「信号無視」は立派な交通違反です!【罰金、反則金、点数、抑止システムなど気になるポイント総まとめ】

ちょっと眠かったり、進行方向ひとつ先の信号を見ていて手前の信号を見落としちゃった…なんて経験のある方も少なくないのではないでしょうか。しかし、その信号無視には様々な事故の可能性をはらんでいます。ここでは注意しておきたいポイントや検挙されてしまった時の反則金や点数などについて説明します。

「信号無視」ってどんなことをいうの?赤だけ?黄色はOK?

信号無視(しんごうむし)の定義は、自動車・自転車・歩行者・列車などが、信号機の信号の表示に反して通行することをいいます。つまり、自動車だけにかかわらず、信号の指示に従うすべての交通機関や通行方法については、その信号に従わないと違反となる、ということです。

道路交通法にも「信号にはきっちり従いましょう」と書いてあります。

道路交通法には下記のような条文があります。

道路交通法第七条
道路を通行する歩行者又は車両等は、信号機の表示する信号又は警察官等の手信号等(前条第一項後段の場合においては、当該手信号等)に従わなければならない。

道路交通法施行令第二条
赤色の灯火  二 車両等は、停止位置を越えて進行してはならないこと。

黄色の灯火  二 車両及び路面電車(以下この表において「車両等」という。)は、停止位置をこえて進行してはならないこと。ただし、黄色の灯火の信号が表示された時において当該停止位置に近接しているため安全に停止することができない場合を除く。要するに、

●信号機や警察官の手信号にはちゃんと従いましょう。
●赤信号の時は停止線を超えないで止まりましょう。
●黄色信号の時は停止線を越えて走ってはいけません。しかし、停止線に近づいたときに止まりきれないときは仕方ないですね。

ということです。
よく「黄色だから進んでいい」という人もいますが、あれはとても大きな間違いですので黄色の時は突っ切らないでできるだけ信号を待ちましょう。

【番外編その1】反則金と罰金はどう違うの?

反則金=刑事罰(前科)がつかない

反則金とは交通反則通告制度に基づいた行政処分として課せられる「過料」のことをいいます。反則金を支払う場合は比較的軽い交通違反の場合が多く、交通反則告知書(俗にいう青キップですね)が発行された場合です。この場合は反則金を支払うことで刑事手続きが免除され、前科がつくこともありません。反則金は違反内容によって金額が決まっています。支払わないでしらばっくれていると、最終的には裁判所から呼び出しがかかり、罰金となります。

罰金=刑事罰(前科)がつく

罰金とは交通反則通告制度に基づいた刑事処分として科せられる「過料」のことです。反則金にしろ罰金にしろ「過料」であることには変わりませんが、ここからが反則金との違いです。罰金を支払う場合は反則金よりもより重い交通違反の場合で、取り締まり時に警察官から、俗にいう「赤キップ」と呼ばれる書面が発行された場合です。この場合は検察庁などへ任意出頭が通知され、通常の刑事事件として刑事処分の対象となります。なので、罰金は懲役刑や禁固刑と同一線上にあるもので、場合によっては懲役刑が科せられることも胆に銘じておきましょう。よって、赤切符が切られた場合「前科」が付くことになります。これは相当のダメージですので、そうならないような運転を心がけることが必要です。また、罰金には違反内容によって上限は定められていますが金額は決まっていません。

信号無視による反則金と点数はどのくらい?

※イメージ画像

信号無視をした場合の反則金と点数は、赤信号だけと思っている方が多いのではないでしょうか。実は、赤の点滅信号で一時停止をしないと、信号無視として取り締まり対象となります。この違いが反則金や点数にも出てきます。今回は反則金と点数について紹介します。

信号無視違反(赤色灯=赤信号)

車種・反則金・点数の順で表記しています。
大型車 12,000円 2点
普通車 9,000円 2点
二輪車 7,000円 2点
小型特殊車  6,000円 2点
原付車 6,000円 2点

