【ホンダ ライフ】女の子でも安心!ホンダライフで楽しいカーライフ!

かわいくて運転しやすくより安全な軽自動車が欲しい! そんな方にはホンダの軽自動車ライフがぴったり! でもどんな車かわからない方にライフの情報をお届けします。どうぞごゆっくりご覧ください。

軽自動車が欲しい?ライフはいかが?

ホンダの軽自動車と言えば「ライフ」と答える人も多い程人気のある車です。屋根が高くカワイイデザインが魅力的ですね! そこで今回はライフの歴史など掘り下げていきましょう。今軽自動車の購入を考えている人やライフをもっと知りたい人に活用できるようにまとめてみます。

ホンダライフはこんな人に乗ってほしい!

初めての一台

免許を取ってから初めての車にすると言う人におすすめです。フロントガラスは大きく設計されているので、運転席からの景色も見通しも良く、ハッチバックタイプなので車庫入れの間隔も掴みやすいです。ハンドルやシフト操作といった一連の動作もやりやすく、運転に不慣れな人にも安心してお使いいただけるかと思います。

車は欲しいけど維持費が心配

車は購入にもお金が掛かりますし、維持費も心配になりますね。しかしご安心ください。軽自動車なので年間の維持費もほんの僅かです。学生さんでもアルバイトをしていれば維持できる範囲かと思います。もちろん燃費も良いので気にする程ではありません。
維持に伴う整備費用なども基本的な作業(オイル交換など)で十分です。最低限度の費用しか掛からないのが魅力かと思います。セカンドカーとしてもおすすめです。普通自動車の半分の費用で済むのでたいへんお得です。
タイヤサイズも歴代一貫して小径サイズの設定なので、タイヤ代も非常にお安くなっています。

かわいい車を探してる

ライフシリーズはとにかく「かわいい」デザインになっています。そんなライフといろいろなドライブを楽しめば愛着もわくと思います。いつしかペットのような存在になること間違いなしです。
西へ東へお散歩に出かけるのも良いかもしれませんね!

お買い物に行く車が欲しい

少し離れた場所にあるスーパーなどに徒歩や自転車で通うのが困難な人もいますよね。特に郊外に住んでいる人にとっては車は必需品です。でも買い物だけに車を買うのは抵抗があるかもしれません。しかしご安心ください。先ほども述べましたが、維持費はほんの僅かです。燃費も良く室内も広いので買い物にもってこいの車と言えます。

運転に自信がない

これから車を購入する人も、ペーパードライバーの人も。過去に車に乗っていたが、事故を起こしてしまい自信がない人…そんな人にもおすすめできるのがライフです。運転するにあたって、見えていないボディーの端などを想像しながら運転することが苦手な女性にもおすすめです。
死角が少ないので不意にブツけてしまうリスクも少ないでしょう。ボディーデザインも一貫して四角い形に近いので、運転席から見えていない死角となっているボディーの端なども想像しやすいと思います。

とにかく低予算で車を探してる

流通量の多いホンダライフは、中古車市場では比較的低価格で取引されています。安い理由は、車に欠陥があるのではなく、流通量が多いため、値下げしないと中古車販売店として売り難いからです。これは消費者にとっては安く購入できるので、都合が良いですね!

思いっきりカスタムを楽しみたい

車体価格が低予算で購入できることと、カスタムパーツも多く販売されているライフです。エアロパーツの装着やオーディオにこだわってみたりと車遊びの幅は広いと思います。さらにパーツも低価格で販売されている傾向にあるので好都合です。
車イジりを趣味にしてみてはいかがでしょうか?

荷物を積みたい!

