節約には必須の年会費無料ETCカード。ETCのお得な制度と合わせてご紹介!

カーライフを送る上で必須のETCカード。年会費無料で作れるETCカードは数多くあり、カード会社によって受けられる特典も千差万別。いろいろなタイプのETCカードをご紹介。節約にも役立つお得なETC割引制度と合わせてご紹介します。

実はいろいろな種類があるETCカード。あなたにピッタリのETCカードは?

ETCカード、車を所有されている方でしたらほとんど持っているかと思います。ETC車載器の利用率は2014年10月時点でも約88%(国土交通省調べ)となっており、日本を走る車の大半はETC車載器を搭載しています。
ETCカードは、ETC車載器の利用率とほぼイコールで作っていることになります。クレジットカードを作る際にETCカードも一緒に作るパターンが一般的ですが、ETCカードも使い方やカード会社によってはより節約できる方法があります。
利用額に応じてポイントで還元されて、そのポイントをギフトや買い物などに使えるパターンや、給油時のキャッシュバックに利用できるなど、ETCカードによってその特典も変わります。
よりあなたにとって一番メリットのある特典を軸に、ETCカードを選んでみるのも節約するポイントですね。

年会費無料のETCカードおすすめランキング

利用額に応じて還元されるポイントや特典をもとにおすすめのETCカードをご紹介します。
尚、本ランキングは下記サイトの情報をもとにしています。

ETCカード年会費無料ランキングは、年会費が無料のETCカードにだけをピックアップして、ポイント還元率、発行日数などいろいろな角度からETCカードを比較してランキングにしています。あなたにあったETCカードを見つけてください。

<1位>
Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)
年会費:永年無料
還元率は常に1.0%以上。100円で1オリコポイントがたまります。そして、入会後6ヶ月間はポイント還元率が2.0%にアップします。
オリコモールの利用で通常のオリコポイント獲得分にプラスして0.5%分の特別加算もあります。そして、たまったオリコポイントは500オリコポイントからリアルタイムに交換可能ですぐに使えます。
また、今なら(2016年1月時点)カード入会で18,000オリコポイントがもらえるキャンペーンを行っています。

<2位>
楽天カード
年会費:永年無料(ただし、ETCカードは540円)
※楽天ETCカード申込時点の楽天PointClubの会員ランクが「ダイヤモンド会員」・「プラチナ会員」の方は、楽天カードに付帯して発行する楽天ETCカードの年会費は初年度無料となります。次年度以降は、ETCカード年会費請求月(ETCカード入会月の翌月)の楽天PointClub会員ランクが「ダイヤモンド会員」・「プラチナ会員」の場合には、楽天ETCカードの次年度1年間のETCカード年会費は免除(無料)となります。

ETCカードのポイント還元は100円で1ポイント。楽天市場内での購入時はいつでもポイントが2倍となっています。楽天ETCカードの場合、貯まったポイントで楽天市場にて買い物ができます。
そして、今ならカード入会時に5,000ポイントがプレゼントされるキャンペーンを常時開催しており、タイミングがいいと8,000ポイント付与されるキャンペーンなども行っています。


<3位>
セゾンカードインターナショナル
年会費:永年無料
永久不滅ポイントで有名なセゾンカード。貯めたポイントが失効しないのが一番のメリットです。ショッピング1,000円ごとに1ポイント貯まります。貯まったポイントは200ポイントから商品への交換や月々のお支払いにあてることができます。

即日受け取りしたいなら、クレディセゾンのETCカード

出典:http://travel.benriba.com/2015/08/21/saison-card/

travel.benriba.com

クレジットカードの多くは申し込みをしてから審査が行われ、その後カードが発行されて自宅に届くという流れになります。申込からカードが届くまでは2週間くらいかかるのが普通です。
でも、即日カードを受け取りたい。すぐに使いたいという方もいるのではないでしょうか。その場合、即日受け取れるカード会社、クレディセゾンカードを選びましょう。
即日受け取りの流れはこのような感じになります。インターネットでカード申込み。この際に、受け取り方法をセゾンカウンターで受け取るようにします。郵送で受け取りを選択すると即日受け取りできません。
申込後、確認の電話がかかってきます。もちろんこちらはすぐに出て本人確認を済ませます。その後、申込時のメールに審査結果が送られてきますので、審査OKでしたら指定のセゾンカウンターへ出向いてカードを受け取りましょう。
郵送の場合でも最短3営業日で届くそうです。