赤信号の信号無視は割と大きい金額の反則金を支払うことになります。参考までに免許停止は、2点の違反を3回やると免許停止となります。ただしこの3回は免許停止や免許取り消し処分といったことを過去に受けていないことが前提です。もし前歴があり、違反をするともっと少ない点数で再び免許停止や免許取り消し処分を科せられることになります。

信号無視違反(赤色点滅=赤信号点滅)

こちらも、上記赤色灯信号無視違反と同じく、車種・反則金・点数の順で表記しています。

大型車 9,000円 2点
普通車 7,000円 2点
二輪車 6,000円 2点
小型特殊車  5,000円 2点
原付車 5,000円 2点

赤信号の点滅は、「赤信号」よりは反則金が若干少ないものの、同じ点数が課されます。赤信号の点滅は「徐行しながら進む」と勘違いしている人が少なからずいるようですが、「一時停止して周囲の安全を確認してから徐行しながら進む」というのが正しいです。

「小型特殊車」とはどういう車のことなんでしょうか。

小型特殊車とは、主に道路工事用車両やフォークリフト等の作業用の自動車の小型のものや、農作業に使うトラクター・コンバイン・薬剤散布車やホイル・キャリア等の人が乗って運転する機械全般と考えてもらってよいです。田園風景が広がる地域ではよく見る畑や田んぼでつかう車です。工事が多い都心でも工事車両はよく見ますね。ああいった車も当然道路交通法は守らなければなりません。

余談ですが、小型特殊車は車検がいらないんです。最高速度が15km/h以下かつ、長さ幅高さの寸法が4.7m×1.7m×2.8m以下の車に限りますが意外でした。

【補足】酒気帯びの状態で信号無視をするとどうなるの?

ここ数年飲酒運転の事故が起きるとかなり大きく報道されます。「酒強いし、ちょっとなら余裕!余裕!」とか思ってつい運転して事故を起こすととんでもないことが待っています。その中で、この信号無視も例外ではありません。信号無視で検挙されてアルコールの呼気検査で引っかかったら一発で免許取り消しです。
では実際にどのくらいの点数となるのでしょうか。

呼気1リットル中0.25ミリグラム未満の場合 : 14点
呼気1リットル中0.25ミリグラム以上の場合 : 25点

かなりの点数と思うだけではなく、いずれにせよ一発免許取り消しで欠格期間2年付きとなります。簡単にいうと、上記の内容で検挙されると、2年間は免許の取得ができないということになります。たった一度の甘い考えが大きな代償を払うことにもなりますので飲酒運転は絶対にダメです。

【番外編その2】信号無視で検挙された!でも状況証拠だけだから大丈夫?

よく「信号無視で捕まったけど、見たっていう”状況証拠”だけだから、物的証拠がないなら逃れられる!」なんていうことを聞きますが、あまりにも危険なのでやめておいたほうがいいです。警察に検挙され、「見た」「物証を出せ」の水掛け論をやっていても警察は簡単に「あ、そうですね。わかりました。」とは引いてくれません。むしろ強硬になります。本当に赤信号ではなかったとしても、「道路交通法にも「信号にはきっちり従いましょう」と書いてあります。」で書いたとおり、【黄色信号】でも検挙することができます。これを知らないと突っ込まれて何も言えなくなります。
何とかして無駄な出費や点数は防ぎたいということは、交通違反で検挙された人は皆同じです。しかし水掛け論になったとしても最終的には、警告書にサインをしなければなりません。ここまでにもめないことが一番です。

【番外編その3】車両扱いの自転車はどうなの?

最後の番外編です。最近自転車のモラルやマナーの低下が声高に叫ばれています。確かにクルマを運転していると自転車が我が物顔で道路のど真ん中を走っていたり、信号なんてお構いなしにクルマが来ていないことを見計らって出て行ってしまう、なんて光景を誰もが目にしたことがあるのではないでしょうか。
自転車で悪質な運転をする人に対し安全講習が義務化されることが決定し、2015年6月より改正道路交通法が施行されています。

免許を必要としないため、危険な運転をする人も多い自転車。法律上「軽車両」にあたるため、飲酒運転、信号無視、夜間無灯火、一時停止違反などの道交法違反をすれば、これまでも当然処罰の対象となっていましたが、いわば「野放し」になっていました。しかし今回の改正で、危険運転行為を繰り返した(3年以内で2回以上摘発された)運転者への講習の義務付けが決定し内容が表に出てきました。

