見栄を張れるチャンスかも!中古で買う高級スポーツカー!

ガソリン価格や自動車税もいつ何時上がるかもわからないこのご時世。車を買うとなるとどうしても維持費などを気にしてエコカーを選びがち。でもときには見栄を張っても良いじゃない! いつも真面目に働いてるんだから! ときには高級スポーツカーも乗ってみましょう!

贅沢したい!けど新車は買えない…そんな人でもOK!

高級車×スポーツカー=贅沢の極み!

高級車と言えばセダンやステーションワゴン、ワンボックスなど実用的なボディータイプが想像されがちです。しかしスポーツカーで高級車となればどうでしょうか? 実用的なイメージはあまりないと思います。小さなお子様のいる家庭や、お金に余裕がないと乗れない印象が強いと思います。
そこで、もしあなたがスポーツカーを乗る環境ができていれば、そんなに良い機会はないと思います。どうしても高級スポーツカーに乗りたいけど乗れない人のことを考えれば、乗れるうちに乗っておきましょう!
高級スポーツカーを所有していれば、周りの評価もきっと変わるハズです。具体的に言うと、単純ですがお金を持っているように見えるのは必須です。そういった「ハッタリ」をかませることができる「魔力」を持っています。
ポンポンと車を乗り換えられる金銭的余裕があることが理想ですが、なかなかそうはいかない人が多いと思います。今回はそんな高級スポーツカーが新車で買えなくても中古で購入するといった趣旨で話を進めていきましょう!

高級スポーツカーの魅力:2ドア(3ドア)

時代の流れでたくさん人が乗れて、荷物も運べて低燃費。おまけにメンテナンスフリーで乗り続けられるといった車が主流だと思います。そんな最中、メーカーからリリースされるスポーツカーの数も減っているのも事実です。一部のスポーツカーは通常の2ドアに見えて観音開きだったり、後部座席のスペースが広く、ゆったりしているモデルもありましたが、結果的にはスポーツカーにそういった機能は求められないためか、いつしか消えていきました。
近年のスポーツカー純粋な2ドア(3ドア)が主流です。それも贅沢のうちやステータスの一部のようになっていると感じます。あえて2ドアといった贅沢を感じながらスポーツカーライフを送りましょう。

高級スポーツカーの魅力:音を感じる

ハイブリッドカーやEVカーが流通しだしてから、道路は少し静かになったと思います。少し古いノーマルの車の排気音が大きく感じる程です。スポーツカーの魅力は排気音にあるのではないでしょうか? 確かに排気音は嫌われ者です。道路の沿いなどで生活していればその音に悩まされることもあるでしょう。
しかし高級スポーツカーは「音」を楽しんでくれと言わんばかりに6気筒や8気筒といった多気筒エンジンを搭載しているモデルが多くラインナップされています。これは気筒数が多いとなぜか人は「良い音」と感じてしまいます。それが機械好きな人であればなおさら楽しめることでしょう。アクセルを踏むことによって音を奏で、楽しみながら走るのが高級スポーツカーの魅力ではないでしょうか。
ここで注意したいのが、絶対音量は小さくて十分です。先ほども触れましたが排気音に悩まされている人が多くいるのが現状です。他人を困らすような乗り方はフェアではないと思います。わざわざマフラー交換をしなくても「良い音」が出る傾向があるのが高級スポーツカーです。

高級スポーツカーの魅力:目線の低さ

屋根も低く、自然と目線も低くなるのが高級スポーツカーの特徴かと思います。車種によっては少しでも目線が低くなるように工夫している程です。目線が低いとスピード感が速く感じる習性があります。ですのでスピードを出さなくても十分楽しめると思います。
そのほか目線が低い=ドライバーが低い位置に座っているので重心を低くすることができます。これは普段の運転では特に恩恵を受けることはないと思いますが、本格的なサーキット走行をする上で非常に重要な役割を担っています。
セダンやコンパクトカー、ワンボックスカーやステーションワゴンは逆に目線を高くして見通しうぃ良くしている傾向にあります。ですので目線の低い車に乗ると言うこと自体がレアなことではないでしょうか? お尻を低い位置に置く気持ちで運転席のシートに座る感覚は遊び心が刺激されることでしょう。

