車両本体価格が一番高い車はいったいいくらするのでしょう。世界最高金額5車種をご紹介!

日本で「高級車」というと、だいたい数千万円ですが、世界を見ると億単位なのです。そんな想像がつかない世界の車を5車種ご紹介します。

「高い車」とはどんなものがあるのでしょうか。

クルマを買うときはできるだけ、いい車を安く買いたいものです。しかしその安いとは真逆の高い車も当然あります。高いといってもどのくらい高いのでしょうか。日本のメーカーはあまり売れないクルマは継続的には作りません。しかし、海外ともなると高い車を持つことは「ステータス」なので、アッと驚くような金額のクルマでも売れていくという現実があります。では、どのような信じられない金額の車があるのでしょうか。世界で高いといわれているクルマを5車種ご紹介していきます。

第5位:フェラーリといえば赤い車。「599XX」はなんと1億5千万円です!

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BB599XX

世界に30台しかないクルマ。それが「フェラーリ 599XX」です。FXXのニューモデル開発プログラムと並行して行われた「599XXプログラム」専用のマシンで、2009年に599GTBフィオラノをベースとしてジュネーブ・ショーで発表されました。
この真っ赤なフェラーリは、お値段は驚きの1億5000万円。そして最大出力は730ps、6リッターV型12気筒エンジンを搭載しフェラーリらしいパワフルな走りを実現しています。ミッションは、6速シーケンシャルトランスミッションを使用しており、0.06秒以下でギアチェンジ可能になったことで、当然のことながらギアチェンジ時はキックダウンもなく非常にスムーズです。ブレーキは前後ともカーボン・セラミックで、「F1トラック」と呼ばれるトラクション&スタビリティコントロールや、磁性流体制御サスペンション「SCM2」が搭載されています。タイヤサイズは前285/30 ZR20、後315/35 ZR20と日本のカー用品店ではめったにお目にかかれないタイヤサイズですね。

基本情報

【フェラーリ:599XXXの詳細】
◆価格:150,000,000円
◆乗車定員:2名
◆ボディタイプ:2ドアクーペ
◆エンジン:6リッターV型12気筒エンジン
◆最高出力:730PS/6,000rpm
◆最大トルク:620Nm(457lb-ft)/6,500rpm
◆変速機:6速シーケンシャルトランスミッション
◆全長4,710mm
◆全幅1,962mm
◆全高1,326mm
◆車両重量1,662kg
◆最高速度336km/h

基本情報

【Wモータース:ライカン・ハイパースポーツの詳細】
◆価格:3,400,000ドル(約348,000,000円)
◆加速性能:0~100km/h加速 2.7秒
◆最高速度:394km/h
◆最大出力:760hp
◆エンジン:水平対向6気筒ツインターボエンジン
◆特徴:ディスプレイ/3Dホログラム・LEDヘッドライト/ダイヤモンドコーティング・シートステッチ/手縫いの金糸

第4位:「ブガッティ ヴェイロン スーパースポーツ」の納車までの道のりは長いのです。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%82%AC%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%B3

ブガッティといえば、とにかく高い車というとパッと思いつく車メーカーでもあります。そのブガッティの「ヴェイロン スーパースポーツ」はヴェイロンのスポーツタイプです。ヴェイロンですら高いのにスーパースポーツともなると、お値段は260万ドルで日本円にすると約3億円です! でも、3億円なら宝くじに当たれば買えますよね。しかし他メーカーと違い、ブガッティはただ単に購入代金があれば売ってくれて、納車したらありがとうございました、で終わるというメーカーではないのです。これはどういうことなのか、そしてどうすればブガッティに乗れるのかを詳しく紹介します。

1.代理店審査:日本・本社での審査が必要です。

買いたい! と思ったら、まずは日本総代理店のニコルレーシング・ジャパン(神奈川県川崎市幸区戸手2丁目)へ行き、購入意思を示し申し込みをします。そこで職業や購入目的などを書き、国内審査となります。そこを通過すると情報がブガッティ本社に行き、本社審査となります。なお、この「ブガッティ ヴェイロン スーパースポーツ」はタイヤだけでも4本で250万円もするというのですから驚きです。このタイヤなどの、購入後の維持もきちんとできるのかどうかを見られるようです。

2.予約金支払い:予約金は新築戸建1戸分。ホンダN-BOXなら25台分!

