【幸せな暮らしを守ってくれる!】「賠償責任保険」に入っておこう!【自動車を持っている人は欠かせません】

安全運転を心がけていても、思わぬ事態になってしまうことは誰にでもあることです。もし、そうなった場合全ての損害を自分で埋めるとなると、相当な金額を要する場合があります。そんなときに頼りになるのが保険です! 何かあったとき対人や対物において大変助けられます。車は凶器にもなり得るものなので、必ず入っておきましょう。という訳で『賠償責任保険』について解説していきますので参考にしてください。

そもそも保険ってのがややこしくて…

「保険」ってきくとちょっと尻込みしちゃうんですよね…。規約には漢字ばかりありますし、甲とか乙とか普段聞き慣れない言葉ばかりで、ついついややこしく感じてしまいます。しかし、社会生活を送っているとそれらは避けられないものですよね。なので、なるべく簡単に「保険」のことを学んでいきましょう!
まず、「保険」そのものの意味としては、何かあったときに頼れるものっていう認識で間違いないです。もし、病気になって入院費がかかるとか、大事な宝物が壊れてしまって直すのにお金がかかるといったときに、契約している「保険会社」が代わりにその代金を出してくれるのが「保険」になります。
そして、そこに「被害者」が存在している場合に使われるのが『賠償責任保険』なんです。もし、事故を起してそれが原因で誰かが怪我をしてしまったときや、人の物を壊してしまった場合に、治療費や修理代などを、自分の代わりに「保険会社」が出してくれます。治療費にしても修理代にしても程度によってはかなり高額になるので、自分の力だけで全額払うというのはかなり難しくなるときもあるんです。そんな場合に「保険会社」が出してくれるととても助かりますよね!
なので、車やバイク、自転車にしても、誰かを危険に晒す場合には必ず『賠償責任保険』にはいっておきましょう。

実は車を運転するなら既に入ってます!

1955年以前の日本では、もし車に乗っていて対人事故や対物事故を起してしまった場合、の治療費や修理費は『賠償責任保険』に入ってない限り、全額自分で払うのが当然でした。しかし、それでは加害者に対する請求が大きすぎて、事故を起した人の経済状況や支払いから逃げられた場合には、被害者に何の補償もされないという状況があり、それを改善するために「自動車損害賠償保障法」というのが施行され、そのときからいわゆる「自賠責」「強制保険」という枠組みが作られています。
現在正しい手段で車を手にいれておられる方は絶対に加入しているはずなので、事故を起してもある程度の補償はされるのですが、自分だけで起した「単独事故」や誰かの所有物に対して起した事故「物損事故」には対応しておらず、最悪の場合事故で自身が亡くなった場合にも補償がされません。
そうなると残された家族は大変な思いをすることになりますよね! なので、自分で「保険会社」と契約して別途に『賠償責任保険』やその他の「保険」に入っておくことが重要になります。

これらをまとめると、既に「自賠責」には入っているけど、それだけでは色々と不十分なので、「保険会社」と契約して『賠償責任保険』に別口で入っておこう! となります。

自転車は入っていないので要注意!

いわゆる「自賠責」といわれる「保険」が適用されるのは「自動車」「原動機付自転車」などに限られており、自転車にはそれが適応されません。なので、もし、自転車で事故をおこした場合には全額ご自身での補償になります。自転車も十分速度がでますし、もし誰かを跳ねた場合には、その状況によってはかなりの損害を与えることが充分にあり、それを全額自分で払うとなるとかなりの負担です。
そういった意味でも個人で『賠償責任保険』に入るのはとても有意ですよ! 「保険会社」によっては自転車も含むプランを作っているところもありますので、日頃から自転車も利用する方は、ぜひ入っておきましょう!

『賠償責任保険』には種類が色々!

