マツダの最新ファミリーカー「ビアンテ」を選ぼう!

「ビアンテ」は、マツダ史上最大のミニバンとして販売されています。今回は、そのミニバン「ビアンテ」について、各グレードごとに特徴やメリットなどを紹介していきます。

マツダってどんな自動車メーカーなの? 

マツダ株式会社は広島県安芸郡府中町に本社を置く日本国産の自動車メーカです。世界で唯一ロータリーエンジンを搭載した自動車を量産していたことで有名です。その他に世界的にも有名な自動車は「ロードスター」です。「2人乗り小型オープンスポーツカー」の生産累計世界一としてギネスブックの認定を受けています。会社のキャッチフレーズは「Zoom-Zoom」、日本でいう「ブーンブーン」という車が走行する際の走行音を採用しています。スポーティで安定感のある車作りに重点を置いた自動車メーカーとして世界的にも高い評価を受け続けています。今回はそんな現在注目の自動車メーカー「マツダ」から、スポーティーなイメージ面ではなく、マツダのファミリーカー「ビアンテ」を紹介していきたいと思います。

そもそもミニバンってなんなの?

ミニバンとは、規格や技術的な定義は存在しないが、一般的に、箱型の車体形状を包括し、スペース効率を上げる目的で、全長に対する室内長と室内高は比較的大きい車種をいいます。日本ではファミリーカーと呼ばれることもしばしばありますが、前述の説明通り、定義という定義は存在しておらず、各自動車メーカーの采配で車種によってミニバンという区分に統括された自動車のことです。

マツダってロードスターのイメージが強いけど、ミニバンなんてあるの?

出典:http://www.mazda.co.jp/

たしかに、マツダの車っていうと有名な車種はなんだろう? と世間に聞くと、二人乗りスポーツカーのロードスターや、近年だとクロスオーバーSUVのCX-5と答える方が多いと思います。マツダ社自体も会社として世間に推している車種はそういった人気の車種であると思います。しかし、マツダにもミニバンのラインナップはあります。

現在、マツダから普通乗用車として販売されているミニバンには「ビアンテ」のほかに「プレマシー」と「MPV」の3種類があります。その中でもビアンテを各グレードに分けてご紹介します。

【ビアンテ 20C-SKYACTIV】爽快な走りの楽しさと、優れた低燃費を実現した基本モデル。

出典:http://www.mazda.co.jp/cars/biante/grade/#biante

FF(前輪駆動)車のグレードのベーシックモデルが「ビアンテ 20C-SKYACTIV」です。主要な装備は一通り付いていまして、エンジンもマツダを代表するスカイアクティブエンジンである「SKYACTIV-G 2.0」が装備されてあるモデルです。基本のビアンテといっても過言はありませんね。このモデルを基準に他のモデルと見比べていきましょう。とりあえずビアンテが気に入ったけど装備とかは分からないという方は、このグレードをベースに選び始めると良いかも! 

基本情報

全長 (mm):4,715
全幅 (mm):1,770
全高 (mm):1,835
ホイールベース (mm):2,850
乗車定員 (名):8
車両重量 (kg):1,660
タイヤサイズ:205/60R16
ホイールタイプ:スチール
最小回転半径 (m):5,4
サスペンション (フロント):マクファーソンストラット式
サスペンション (リア):マルチリンク式
ブレーキ (フロント):ベンチレーテッドディスク
ブレーキ (リア):ディスク
エンジンタイプ:SKYACTIV-G 2.0
エンジン種類:水冷直列4気筒DOHC16バルブ
エンジン総排気量 (L):1.997
エンジン最高出力 (kW<PS>/rpm):111〈151〉/6,000
エンジン最大トルク (N・m<kgf・m>/rpm):190〈19.4〉/4,100
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
タンク容量 (L):60
SKYACTIV-DRIVE装備
JC08モード燃費 (km/L):14.8
車両本体価格:2,343,600円

【ビアンテ 20S-SKYACTIV】より上質な装備が魅力のハイグレードなモデル。

出典:http://www.mazda.co.jp/cars/biante/grade/#biante

FF(前輪駆動)車のグレードのベーシックモデル「ビアンテ 20C-SKYACTIV」に、エクステリアやインテリア、装備をより上質にしたモデルが「ビアンテ 20S-SKYACTIV」です。主な相違点は、ディスチャージヘッドランプ(ロービーム:オートレベリング光軸調整機構付)、フロントフォグランプ、リアルーフスポイラー、16インチアルミホイール、ステアリング本革巻、シフトノブ本革巻ということです。より上質な車に仕上がっています! スタンダードなモデルでは物足りないというこだわりの強い方にお勧めです。