審査に通過すると予約金を支払います。予約金の額なんと、5千万円です! 一戸建てが買えてしまう金額が予約金とは、また驚きです。そして、この予約金を払ってからしばらくすると、フランスまでのファーストクラスの航空券が送られてきます。フランスのモールスハイムにあるブガッティ本社への招待状です。ファーストクラスというところがいかにこの契約がすごいことかがわかりますよね。モールスハイムのブガッティ本社に着くと、テストコースで試乗して、内外装・シート形状、そしてシートの位置をオーナーに合わせるといった徹底したこだわりなどのクルマの詳細を詰めます。通常はディーラーでカタログを見ながら内外装を決める程度ですが、やはりそこで終わらないのがブガッティなのでしょうね。

3.納車:オーナーはレースにも参加できるんです。そして日本人でもオーナーになっている方がいます。

そうして決まった内容で車の製作に入り、完成次第空輸で日本に運ばれめでたく納車となります。ちなみ予約金を支払った残りの金額は納車までに全額支払います。オーナーはオーナーが集まる専用クラブへ入会でき、そこのシークレットレースに参加することもできるそうですよ!

このようにかなり大変な道のりを通らなければブガッティのオーナーにはなれないそうです。ちなみに今日本で一番「ブガッティ ヴェイロン」のオーナーとして有名なのが、ビートたけしさん。あの「世界の北野」がオーナーになったのです。芸能人とはいえ、ビートたけしさんクラスだと日本も本社の審査も通るのですね。さすがです!

基本情報

【ブガッティ:ヴェイロン スーパースポーツの詳細】
◆価格:300,000,000円
◆乗車定員:2名
◆ボディタイプ:2ドアクーペ/タルガトップ GT
◆エンジン:8.0L W16 クワッドターボ
◆最高出力:736kW(1,001PS)/6,000rpm
◆最大トルク:1250N・m(127.5kg・m)/2,200-5,500rpm
◆変速機:7速セミAT(DSG)
◆駆動方式:4WD
◆全長:4,466mm
◆全幅:1,998mm
◆全高:1,206mm
◆車両重量:1,888kg
◆最高速度:407km/h(標準モデル,Grand Sport) 415km/h(Super Sport)

第3位:アラブの高級車「ライカン・ハイパースポーツ」は3億4千万円!

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/W%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%B3_%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84

アラブ首長国連邦のドバイに本拠を構えている「Wモータース」が販売している「ライカン・ハイパースポーツ」。いかにもスーパーカーといったエクステリアのハイパースポーツは、水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は760ps、最大トルクは101.7kgmを発生し、0~100km/hまでの時間はなんとたったの2.7秒! 最高速度は394km/hとなっています。世界に7台しかないライカンハイパースポーツはインテリアにはレザーを使用していて、ステッチには「手縫いの金糸」が使用され、ディスプレイには3Dホログラムを使用と想像しただけで高いということはわかります。
そして、エクステリアではLEDヘッドライトにダイヤモンドコーティングを施している徹底ぶりです。スペック的にはブガッティヴェイロンスーパースポーツに及びませんが、細部の仕上げには高価な素材をふんだんに使い贅を尽くした仕様となっています。世界で7台ということなのですが、発表したのちにトータル100台の注文が入ったそうです。やはり中東の国々はお金持ちのケタが違うんでしょうか。すごいとしかいいようがありません。

第2位:ランボルギーニ ヴェネーノ「Veneno」驚きの4億4百万円!