一口に『賠償責任保険』といってもかなり大きなカテゴリになっていて、そこには沢山の種類があります。また、そこからさらに色々と「保険会社」によってプランなどがあり、自分にあった物を選ぶのが通常となっています。次からはそれぞれの種類について簡単に説明していきますが、自分にあったものがどれだか分からない! という方もいらっしゃると思います。
しかし、その場合は業種や日頃どれくらい運転するかなどを「保険会社」に伝えれば最適なのを教えてくれるので、そこから選ぶことも可能です。担当してくれる人によって態度の違いなどがありますので、できれば自分に合った人、もしくは知り合いの人などに聞くといいかもしれませんね!
相手も仕事ですので、あまりに突拍子もないものを勧めてもきませんが、最適なのを選ぶというのは「保険」にとって最も大事な部分ですので、信頼できる人に聞くというのはとても重要です。

普段の生活に!『賠償責任保険』Part1.「個人向け賠償責任保険」

まず、最もあてはまることが多いのはこの「個人向け賠償責任保険」ではないでしょうか。これは個人向けにある「保険」で、主に普段の生活における諸々や住宅の使用、管理などにおいて、加害者になった場合に使われます。例としては、庭の掃除をしている最中に、石が飛んでしまい誰かを傷つけた場合、家の瓦がずり落ちて、通行人に当たった場合、もしくは道路を歩いている最中に余所見をしていて、誰かに当たって怪我をさせてしまった場合などがあげられます。
この場合は人物だけではなく物に関してもあてはまるので、他の家の何かを壊してしまった場合にも適用されます。いつ、どこで、そういった事態になるのか分かりませんし、意外と身近なトラブルは起こったりするので、入っておくのがおすすめですよ!
しかし、一部には対象外となるものもあります。まず一つ目は「借用物」に対しては補償されません。知人や友人などの近い関係での取引が多いため、保険金詐欺などの可能性を考慮して補償されないといわれています。また、自動車の運転に関しては「自動車保険」との兼ね合いから、対象となりませんが、「保険会社」によってはそれも含めてのプランもあったりします! なお、自転車は日常生活に含まれていたりしますので、安心ですね!

凄くたくさんの種類があります!

この保険には日常生活以外にも対人レジャーなどのタイプもあります! 例えをあげるとするなら、ゴルフをしている最中に、飛ばした球が誰かに当たったときなどで適用され、治療費などを保証してくれます。なので、テニスやサッカーなど、沢山の種類があり、普段スポーツやレジャーを楽しむ方には転ばぬ先の杖ということで入っておくのもいいかもしれませんね!

会社を経営するなら!『賠償責任保険』Part2.「一般企業向け賠償責任保険」

ここからは特定の人が該当していく保険なので、当てはまる人が少ないかもしれませんが、重大な過失に繋がることが多い場面が多いので、該当しそうな方は必見です! 「一般企業向け賠償責任保険」とは、個人ではなく会社などの法人に適用されるもので、施設所有管理者賠償責任保険、請負業者賠償責任保険、生産物賠償責任保険、受託者賠償責任保険などの種類があります。 
この「保険」は会社の営業中に起こるあらゆることに適応するもので、例をあげると社員や観光客に開放している建物が損壊している場合に、それが原因で誰かが怪我をした場合や、掃除や工事などを請け負う業者が起した場合など、かなり広範囲にカバーされるので、事業主の方には必須ではないでしょうか?
特に有名なところでは、「生産物賠償責任保険」は有名ですよね!

保険額の算出がとても難しいことで有名で、対象となる例としては賃金、施設の面積、入場者、座席数などがあげられ、「保険会社」によってはその中から1つになったり、全部になったり、または全く違う観点から算出する場合があるので、複数の「保険会社」に見積もりしてもらうのが基本となります。

特定の職種の方に!『賠償責任保険』Part3.「特定業務向け賠償責任保険」

こちらは上記の保険より派生した「保険」で、駐車場運営、旅館、LPガス販売、旅行業者などの国が定めた特定事業を行っている方が対象となります。「自動車管理者賠償責任保険」は車関係の仕事についている方や、したい方はぜひ覚えておきましょう! 例としては自動車関連の仕事につき、整備などで車を預かった際にその車を傷つけてしまった場合や壊してしまった際に適用される「保険」でその代金を保証してもらえます。
駐車場などで車を預けるときに、壁などに貼ってあったり説明されたりすることが多いので、結構見知った保険かもしれません。補填されない部分としましては、依頼をうけた際の結果になります。「事故」ということで偶然性が重要視され、依頼をうけた結果において不具合が発生されても適応されません。当然といえば当然かもしれませんが、一応書いておきますね!

