カート日本チャンピオンが教えるドライビングテクニック講座 中級編

前回は初級編として乗り方から走らせ方などを簡単に紹介しましたが、実際に走ってみると難しく、なかなか速く走れず壁にぶつかってしまいます。そんな壁を乗り越えるためにより速く走るためのレーシングテクニックを中級編としてご紹介します。

コーナーを極めろ!

まず、この中級編を見ているということは、「直線」いわゆるストレートでアクセルを全開にできていると思います。そうなってくるとライバルに差をつけるのは、コーナーをどれだけ速く走れるかでラップタイムは変わります。そんなコーナーを速く走るための攻略法をご紹介します。

ブレーキング

まずは最も難しく奥の深いブレーキングについて紹介します。
初心者は「よりアクセルを踏めば速く走れる」と思いがちですが、ブレーキングが車やカートなどを速くコーナリングさせるために最も重要と言っても過言ではありません。
もちろん曲がる角度、レース用語で「R」と呼びますがそのRや道の広さなど様々な条件に応じて踏む強さや時間を調整します。しかしその条件などは各コーナーコーナーで変わりキリがないので最も難しいフルブレーキングについてご説明します。

フルブレーキング

フルブレーキングとは簡単に言うと最も速度を落とすためのブレーキングです。
「そんなもん思い切りブレーキペダルを踏めばいいんだ」そう思う方も多いですが、そうではありません。思い切りブレーキを踏むとカートは「ロック」と呼ばれる状態に陥ります。ロックとはタイヤが回転しない状況に陥る事で、自転車などで思い切りブレーキを握るとロック状態になった事がある方も多いと思います。
ロック状態は自転車などの低速では特に変哲もない事ですが、高速状態でタイヤがロックするとコントロールができなくなったり、スピン状態に陥る事があります。
ロック状態は一見もっとも速度を落としているように思いますが車体の速度が落ちるのはロック寸前の状態です。周回ごとにブレーキを踏む強さを強くしてどのくらい踏んだらロックをするのかを体と頭に覚えさせましょう。

荷重移動

ブレーキは速度を落とす以外にも役割があります。ブレーキを踏むことにより荷重移動をするということです。車に乗っている方は分かりやすいと思いますが、信号などで強くブレーキを踏むと首が前に強く押され、逆にアクセルを踏み込めば体が後ろに引っ張られるような感覚がありますよね? あれこそが荷重移動なのです。つまりブレーキを踏めば荷重が前に、アクセルを踏めば荷重が後ろに行きます。車やカートはその荷重移動をうまくしてあげることで速く、スムーズなコーナリングをすることができます。
ハンドル操作によって動かせるのが前のタイヤのみですので荷重を前にやることでより曲がりやすくなるのです。

ハンドリング

ハンドリングとはハンドルの扱い方について表す言葉です。
曲がるためにはハンドルを切らなければ曲がれませんが、そのハンドルの切りかたもレーシング走行では重要になっていきます。どう切ればいいというのもコーナーごとで違うので一概には言えませんが、どうすれば速く走ることになるのかを突き詰めると、「ハンドルを切らない」になるわけです。さすがにそれは極論ですが、できるだけ切らずに走ることができれば車速を上げることになります。単純にハンドルを大きく切ればタイヤの抵抗が増え、切らなければ抵抗が減ります。ハンドルをできるだけ切らずに曲がるために必要になるのが、上述した荷重移動です。荷重移動がしっかりできればハンドルを少し切るだけで車体の向きが変わります。ですのでしっかりとブレーキを踏んで荷重移動したタイミングでハンドルを切るという流れでコーナーに入れば車体は安定して曲がり始めます。

アクセリング

コーナーに入る、いわゆるターンインまでの流れをここまでお話ししましたが、次はコーナーを抜けていき、加速をしていくお話しをします。
「曲がり始めたらアクセルを踏めばいい」と思う方もいると思いますが、”アクセルを踏む”だけでもそんなに簡単なものではありません。アクセルをいきなり全開に踏んでしまうと駆動輪、カートだとリアタイヤになりますが、タイヤが路面を掴みきれず空転することで、一気に滑り始めてコントロールができなくなりスピンしてしまうのです。
ですのでアクセルはゆっくりと路面にエンジンのパワーを伝える感じで踏みましょう。

操作のコツ

ここまで簡単にブレーキングからハンドリング、そしてコーナーの出口に向けたアクセリングについてお話ししました。もうお気づきの方もいるとは思いますが、どんな操作も急や雑な操作は良くないということです。レーシング走行=乱暴な走りというのは勘違いで非常に繊細な技術が求められます。
考える間も無く次々とコーナーがやってくるわけですが、その各コーナーを淡々とやり過ごすのでは進歩は遅く、とんでもない量の練習量が必要となります。もちろん今回紹介している技術は1度や2度で習得できるものではありませんが、より早くその技術を習得するために”意識”して走行することが重要になってきます。

繊細という言葉にヒントが隠されています。筆者も「繊細な入力をしろ!」とよく怒られていましたが、当時の自分には繊細の意味が全くわからず、怒られた時は馬鹿丁寧に操作をして「やる気あるのか!」なんて怒られ、さらに意味がわからなくなったのを覚えています。
では、繊細とは何か? 簡単に言うと「スイッチはダメ」ということです。電気のスイッチやテレビの電源など様々なスイッチがありますが、スイッチにはONかOFFしかありません。車にはONかOFFといった極端な入力操作は不安定な状態の要因になります。
ではどうしたらいいのか? OFFを0%、ONを100%とすると0〜100%まで1%ずつ踏む強さや切る角度などを調整するのが理想です。その%を細かく操作をする意識を持って走行すれば1周ずつ、1コーナーごとに進歩していきます。

まとめ

ここまで簡単に中級編を紹介しましたが、この中級編で紹介した技術を完璧にできるようになった頃には車やタイヤのコンディションなどがわかるようになり、「感覚」的なものがわかるようになってきます。
その「感覚」がわかってくると上級者と呼べる域に入ります。上級者になるとさらに目標が欲しくなりレースに出て他人と争いたくなるので、そんな人のためにもっと速く走るためのコツや競り合いをどう制すかを上級編ではお話ししたいとおもいます。

カートのまとめ記事はこちら