基本情報

全長 (mm):4,715
全幅 (mm):1,770
全高 (mm):1,835
ホイールベース (mm):2,850
乗車定員 (名):8
車両重量 (kg):1,660
タイヤサイズ:205/60R16
ホイールタイプ:アルミ
最小回転半径 (m):5.4
サスペンション (フロント):マクファーソンストラット式
サスペンション (リア):マルチリンク式
ブレーキ (フロント):ベンチレーテッドディスク
ブレーキ (リア):ディスク
エンジンタイプ:SKYACTIV-G 2.0
エンジン種類:水冷直列4気筒DOHC16バルブ
エンジン総排気量 (L):1,997
エンジン最高出力 (kW<PS>/rpm):111〈151〉/6,000
エンジン最大トルク (N・m<kgf・m>/rpm):190〈19.4〉/4,100
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
タンク容量 (L):60
SKYACTIV-DRIVE装備
JC08モード燃費 (km/L):14.8
車両本体価格:2,565,000円

【ビアンテ GRANZ-SKYACTIV】このグレード限定装備も備えたビアンテの最高峰モデル!

出典:http://www.mazda.co.jp/cars/biante/grade/#biante

FF(前輪駆動)車のグレードのベーシックモデル「ビアンテ 20C-SKYACTIV」に、エクステリアやインテリア、装備をより上質にしたモデルが「ビアンテ 20S-SKYACTIV」、更に上級装備を備えたモデルが「ビアンテ GRANZ-SKYACTIV」です。このグレードだけの装備であるLEDリアコンビネーションランプベゼル(シルバー&ブラック)、専用フロントバンパー(フロントロアグリル)、専用メッキトップバー&アッパーグリル、専用リアフィニッシャーモール(シルバー)、ブライトモールディング(フロントバンパー/サイドシル/リアバンパー下部)、スカッフプレート(フロント)、マフラーカッター、16インチアルミホイール(高輝度塗装)というように最高級装備がふんだんに取り入れられています! 一番格好良いビアンテに乗りたい方は迷うことなく、GRANZ-SKYACTIVをおすすめします。

基本情報

全長 (mm):4,715
全幅 (mm):1,770
全高 (mm):1,835
ホイールベース (mm):2,850
乗車定員 (名):8
車両重量 (kg):1,660
タイヤサイズ:205/60R16
ホイールタイプ:アルミ(高輝度塗装)
最小回転半径 (m):5.4
サスペンション (フロント):マクファーソンストラット式
サスペンション (リア):マルチリンク式
ブレーキ (フロント):ベンチレーテッドディスク
ブレーキ (リア):ディスク
エンジンタイプ:SKYACTIV-G 2.0
エンジン種類:水冷直列4気筒DOHC16バルブ
エンジン総排気量 (L):1,997
エンジン最高出力 (kW<PS>/rpm):111〈151〉/6,000
エンジン最大トルク (N・m<kgf・m>/rpm):190〈19.4〉/4,100
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
タンク容量 (L):60
SKYACTIV-DRIVE装備
JC08モード燃費 (km/L):14.8
車両本体価格:2,673,000円

それで何故、ビアンテがおすすめなの?

出典:http://www.mazda.co.jp/cars/biante/feature/design/

今回、最も歴史が長く根強い人気を誇るミニバンであるMPV、スポーティー且つスタイリッシュで若年層にも人気のミニバンであるプレマシー、と歴史の長いマツダのミニバンが2車種ある中、ビアンテをおすすめする理由は二つあります。

一つ目が「マツダ唯一のワンボックス型のミニバン」であるということ、二つ目が「マツダの最新型のミニバンである」であるということです。

マツダの唯一のワンボックス型ミニバン!実用性はピカイチ!