高級スポーツカーの魅力:速さ

高級スポーツカーですから速さは必須です。スポーツカーを乗る上で速さを意識しない人はいないと思います。非日常の加速を味わいたい目的の人も多いハズです。公道では制限速度が定められているのでその加速力を味わうならサーキット走行は必須になると思います。
サーキットと言うとガチガチのタイムアタックを意識しますが、最近ではスポーツカーの魅力を味わうため取り敢えずカッ飛ばしてみよう、自分のペースで制限速度を気にせず走ってみようといったライトな走行イベントも頻繁に主催されています。サーキットのイベントリストなどからどのような趣旨のイベントがいつ行われるのかをチェックして、事前にエントリーしてみてはいかがでしょうか?
普段何気なく乗っている高級スポーツカーもサーキットでしか見せない「顔」を持っていることに気が付くと思います。公道では経験しない100キロを遥かに上回った速度を経験するのも新鮮な気持ちになれると思います。

高級スポーツカーの魅力:スタイリング

高級スポーツカーの魅力はなんと言ってもそのスタイリングかと思います。低くワイドなボディーが定番のスタイルです。駐車場でも街中でも、飾らなくても異様なオーラが感じられるのは高級スポーツカーだけの特権かと思います。この雰囲気が「お金持ちのような雰囲気」に繋がっているのではないでしょうか?

高級スポーツカーの魅力:素性の良いハンドリング!

レースに出場することを前提に設計されていることの多い高級スポーツカーです。そのため高い運動性能を得るためにボディーやシャーシを綿密に計算し、サスペンションやタイヤの性能を引出し、かつコーナリング時に安定するようになっています。
車の技術も上がり、名ばかりのスポーツカーでは売れない時代となってることも影響していると思います。メーカーにしてみればスポーツカーは存在感を示す良い機会でもあります。やはり車関係のメディアもスポーツカーが大好きです。自動車評論家もレーサー出身者が多いので、スポーツカーへの期待も自然と高まります。
コーナリングで安定の良い車を運転すると、心にゆとりもできさらに運転を楽しむことができるでしょう。

中古で買える!おすすめ高級スポーツカー!

120万円で購入できる メルセデスベンツ:SLK(2004年~2011年)

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

少し小さく見えるボディーにV型6気筒3,000cc(SLK300)、3,500cc(SLK350)のエンジンを搭載するメルセデスベンツの2ドアスポーツカーです。2006年モデルから直列4気筒のスーパーチャージャーのSLK200コンプレッサーが追加されました。日本で乗るにはこの4気筒モデルがおすすめです。パワーと重量感がストップアンドゴーの多い街乗りにピッタリかと思います。
フロントグリルには大きなベンツマークが威圧感たっぷりです。デザインは伝説のSLRマクラーレン(メルセデスベンツとマクラーレンの共同開発したスーパーカー)
を彷彿させます。電動開閉式のルーフはオープンの状態から作動時間28秒と非常に素早い機能を持っています。
中古車相場は125.5万円~268万円となっています。程度の良さような物件が多く、過走行車も少ないので底値域の車両でも安心して購入できるかと思います。

200万円で購入できる レクサス:SC430(2001年~2010年)

自動開閉式のアルミ製ハードトップを持つクーペカブリオレのSC430。トヨタセルシオと同じ4,300ccのV8エンジンを搭載しています。乗車定員は4人です。キビキビ走ると言うよりも長距離を楽に移動できるといった印象です。車両重量は1,700キロと少し重量級な印象ですが、その重さを上手く利用して乗り心地の良さに繋げているような印象です。エンジンはパワフルなので運転していても重い車と感じない程軽快に加速します。エンジン音もV8独特のサウンドでプレミアムな時間を過ごせることでしょう。
ボタン一つで開閉するハードトップはまるで映画のワンシーンのようです。アフターパーツも豊富なのでご自身のスタイルに合わせたカスタムも楽しめます。
中古車相場は148万円~548万円となっています。走行距離8万キロ程度の車体が200万円~で購入できる傾向にあります。
開閉式ハードトップを採用していることもあり、大きな修復歴のある物件は避けた方が良いでしょう。雨漏りが心配されます。

200万円で購入できる ニッサン:フェアレディZ(2008年~)