ラゲッジスペースの広いライフでは、シートを折り畳むことによりさらに積載能力を上げることが可能です。リアシートを倒し、大きな荷物も運べます。キャンプや趣味などを楽しむ際はシートアレンジを変えて活用することもできます。もしそれだけでは内容量が足りないようであれば、ルーフキャリアなどを追加することも可能です。

カーメイト(CARMATE) イノー(INNO) ベーシックキャリアーセット HONDA ライフ H15.9~H20.11 JB5~8系 [ステー品番:IN-SU-K5 取付フック品番:K299 バー品番:IN-B117]

¥15,965

メーカー : HONDA
車種 : ライフ
年式 : H15.9~H20.11
型式 : JB5~8系
備考 : ステー高 100 mm/4個1組
備考 : 車種別に最適取付位置が設置されているので、ルーフとのフィット感が抜群。キーロック付き。取り付けには、車種別SU取付フック(別売)等が必要です。
備考 : 車種別の取付位置を指定。しかも独自のテレスコピックノブは工具不要で取付けが簡単。シリンダーキー機構標準装備。ロー&ワイド、ストロングフォルム

販売サイトへ

まずはルーフキャリアを取り付けましょう。これを装着するだけで使い勝手がグッとアップします。ここからさらにスノーボードキャリアや、ボックスなど拡張ができます。

カーメイト(CARMATE) inno システムキャリア アタッチメント ルーフボックス 容量300l BR55BK

¥28,700

生産国:日本
材質・素材:カバー部 : 3層メタリックシート
付属品:●取付ボルト×4×取付金具×4●取付ノブ×8●ワンタッチバックルベルト×2●キー×2●取扱説明書×1
●左開き●容量 : 380L●最大積載量 : 50kg●内寸 : L1830×W650×H250mm●スキー : 6~8セット●スノーボード : 4~5セット

販売サイトへ

これは一例ですが、このようなボックスのほかにスノーボードキャリヤや汎用性のあるフラットキャリア、自転車を乗せるバイクキャリアなどがあります。有効に使用しましょう。

ライフの歴史を初代から見てみよう!

歴代のライフを年式(型式)別に見てみましょう。

初代SA/WA/VA型(1971~1974年)

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

ホンダライフの歴史は1971年から始まりました。初代ライフは横置き2気筒360ccエンジンと今となっては小振りな仕様です。車両重量も500キロ代と非常に軽量です。この頃の軽自動車や小型自動車は空冷エンジン(走行風を利用してエンジンを冷やす方式)が主流だったのに対し、このライフは水冷式エンジン(ラジエターを用いて冷やす方式)です。そのことにより油臭や暖房能力の不足も解消され、快適性が大幅に向上しました。
このライフ登場の翌年に発表されたシビックとの共通点も多く、その後のホンダ製乗用車の基礎が確立されたモデルでもあります。さらにホンダでは初めてタイミングベルトを採用したモデルでもあります。
販売期間が4年未満と短い理由はシビックの世界的なヒットにより、工場をシビックの生産に傾注させるためにライフの生産を打ち切らざるを得ませんでした。
これにはほかにも理由があり、軽自動車への車検の義務化や保安基準が新しくなったことで、小型乗用車との価格差が縮まり、価格的なメリットが薄れ、軽乗用車市場が縮小していたという背景もあります。
さらに価格面でもライフよりシビックの方が5万円高いだけだったのも理由と言えるようです。
この頃は自動車と言えばFRが常識的だったのですが、このライフは当時からFFでした。のちにFFは軽自動車のスタンダードとなります。
現在でも旧車として愛好家の多い初代ライフです。オーバーフェンダーにシャコタンといったスタイルが定番のようです。中古車市場では非常に希少価値の高い物件となっています。値段は応談価格となっている場合が多いです。
あえてボロボロの車体を手に入れ、レストアを楽しむも良いですし、レストア済みの車両を手に入れるのも良いですね。SNSなどでもオーナー同士の交流の場やオーナーズクラブ、オフ会や旧車のイベントへの参加など、カスタム以外にも楽しめる要素が満載です。
整備や修理は、非常にレトロな作りになっているので、部品さえ手に入れば少しの知識でどうにかなるようです。バイクをイジるのと同じ要領で、ライフ自体が基本的なシンプルな設計なので初心者にもおすすめできる一台かと思います。
興味があるけど不安な人は、オーナーズクラブの人とコンタクトを取り、質問してみるのも良いかもしれません。
古く希少価値のある車両なので宝物になること間違いなしかもしれませんよ!