ビアンテより歴史が長く、知名度もあるMPVもプレマシーもマツダではワンボックス型に分類されていません。かつて、マツダで販売されていたワンボックス「ボンゴフレンディ」が2005年をもって販売終了し、マツダのワンボックス型ミニバンは一時期ラインナップから無くなりました。その間も他国産メーカーの日産 セレナやトヨタ ヴォクシー/ノア、ホンダ ステップワゴンなどといった、他社のミニバンカテゴリーがファミリーを中心に爆発的に人気を博していきました。そこでマツダはその人気に追従すべく同社のプレマシーをベースに新しいミニバンを開発します。それがビアンテです。通常、このクラスは基本的に「5ナンバー」となる全幅1,700mm以内のパターンがほとんどである中、プレマシーをベースにしたビアンテはそうした制約にとらわれることなく全幅を1クラス上のミニバンに迫る1,770mmとして開発されました。結果、メーカー自身が「最広(サイコー)空間」と謳うほど2,000ccクラストップの室内空間/容量を実現することができました! 同クラスでは三菱 デリカD5とビアンテのみが5ナンバーではなく3ナンバーとなって販売されています。

そしてそのインテリアは謳い文句通りかなり余裕のある空間。

ワンボックス型というだけあり、居住空間には他の2車種にはない利便性があり、インテリアは広さだけではなく扱いやすさにもこだわりが見られます。シートは後方へ行くにつれ、ヒップポイントが高くなるようにレイアウトされていて、結果、どのシートに座っても開放的な前方視界が得られるという開放的な視認性の実現。また、シートアレンジについても足元を開放できる「リビングモード」、2列目シートを左右に分割する「ウォークスルーモード」、そしてどんなアウトドアにも対応できるサイズの荷物を積み込むことができる「ラゲッジモード」と用途に応じたシートアレンジが可能です。ワンボックス型特有の横にも縦にも広い、という特性がMPVとプレマシーには無いビアンテだけの長所ですね。

なんといってもマツダがこれから先、推すであろう最新型!

出典:http://www.mazda.co.jp/cars/biante/feature/interior/

ビアンテはこれから先、マツダのワンボックス型の代表車種になると思います。2013年に2WD車は、プレマシーに続く「SKYACTIV TECHNOLOGY」技術搭載ミニバンの第2弾の車種となるべく、パワートレインを刷新し、PE-VPS型2,0L高効率直噴エンジン「SKYACTIV-G2,0」と高効率6速AT「SKYACTIV-DRIVE」を搭載しました。そしてマツダが現在推し進めているクリーンディーゼルエンジン搭載。ビアンテにもいずれは実現するのではないでしょうか。マツダはスカイアクティブテクノロジーが全面的に採用された新型車を2015年度までに8車種発売(デミオ、アクセラ、アテンザ、CX-5、CX-3、プレマシー、ビアンテ、ロードスター)し、さらに2016年以降に第2世代のスカイアクティブテクノロジーを登場させることを示唆していることもあり、最新型の車種には様々な可能性が期待できますね!

ビアンテはマツダの十八番であるスポーツカーがワンボックスに変身したもの!?

マツダといえばスポーティーなイメージの車が多いです。ビアンテもその安定した走りをワンボックス型で実現しており、その例として、後輪サスペンションにはマルチリンク式サスペンションを採用しています。それによりFF車でも安定した走りを実現することが可能で、あなたの家族に安全なカーライフを提供してくれます。他メーカーでは後輪サスペンションにマルチリンク式サスペンションではなくトーションビーム式サスペンションを採用している車も多く、同じミニバンでも足回りの安定性といった面で、ビアンテがおすすめできる理由の一つです。走行時の空力計算もビアンテ特有の他の車種には無い「顔」を見て分かるように、ワンボックス型とは思えない程、揺れの少なく、高速で走行時も安心できる走りを実現しています。

ビアンテの中古車情報

マツダのミニバン、ビアンテにご興味を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか? そんな方のためにリンクを貼っておきますので是非チェックしてみてください。

中古車をお探しの方はこちら

まとめ

※イメージ画像

国産車、外国車と、ミニバンという区分の車種は数多くあります。その中でもマツダは最新テクノロジーを駆使し、2年連続で日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、今最も注目の国産自動車メーカーです。そのマツダの最新型ミニバンであるビアンテは、これから先、改良が重ねられマツダを代表する車種になることでしょう。マツダはスポーティーなイメージだけではなく、家族やアウトドア、あなたの生活に密接している重要な側面をカーライフという観点からも支えてくれます。あなたの生活にマツダビアンテを是非とも導入してみてはいかがでしょうか。