格安厳選!ボディータイプ別オススメ輸入車情報!

街中をドライブしているとひと際目立つ外車。日本車にはないオシャレな外観が特徴的ですね!でも...経済的に新車はちょっと手が届かないよ...。そんなあなたにオススメな輸入車をボディータイプ別にチョイスしてみました!そのほか格安で購入できるマル得高級外車情報もありますよ!どうぞ最後までご覧ください!

輸入車に乗る理由はさまざま

一昔前まで外車と言えばお金持ちな方やコワモテな方が所有していましたね。今ではたくさんの輸入車ディーラーが日本に進出し、さまざまなタイプの外国車をチョイスできます。メンテナンス情報や消耗部品も日本国内にたくさん存在し、修理費も日本車と変わらないくらいまでお手頃になりました。今回は用途や特徴別にかんたんにまとめてみましたので、ご自身に合ったお車をご紹介できればと思います。
それではボディータイプ別にご紹介したいと思います!

スポーツカー編

お手軽スポーティー!ピュアスポーツなZ3!

前期型1996年-1998年
後期型1999年-2002年
コードネームE36/7、E36/8

【BMW Z3】
前期型1996年-1998年後期型1999年-2002年
コードネームE36/7、E36/8
新車時価格: 348万円~502万円
中古車相場: 22万円~185万円

『BMWは古くてもカッコいい』『BMWに乗ると古いBMWがカッコ良く見える』と、魔法のようなBMW! そうです、BMWは所有した者にしかわからない魅力があります。それは『運動能力の高さ』です。日本のメーカーがこぞって真似をするBMWのシャーシ設計や足回り。その完成度の高さからコーナリングの安定性とコーナリングスピードが非常に高いです。その運動性能の高さを純粋に楽しみながらオープンカーも楽しめる!
しかも今ではこの年式のZ3は非常にお手頃で外車ってどんなのかな? とお手軽に手を出せます。
入門にもデートにも最適ですよ!
エンジンは1,900cc直列4気筒のほか2,000cc、2,800cc、3,200cc直列6気筒があります。ミッションは5速MTと4速ATがあります。燃費良くスムーズに街乗りするなら1,900ccがオススメです。

Z3の相場はお手頃価格になっています。初めての一台にも最適です!

コンパクトカー編

便利だけで終わらせない!オシャレコンパクトカー!

【フォルクスワーゲン ポロ】
2005年9月~2006年12月生産モデル
型式名 9N
新車時価格: 169万円~288万円
中古車相場: 1,000円~158万円

エンジンは1,400cc、1,600cc、1,800ccの三種類。駆動方式はFF(前輪駆動)。ミッションは6速ATと5速MTが選択可能。
1,800cc5速MTではスポーティーな走りが楽しめます。ゆったり走られる方には1,400cc6速ATがオススメ。山間部などアップダウンの激しいところにお住まいの方には1,600ccが燃費良く走れるかと思います。
大きさは日本車のホンダフィットやトヨタヴィッツやマツダデミオくらいの大きさ。燃費も良く15キロ前後で走ります。今まで車を道具としか使っていなかった方でもポップでキュートなペットのように可愛がれますよ!

4代目ポロには不人気の前期型(顔がまるで違うタイプ)も存在しております。
中古相場の低価格帯は写真下の前期型が占めております。前期型(2002年~2005年)は1,000円~30万円程。

写真上のモデルは後期型(2005年~2006年)で相場は50万円前後とお手頃ですよ! なんら日本車と変わらない価格帯でオシャレなフォルクスワーゲンポロが手に入るのです! 意外とご存知なかった方も多いのでは? ちなみに、故障しても日本車くらいのお値段で修理も可能なのでオススメです!

こちらが現在底値で手に入るポロ。オシャレに越したことはないですね!

セダン編

セダンと言えばどうしても日本車は日本のお父さんがマーケティング対象になるのでデザインがちょっとシニア向け。それも渋くて良いんですけど、オシャレにキメたい! 若者だってセダンに乗りたい! 女の子だってセダンに乗りたい! となれば外車から選びましょう!

ワルに見えないオシャレセダン選び!

外車のセダンと言えば不良っぽく見えてしまう車種が多いのですが、オシャレをテーマに選抜してみました!

