「オービス」が光った!困ったドライバー必見の対処法【設置場所、種類、光り方、速度、通知】

ドライバーの皆様なら一度は聞いたことのある『オービス』。一体どんな装置なのでしょうか? カーナビや電波受信機といった機械や道路標識などで、通過する前に注意を促されていますが、実態を知っている人はあまりおられないかと思います。そこで、今回の記事では『オービス』について調べ、皆様のカーライフのお役に立てられたな、と思います。それでは、「自動速度違反取締装置」通称『オービス』について見ていきましょう。

『オービス』とは

『オービス』とはラテン語で眼を意味する「ORBIS」から取られており、アメリカの「ボーイング社」が開発した「自動速度違反取締装置」の名前です。登録商標なので、それ以外の「自動速度違反取締装置」についてはそれぞれ別の名前がついているのですが、今ではすっかり名前が定着してしまっていて、『オービス』自体が道路上にある速度違反を取り締まる装置を表しているのが現状ですね! 
他にも警察が暗喩として使っている「ネズミ捕り」などの名称もありますが、そちらは車載型や携帯型のを指すことが多いようです。いずれにしても公的な名前ではないので、こちらも『オービス』のカテゴリにいれておきます。
しかし、日本で正しい意味として『オービス』という名前を冠しているのは、ライセンスを受けて生産されている「東京航空計器」が作っている機種だけになっていますので、ご注意ください。ただ、それぞれ名前を書いて説明していくと非常にややこしくなってしまうので、この記事では公道に存在している一般的な「自動速度違反取締装置」などを全て含めて説明していきます。

『オービス』の機能とは?

『まず、機能としましては、制限速度を大幅に超過している車を発見すると、該当した車がどれほどの速度を出しているのかを記録し、写真によってナンバープレートと運転手の顔を映像として残し、現行犯でしかできない違反を自動で行っています。もし、スピード超過で撮影されてしまった場合には、昼間でも十分にわかる位のフラッシュがたかれますので、撮影されてしまった場合は覚悟してください!
写真に写っている通り、道路上の上に設置されているタイプや、路肩に設置されているタイプのものなどがありますが、全ての機械が同じシステムを採用している訳ではなく、それぞれに独自に検地するシステムを持っており、車載されている電波を調べて警告を発する機械では認識されないパターンもあるので、注意が必要です。ただ、最近のカーナビには事前に教えてくれる機能もありますので、そちらの方で認識できる可能性もあります。
また、事前警告として1~3km以内に「自動速度取締機設置区間」という警告が2枚以上設置されていますので、標識をよくチェックしておくと良いかもしれませんが、余程の速度超過していない場合にしか作動しませんので、安全運転を心がけている方には心配する必要のないシステムになっていますので安心してくださいね!

『オービス』ってどれくらい歴史があるの?

そして気になる人は気になって仕方がないと思われる『オービス』の歴史について掘り下げていってみましょう! 「自動速度違反取締装置」の元になったのは「モーリス・ガッツォニデス」というオランダのラリードライバーがコーナリングの際に、どれだけの速度が出ているのかを確認するためと、テクニックを確認する為に作ったスピードカメラ「ガッツォ(gatso)」が元祖となっていて、現在でも同じシステムで作られています。特許などをとっていれば凄いお金が入ってそうですし、こうやって歴史に名前が残っているというのも凄いですね。
日本では、1980年ごろに「東京航空計器」がアメリカから輸入したスピードカメラ「ORBIS lll」を販売しはじめたのが元になっていて、上述の通りそのまま名前が定着して今に至りました。その後は現在の「パナソニック モバイルコミュニケーションズ」である「松下通信工業」や「三菱電機」 などによってスピードカメラが作られていましたが、現在は「東京航空計器」の『オービス』だけが製造・販売され、日本での登録商標も「東京航空計器」が持っています。

車社会のアメリカでは『オービス』ってどんな感じ?

