荷台の確保しているようです。また、ピックアップトラックでは初となる荷台への本格的な音響システム搭載ということで、完全に若者を狙った戦略なのかもしれませんね! 値段の方はまだ分かりませんが、2016年前半に発売を予定しているそうなので、近いうちに判明しそうです。

直近ではどんな発表があった?Part2.「NSX」の新型の値段発表!

ホンダが北米でのみリリースしている高級車ブランド「Acura」が新型「NSX」の値段を発表し、その価格が日本円で約1,900万円から2,500万円となることが判明しました。大方の予想通りだったようで、性能から考えると安いという声と高いという声がありますので、一体どうなるのでしょうか? 「NSX」という名前がついているだけで欲しいという方が結構いらっしゃいますし、ベンチマークの結果もよかったのですが、一部評判を落とす欠点もあるとのことなので、全く先がよめない状況となっています。
完全受注生産ということで、受付は2016年2月25日からとなっていますので、気になる方はチェックですね! なお、第1号車となる型番「VIN 001」はオークションにかけられ、その落札金額はチャリティー団体に寄付されるそうです。

会場にはどうやって行けばいい?

メトロで行く場合には「コボセンター」前に、「コボ・センター・ピープル・モーバー駅」があるので、とても便利になっていますが、この路線は環状なので、他から来る場合はまずデトロイトまで来るのが先になります。アメリカは公共交通機関が発達していませんので、少しややこしい道のりかもしれません。
なお、車で向かう場合はデトロイト・メトロポリタン空港から、「94番ハイウェイ」にのり東へ、途中「ロッジフリーウェイ」にはいって走っていれば見えてきますので、混んでいなければ結構すぐに到着すると思います。

まとめ

とても行ってみたいと思いませんか? 記事執筆中はまだ北米市場向けしか発表されていませんが、これから世界市場向けの新車が発表されてきますので、ワクワクしますね! 遠くでもワクワクするので、きっと会場に行けばもっと楽しめると思います! 機会があれば、ぜひ足を運んでくださいね!