車キーが回らない!車キーが回らない原因と解決方法5選紹介

「あれ? 車キーが回らないぞ?」昨日は問題なかったのに急に車キーが回らなくなることがあります。そんな時に慌ててしまうと車キーだけでなく、鍵穴を壊す恐れがあります。本日は車キーが回らない原因と解決方法を紹介していきます。

(1)ハンドルロックが掛かっているため

車キーが回らない多くの原因は「ハンドルロック」が掛かることです。ハンドルロックはもともと「盗難防止用」に作られたシステムであり、現在の車だけでなく何十年も前の車にも標準装備になっています。これは車側が勝手に判断してハンドルロックを掛けてしまうため、知らない内に車キーが回らずエンジンをかけることができなくなるのです。

ハンドルロックを解決するための方法は至って簡単です。
まず車キーをいつも通り鍵穴に挿します。挿し終えましたら力任せに回すのではなく、ハンドルを左右どちらかに動かします。おもいっきり動かしますとハンドルが壊れる原因になりますので少しずつ行いましょう。少しずつ動かしていきますと、車側がハンドルロックを徐々に解除していき結果、車キーを回してエンジンをかけることができるのです。

それを知らずに車キーを思いっきり回しますと、鍵が変形する、または鍵穴を壊してしまい余計な出費が皆さんを襲う可能性がたかまります。そのため車キーが回らないと思ったらまずは、こちらの方法を試してみましょう。

(2)車のギアをAT車は「P」MT車は「N」に入っているか確認する

ハンドルロックの次に多い原因が車のギアによるものです。皆さんは通常、車の走行を止め駐車する際、教習所でも習ったように「AT車はP」「MT車はN」に入れていますよね? しかし慌てていたりしますと、時折違うギアに入れて走行を終了させてしまうことがあります。またいつも通りに入れたつもりが違うギアに入っていた…なんてことも考えられます。こうなると車のエンジンは止められるものの、エンジンをかけようとすると車キーが回らなくなるのです。

解決方法はこちらも簡単です。
AT車はPに、MT車はNに戻せばよいのです。ただし! 注意したいのが無理やりギアを入れたり戻したりするのではなく静かに行いましょう。もし上記で紹介したように力任せにやりますとギアが壊れる可能性があります。そのため優しく静かにギアを戻し、車キーを回すようにしましょう。

(3)フットブレーキを踏まずにエンジンをかけようとしている

最近の車の中にはブレーキを踏みながら車キーを回さないと、エンジンが始動しない車が出ています。これは車の急発進を防ぐための素晴らしいシステム。しかし慌てていたり、急いでいる時にはそのシステムのことを忘れてしまうことがあります。そうなると「急いでるのになんで車キーが回らないの!」と力任せに回してしまうでしょう。結果、車キーが曲がってしまい鍵穴が大破する可能性が高まります。

皆さんの車が全て、ブレーキペダルを踏みながらでないと車キーを回せないと言うわけではないと思いますが、もし回らない場合は必ず試してみましょう。

(4)MT車限定|クラッチペダルを踏まずにエンジンをかけようとする

「MT車」にはMT操作をするために「クラッチペダル」が付いています。このクラッチペダルを踏み込み、ギアチェンジを行う快感はMT車ならではの楽しみと言えるでしょう! しかし最近のMT車もAT車同様、安全配慮がなされるようになりました。その一環としてクラッチペダルを踏んでいないと車キーが回らない「クラッチスタートシステム」です。

このクラッチスタートシステムが入っている車両は、クラッチを踏み込まないと車キーが回らずエンジンを始動させることができません。MT車に常日頃乗っている方であれば「そんなの知ってるよ!」と怒られてしまいますが、注意したいのは「MT車に乗らない方」「知り合いから借りる・レンタカー等で久しぶりにMT車を運転する方」です。もしMT車に乗る場合はクラッチスタートシステムのことを理解して乗車するようにしましょう。

(5)鍵自体が原因になる場合

最後に紹介するのは鍵自体が車キーが回らない原因になることです。例えば2つのパターンが存在します。

1つ目は「別の車キー」を使用していることです。
家族で暮らしていますと、1台だけではなく数台も所有している方がいるでしょう。普段なら間違わないはずが慌てていると意外と鍵の形状を見落としてしまい、違う車キーを持って来る場合があります。それが鍵穴に入っても車キーが違うので当然回りません。

2つ目は車キーが「減る」ために起こることです。
減ると言うのは車キー自体が長年使用されてきたためにキー部分が削られていくことを指します。何十年と乗っている車に多く、最近エンジンがかかりにくくなったと思いましたらこちらにも原因があります。減りすぎると今度は車キーが回らなくなります。

皆さんもこのような事態にならないように注意しましょうね!

最後に

最後になりますが、車キーが回らないときはまず「慌てない」と言うことが大切です。慌てず自分の車のキーか確認し、まずは「ハンドルロックの確認」次に「ギア確認」そして「ペダル」の順に確認するようにしましょう。そうすれば車キー・鍵穴を壊す危険性は無くなりますよ!