軽トールワゴンとして復活した二代目JA4型(1997~1998年)

こう見えて二代目トゥデイと兄弟だったりします

二代目トゥデイと基本設計を共有した二代目ライフです。この頃から現在の基本設計となる軽トールワゴンのスタイルとなります。二代目トゥデイは下記画像を参考にしてください。全く別の形に見えますが。シャーシなど共通の部品が多いです。
内装やエンジンなども二代目トゥデイと共通部品が多いです。ちなみに型式もどちらもJA4となっています。

流通用は極めて少ない二代目ライフ…

軽自動車法改正の直前に発売されたこともあって、販売期間は約一年半と軽自動車にしてはかなり短くその幕を閉じました。エンジンはE07A型でトランスミッションは5速MTと、トゥデイのギア比を見直した3速ATが搭載されました。当時の軽自動車は質素な装備が当たり前だったのですが、このライフでは運転席SRSエアバッグ、熱線吸収UVカットガラス、抗菌ステアリングなどが標準装備されていました。
さらにオプション装備でABSが選択できるなど、セカンドカー的な軽自動車の見方ではなく、ファーストカーとして見直した感覚も新鮮でした。

三代目はライフの名を広めた大ヒットモデル!JB1/2/3/4型(1998年~2003年)

新軽自動車規格になって戻ってきたライフ

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

ボディサイズが全長3,395mm、全幅1,475mmに拡大され、衝突安全性能の向上が計られました。軽自動車としては珍しく、助手席SRSエアバッグも標準装備化され大変評判の良い三代目JB型ライフです。二代目ライフでは軽自動車軽自動車ファーストカー化を推していましたが、軽自動車規格が新しくなり、車体が一回り大きくなった三代目ライフは装備の良さも相まって、「最近の軽自動車は凄いな」と多くのユーザーを言わしめたモデルでもあります。
エンジンは車体の大型化に対応し、E07AからE07Zに変更。低回転域のトルクを約20%向上させながらLEV仕様となりました。このLEVとはLow Emission Vehicle の略で、低公害車と言う意味です。現在は排ガス規制も厳しくなり、販売されている登録自動車は全てLEVと言うことになります。
トランスミッションはた5速MTと3速ATで、AT車ではコラムシフトとなりました。車両重量は800キロ代と軽量です。駆動方式はFFのほかに4WDが追加されました。

パワフルなダンクが追加された

それまでライフはノンターボの設定しかありませんでした。しかし見た目も中身も一味違うターボモデルのダンクが追加されました。通常のライフとの違いは、ターボの装着はもちろん、トランスミッションのハイギヤ化、専用スポーツサスペンション、前後スタビライザーの装備、大型ベンチレーテッドディスクブレーキの搭載、EBD付きABSの標準装備といったチューンナップが施されています。
EDB付きのABSとは「Electronic Brake force Distribution」の略で前後、左右のブレーキバランスを自動的に調整するものです。積載時の制動性アップやコーナリング時の車両姿勢の安定化に貢献してくれます。それまで軽自動車はフロントがディスクブレーキ、リアがドラムブレーキとなっており、リアが軽い傾向にり、ドラムブレーキのクセが合わさり、急制動時にリアタイヤをロックさせる傾向にありました。これにより本来のストッピング性能を発揮しにくくなっていましたが、EBD付きABSを採用することにより、より安全性を確保することができました。
ノンターボのライフの50馬力に対してダンクは64馬力となっています。本当に軽自動車なのかと疑ってしまうほど強烈な加速をするので、実際に乗ってみるとチューニングを施した理由がおわかりいただけるかと思います。
実用的な軽自動車で、かつスポーツ走行を味わいたい人におすすめです。

カスタムベースとしても人気

この世代のライフからカスタムベースとして評価が高く、エアロパーツやサスペンション、マフラーなど専用部品が続々リリースされました。現在でもパーツの流通は多く、新品からセコハンまで幅広く手に入れることが可能です。

コーリン エムブロ サンダーLEDテールウインカーLED レッドレンズ STJBJIMY-2L-RC-04 スズキ ジムニー JB23W

¥24,900

ブレーキランプLED:片側9個
ウインカーLED:片側8個
リフレクションチューブ:4本
旧製品型式番号:MBRO-S01019
※LEDテールを装着される場合、車輌の個体差や仕様に依りメーター周りの警告灯が点灯したり、テールランプやハイマウントストップランプがゴースト点灯(微点灯)する場合がございます。
※ウインカーがLEDタイプのテールランプを装着される際、テールランプ以外のウインカーの箇所をLEDに換装されている場合、既に抵抗を装着されていてもウインカーがハイフラッシャー点灯する場合がございます。