それでは、日本以外の国ではどうなっているのでしょうか? もちろん日本の『オービス』はアメリカの「ボーイング社」によって開発されたものなので、アメリカにはもちろん存在します! ただし、日本の様に公道上に作られているタイプの「自動速度違反取締装置」は最近までありませんでした。
それにとり、現在でも白バイ警官などによって手持ちタイプのもので計測されることが多くなっています。アメリカは銃社会ということと、導入に対してかなり過激な運動がおこり、自動撮影タイプのものは破壊されてしまうことが多かったため、一時期の間は撤去されていましたが、最近では必要な法整備が州それぞれに進んだので、続々と導入されはじめています。
また、パトカーに搭載されていることも多いらしく、パトロール中のパトカーによって検挙! というパターンもあります。なにせ、日本より圧倒的に警察官の多い国なので街中で速度違反をするとあっという間に捕まるそうです。しかし、日本より情状酌量も多いということで、キップ切られずに注意で済まされることもあるみたいですね!

安全そうなスイスの『オービス』事情は?

続いて、日本と同様に世界中の中でかなりの治安が良いとされている国、スイスではどうでしょうか? スイスといえば雄大な自然に囲まれた国で、公共交通機関が発達した先進国です。なので、もちろん『オービス』は設置されています。治安の良い国は破壊される心配がないため、自動販売機などの機械類を公道に設置していも大丈夫なのかもしれませんね! そ
して設置されている『オービス』がどういったものかというと、世界で最も厳しい基準といわれている3km/hオーバーでの作動になっています。日本が優しく思えてきます! また、交通法もかなり厳しく25km/hを超過すると一発で免許取り消しとなっているので、要注意ですね。
しかも、35km/h以上から罰金の他に年収から規則に応じて割った額が上乗せされる上に、裁判にかけられるそうなので、スイスに行かれる方は、必ず速度制限を守ってください。

しかし、それとは逆にスイスの『オービス』は警察官によってデコレーションが施されていたりするので、見た目的には可愛いことでも有名です! 観光にいいかもしれませんね!

車といえばドイツ!なら『オービス』は?

続いては車といえばベンツ、ワーゲンといった車を代表する国ドイツでは一体どうなっているのでしょうか? もちろんドイツにも『オービス』は存在します! しかも、基準はスイスなみに厳しくなっており、少しの速度超過でも検挙されます。罰金自体はそれほど高額ではないようですが、少しの気の緩みでも即写真にとられますので、気をつけてくださいね! また、最高速度がかわる場所に猶予期間などもないので、新しい標識をみたら即スピードを落とすのが大事になってきます。
また、「速度違反取り締まり機」とは別に、交差点専用の取り締まり機なども設置が進んでおり、赤信号で交差点に侵入するとこちらも即検挙になってしまいます。さすが規則の国ドイツとなっていますので、ドイツに行く際には気をつけてくださいね! 特に「アウトバーン」には速度制限のある場所もあるので、要注意です!

人権大国フランスには『オービス』が無さそう!

次もまたヨーロッパの『オービス』事情をみていきましょう! 自由・平等・博愛と人権大国として有名なフランスではどうでしょうか? 個人主義の国としても有名で、個人の権利が保証されているので、プライバシー侵害ともされる可能性がある『オービス』は設置されていなさそうですが、実際にはフランスにも設置されています。
設置される前には市民からかなりの批判をうけ、2000年までは設置されていなかったのですが、周辺諸国から名指しされる程交通マナーが悪かったのを受けて、本格的に取締りが強化されたのに伴って、とうとう設置されました。作動する超過速度は場所によって変動し、街中では50km/h程度となっています。また、今紹介させて頂いた国では、日本と違ってレーダー探知機などの装備は違法とされていますので、日本の車を輸入して乗る際には注意してください!

監視カメラで有名なイギリスの『オービス』事情は?