学生もOK!審査なしで作れるETCカード、デポジット式ETCカード

出典:http://www.hanshin-exp.co.jp/etc/guide/card.html

hanshin-exp.co.jp

クレジットカードは必ず審査があります。年収などの個人情報を記載して審査してもらいます。学生など定職についていない方は審査が通らない場合もあります。そのような方でもETCを利用したいという場合に用意されているのが、デポジット式のETCカードです。
デポジットとは、保証金を予め預けておくことで、有料道路の走行ができるようになります。有名なのがETCパーソナルカードです。有料道路のお支払いに限定した、高速道路6会社が共同で発行するETCカードです。
このカードがあれば、クレジットカードがなくても保証金を預けることで、有料道路のETC走行が可能になります。この保証金は担保にするため、解約時には戻ってきます。保証金の額に応じて利用できる金額が決まっています。前払金ではないため、通行料金はゆうちょ銀行または銀行等の貯金口座や預金口座から1ヶ月単位で引落しとなります。

節約におススメのETCカード及びETC利用方法

出典:http://tokyo.ever.jp/setuyaku/

tokyo.ever.jp

ETCカードを使っているだけで節約できる方法があればぜひ活用したいものですよね。ETCカードの節約で誰でも知っているのは休日割引や深夜割引などの高速料金割引制度。
ETC利用によってこれらの割引が享受できるので、ETC車載器は必ず車につけておきましょう。ちなみに、休日割引は、普通車・軽自動車等限定で土日・祝日の高速料金が30%割引されます。深夜割引は、毎日午前0時~午前4時の高速料金が30%割引。全ての車が対象となっています。
さて、このようにETCを利用することによる節約方法もありますが、ETCカードをうまく活用して節約する方法もございます。
その方法をご紹介します。

主婦の方におすすめ! 楽天・イオンのETCカード

ETCカードを使うと、そのカード会社によってポイントが付与されるのは、「年会費無料のETCカードおすすめランキング」章でも紹介しました。カード会社によってその還元率もことなれば、貯まったポイントの活用方法も違います。
では、主婦の方にとってはどのETCカードが家計の節約につながっておすすめなのでしょうか。常日ごろから家計を支えている主婦にとって、少しでも家計の負担を楽にしたいと考えるものです。毎日チラシを見ては少しでも安いスーパーで買い物をするなど、その奮闘ぶりは本当に頭が下がります。
そのような主婦におすすめなETCカードは、家計の負担を少しでも軽くしてくれるカードです。ETCの通行料金で貯まったポイントを日常生活の買い物にあてられることによって、家計の負担を減らすことができるのが理想ですよね。
そのようなETCカードは、楽天カードとイオンカードがおすすめ!
楽天カードは、楽天市場や楽天スーパーポイントを利用できる店舗にて使うことができます。イオンカードはWAONポイントを使えるイオン系列店舗をはじめ、ミニストップなどのイオングループの店舗にて使えます。
日常生活で必要なものを購入することができる楽天市場やイオングループ。これらの店舗で貯めたポイントを利用できるため、楽天カード、イオンカードはおすすめです。

ETCマイレージは必須登録?! 走った分だけ無料還元!

