中古車雑誌でたまに見かける新古車って何?

新車、中古車はよくわかるけど、新古車って何?情報が出ているのは中古車としてだけど中古車とどこが違うの? 中古車雑誌でたまに見かける新古車の情報をお伝えします。

新古車とは何か?

簡単に言えば、新古車とは、ナンバーの登録はしたけれど一般の人の手には渡っていない未使用のクルマのことです。公正取引協会が新古車という呼称を禁止しており、代わって未使用車という言葉が使われていることが多いです。新車の登録が済んでいるクルマは使われていなくても中古車として扱われますので、中古車というカテゴリーに分類されます。クルマの状態としては新車とほとんど変わらないといってよいかと思います。

登録されるだけのクルマができるのはなぜ?

登録したのに乗らないクルマはなぜできるのでしょう? 個人で買ったもののなんらかの理由があって乗る前に手放したというケースもまれにはあるかもしれませんが、そのほとんどはメーカーと販売会社の都合で登録されたものが多いようです。

展示車・試乗車との違い

新古車は、基本的には「登録される前に展示」した展示車とか、すでに「登録されて試乗に使われていた」試乗車とはちょっと違うと思います。「登録はしたけれど誰も使っていない」状態で、そのまま中古車市場に出回るクルマが新古車です。新車を買ったときと同様に「工場から出荷されて新車工場で整備され、登録されて納車手前までの手続きが終わった」クルマと考えるのがいいでしょう。ただ、区別して売っていないところもあるようですので新古車(未使用車)を選ぶときにはチェックしたほうがよいですね。

保証も新車と同様

気になる保証についてですが、新車の保証制度はメーカー保証です。登録した月数分は保証期間は短くなりますが、新車同様しっかりと保証はついています。保証書の確認も忘れずに。

新古車のメリット・デメリットは?

新古車を選ぶメリット

なんといっても新車同様といっていいクルマが新車よりも格安になっているということがいちばんですね。そして、新車では納期がかかるが新古車は現物がそこにあるので納期が短いのもメリットになります。登録時にすでに自動車重量税は支払われているので、次の車検まではこれがないのもうれしいところですね。4月1日以降に購入の場合はその年の自動車税が別に支払う必要もありません。価格が安くなっている分、取得税も割安になります。

新古車が出回るのはいつ?

新古車が出回りやすい時期は販売会社の決算の後だと思ってよいかと思います。4月、または半期が終わったあとの10月とかでしょう。人気のある車種、色、グレードの新古車はあっという間に売れてしまうので、新古車でクルマを手に入れようと思ったら注意してみておくことが必要です。人気のクルマが新車で買うよりもずっと安く買えるので、どこかで差をつけなくてはいけないのかクルマによっては登録後しばらく経ってから市場に出される場合もあります。また、名義変更が比較的簡単な軽自動車はそれだけで専門店ができるぐらいで回っています。数が多いので、自分がほしいグレードや色が探しやすいかもしれません。

新古車を選ぶデメリット

自由に自分の欲しいクルマを選べないということがまず挙げられますね。色、グレードはもちろん、メーカーでしかつけられないオプションもつけることはできません。人気のあるものはあっという間になくなってしまうので、ほしいタイミングと合わないことも多いかもしれません。また、登録されているクルマですので新車よりも次の車検までの期間が短くなっています。

まとめ

新古車は新車同様のクルマが新車よりずっと安く手に入るというメリットのあるクルマです。新古車を買おうと思っている方は基本的には新車がほしいけれど、新車よりお得に購入したい方がほとんどだと思います。税金面でもメリットが出ることが多いのですが、最近はエコカーなどで新車購入時に減税が適用されることも多いので一概に新古車のほうが有利ということにはなりません。まずは新車の見積もりを取ってみるのがよいかもしれません。新車で購入した場合の値引きや税金のことがわかってから、新古車を探すとより納得のいく価格での購入ができます。