販売サイトへ

hyper GT box Rev. 98/9~03/9 JB1 ライフ 2WD

¥44,330

●材質:オールステンレス ●パイプ径(パイ)50 ●タイコ径(パイ)96 ●テール径(パイ)70 ●出口:S(右) ●フロントマフラー後交換タイプ ●納期:お取り寄せ商品のため通常3~4日でのお届けとなります。(日・祝日は除く)万が一欠品の場合は別途メールにてご連絡差し上げます。お急ぎの場合はご注文前に必ず納期確認を頂きますようお願い申し上げます。
【注意事項】○車輌型式[GF-JB1]はJASMA未認定 ○MT車取付不可
対応車種:98/9~03/9 JB1 ライフ 2WD エンジン型式:E07Z
※商品写真はイメージです。実際の商品とは形状が異なる場合がございますので、説明文内にてご確認ください。

販売サイトへ

中古市場はどうなのか?

中古車相場は500円~60万円となっています。とてもヒットした車なので、流通量も多いです。底値の500円といった物件は10万キロを少し超えた、言わば「売り難い」条件の車が多い傾向にあります。ライフ自体は20万キロ程度まで走行できるようですが、お客さんとしては10万キロを超えると購買意欲が失せてしまいます。そこで廃棄処分するより売って手数料だけでも欲しいと考えているのだと思います。それに、格安で販売することによって、目立つので、お店の宣伝効果もあります。いわゆる目玉車にしている場合が多いです。その場合特に下手な車は販売できません。
安く販売しても故障している車や、納車直後に潰れてもらってはお店の名も汚してしまいます。ですので決して悪い車ではありませんので誤解のないようにしておきましょう。
流通量の多い車は中古車として販売するにあたって、希少価値がないので値下げ合戦が宿命です。どんなに良い車でも値段を下げないと、少しでも安いお店の車から売れていくのが現実です。そのためこのような値段となるのです。
コミコミ20万円や30万円で程度の良い軽自動車が買えます。中古車の利点を生かせば節約にも繋がります。
高価格帯は低走行のダンクが占めています。
実燃費はノンターボでリッター15キロ前後、ターボのダンクで12キロ前後です。

さらに磨きをかけた四代目JB5/6/7/8型(2003年~2008年)

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

フルモデルチェンジで女性をターゲットに

このモデルでは女性をターゲットとし、より丸みを帯びたデザインとなりました。。全高は軽トールワゴンとしては低い1,575㎜(4WD車は1,595㎜)に抑えられ、先代の途中からオプション設定となっていたルーフレールや手回しのウィンドウ、手動ドアロック、アクセサリーソケットレスといった極端な営業車系のグレードは完全に廃止されました。さらに軽自動車では珍しくEBD付ABSも標準装備でされるなど安全面も追及されました。
エンジンも新開発のP07A型が搭載され、先代と同じくNAとターボの2種類が設定されました。この世代からMTモデルは廃止され、ATのみとなりました。先代まで3速ATでしたが、4速ATとなりました。
スピードメーターの隣にマルチディスプレイが設置されたのも話題を呼びました。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

当時の軽自動車には珍しく、コラムシフトではなく、インパネシフトを採用したことも特徴の一つです。そのほかドアハンドルはアイスクリームのスプーンを連想させる丸い形も特徴で、どの方向からで握りやすい使い勝手になっています。
主に若い女性層をターゲットに想定し、設計されていますが、重厚感を打ち出す走りが現在でも評価が高いです。
この世代からそれまでターボモデルに設定されていた「ダンク」が廃止となり、「ディーバ」となりました。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

ターボモデルのディーバ。大きなグリルとボンネットのインタークーラーダクトがディーバの特徴です。

四代目ライフもカスタムベースとして人気

三代目ライフ同様このモデルもカスタムベースとして発売と同時にドレスアップシーンで大活躍していました。新型ライフとして間もなくエアロパーツなどカスタムパーツがリリースされ、業界からも注目されていました。現在でもVIPやラグジュアリー、スポーティーなどさまざまなジャンルで愛されています。