そしてヨーロッパで最後に紹介させていただくのはイギリスです! こちらも有名どころの車ブランドが沢山ある車大国なわけですが、同時に監視カメラ大国でもあったりします。なので、イギリスにもかなりの数の『オービス』が設置されており、その基準もかなり厳しいことで有名です。しかし、イギリスは比較的運転マナーがよく、道を譲ってくれたりなどとても親切なので、運転はしやすいと言われています。さすが紳士の国ですね!
しかし、それとは反比例して道路交通法はかなり厳しいことでも有名なので、気をつけないといけませんね! また、イギリスの『オービス』は日本と違って車の後ろを撮影するタイプなので、誰が乗っていたかは全く関係なく、撮影された車の持ち主が罰せられるので誰かに貸していた場合でも貸していた人が罰せられます。ただ、盗難車などの場合や当人たちの話あいによって罰金が科せられないこともあります。

じゃあお隣の韓国はどう?

では、最後にお隣の国の韓国ではどうなっているのでしょうか? 韓国でももちろん『オービス』は設置されていて、その数もかなり多いといわれています。ただし、その中には実際には作動しない模型などもあるので、実際の数はよくわかっていません。また、韓国で使われているタイプのものには速度超過の他にも、違反駐車検知、信号無視検知などの機能が搭載されている新型が存在しており、ソウル市内を中心に設置がすすめられています。
そこまで交通マナーが悪い国ではないので、作動する範囲は50km/hとなっています。日本で運転している感覚でいても大丈夫なので、ヨーロッパの国に比べたら気軽に運転できるのではないでしょうか?

設置場所

『オービス』の設置場所としましては、主要な幹線道路や高速道路といった交通量が多く、道が整備されていてスピードの出しやすくなっている場所のほかには、事故多発区間や速度超過違反が多発している道路などに主に設置されており、大都市圏では重点的に設置されています。なので、車通りが少ない地方には全く存在しなかったりもします。逆にいうと『オービス』のある道路はそれだけ往来が多く、違反している車両の事故に巻き込まれる可能性が高いということかもしれません。
そして、気になる『オービス』の設置数は現在日本国内で約700箇所とされており、北は北海道から南は沖縄までと、幅広く設置されているので運転していると、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか? 特に、東京、大阪、名古屋にはかなりの数が設置されていますので、そこに住んでおられる方や周辺にお住まいの方は、確実に目にしていると思います。

『オービス』の種類について

上述した様に『オービス』と一口にいっても複数のタイプがあり、それぞれシステムも形も全然違ってきます。このカテゴリの下にそれぞれのシステムについては分かる範囲で書いていこうと思いますが、まずは、「レーダー式」、「ループコイル式」、「Hシステム」、「LHシステム」、「光電管式」、「移動式」と6つの種類があることと、それぞれに一長一短があることを覚えておくといいかもしれません。また、「光電管式」は普及が進まず現在ではあまり見ることはありませんが、後学のために書かせていただきます!

最も歴史があるタイプの「レーダー式」

こちらが最も日本で有名な『オービス』のタイプで、「ドップラー・レーダー」をつかって車両の速度を検知するシステムです。車載のアンテナ装置などはこれで発せられているレーダーを読み取って警告を発していますので、警告音がなったら近くにあるというのが分かります。
では、そのシステムついて少しだけ解説していきましょう! 「ドップラー・レーダー」とは音波などの波の発生元と観測地との間に起こる周波数の相対的な変化をいう「ドップラー効果」を用いて、移動速度を計測しているレーダーです。『オービス』では、運転席から見て右側に設置されている2つのレーダーから電波を発生させ、戻ってきた電波をキャッチして速度を計っています。よーくみると分かるのですが、四角い箱の中に丸いのが2つついているやつがそれです! 
中にフィルムが納められていて違反者を撮影するのですが、整備不足などによって希にフィルムがなくなっていて、撮影されていても無効になるというラッキーな事態があったりもします。最近では枚数制限のないデジタルフィルムに交換されたりしているようですが、予算の都合上、すべてを置き換えるにはまだまだ時間がかかるようです。
また、上記の事情によって故障されたまま放置されている機種もありますので、その場合はレーダーすらなりませんし、もちろん撮影されることもありません。