専門的な仕事をする方!『賠償責任保険』Part4.「専門職業人賠償責任保険」

こちらは名前の通り「専門性」の高い職業に適応される「保険」で、医師や公認会計士、司法書士、弁護士などの国家資格を有する人たちが対象なっています。専門職となるとその結果に重大な責任があり、過失によって起される被害はかなり大きくなる可能性が高いので専用の「保険」が必要になるということです!
特に医師に関しては誤診などの賠償金はかなり高額になりますので、こういった「保険」がない場合、医師を目指す人が減っていってしまうのでとても大事ですね。
また、弁護士の場合もその業務において過誤があり、依頼人に経済的な損失を与えた場合に適用されます。こちらも被害額が大きくなることが結構ありますので、重要です。
該当する保険によって補填の対象外になる部分が違うのですが、基本的には故意に該当する事態をおこした場合には適用されないというのが共通となっています。

物を作る仕事なら!『賠償責任保険』Part5.「瑕疵保証責任保険」

この保険は特定の商品などを販売した際に、その商品に気付かれない傷や欠点があった場合、それに伴っておこる不測の事態などに対応する保険となっています。
ここにきて読み辛い漢字が出てきていますが、「瑕疵(かし)」とは本来備わっていないといけないはずの品質や機能が備わっていないことを表す言葉となっています。初期不良と似たような意味だと思っていれば大丈夫です!
例としては住宅を購入した際に、耐震基準を満たしていないなどの建築基準法に適応していなかった場合に売った側の人間や、住宅メーカーがその部分を補う作業を行う際にかかる費用などをカバーするという「保険」です。最近でも少し話題になっていたので、TVなどで聞いたことがあるかもしれませんね!

ドライバーの方は必ず入っておきたい『自動車保険』

最後に紹介させてもらう『賠償責任保険』は「自動車保険」です。これが今回の最大の目玉となるのですが、もし自動車を運手している最中に事故をおこしてしまったら、どうしましょう? もちろん、車を買った際に「自賠責」に加入しているはずなので、ある程度の補償はされます。しかし、そこには対物も自分に対しての補償もついてきません。壊したものの額がとても高価な場合や、自分の怪我がとても重く、治療費が高額な場合などは「自賠責」ではまかなわれません。
そこで、「任意保険」ともよばれる「保険」に入っておきましょう。「自賠責」は最低限の補償をするもので、限度額が低く、カバーする範囲が狭くなっています。
「保険会社」が提供している「任意保険」に入っていればだいたいはカバーしてもらえるので、経済的にかなり助けてもらえます。さらに「自賠責」ではカバーしてもらえない、自損や対物についても「交通傷害保険」や「車両保険」でまかなうことが可能になります。
それだけカバーしておけば、もし何かあったときにも金額面での心配はかなり減りますので、ぜひ加入しておいてください!

どうやって加入するの?

もし、加入を決めた場合にはどうしたらいいのか…。と悩む人はそこそこ多いかもしれませんが、加入するのはとても簡単です! まず、自分にあった「保険」を探すことからはじめましょう! 最近ではシュミュレーションなどで簡単に探す方法もありますので、とても便利になりました。
そして、「保険」が決まったのならその会社に電話しましょう。インターネットでの契約もありますが、電話の方が色々と話を聞けるので、おすすめです。
あとは、「保険会社」に言われた書類を準備し契約すれば完了となりますので、思っていたよりも遥かに簡単に加入できます。まずは電話やインターネットで、自分に合ったものを探してみてくださいね!

『賠償責任保険』まとめ

『賠償責任保険』についていかがでしたか? かなり簡単説明なので疑問はまた浮かぶかもしれませんが、基本的には「保険会社」に電話すれば何でも答えてくれますので、分からないところは聞いてみましょう! 

それでは、『賠償責任保険』と安全運転で豊かなカーライフを送ってくださいね!