格安の値段で販売している車は理由があります!格安の理由6選紹介

「あれっ? なんでこの車はこんなに格安なんだろう?」中古車情報サイト、または道路沿いにある車屋に足を運んだ際に「8万円!」「15万円!」等のように格安の値段で販売されている中古車を見たことがあると思います。実はその中古車は理由があって格安なのです。そこで本日は、販売されている車がなぜ格安なのか? その理由について紹介していきます。

(1)中古車市場で人気が無い車種

現在、多数の車が市場に流れていますがどの業界も同じく、一部の商品は人気が出ていないものがあります。車も人気車種があれば不人気の車種があります。その不人気車を人気車種、または並程度に売れている車種と同等の値段では売れません。そのため「儲けが少なくても売り切ろう!」と思い格安の値段にするのです。

(2)中古車市場で在庫が溢れている車種

中古車市場は、正に写真と同じようなものです。お風呂の水がちょうど良ければ値段は比較的安定します。しかしお風呂の水が写真のように溢れように、中古車市場に車が大量に入ってきますと需要と供給のバランスが大きく崩れてきます。そうなると販売側は大量に入ってきた車を何とかさばこうと、他の車種よりも格安の値段設定で売り切ろうと考えるのです。

(3)年式が古い・過走行車種

格安の値段で販売している車の多くは「年式が古い」または「過走行」の車です。よく言われている「10年・10万km(今では5万kmも価格下落の目安になっています)」のラインを突破すると一気に売却価格が落ち込み、中には0円で引き取ると言うこともあります。ただ同然で得た車を業者によっては8万円・10万円等のように格安で販売するのです。

(4)修復歴の中でも大きな事故を起こした車種

「あれ? この車…他の車よりも50万円安いぞ?」中古車情報サイトを見ていると時折、平均価格よりも格安で販売されている車を目にすることがあります。例えばAと言う中古車の平均価格は「200万円」のはずが同じグレード・同じ年式・走行距離も変わらないのに「150万円」で販売されているのです。その多くは「修復歴あり」の状態、特に大きな事故を起こした車両を販売していることが多いです。

現在の復元技術は素晴らしく、例えフレームが曲がっていても機械・技術があれば、ほぼ復元することができます。「わざわざ復元しなくても…」と思いますよね? ですが人気車種・限定車種の場合、復元したほうが儲けになることがあるからこそ、安く買い付けて修理・復元作業を行うのです。もし狙っている車種の中で修復歴ありで平均価格よりも格安の場合は隈なく調べる、または担当者に聞くようにしましょう。

(5)冠水車を引き取り修理・復元して販売

こう言っては御幣があると思いますが、洪水の時は中古車業界にとって最大のチャンスになります。と言うのも「冠水車」が出てくるからです。冠水車とは洪水や台風などによって、車が水に浸かってしまうことを指します。ちょうど上の写真のような状況ですと、車高が低い車はほぼ使い物になりません。そうなると中古車業界では冠水によって壊れた車を二束三文で引き取ろうとするのです。持ち主もわざわざディーラー・大手中古車買取専門店に動かない車を持っていくのは億劫ですので、安い買取値ですがその場で引き取ってもらうケースが多いのです。

手に入れた冠水車はエンジンが死んでしまった場合は「パーツ取り」に、エンジンが死んでなければ部品を最低限交換して販売するのです。冠水車の場合「修復歴あり」として販売しなくても良いので、二束三文で引き取り、例え格安で販売しても儲けになるのです。格安の車の場合、こうした冠水車も出てきますので十分注意しましょう。

(6)レンタカーアップした車種

レンタカーの中には役目を終えてレンタカー会社から去る車もあります。ではその車はどこに行くのかと言いますと、中古車オークション、またはレンタカー会社と縁のある中古車屋へ運ばれるのです。レンタカーアップの場合なぜ格安になるのでしょうか?

その理由は「不特定多数の人が乗っている」「状態が悪い(内装・外装等)」「修復箇所がある(中には修復歴になった車もあります)」等があるからです。そうなると中古車オークションでも値段が上がらず、格安で引き取りそのまま格安で販売してしまうのです。

格安の車を購入して大丈夫?

こうやって見ますと「格安の車を購入しても大丈夫かな…」と不安になると思います。しかし、格安の車を購入してもそこまで問題ない場合があります。それは下記に紹介する3点です。

●ディーラーで販売されている格安の車

・ディーラーのブランド力があるため車の状態を中途半端に仕上げず、良い状態に仕上げてくれる
・もしもの故障の時もディーラーによっては無料保障、そしてプラス保障を付けることができる
・遠くの店舗で格安の車を購入しても最寄のディーラで修理ができる

●大手中古車販売店(ビックモーター・ネクスステージ等)

・ディーラーと同じぐらいブランド力があるため格安でも良い状態に仕上げてくれる
・ディーラーよりも保障は充実していないが、独自の保障を用意している
・もしも遠方で購入した車が故障した場合、中古車販売店の指定の工場で修理を受けられる

●年式が古い・過走行

例え年式が古い・過走行でも「点検」「オイル交換」と言ったメンテナンスを常日頃行っている車種であればお買い得になる

以上となります。それ以外のところで購入する場合は、ある程度車の知識があり購入後も修理ができる技術を持っている方におすすめします。

最後に

最後になりますが、例え格安の値段で販売されている車の中にもお買い得な車両があります。しかし、多くは何らかの理由があって格安で販売されています。そのため「なんでこんなに安いのかな?」と疑問に思いましたら迷わず店舗のスタッフの方へ相談してみることをおすすめします。