EUROU ライフ UA及びCBAのJB5/JB6/JB7/JB8 前期 3点キット アンダースポイラータイプ1 国産エアロ 保証付き

¥19,800

フロント・リアアンダースポイラー・サイドステップ 3点セット
平成15年9月~平成18年9月までの前期型
EUROUオリジナルステッカー 2枚付属
EUROU社製、Made in Japan 純国産になります。
こちらの商品は、弊社塗装職人によるプロ塗装が可能です。 ご希望の方は、 「ハーフ(アンダー)タイプ エアロセット塗装」 商品ページよりスペシャルプライスにて承っております。

販売サイトへ

中古車相場はどうなのか?

中古車相場は1円~99万円となっています。低価格帯は目玉車となっています。走行距離が10万キロ前後の物件を目玉車にしている傾向があります。この世代のライフも20万キロ程度ノントラブルで走る傾向があります。ターボモデルのディーバなどは、それまでのメンテナンスの具合によってエンジンの寿命が左右される傾向があるので気を付けた方が良さそうです。
具体的にはエンジンオイル交換の頻度が少ないエンジンは異音や異常排気(排気ガスが比較的多く出ている現象)の症状が見られる場合があります。このようなエンジンは、年式的にもいつ壊れてもおかしくないので避けたいところです。逆にノンターボエンジンでは少々ズボラな手入れでも長年持つので安心して中古車選びができます。
この世代のライフは多くの女性に支持されていたこともあり、メンテナンスに不安があります。なぜなら女性は車の知識が浅い人やメンテナンスの意識が低い傾向にあるからです。中にはターボエンジンの軽自動車をわずか3万キロでエンジンを故障させてしまう人も珍しくありません。
ですので特にターボエンジンのディーバを購入する際はエンジンの音と排気ガスの出る量に気を付けましょう。目利きができなければ販売員さんに聞けば教えてくれると思います。
高価格帯は走行距離の少ない物件が多い傾向にあります。車体価格40~50万円以上は安心して車選びができるかと思います。
そのほかカスタム済みの車両もチラホラ中古車市場に流れているのでそういった車両も趣味が合えば検討してみるのも良いかもしれません。
実燃費はノンターボでリッター15キロ前後、ターボでリッター13キロ前後となっています。

五代目JC1/2型(2008年~2014年)

一からフルモデルチェンジした新型ライフ

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

2014年に販売終了していますが、新型ライフが登場していないので、現在のところこの五代目が最終型となります。このモデルの大きな特徴は、エアバッグの容量を連続変化や、排気制御により、高い保護性能と低衝撃性を両立した運転席用「i-SRSエアバッグシステム」(連続容量変化タイプ)を搭載しています。
そのほか運転のしやすさを追求するため、細いフロントピラーやサッシュ一体型の大型三角窓、フロントワイパー位置の見直し、アイポイントとウエストラインの最適化、リアクォーターウィンドウの採用(6ライト化)、テールゲートウィンドウの大型化、後席シートバック形状の見直し、埋め込み式ヘッドレストの採用など全方向に対して視覚性を向上しています。
バックモニター付オーディオが、軽自動車で初めて標準装備されたのもこのライフからとなっています。
Hondaスマートパーキングアシストシステムは、音声案内の簡易タイプから、前後進ともにハンドル操作のアシストが行なわれるようになりました。なお、モニター部分はコスト追求の面からPlayStation Portable(PSP-3000用)のものが流用された珍しいケースとなっています。
全高は1,610mm(FFモデル:先代比+35mm)と高めに設定されており、室内容積の拡大に貢献しています。そのほかの長さや幅は同じで軽自動車規格ギリギリのサイズとなっています。
さらに基本設計を一新することによりおよそ40キロの軽量化に成功しました。

Hondaスマートパーキングアシストシステムとは?

縦列駐車やバック駐車など、苦手な駐車方法をアシストする機能です。自動的にハンドルを操作してくれます。運転手は音声案内に従うだけで駐車できるといった機能です。例えば左側へバックで駐車するとき、助手席にあるドアマークを駐車上の白線にあわせ、左バック駐車ボタンを押し、STARTボタン(スマートパーキングアシストシステム起動ボタン)を押します。ハンドルに手を軽く触れ、警報音が鳴ったらブレーキを運転手が踏みます。次にリバースにあわせ、ハンドルを固定し後退します。警報音が鳴ったらブレーキを踏み、ハンドルを元に戻した状態で後退する。といった手順を踏みます。
この機能があれば車庫入れが不安な人でも難なくこなすことができます。

気になる中古車相場は?

