【ドライビングテクニック「ステアリングワーク」解説】スピーディ&スムーズに回すさまざまな方法

クルマを自在にコントロールする上でのカナメともいえるのがステアリングワークでしょう。ただ回せばいいだけではありません。コーナリングでは的確にスムーズに回す必要がありますし、姿勢を安定させるたにはステアリングの戻し、場合によってはカウンターステアも必要となります。スポーツドライビングではなくても、駐車はちょっと苦手……という人もステアリングワークに問題がある場合があります。詳しくみていきましょう。

ステアリングワークとは?

正しいステアリングワークの前提は正しいドライビングポジション

ここではステアリングワークについて解説していきますが、大前提として正しいドライビングポジションが取れていなければ、正しいステアリングワークはできないということから説明していきたいと思います。さすがに未だにストレートアームがいいと思っている人はいないと思いたいのですが、街中ではシートバックを極端に寝かせたような悪い姿勢で運転しているドライバーも見かけますが、非常に危険です。ステアリングとシートの位置関係ですが、シートに深く腰掛けて片手でステアリングの12時の位置を握ったときに肘が伸びきらない距離になると思います。ちょっと前過ぎるかな? と思うような位置になるかもしれません。それでもスポーツドライビングを考えた場合、シートがノーマルのままだとある程度の弾性を持っていますから、Gがかかったときに身体がシートに沈み込み、ステアリングまでの距離が遠くなるので、このくらいでちょうどいいのです。

ステアリングワークにはステアリングから身体までの距離が重要。ステアリングの頂点を握って、膝に少し余裕があるのがベスト。チルト機構やテレスコピック機構を上手に使おう。

ハンドルの正しい持ち方、握り方

ステリングワークにはクロスハンドルと送りハンドルがある。

自動車が完全に自動運転化が進んでおり、将来的には不要に? なるかもしれませんが、それまでは必要なのはステアリングワーク(ハンドルの回し方)です。普段は何気なく回しているかもしれませんが、安全運転の根幹として重要なものです。基本的な回し方は教習所で習うクロスハンドルになります。9時15分から10時10分の間でステアリングを握ります。ギューっと力を入れて握る必要はありません。一般的には軽く抑える程度と言われます。親指はスポーク部分にかけるのではなく、グリップの円周に沿わせるようにすると良いと言われます。これはハンドルにキックバック(路面からの入力)があった場合に、手を傷めるのを避ける意味があります。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/6ZTIy-uO_tQ" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

自動車教習所のステアリングワークの解説の動画です。教習所ではクロスハンドルを基本として教えています。一般的にはこれがベストだと思います。

クロスハンドルを用いて直進の状態から右に切るとしたら
(1)両手で右に回転させはじめる
(2)左手が4時あたりに来たら右手を10時あたりに持ちかえる
(3)右手を引いて3時の位置まで回転させ、左手は9時あたりでホールドする
という感じで1回転となります。最近のクルマはロックトゥーロック(ハンドルを回したとき左あるいは右いっぱいから右あるいは左いっぱいまで何回転するか)が少ない傾向にありますから、車種によってはこれ以上切れないことがありますが、そうでなければ、さらに右に切り込んで左手が4時あたりでロックとなるでしょう。

ハンドルを戻すときはその逆となるのですが、手順を説明しておくと
(1)左手を9時にもどし右手を3時でホールドする
(2)右手を8時あたりまで回し、左手を2時あたりに迎えに行く
(3)左手を9時の位置まで動かし、右手を3時でホールドする。
これで直進状態になります。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/9EhvzLOwKAw" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

レーシングドライバーの中谷明彦選手がステアリング操作を解説しています。中谷選手は、かなり昔の本を読んでも送りハンドルを推奨しているようです。レースだからという面はあると思います。

実はクロスハンドルでも送りハンドルでもいい。

クロスハンドルは操作量が多い場合、送りハンドルは少ない場合に向いている。

細々と書いてしまいましたが、個人的にはステアリングの回し方はスムーズに素早く回せればどのような回し方でも良いと思っています。上記はクロスハンドルですが、送りハンドルという回し方もあります。これは右に回すとしたら、手をクロスさせずに
(1)左手は9時の位置のまま右手を2時の位置から5時あたりまで引く
(2)左手を7時あたりで引き継ぎ10時あたりまで回す(押し上げる)
(3)さらに回す必要があれば(1)、(2)を繰り返す
となります。戻しはその逆と考えればいいでしょう。

