【軽トラック史上に残る長寿車両】2WDのみで時代を生き抜こうとした「マツダ・ポーターキャブ」

今ではスズキからのOEM「スクラム」で軽トラック市場に参戦しているマツダですが、オート三輪時代から連綿と続いたトラック、特に軽トラックに「ポーター」シリーズを作っていました。特に「ポーターキャブ」というキャブオーバー型トラックは20年以上、マイナーチェンジだけで生き抜いた長寿車両です。今回は、そんなポーターキャブに迫ってみます。

マツダ「ポーター」、「ポーターキャブ」別設計の軽トラックシリーズ

「マツダ・ポーター」という名前が登場するのはマツダがまだ「東洋工業」だった1968年のこと。最初に売りだされたのは「マツダB360」というボンネット型の商用車の後継として現れたのが「マツダ・ポーター」でした。この翌年、「マツダ・ポーターキャブ」としてキャブオーバー型のトラックが売りだされます。ポーターとポーターキャブ、単にボンネット型とキャブオーバー型という違いだけではなく、エンジンまで違っていたのです。

キャブオーバー型トラック「マツダ・ポーターキャブ」登場

1959年、東急くろがね工業が発売したリアエンジンのキャブオーバー型の軽トラック「くろがね・ベビー」によって道が切り開かれた軽トラック市場に対して、B360、そしてポーターとボンネット型を投入していた東洋工業でしたが、ボンネット型ではホイールベースが長くなりやすく、狭い農道などでの取り回しや荷台長を取りやすいキャブオーバー型の方が利点が多いことは明らかでした。そこで「ポーター」としての東洋工業(マツダ)の軽トラックシリーズとしての統一感を出しながら、キャブオーバー型として投入されたマツダ・ポーターキャブは、360cc空冷直列2気筒2ストロークエンジンを搭載して発売されます。

この時はドアウィンドウも引き違い式でしたが、翌1970年にはマイナーチェンジをし、ドアウィンドウは巻き上げ式に、そしてフロントにベンチレーター取り付けられます。

マイナーチェンジで550ccへサイズアップした「マツダ・ポーターキャブ」

1976年4月にもマイナーチェンジが行われています。外装の変更はライトベゼルが色彩変更された程度ですが、内装はややゴールドを帯びた茶色に変更されています。

ポーターキャブへのマイナーチェンジが行われた1976年、マツダ・ポーターは販売を終了しました。途中から共用されたとは言え同じエンジンを使い、同じシリーズ名を使っていたクルマの販売はなくなったのですが、ポーターキャブには特に影響もなく更に1977年に大幅なマイナーチェンジが行われたのです。ここで車名が「ポーターキャブ」から「ニューポーターキャブ」へと変更されています。まず、この変更の主目的が改訂された軽自動車の基準への適合だったため、その目玉としてエンジンサイズが360ccから550ccへとサイズアップされました。ただ、製造規模や開発コストなどから自社開発は断念されて、三菱ミニカF4にも使われていた三菱自工製2G23型4ストローク2気筒SOHCエンジン「バルカンS」を搭載しました。また、新基準に合わせてボディサイズも拡大されています

一方、外観上の目立った変更点は、ヘッドライトベゼルが丸型から角の丸い四角形に変更されたこと、そして前面エンブレムは青丸に「m」をかたどったものからマツダの新ロゴへと変更されています。また、が採用された。このモデルから荷台のリアだけが開く「一方開き」がリアと両サイドが開く「三方開き」のみの設定に変更されました。これによって荷物の積み下ろしが格段に楽になったようです。ただ、この変更のためでしょうか、ポーターキャブのサイドビューを美しくまとめていたサイドスカートが廃止になってもいます。

4WD化の流れに乗らず、20年の歴史に幕。OEM「スクラム」へバトンタッチ

そして、1980年代になるとマイナーチェンジを繰り返しながら長寿車両となったマツダ・ポーターキャブにも時代の流れが否応なく感じられるようになってきます。この頃から軽トラックに4WD車両が相次いで投入されはじめるのです。しかし、ポーターキャブは、この流れに追従することはありませんでした。しかし、この事はマツダ・ポーターキャブが他車に比べて有利なポイントが「価格」だけになってしまうのです。基本設計は古く、エンジンも同型エンジンを搭載していた三菱・ミニキャブが直列3気筒の新しいサイクロンエンジンに換装していたのに対してマツダ・ポーターキャブは、2気筒のままでやり過ごすなど、時代の波以前にクルマとしての進歩を見せなくなっていたのですから、その安さも「割安感」に繋がっていたかどうかは不明です。

2WD故に、高い走破性を求められる農家や積雪地域での需要も下がり、次第にポーターキャブが競合と並べられる中で見劣りがひどくなってきたのでした。そして1988年頃、軽自動車の規格改訂が持ち上がると、マツダとしてポーターキャブをモデルチェンジして規格に追従させる意向を見せず、1989年、スズキの「キャリイ」のOEMによる「スクラム」に代替わりとなります。これで約20年のポーターの歴史は終わりを迎えたのでした。

まとめ

「ガチャピン」にも似た可愛い外観から特に360cc時代のポーターキャブは、中古車市場で未だに人気があるようですね。そんなポーターキャブを最後にマツダ自身が軽トラックの開発・製造をしていないのは、オート三輪御三家からスタートした自動車メーカーだけに一抹の寂しさがあります。かつてはロードスターなど遊び心いっぱいのクルマを作っていたマツダですから、このクラスの自動車にポーターの名前をつけて遊べるトラックが出てきてくれたらワクワクしそうです。マツダさん、よろしくお願い致します!