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%83%8E

2003年に行われたジュネーブモーターショー。その先駆けで行われたフォルクスワーゲングループの前夜祭の中で発表されたのが「ランボルギーニ Veneno」。ヴェネーノはブランド50周年を記念するモデルでなんと世界限定3台のみ! 車名のヴェネーノは、実在した伝説の闘牛の名前から取られました。
ランボルギーニは代々クルマの名前には、闘牛の牛の名前を伝統に使っています。venenoは、「これまでで最も強く、最も攻撃的な牛のうちの一頭であり、また闘牛の歴史上、最も俊敏な牛としても有名」ということでこのイメージにしっくりきた、とのことです。ヴェネーノ「Veneno」とはスペイン語で「毒」という意味。まさにこのエクステリアをパッと見たとき、ぴったり来ますね。

ただ4億円越えの高いだけのクルマじゃないんです。その性能たるやものすごい、モンスターみたいなクルマです。まず加速性能。エンジンをかけて時速100km/hに到達するまで、なんとたったの2.8秒! 息を止めてる間に100km/hです。まるでF1カーですね。
そんなことを可能にしたのが、最高出力750馬力というハイパワーを出す6.5リットル12気筒エンジン。うーん、6.5リットル・12気筒・750馬力。日本の公道ではどれもこれも真価を発揮できそうもないくらいとんでもないハイパフォーマンスですね。
ちなみに、このクルマは2014年内に完売したそうですよ。世界にはこのクルマを買えてしまうとんでもないお金持ちもいるんですね。

基本情報

【ランボルギーニ:venenoの詳細】
◆価格:3,300,000ユーロ(約404,000,000円)
◆モデル:ランボルギーニ創立50周年記念モデル・「ヴェネーノ」世界限定3台
◆加速性能:0~100km/h加速 2.8秒
◆最高速度:355km/h
◆最大出力:750hp
◆エンジン:6.5リットル12気筒エンジン
◆ミッション:7速オートマチックトランスミッション
◆駆動方式:4WD
◆特徴:内外にカーボン素材やCFRPを多用した結果、1450kgと超軽量なボディ。

第1位:まさかの水陸両用リムジン。お値段なんと5億円!?

出典:http://nouvoyage.com/products/

もう、ただただ、あいた口をふさぐのが大変なお値段のクルマが世界には存在します。「LIMOUSINE TENDER 33」はその額なんと”4~5億円”といわれています。まるで新築の豪邸のようなお値段ですね…。ここまでくると、どれだけハイパワーかとか、どれだけかっこいいか。じゃなくてステータスですね。
この「LIMOUSINE TENDER 33」は12人乗りの超豪華リムジン。座席は当然全席革張りで、壁や床は木ですよ木。そして何がすごいって、このクルマ「水陸両用」なんです! 水陸両用リムジンが5億って…。すごいですよね。その水上を意識してか、車体後方にはパノラマルーフまで完備されています。これで水上ではまるで船の甲板にいるようなそんな気分です。

ここまで読むと、気になるのは買ったとしていつ納車なの? というところです。この「LIMOUSINE TENDER 33」は発注から納車まで、14~16ヵ月かかるそうです。1年ちょっとですか…。これはそうそうどころか目にすることはほぼないのでしょうか。一度は見てみたいものですね。

基本情報

【NOUVOYAGE:LIMOUSINE TENDER 33の詳細】
◆最高速度:地上/136.8km/h 水上:51.9km/h
◆定員:12
◆運転者数:2
◆エンジン:Yanmar Marine Diesel
◆最高馬力:地上/130馬力 水上/530馬力
◆設備:電動ヒートシーター・屋根一部開閉
◆福祉環境:車いすの方も乗降可能

まとめ

※イメージ画像

世界で5本の指に入るとにかく「高い車」をご紹介しいました。上は5億円から下は1億5千万円まででした。それにしても第4位まで3億円越えとは、唖然としてしまいます。そして、第5位でもこの中でも安いものですが1億5千万円とはなんとも海外のクルマは本当にすごいのですね。日本でいえばレクサスが高い! というイメージですが、足元にも及ばないのですね。日本ではなかなか1億以上の車は売れないのでしょう。それでも日本のメーカーでもこのような、ハイパフォーマンスの文字どおりの「スーパーカー」を出してくれると非常に自動車業界が沸き立つのではないでしょうか。また、クルマ好きの方はわくわくしそうな気がしますね。