出典:http://vegepples.net/2014/01/04/etc/

vegepples.net

ETCマイレージという制度を聞いたことがある方も多いとは思いますが、簡単に言うとETCを利用して支払った高速料金の利用額に応じてポイントが付与され、そのポイントを高速料金に充てることができるという制度です。
ETCマイレージサービスへの登録は無料となります。年会費もかかりません。ETCカードのカード会社ポイントとは別に通行料金に還元できるポイントが付与されるので、節約したい方は必ず登録した方がいいです。
ポイントの付与率は、高速道路会社によってことなります。例えば、NEXCO東/中/西日本など日本の主要高速道路では、10円につき1ポイントとなっています。

ポイントには有効期限(還元額に交換できる期間)があります。
有効期限は、ポイントが付いた年度の翌年度末です。例えば、平成27年3月20日に付いたポイントは、平成28年3月末まで交換できます。そして、貯まったポイントは自動還元サービスによって所定のポイント数が貯まった時点で自動的に還元額に交換されます。
例えば、NEXCO東/中/西日本など日本の主要高速道路では、5,000ポイントで5,000円分となります。
このポイントには期限があります。有効期限は、ポイントが付いた年度の翌年度末となります。例えば、平成27年3月20日に付いたポイントは、平成28年3月末までとなります。

<ETCマイレージサービス限定の平日朝夕割引制度>
休日割引や深夜割引などの高速道路割引制度の中でも、ETCマイレージに登録しておくと適用される割引制度があります。それが、「平日朝夕割引制度」です。
すべての車が対象となり、平日の朝6~9時、夕17~20時の間に通行すると、ご利用回数に応じて30%もしくは50%が還元されます。無料通行分も付いてきます。
具体的には、1ヶ月の割引対象となる利用回数が5回~9回までは30%還元。10回~は50%還元となります。還元分は、利用月の翌月20日にETCマイレージサービスの還元額(無料通行分)としてキャッシュバックされます。
なお、対象の高速道路は、NEXCO東日本/中日本/西日本(NEXCO3社)が管理する地方部の高速道路(東京・大阪近郊は対象外)及び宮城県道路公社の仙台松島道路となっています。

<ETCマイレージ申込に必要な情報>
名前
生年月日
住所
電話番号
ETCカード番号及び有効期限
車両番号(ナンバープレートの4桁)
車載器管理番号(ETC車載器の19桁)

<ETCマイレージ注意点>
・登録した車以外でも登録ETCカードであればマイレージは貯まります。
・最大4枚までETCカードを登録することができます。ただし、同一事業所、同居の家族のみとなります。この場合、各ETCカードにポイントがたまり、ポイントを合計することはできません。
・ETC車載器を譲り受けた場合や、ETC車載器が付いた中古車を購入した場合、前所有者による登録が残っていると「同一車載器管理番号が既に登録されています。」とのエラーメッセージが表示されます。ETCセットアップを車屋さんにて行ってからETCマイレージの登録をしてください。

ETC2.0再セットアップキャンペーンで助成金をもらおう!

あまり知られていないETC2.0再セットアップキャンペーン。助成金が最大2,700円でます。申込期間は、2015年10月29日~2016年3月31日までとなっています。先着10万名となっているようです。
ETC2.0車載器は、経路情報を活用した割引きなどを実施できるような新サービスを行っています。渋滞情報をもとに、高速道路で渋滞地を迂回したルートを通った場合に割引が適用されたり、事故や災害などによる渋滞を避けたり、ガソリンスタンドで給油するために、いったん一般道路に退出してから再び高速道路に乗った場合、連続走行した場合と同額にできるなどのサービスを行っています。

※再セットアップとは
正しい料金支払いやETC2.0サービスに必要な車両情報を、ETC車載器に登録する作業です。登録には車検証が必要で、車屋さんにてセットアップできます。

※ETC2.0の見分け方
ETCマークのほか、「DSRC」「ITSスポット」と表示されている車載器です。ETCマークのみの車載器は対象外となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。カード会社によっていろいろな特典がありますが、どのカード会社を選んでもとてもお得なポイントがついてきますね。自分の生活にマッチするETCカードを選んでみてください。
また、ETC車載器も最新のものでセットアップすることで、高速料金を節約することもできます。年会費無料のETCカードを作り、ETC割引制度をフル活用してスマートなカーライフを送りましょう。