【BMW 525】
2003年8月~2010年2月生産モデル
コードネームE60
新車時価格: 610万円~1,045万円
中古車相場: 32万円~280万円

こちらもお手頃価格。エンジン直列6気筒の2,500ccと3,000ccがあります。ミッションは6速ATとMTが用意されています。そのほかに上級グレードにはV型8気筒4,000ccと4,300cc4,800ccが存在します。
どれもとてつもない加速が味わえるのも日本車にはない外車ならではの設定です。駆動方式はFR(後輪駆動)大きさは日本車のトヨタクラウンやニッサンフーガくらい。室内は大人がゆったりできる広々空間でトランクも広々! 電子制御システムが秀逸で、2WDではあるが、雪道に強い特性を持っています。

走破性の良い4WDならアウディA4

【アウディA4】
2005年2月~2008年2月生産モデル
型式名B7
新車時価格: 369万円~639万円
中古車相場: 33万円~168万円

積雪地域の方にもオススメなのが4WDで有名なアウディA4です。どうしても雪の事を考えると大きな四駆か軽の四駆しか手を出せなく諦めておられた方もいらっしゃると思いますが、これならオシャレに決められますね!
エンジンは2,000ccターボと3,200ccノンターボが用意されています。ミッションは5速MT、6速AT、CVTの3種類用意されています。5速MTを用意しているところが日本車はとは違うところですね。エンジンとミッションの組み合わせもご自身の希望に沿った組み合わせの物をチョイスしましょう。
ストップアンドゴーの多い都会派の方なら迷わず2,000ccターボとCVTが燃費が良いかと思います。大きさはトヨタマークXやスバルレガシィ程の大きさです。

ファミリーカー編

家族を想いのあなたに!

どうしても家族を持つと贅沢できない。しかも外車なんか考えられない。でも乗りたい。というあなたに!

【ルノー カングー2】
2009年9月~ 生産モデル
新車時価格: 200万円~250万円
中古車相場: 70万円~278万円

全高1,810mmで5人乗りのゆとりのある室内。ルノーはフランス車なので日本車やドイツ車と、また一つ違ったデザインが特徴ですね。中古相場も非常にお手頃価格なのでたいへんオススメ!
駆動方式はFF駆動(前輪駆動)エンジンラインナップは豊富で1,000ccと1,200cc、1,400cc、1,600ccとさまざま。どのエンジンも低燃費狙いです。もし荷物も積まずに一人乗りが多く、平坦な道を走るなら1,000ccや1,200ccをオススメします。荷物や人数を乗せることがある場合は1,400ccや1,600ccをオススメします。
フランス車に乗るといったことは非常にステータス性も感じられますね!ルノーはニッサンが提携販売しているので全国のニッサンディーラーでご相談いただけます。カングー2の大きさは日本車にはない規格です。ホンダオデッセイより一回り短く背が高くなったような感じでしょうか?そのスタイリングはカングー2固有のものです。

リアゲートもこのようにぱっくり左右に大きく開くのでベビーカーや荷物の出し入れも非常に便利! 本国フランスでは商用車としても利用されているそうです。フランスの商用車はとってもオシャレですね~。

SUV編

都会の街をスタイリッシュに駆け抜けたいあなたに!

【ジープ パトリオット】
2007年8月~生産中 
新車時価格: 258万円~338万円
中古車相場: 98万円~278万円

アメリカ車のジープパトリオット!
エンジンは日本でも扱いやすい2,000cc直列4気筒と2,400cc直列4気筒の二種類。普段は街乗りでキャンプも大好きって方には嬉しい使い勝手が満載! 駆動システムは2WDと4WDの二種類から選択可能。音響システムも充実で音楽も楽しめる!
シートも座り心地を考慮し、長時間ドライブでも疲れないですし、オートクルーズコントロール付! CVTはもちろんのことこだわり派には嬉しい5MTもあります!

本格的なオフロードもなんのその! このクラスの欠点でもあるもっさり感もなく軽やかなハンドリング! もう言うことはないでしょう!
しかもいかにもジープな見た目も良い感じ!
大きさはミツビシパジェロ並の大きさです。

本格4WD編

アウトドア派なあなたに!

【ジープ TJラングラー】
1996年11月~2007年2月生産モデル
新車時価格: 286万円~350万円
中古車相場: 39万円~219万円

本格的なオフロード走行も可能! アメリカ車ですが、大きさもそれほど大きくありません。横幅は3ナンバーサイズですが、縦は短く日本の立地条件にもマッチしているモデルと言えます。
エンジンは直列4気筒2,400ccと2,500ccのほか直列6気筒4,000ccが存在します。ミッションは3速AT、4速AT、5速MT、6速MTと多様なバリエーションが存在する。ATは迷わず4速ATがオススメ。3速は日本には合わないと思います。MTは高速道路を多用する方は6速MTがオススメですが、中古車市場では5速MTがほとんどです。
エンジンは本格オフロード走行をされるのであれば4,000ccを選びたいです。都会派な方には直列4気筒エンジンが燃費良くオススメです。このTJラングラーの特徴は屋根が幌タイプのソフトトップと通常のメタルトップがあります。
幌タイプですと、幌を外してオープンで走ることができます。全身で風を感じて自然の香りを楽しむことができますよ! これも外車ならではの装備ですね! なにかと保守的な日本車にはない魅力の一つです。
日本車だとRAV4クラスのサイズといったところでしょうか?
このラングラーはアメリカや日本のパーツメーカーからたくさんアフターパーツが出ています。ドレスアップはもちろんのこと、リフトアップキットもあります。車高をあげて太いタイヤを履かせたりと大きく車体を大きくする改造もありますのでカスタムカーベースとしても有名です。

山間部が良く似合うラングラー

番外編!アメリカンマッスル編

お手軽にアメリカンマッスルを楽しもう!