危険運転とみなされるのは「信号無視」「一時停止違反」「交差点での右折車優先妨害」「歩道での歩行者妨害」「酒酔い運転」「携帯電話を使用しながら運転し事故」など14種類で、講習は3時間で5,700円かかり、講習を逃れると5万円以下の罰金が科せられるのです。

ここで注意が必要なのは「罰金」ということです。これは反則金ではないので、刑事罰です。刑事罰の中でも「過失罰」といわれるものですが、れっきとした犯罪歴が付きます。いわゆる前科あり、です。自転車だから、という考えは捨てて、「車両」の意識を持ちましょう。

「信号無視抑止システム」ってどんなもの?

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/FPr9eWBqi_Y" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

信号無視抑制システム(京都市)

「信号無視抑止システム(しんごうむしよくしシステム)」。これをご存知の方は全国のドライバーの中でも一握りではないでしょうか。それもそのはず、2004年に京都府警が試験導入をしたシステムなのです。この「信号無視抑制システム」は、信号無視を行う車両を監視し取り締まるための装置のことです。通称「信号無視監視機(しんごうむしかんしき)」といわれています。日本においては京都府警察により運用されていて、現在は京都市上京区にある河原町通の荒神口交差点(荒神口通との交差点)の北行き車線のみ設置されています。12年経って導入が広がっていないところを見るとあまり成果が上がっていないのでしょうか。いずれにせよ信号ではきっちり止まるようにしましょうね。

信号無視で起こる事故には本当に注意しましょう。

※イメージ画像

たかが信号無視と思って軽く見ている方がいないことを祈りますが、信号無視で事故を起こして相手方がけがをした場合、事故を起こした側の運転者は刑事罰を受けることになります。刑事処分としては、過失運転致傷罪(自動車運転死傷行為処罰法5条、6条4項)と道路交通法違反(信号無視、同法119条1項1号の2、第2項、第7条)の罪で立件され、前科前歴の有無、加害者の反省の度合い、被害者の怪我の軽重、被害者の処罰感情、被害救済の有無などの事情を考慮して検察官が起訴不起訴を判断します。そして起訴された場合には、懲役もしくは禁錮又は罰金の処分が下されます。

なお、過失運転致傷罪の法定刑は7年以下の懲役もしくは禁錮又は1,000,000円以下の罰金(無免許による事故の場合は10年以下の懲役)、信号無視の法定刑は3ヵ月以下の懲役又は50,000円以下の罰金(過失による場合は100,000円以下の罰金)となっています。

なお点数については、信号無視の基礎点数が2点だけにとどまらず、相手方のけがの重さに応じて継承なら3点、そこから死亡の20点までいずれかが加算されます。なので、相手が割と大きいけがをしていると一発で免許停止、最悪の場合免許取り消しともなりかねません。

最近は逆光でも見やすいように、LED信号機の普及も一気に進んできています(アナログ信号期に比べて電気代が1/10と警察の経費も削減できて一石二鳥)。とにかく信号はきっちり見て運転しましょう。

まとめ

信号無視をするとどうなるか、そして信号無視をしないことが一番!ということを紹介しました。今回は付随事項として番外編が3つありますが、それを理解しているといないとでは、信号無視がどれだけ重要で危ないことかを理解できるかに関わってくると思ったため補足しました。クルマでは当然のことながら、赤信号は停止線の手前で止まり、黄色信号もよっぽど止まれないときは仕方ないとしても基本的には止まる。そして自転車も同じく赤信号は止まって青になるまで待つ! 「赤だけど車が来てないから行っちゃえ!」は大間違いです。警察官がいれば即刻検挙です。自転車も「軽車両」という「車両」の仲間なのです。
自転車だろうがクルマだろうが、きっちり守るべきことは守らないと、人を巻き込んだ事故を起こすと一大事です。事故の当事者同士はもちろんのこと、家族間でも大事になりますので、守るべきことはちゃんと守って運転をしましょう。