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

中古車相場は9.8万円~124.8万円となっています。低価格帯では走行距離15万キロ前後の物件が占めています。バックカメラやナビなど充実した装備の物件が多いので、初めての一台や運転のコツを掴むまでの練習用に最適ではないでしょうか?
特に狙い目はタイミングベルト交換車です。交換するだけで10万円近い出費が約束されるので、交換済みであればお得です。さらにタイミングベルト交換車は、しっかりメンテナンスを行う傾向がある人が多いので、安心できます。
低価格帯はノンターボモデルが中心となっていますので、多少距離を走っていても問題はないかと思います。販売されてから時間もそれ程経過していないことや、乱暴に運転されるような車でもないので、程度の良い物件が多い傾向にあるかと思います。
車体価格40万円程で走行距離5万キロ程度の車両が手に入る傾向にあります。ターボ車も同じです。ではどのようにノンターボモデルとターボモデルを選択すれば良いかと言うと、人数や荷物を多く乗せることが頻繁に予測される場合や、アップダウンの激しい地域にお住まいの人にはターボがおすすめです。
一般的にノンターボの方が燃費は良いのですが、以上の条件が重なるとパワーが比較的少ないノンターボでは常に多くアクセルを踏むことになると思います。場合によってはアクセル全開を多用する可能性もあります。その場合はターボモデルを選択すれば、パワーがあるのでアクセル開度が少なく済みます。結果ターボモデルの方が燃費が良くなるといった結果に繋がります。
ですのでご自身の用途に合わせたグレード選びが重要となってきます。スーパーへの買い物や、乗車人数2人程度の予定でしたらノンターボの方が低燃費の傾向にあります。
実燃費はノンターボでリッター15キロ前後、ターボでリッター13キロ程度と低燃費です。

アフターパーツを活用して自分好みに!

先代に比べドレスアップパーツは少々少ない傾向にありますが、この世代ではより快適にカーライフを送るためのパーツが販売されています。例えば幅広のドアバイザーです。紫外線も防いでくれるので日焼け対策もバッチリです。
このようなパーツを活用して自分の好みに合わせてみるのも良いですね!

OXバイザーブラッキーX/ライフ・ライフダンク フロント用 品番:BL-77(JC1/2)

¥13,824

超真っ黒なスポーティーカットのバイザー。シルバーモールのアクセントでシャープな印象!強烈な日射しをカットし、雨天時の窓開けも快適!
■特徴
・最新のプラスチック技術により完成した、耐衝撃強度3倍のバイザーです。
・有害紫外線を98%カットします。
・長期間使用後も素材の外観の変化がなく、色・強度・透過率の低下がほとんどありません。
・新世代のプラスチックを採用。優れた透明性と美しい光沢を有しています。
・曲げ伸ばし等の弾性に対する性能が向上。製品の耐久性もアップ。
・車体と一体化するスマートなシェイプで空力特性に優れ、風切り音を効率よく抑えます。
・換気性能と同時に、雨中走行時にも雨の浸入を防いで車内を快適に保ちます。
・取付は簡単ボルトオン装着。また、ステーを使用して取付ける安全設計です。

販売サイトへ

まとめ

いかがでしたか? 今回歴代ライフを紹介しましたが、いつの時代も手に入れやすく、安心して運転できる設計になっていることがわかりました。デザインコンセプトは女性向けとなっているようですが、最近ではそういった価値観も変わってきています。男性でも気に入れば購入をおすすめします。実際男性ユーザーも多くおられます。
どの世代のライフも運転のしやすさと安全面への追及がされています。ご自身の予算に合わせてどのモデルにするかお考えください。運転に自信がない人には予算が許せば五代目ライフがおすすめです。Hondaスマートパーキングアシストシステムを有効に利用すれば運転にの向上にも繋がると思います。
最後までご覧いただきありがとうございました!