このステアリングワークの欠点は回転スピードが遅くなってしまうことと、緊急時に瞬間的に直進状態に戻そうとするときセンターが出にくいということでしょう。ステアリングから手を離してセルフアライニングトルク(自然にセンターにステアリングが戻ろうという力)にまかせてしまうという方法もありますが、正確なステアリングワークということからいうとおすすめできません。ただ、ステアリングワークが忙しくない比較的Rの大きいコーナーが連続するサーキットなどではステアリングワークの微調整が効くという面もありますから、絶対にいけないというわけではないと思います。1950年代の代表的ドライバーであるJ・ファンジオがモナコGPのコースでフェラーリを送りハンドルで操っている動画も見たことがあります。どちらかというとクロスハンドルはステアリングワークが大きくなりがちなラリーやダートトライアル向きとも言えるでしょう。送りハンドルはレース向きといえるでしょう。もちろん両方を組み合わせたステアリングワークもアリです。

ステアリングワークでアンダーステアが防げることもある。

クロスハンドルの話しに戻りますが、実はサーキット走行ではハンドルを持ちかえるまで切り込むということはあまりありません。もちろんコーナリングというよりもターンに近いようなタイトコーナーではそうすることもありますが、通常のコーナーで持ちかえるまで切り込むということはアンダーステアを出してしまった場合が多いでしょう。アンダーステアというのは、ハンドルを一定に切り込んだまま、円を描きながらスピードを上げていくと、円の半径が大きくなっていく現象を言います。結果として同一半径の円を描こうとするとハンドル切り角が大きくなって行きますが、タイヤにはグリップ限界がありますから、それを越えてしまうとフロントタイヤがスリップしてコントロール不能になります。この現象は、一定スピードでもハンドルを切りすぎると起きますから正確なステアリングワークで防げる場合もあります。

コーナリング中に回転半径が小さくなっていくのがオーバーステア。テールが外に流れていくテールスライド状態になりやすい。それをカウンターステアで矯正するとドリフト走行になる。

オーバーステアという現象はアンダーステアとは逆にハンドルを一定で円を描いていた時、スピードを上げていくと半径が小さくなる現象を言います。もっともこの現象も最初はアンダーステアが発生し、その次にオーバーステアとなるのが普通で、特に「ファイナルオーバーステア」と呼ばれます。FRやMRというリヤ駆動のクルマで起きる現象です。このオーバーステアをコントロールするテクニックがドリフト走行ということになります。アンダーステアでもオーバーステアでもなくハンドル(タイヤ)の切れ角に応じた半径で円を描くことをニュートラルステアと呼びます。

理想なのはアンダーでもオーバーでもないニュートラルステア。これはドライビングテクニックやマシン性能、セッティングなどに左右されることになる。

特にドリフト走行のためのステアリングワークというのはないと思いますが、基本的にはクロスハンドルになるのだと思います。よく動画などを見ているとカウンターステアを当てるときに、ステアリングから両手を離して適当? なところでステアリングをつかみステアリングワークに入っている人もいますが、正確性ということではこれは避けたようにいいように思います。もっともそれで綺麗にドリフトができていれば、とやかくいうことでもないのですが……。ただ、やはりどのようなカタチでも自分でハンドルを回しているというスタイルの方がかっこよく見えます。

ハンドルは切り込みよりも戻しが大事となる。

ここまでハンドルの切り込み方を中心に説明してきましたが、実はステアリングを切り込むよりももっと重要なことに、ハンドルの戻し方があります。たとえばフロント駆動車の場合、コーナリングは基本的にステアリングを切り込んだままになります。おそらくコーナーの出口近くまで切り込みがちです。そこで意識的にハンドルを戻さないとコーナーの出口でイン側にクルマ急激に入っていくことがあります。意図的にテールを出していなければ、ステアリング角度は入り口=切り込み、コーナリング中=切り込み、出口=センターとなりますから、小さいコーナーの場合、ハンドルを切り込むスピードよりかなり速く回して戻す必要があります。リヤ駆動車の場合はアクセルでテールをある程度コントロールできますが、逆にテールが出すぎてカウンターを当てた場合、ストレートに入った瞬間にセンターに戻さないといわゆる「オツリ」を食らってコースアウトしかねません。

車庫入れのときのステアリングワークはロックツゥーロックが何回転か確認することと、センターを意識することが重要になる。

もしかして一番のポイントは駐車時のステアリングワークかもしれない?