日本車で高級スポーツカーの元祖の位置付けでもあるフェアレディZを紹介しないわけにはいけません。エンジンは3,700ccV型6気筒、馬力はなんと336PSと非常にパワフルなモデルです。本格的なサーキット走行も得意で、このフェアレディZをチューンナップしレーシングカーさながらのカスタムを施すことも可能です。
乗車定員は2人となっており、室内は決して広さを取ろうとしない割り切った設計になっているのも潔良い印象です。このフェアレディZには3ドアファストバックタイプと2ドアロードスタータイプの二種類あります。
足回りなども走りに対して熟成されているので運転を楽しみたい人にもおすすめです。ハイパワーなエンジンとそれを受け止める足回り、制動力の高いブレーキによって高い安定性があるのでついついスピードが出てしまう程です。公道では決して発揮できないエンジンパワーなのでサーキット走行もおすすめです。
中古車相場は139万円~590万円となっております。走行距離8万キロ程度の車体を手に入れるのであれば200万円~で購入できる傾向にあります。ロードスターモデルは大きな修復のある物件は避けた方が良いでしょう。歪が生じて雨漏りが発生するおそれがあります。

300万円で購入できる ポルシェ:ボクスター(2004年~2012年)

これぞ贅沢の極み! と、ある一定の世代にはそう思われるかもしれません。「車はなに乗っているの?」と聞かれたら「ポルシェだよ」なんて言うだけでも一目置かれそうです。そんなスーパーカーのようなポルシェのラインアップの中でもボクスターはまだ手に届きやすいであろうモデルです。
もちろんエンジンは水平対向6気筒をミッドシップに搭載(運転席の後ろ)。エンジンは2,700ccと3,200ccの二種類あります。よりパワフルなのが3200ccですが、2,700ccエンジンで十分なポテンシャルを発揮します。
オープンカータイプなので大きな修復歴のある物件は避けたいところです。ポルシェにしては一般の人でも手に入れやすいこともあって、特にマニュアルミッション車はサーキット走行などのハードな走行を経験している可能性があります。そのような車両は傷みが激しいので下見のときはじっくり見ておいた方が良いです。
フロントバンパーなどに飛び石が目立つ車両はそういった経験をしている可能性が高いので注意しましょう。
中古車相場は218万円~858万円となっています。300万円程で程度の良い車体が手に入りそうなので、憧れのポルシェを手に入れるチャンスかと思います。

400万円で購入できる BMW:4シリーズクーペ(2013年~)

BMW4シリーズのクーペには直列6気筒(3,000cc)ターボ、直列4気筒(2,000cc)ターボ、ノンターボと設定があります。どれも出来の良いエンジンなのですが、BMWと言えば滑らかに吹け上がる「シルキーシックス」と言われるほど直列6気筒エンジンの評判が良いです。ここはできれば直列6気筒モデルを選択していただきたいところです。
直列6気筒ターボが435iと言うグレードで306馬力、直列4気筒ターボが428iと言うグレードで245馬力、直列4気筒ノンターボが420iと言うグレードで184馬力です。どれも楽しみ方はそれぞれです。
特に直列4気筒ノンターボモデルは、非力なイメージがありますが、エンジンの軽さと純粋な吹け上がりを堪能できる、日本のようなストップアンドゴーの多い交通事情では楽しめるモデルです。軽快なハンドリングが魅力的です。逆に直列6気筒ターボモデルは重量感のあるエンジンをパワー任せに加速させるような豪快な乗り味です。あとはお好みで選ぶと言ったところでしょうか。
中古車相場は410万円~788万円となっています。現在中古車市場にある物件はまだ販売開始から時間もそれほど経っていないので状態の良い車両が多い印象です。安心して中古車選びができるかと思います。

まとめ

いかがでしたか? 高級スポーツカーも具体的にいくらで購入できるかとわかれば現実味も出てきたのではないでしょうか? いままでイメージだけで手が出ないと諦めていた方もこれを参考にして車選びをしてみてください。
スポーツカーは生活にゆとりがないと一般的な家庭では手に入れることが難しいですが、もし乗る機会があれば思い出作りのような感覚で購入してみてはどうですか? きっと車をもっと楽しむことができるかもしれません。
最後までご覧いただきありがとうございました。