V型8気筒サウンドを響かせ力強い加速力を持つアメリカンマッスルカー。ドラマや映画でもカッコ良く走り抜ける姿に憧れを抱いた方も多いことでしょう! 一昔前なら高くて買えない、維持できない! といった事情でしたが最近では日本での流通量も多いので車体自体が安くなりお求めやすくなりました!

200万円以下編

【シボレー カマロ】
1989年10月~1993年6月生産モデル
新車時価格: 338万円~464万円
中古車相場: 68万円~168万円

アメリカドラマや映画でたびたび登場するカマロ。カマロは直列4気筒やV型6気筒なども存在するが、やはりオススメはV型8気筒がオススメ!
パワーは215馬力と控えめですがその太いトルクの虜になることは間違いなし!
価格も200万円以下となり現実的です。

250万円以下編

【シボレー コルベット】
1983年11月-1996年生産モデル
型式名C4型 
新車時価格: 597万円~1,250万円
中古車相場: 85万円~248万円

カマロが雰囲気的なスポーツカーだとしたらこちらは本格的なレーシングカー。5,700ccV型8気筒エンジンから繰り出される410馬力は非日常の加速が約束されること間違いなしです。このビッグパワーはまさにアメリカン!

400万円以下編

【ダッジ チャージャー】
2005年9月~2010年8月生産モデル
新車時価格: 599万円~651万円
中古車相場: 119万円~378万円

アメ車と言えばダッジでしょ! ダッジに乗りたい! と言った憧れもとうとうリアルなお値段になってきました。相場も安い物であれば200万円以下で存在します。
さて、このチャージャーですが、エンジンは6,100ccV型8気筒OHV HEMIがオススメです。
そのパワーは431馬力とこれまた強烈なパワーを発揮します。もうわけがわからないことになってしまいます。そんなチャージャーももう手の届く範囲なので大変オススメです。

番外編!格安高級外車編

高級感を極めよう!

200万円以下編

高級車に乗って見栄を張りたい! 少しでも安く高級車に乗りたい! と言った要望を叶えてくれるのが英国車。車のできはもちろん一級品です。しかし日本では高すぎて手の出せないイメージから不人気となっています。その盲点をついてお安く高級車を手に入れようというのが今回の目的です。
こんなコストパフォーマンスの良い話はありませんね! マル得情報ですよ!

【ジャガーXJ】
1994年10月~2003年4月生産モデル
型式名 X300系 
新車時価格: 622万円~1,185万円
中古車相場: 28万円~183万円

外車高級セダンと言えばやはりジャガーは個性的でドイツ車とは一風変わった上質なデザインが魅力的ですね。相場はとてもお手頃ですが、その見た目からはまさか200万円以下とは思えない雰囲気をしているので見栄も十二分に張れますね。おそらく世間的にはこのクラスの高級外車がお手頃価格と言うのはまだ浸透していないと思います。
この機会に夜の港をジャガーで駆け抜けてはいかがですか?

300万円以下編

【アストンマーティン DB7】
1995年8月~2003年9月 生産モデル 
新車時価格: 1,565万円~1,730万円
中古車相場: 278万円

大きな車体ですが2ドアという贅沢がなんともリッチマン。パワーも330馬力とパワフル。華やかなボディーデザインを優雅に乗りこなしてみたいですね。
新車価格1,500万円オーバーのDB7も中古となれば300万円以内で購入できます。日本車にはこれにかわる車はありません。
大きな2ドアドイツ車を選ぶとどうしても成金感や不良感が出てしまいますが英国車なら上品にまとまりますね! 大変オススメです!

まとめ

いかがでしたか? 『外車は高い』というイメージはなくなりましたか?
上記でも述べたように、現在では輸入車のインフラが整っているので中古車であれば以前のような高額な物件は減っていく一方です。やはりまだまだ日本では外車という選択肢は広まっていないようですね。中古車が売れない=値段を下げると言った構図ができていることからこのようにお値打ち価格になっているのでしょう。
特にそれが顕著なのが英国車です。ジャガーやアストンマーティンなどの超高級車も少し頑張れば買える値段になっております。
外車は壊れるのではないか? といったイメージもあり抵抗があることかと思いますが、今回取り上げた車種はそれも考慮してご紹介しました。部品の流通料や値段、故障内容もハッキリしているのでご安心してください。日本車とさほど変わりません。
何度も言いますが、外車には外車にしかない雰囲気があります。乗った人にしかわからないプレミアムな時間が待っていますので生活が少し充実した気分になること間違いなしですよ! 少しでも気になる方は実際に中古車センターに足を運び運転席に座ってみましょう。きっとワクワクすると思いますよ!