【アウトバーン】平均速度は150km/h !? 300km/h以上で走行する車も!

皆さんはアウトバーンという高速道路をご存知ですか? アウトバーンの約50%は速度無制限区間があり、200km/hや300km/hと日本では考えられない速度で走行している車は日常茶飯事です。一般車両の平均速度も150km/hと言われており、世界中から自分の愛車を持ち込んで走りに来る方たちがいるようです。今回の記事ではそんなアウトバーンについてご紹介いたします。

自動車高速道路「アウトバーン」について

アウトバーンとはドイツ・オーストリア・スイスの3つの国を結ぶ高速道路です。島国の日本で考えられませんが、高速道路を利用して他の国へ行くことができます。しかし、簡単に海外に行ける高速道路はアウトバーン以外にもあります。それではなぜ今回の記事で特別にアウトバーンを取り上げたのか? その理由は...「アウトバーンでは速度無制限区間がある」知っている方も多いかもしれませんが、知らない方にとっては驚きではないでしょうか?

速度無制限区間での推奨速度はなんと130km/h!

速度無制限区間とはその名のとおり制限速度がありません。200km/hで走行しても300km/hで走行しても速度違反で捕まることはありません。推奨巡航速度は130km/hとされており、ほとんどの車がその速度以上で走行をしています。アウトバーンの速度無制限区間は車好きには有名で、世界中から自分の愛車を走らせにくる方々がいるようです。そのためフェラーリやランボルギーニ、ポルシェ、アウディなどたくさんのスーパースポーツカーを見かけます。その多くは200km/h~300km/hの速度で走行しており、地元の人たちにとってはごく当たり前のことになっているそうです。また、1番左側の車線は速度を出す車が走行するため事故などに巻き込まれないように普通に走行する方はできるだけ右側の車線を走行したほうがいいといわれています。

アウトバーンの通行料金について

アウトバーンの通行料金に関しては一般車は今のところは無料となっています。各国からの交通量が増えてきており道路の舗装費用や排気ガスによる環境対策に莫大な費用が必要となっています。そのため外国からの利用が多い大型トラックを対象に有料化を図っています。現状は大型トラックのみとなっていますが、今後は一般車両も有料となる可能性があります。

アウトバーンの全長は13,000km!

ドイツのアウトバーンの総延長は13,000kmと言われています。13,000kmと言われても想像しにくいかもしれませんが、日本の沖縄から北海道までが約3,300kmと言われています。日本の全長の約4倍というとてつもない距離です。アウトバーンを全て走りきるには100km/hで休憩なしに走行し続けた場合に5.4日かかる計算となります。

実際のアウトバーンの動画を見てみてください!

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/iNbyXIU-3jo" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

こちらの動画ではランボルギーニ ウラカンがアウトバーンで329km/hを出しています。見通しの良い直線が続くので非常にスピードが出しやすいので、まるでサーキットを走行しているかのようにアクセル全開で走ることができます。しかし、アウトバーンはサーキットではなく一般道路なので事故を起こした際には他の人にも迷惑をかけてしまうことがあります。もし、アウトバーンを走行する機会がある時には安全運転をしましょう。

アウトバーンで日本人が最高速度341km/hを記録!?

2005年に日本のチューナーである「永田 和彦」という人がアウトバーンで341km/hを記録しています。通称「スモーキー永田」と呼ばれている彼は、チューニングカー雑誌の「Option」の企画でアウトバーンで何km/hを出せるかという企画で「V35スカイライン」に乗り、この記録を出しました。

スモーキー永田氏はイギリスで210マイル(約340km/h)で逮捕されています。これは地元のストリートレーサー達の間では伝説になっており、スポーキー永田氏は英雄とされているようです。また、アクアラインの開通式において、綺麗な道路にタイヤ痕を残し0-300km/hの計測も行っています。

スモーキー永田の動画

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/lATHQ3c9uyQ" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

スモーキー永田氏のアウトバーンを走行している動画はすでに削除されていましたが、アクアラインでの最高速チャレンジをしている動画がありました。普段体験することのない速度を車内から見ることができ、迫力満点の動画になっています。

まとめ

今回の記事ではアウトバーンについてご紹介させていただきました。速度無制限区間はどんどん減っており、現在ではアウトバーンの50%ほどしかないと言われています。区間外では制限速度が設けられており、オービスなども設置されています。また、以前のように300km/h以上出せる道も減ってきていると言われています。

しかし、現在でもアウトバーンの人気は衰えておらず、世界中からスーパースポーツカーやチューニングカーを持ち込んで最高速度の計測を行っています。もちろんアウトバーンはサーキットではないので、高速走行中に何かトラブルがありコントロールを失えば、大きな事故になってしまいます。高速走行時の事故は命を落とす危険も高くなるので、非常にリスクがあります。車好きであれば1度は走ってみたいですが、走行する際にはあまりスピードを出しすぎずに、くれぐれも安全運転をしましょう!