駐車時のステアリングワークのポイントは、一度センター位置に戻すこと。

一般的にステアリングワークが一番求められるのは、車庫入れだったりするかもしれません。ここで何が問題になるかというと、自分がステアリングをどのくらい切っているのか分からなくなってしまうことだと思います。切れ角を正確につかむ第一歩はまず自分のクルマのハンドルのロックツゥーロックが何回転なのかをつかむことでしょう。車庫入れのときはゆっくりで構わないわけですから、自分がハンドルどのくらい切っているのかを意識して行なってみましょう。ハンドルを切り込んでバックしていって切り返す必要があるときは、止まるときに直進状態に戻します。次に逆方向にハンドルを切って必要なところまで前進し、止まるときには再び直進状態とします。このようにすれば再度バックで駐車スペースに入れるときはハンドルの切れ角が少なくなっていると思いますし、うまく行けば直進状態のままバックできますから、駐車も楽になります。ここで大事になるのはハンドルのセンターを常に意識することです。慣れれば、あまり意識しなくてもセンターがわかってくると思います。

基本はやはりクロスハンドル。バックをするときでも、シートポジションを的確に合わせていればクロスハンドルを行なうことは可能。その方が運転もうまくみえる!

普通にドライブしているときには、あまりステアリングワークを意識していないかもしれません。個人的に避けたいなと思っているのは、フォークリフトのステアリングのように、手のひらを1点に押し付けたままクルクルと回すことです。バックの場合は便利な場合も多いのですが、やはりセンターがわかりづらいというのが最大の欠点でしょう。シートポジションさえ正しく合わせていれば、後ろを見ながらクロスハンドルで操作することは十分に可能です。

操作しやすいハンドルとは?

ハンドルを交換するときの注意点のいくつか。

ハンドルは機能パーツとして、アフターマーケットでも人気があります。ナルディ、MOMOに代表されるように、スポーツ走行に適したものに交換すれば、コクピットのドレスアップにもつながります。一般的な使用を考えると、極端な小径ハンドルは避けた方が良いと思います。確かに小径のものは、半径が小さい分腕の動きは少なくてすみます。ただし、ハンドルは路面からのキックバックが入る場合があります。コーナリング中に路面にギャップなどがあった場合、小径ステアリングは強い入力が伝わり、それが直接腕に伝わるとハンドルのホールドが難しかったり、悪くすれば手が離れたり、打撲ということもあります。360φくらいのものが良いと思います。

極端な小径ハンドルを装着すると、コーナリング中にギャップを拾ったりすると、急激なキックバックで手が弾かれる危険性がある。

ディープコーンタイプも多くなりました。ペダル位置をそのままにステアリングを手前にもってくることができるので便利といえます。これはステアリングボススペーサーを入れても同じ効果が得られますので、よりファッション性を重視しているとも言えるでしょう。ボススペーサーだとロングボルトが必要になりますが、ショートボルトで済むという面もあります。真円ではない下部が切り取られたようなものも見られます。ステアリングを持ち替えないサーキット走行をメインに考えれば機能的といえると思いますが、一般的な走行を考えると必要ないのではないかと思います。

最近の主流はディープコーンタイプ。ペダルまでの位置を変えずにハンドル位置だけ近くしたいときには有効なアイテムだ。

ハンドルを交換しても速く走れるわけではない!

ひとつ言えるのはステアリングを交換しても速く走れるわけではないということです。現代のスポーティなクルマは、それなりに機能的なハンドルが装着されています。特にエアバッグ付きの場合は、交換することによってエアバッグが無くなってしまうこともありますので、交換には熟考が必要でしょう。脇道にそれてしまいますが、スポーティ走行を考えるならばバケットシートとフルハーネスシートベルトの方が先だと思います。これによって、正確なステアリングワークが可能になる面もあります。

F1などを意識した異型ハンドルも販売されているが、それを付けたからといって速く走れるわけではない。見た目よりも機能性を重視したい。

まとめ

スポーツ走行での逆手ハンドルはちょっといただけない……。

ステアリングワークは先に解説したように、基本を抑えた上で自分の回しやすいように回せばいいと考えます。ステアリングワークのタブーとして「逆手ハンドル」が上げられます。ステアリングの12時あたりを手のひらを上にして握り(逆手)引き下ろすように回す方法です。一度、はじめてサーキットを走るドライバーの横に乗ったときに、そのドライバーが逆手ハンドルで走ったので、非常に怖い思いをしたことがあります。さすがにトップドライバーがスポーツ走行をするときにこれをするのは見たことはありません。ただ、天才ラリードライバーと言われ、海外ラリー経験も豊富な神岡政夫選手が逆手ハンドルを使っていたという半ば伝説化した話もあります。トップドライバーでも、一般走行で逆手ハンドルをしてるのは見たことがありますから、状況によりますが、絶対にしてはいけないというものでもないのでしょう。おすすめはしませんが……。

正しいシートポジション、スムーズなステアリング回しは上手なドライビングの基本となる。かっこいいドライバーを目指そう!