探知機泣かせといわれる「ループコイル式」

道路の下約5cmの場所に、6.9m間隔で3個のコイルが埋め込まれている「ループコイル式」は、車体が金属でできてる車が近づくと埋め込まれているコイルが反応し、その反応をみて車の通過時間と距離 (6.9m)を計測します。こちらは車載のレーダー探知機が作動しませんので、カーナビや専用のアプリでその場所を把握するしかありませんので、ご注意ください! また、事前に標識の警告がありますので、そちらで判別してもいいかもしれませんね!
では、コイルの反応とはどういうものなのでしょうか? こちらも簡潔に紹介しておきたいとおもいます。コイルの反応は「インダクタンス」とよばれ、日本語では「誘導係数」や「誘導子」とも呼ばれている反応で、磁力が変化した際に作られる電位の差や電流である「誘導起電力」が発生する現象のことをいいます。かなりざっくりした説明なので、少し分かりにくいかもしれませんが、一般には、物理学者の「マイケル・ファラデー」とセットで高校時代に習った範囲なので、覚えておられる方も多いとおもいます。
「ループコイル式」は、雪に弱くなっていますので、降雪地域ではあまり見られず、定期的なコイルの交換が必要になるため、多くは普及していないようです。撮影地点に金属の逆三角形プレートが埋め込まれていることが多いので、見た目にすぐ判別することが可能となっています。

可愛い愛称でも、中々強敵「Hシステム」

次に紹介する「Hシステム」は日本でも最も普及しているタイプのもので、「電子画像撮影・伝送方式」とも呼ばれています。こちらは中にフィルムを持っておらず、撮影された電子画像とデータを通信回線に乗せて管理センターに伝えることができ、フィルム切れなどの事態が起こらないようになっています。
では、先に紹介した「レーダー式」とは一体なにが違うのでしょうか? まず上に書いたようにデジタル画像を通信するというのが違いの1つにあげられますが、最近では「レーダー式」もそのタイプに改造されていることが多く、それだけで大きな違いにはなりません。そこで、最大の違いとなるのが「Hシステム」では「パルス波」を使っての検知となっていることです。なので、「レーダー式」を検知するレーダー探知機ではなかなり近づいた状態でないと反応せず、気付いたときには撮影されていたということも起こっています。こちらもカーナビや専用のアプリで場所を確認しておくのがおすすめです!
それでは上にならって軽く「パルス波」について解説していきましょう! 通常のレーダーが連続で電波を照射しているのと違い、断続的にごく短い間をおいて何度も電波を照射するシステムで、通常のレーダーにくらべて短い間での計測が可能になっています。
見た目には道路上に三つの白い箱が設置されたような外観をしています。そのために、愛称として「はんぺん」と呼ばれることがあります。愛称が可愛いのは「憎さあまって可愛さ100倍」なのでしょうか?

いいとこ取りの最新型「LHシステム」

1994年から設置されている比較的新しいタイプのシステムで、「ループコイル式Hシステム」という正式名称があり、その名のとおり「Hシステム」の速度感知機能の代わりに「ループコイル式」のコイルによって速度を検知するようしたタイプです。「Hシステム」のいわゆる「はんぺん」部分が取り外されているので、見た目的には非常に分かりづらくなっていますが、しっかり速度違反を検知してくるので、気をつけてくださいね! また、その見た目のために「Nシステム」という『オービス』とは違った内容で撮影をする機械と勘違いされることもよくあるそうです。
システムがほぼ同じということで「ループコイル式」のときと同じ様に、地面に三角形の金属板がうめ困れており、レーダー探知機では発見することができなくなっています。こちらもカーナビの地図やアプリなどで事前に調べておきましょう。

今ではあまり見かけなくなった「光電管式」

ループコイルの代わりに光源と光電管(通称JRC)を使ったタイプの『オービス』で、2つの測定ユニットの間の3m区間をどれだけの速度で通過したのかによって計測します。簡単にいうと光を使った「ストップウォッチ」と考えてもらえたら分かりやすいのではないでしょうか? このタイプは設置に手間がかかるのと、光を照射するということで汚れに非常に弱いということと、誤動作も多く、複数車線では取り締まりするのが難しいという問題で普及せずに終わりました。
移動式、設置式『オービス』の両方の特徴をあわせ持っており、警察の車両によって運搬され道路に設置されるため、レーダーや地図アプリ、カーナビでは検知することはできません。しかし、見た目的にともとても目立つので、目に入ってから速度を落としても十分回避可能になっています。都市部での使用が多かったので、元々スピードを出さずに走行している人が多く、あまり検挙数アップには繋がらなかったという話もあります。

道路わきに警察官がいたら要注意!「移動式」

こちらは名前のとおりのタイプの『オービス』で通称「ネズミ捕り」と呼ばれています。上の章で書かせていただいた「光電管式」もこのタイプが多く、パトロールカーに搭載しているものと警察車両のワゴンに搭載されているものがあり、どこにでも設置できるのが利点です。実際に使用されている検知方法としては「レーダー式」となっていますので、その場合は通常のレーダー探知機によって事前にしらべることが可能ですが、それ以外の検知方法が使われている場合だと、移動式なので従来の方法では検知できません。ただし、どのタイプの検知方法にしても良く見ていれば、見た目ですぐに判断できますし、安全運転を心がけていれば検挙されることはありませんね!
最近では反対車線から走行しながら反対車線の計測を行うといったことも増えてきていますので、ご注意ください。

どんな光り方をする?

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/IlDKAem6iFU" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

YouTubeより【超よく見える!】激撮!! オービスの光る瞬間!

では、もし『オービス』に検挙をされてしまった場合は、どのようにそれが分かる仕組みになっているのでしょうか? もし、検挙されてしまった場合に、運転している側として分かるのは、フラッシュによって赤い光が照射され、目の前が真っ赤になるからです。想像しているよりも遥かに強い光となっているので、一瞬驚いて事故を起しそうになるとも言われていますよ!
しかし、言葉で説明してもいまいち分かりづらいので、上に「YouTube」の動画リンクを貼っていますので、一度確かめてください。本当に思ったより光っていますので、間違いなく驚けます!
しかし、ここで疑問になってくるのは、なぜそんなに強い光を照射しているのでしょうか? いくら夜間でもカメラを撮影するのにあれほどの光は必要ではありませんし、逆に危なくなると思いませんか? そう思って調べてみると、どうやらあの光はフラッシュというよりは、撮影したぞ! という意思表示らしく、後に行われる聴取の際にちゃんと該当日時を覚えていられるようにと、あそこまで光らせているようです。ありがたいのかありがたくないのか分かりませんが、走行中にもし、あの光を浴びてしまった場合は覚悟しておくのがよさそうですね!

オービスマップをチェックしよう

では、具体的に何県のどこら辺や、どの高速道路に設置されているの? と疑問にもたれる方は多数おられると思います。自分の住んでいる町のどこに『オービス』があるのかはとても気になりますよね! たとえ安全運転を常日頃から心がけていても、知っておけば色々と役に立つことがあるかもしれませんし、誰かと一緒に乗っているときの話の種くらいにはなりそうです!
しかし、そういった情報は道路を管理している道路公団や国土交通省などの機関からは発表されておらず、実際に設置されている場所にいって初めて知ることになりますが、さすがインターネットということで、『オービス』の大まかな位置を示しているサイトがいくつか存在しています。カーナビの情報の元となっている地図会社のサイトと、ユーザー投稿型と分かれていますが、どちらも一長一短があるので、見比べて使用するのをおすすめします! 以下に代表的なサイト2つのリンクを貼り付けておきますので、良かったら参考にしてみてくださいね。
また、ゼンリンからはリアルタイムで帰省情報や取締り情報、またオービスの設置場所などを知らせてくれるスマートフォン用アプリなども配信されていますので、そちらをチェックすればさらに快適にドライブをすることも可能です。

Orbis Guide ゼンリン地図 いつもNAVI

何kmオーバーで反応する?

ここまでの『オービス』についての情報はいかがでしたでしょう? かなりの量の文字を使って説明させていただいたので、あまり頭に入ってこないかもしれませんが、このカテゴリは非常に大事なので、ここだけは覚えておくとよいかもしれません! 
『オービス』は「自動速度違反取締装置」という名前のとおり、決められた法定速度以上のスピードで走行した際に自動で検挙する機械です。では、一体どれくらいの速度超過で撮影されて検挙されるのでしょうか? これについては詳細なデータは公的な機関から発表されておらず、正確な速度は何kmオーバーから検挙される! とはいえませんので、参考程度にお願いします。
口コミや伝聞、ネットなどでよく耳にするのは『オービス』の作動速度は一般道では、法定速度から30kmオーバーで作動し、高速道路では法定速度から40kmオーバーで作動するというもので、警察官が使用している移動式タイプのものでは10kmオーバーでも検挙されたという話もあります。道路交通法の範囲では20kmオーバー未満でも1点が加算されますので、可能性としては十分ありえる話です!
しかし、自治体や警察官によって検挙されるかどうかはまちまちとなっているので、法定速度を守って走るのが一番大事ですね!

オービスが反応する速度の理由は?

そうなってくると今度気になってくるのは、どうして一般道30kmオーバー、高速道路40kmオーバーから作動するのかという部分になってきます。色々調べてみて最も信憑性が高かったのは、意外なことに「肖像権」の問題ということでした。ここでまた、道路交通法の違反点数を調べてみると、一般道30kmオーバー、高速道路40kmオーバーは6点の加算になっており、これだけで「免許停止」になります。ということはただの違反ではなく「行政処分」になり刑事罰の対象になるということですね。
日本の法律上、警察が一般人の顔を撮影するには刑事罰に値した場合にのみ可能となっていますので、一般道30kmオーバー、高速道路40kmオーバーでないと顔写真を撮る『オービス』は作動できなくなっているということのようです。これはかなり信憑性がありそうですよね! 詳しい法律については割愛させていただきますが、過去に「公権力が特別の事由なく私人を撮影してはならない」という最高裁判決があり、それによって決まっているようです。

オービスの通知がきたらどうする?

それでは、もし『オービス』を作動させてしまい、速度超過の通知がきた場合はどうしましょう? 速度超過によって検挙された場合はだいたいが一ヶ月以内に通知ハガキが届けられ、そこに詳しい違反内容とともに、「出頭日時」と「出頭場所」が書かれていますので、それにあわせて出頭しましょう! その日に都合が悪い場合には電話をして希望日時を伝えておくと、できる限りは要望に合わせてくれます。しかし、出頭をせずに放置しておくと、その間は点数がついたままになり、後々大変なことになりますので、できる限り出頭するのがおすすめです。
『オービス』での検挙はかならず「免許停止」処分が下されますので、出頭して警察に「免許」をあずけ、停止期間を待つか、「運転免許停止処分者講習」などを受けて、停止期間を短縮するかを選びましょう。これらは「免停」などと同じで過去3年に「免停」の記録がないなら、出頭した日だけの停止となりますので、仕事や生活上必要な方は「運転免許停止処分者講習」を受けるのがおすすめです!

まとめ

今回の記事で書かせていただいた様に、日頃から安全運転を心がけていれば、お世話になることはないのですが、ふとした瞬間に『オービス』を作動させてしまうこともあるかもしれません。罰則となる「免停」はできるだけ避けたいと思いますので、気をつけてくださいね!

それでは安全運転を心がけて『オービス』を作動させないカーライフを送ってください!