【使える携帯ナビ徹底比較!】オススメiOS、Andoroid、Windows各種アプリ&人気ポータブルナビ教えます!

助手席に乗った人が地図を広げて道を案内するというスタイルも今や昔の話ですよね。今ではカーナビはもちろんのこと、スマートフォンですらGPSを用いたナビがあります。しかし、それは本当にナビとして使えるのでしょうか? たとえ便利でも道が間違っていたらナビとしては致命的です。そこで、今回の記事では携帯ナビのどこが優れていて、どこが不便なのかを調べて、賢い利用方法などをみていきましょう!

『携帯ナビ』を簡単にいうと?

(イメージ画像)

『携帯ナビ』を簡単にいうと、スマートフォンやタブレットのGPS機能を使った地図案内アプリになります。その他にもカーナビとは違う、手のひらに入るサイズのナビ専用ガジェットなどを指す場合がありますが、今回の記事ではスマートフォン・タブレットアプリの方と両方を解説していきたいと思います。
スマートフォン・タブレットと一概に言っても、現在主流になっている3種類のタイプがあり、Andoroidタイプ、iPhoneタイプ、Windowsタイプとなっていますが、どの種類でも地図案内アプリはありますし、携帯キャリアではそれぞれに公式のアプリまで用意されているので、一度は目にしたことがあるかもしれませんね! 他にも全スマートフォン・タブレットで使える「Google マップ」などはPCで使ったことがある人もいるのではないでしょうか? 
また、スマートフォン・タブレット以外で、いわゆるガラケーと言われるタイプの携帯電話にも地図案内アプリがありますので、そちらも含めて案内していきたいと思います。そちらのアプリでも基本的にスマートフォン・タブレット版と同じ機能を有し、GPS機能を使った案内になりますので、操作方法以外は全く同じものとして使用できますので、ご安心ください。
ポータブルナビとも言われるガジェットについては各社からいろいろなタイプが出ていますので、値段と利便性から評判の良いものを紹介したいとおもいます。

それでは『携帯ナビ』についてみていきましょう!

代表的な『携帯ナビ』Andoroidタイプ

(イメージ画像)

お使いのスマートフォン・タブレットがAndoroidなら、間違いなく一番有名で人気があるのは、公式アプリと言ってもいい、「Google マップ」ではないでしょうか。「Google ストリートビュー」などの機能があり、画面をタッチするだけでその場の写真が見れたり、航空写真で確認できたりなど、沢山の機能が用意されてあり、非常に便利なアプリなので、既にお使いの方もおられるかもしれませんね!
もちろん、公式アプリなので無料でダウンロードもしくははじめから入っている場合がありますので、地図アプリに悩んだ場合はまず利用してみてはいかがでしょうか? 機種によりますが動作もなめらかですし、交通状況を知らせてくれたり、ルートの再検索なども簡単にすることができますよ!
しかし、1つだけこのアプリには難点がありまして、「Google マップ」に用いられている地図データは、非常に細い道まで網羅されており、車で通り抜けられない道を案内されることが結構あります。ナビに従って行ったら、バックで戻ってくるハメになったなどもありますので、山道や田舎道を走るときには注意してください。

代表的な『携帯ナビ』iOSタイプ

(イメージ画像)

もちろんiPhone・iPadにも携帯ナビが公式で作られていてiOS標準アプリに「マップ」というものがあります。こちらも「Google マップ」と同等の機能を有していて、よく比較されるアプリとなっていますし、標準アプリなので使用している方も多いかもしれませんね! ただし、ストリートビューなどや航空写真などの機能は無いため、非常にシンプルな構成になっています。ややこしいのが苦手な人にはこちらの方が便利に感じるかもしれません。
こちらも無料で使うことができますが、GPSとインターネット通信を使って作動しますので、「Google マップ」や他のアプリと同様にパケット通信費などは別途必要になってきます。普通に使用する分にはそこまで高額にはなりませんが、心配な方はパケット通信の定額プランにしておきましょう。
このアプリの欠点としてよく言われるのが、地図の更新が遅い! ということです。2年以上前に作られた道が表示されていなかったりするので、実際に使ってみるととんでもないルートを通らされたりします。動作は最適化されてなめらかに動くのですが、道が更新されていないのは少し困りものですね。

代表的な『携帯ナビ』Windowsタイプ

(イメージ画像)

WindowsOSを使ったスマートフォン・タブレットにももちろん標準アプリとして「マップ」は搭載されていまして、こちらにもナビ機能はあります。あまり流通していないWindowsOSなので、触ったことがない人が多数で評判などをあまり聞くことがありませんが、地図としては一応使えるようですね。もちろん「Google マップ」のように多彩な機能というわけではなく、とてもシンプルになっています。
値段の方は標準アプリということで無料になっていますが、同じくパケット通信費はかかりますので、ご注意ください。
そして気になるこのアプリの評価としましては、あまりに酷すぎてどうしようもない! とよく言われます。重い、道が表示されない、ある意味エンターテイメントとかなりの悪評なので、WindowsOSのスマートフォン・タブレットを使っている方でも、他のソフト会社のアプリをダウンロードして使ってる方が多いようです。餅は餅屋ということかもしれませんね。

有名な『携帯ナビ』アプリ

(イメージ画像)

簡単に標準搭載の公式地図アプリを紹介させていただきましたが、どのアプリにもそれぞれの難点があり、お使いのスマートフォン・タブレットに標準搭載のアプリではもの足りないという方に向けて、サードパーティ製のおすすめ『携帯ナビ』アプリで、特に評判のいい2つのアプリを紹介させていただこうと思います。基本的にはどのアプリもナビをメインに置いて作られているので、非常に便利になっていますし、Andoroid、iOS、Windows共通で使えるものが多いので、気になったアプリがあればダウンロードしてみてくださいね。もちろん、ガラケーと言われるタイプのものでも使えるアプリも紹介しますので、ご安心ください。

それでは、『携帯ナビ』アプリをみていきましょう。

最高評価の「Yahoo!カーナビ」

(イメージ画像)

本格的なカーナビと同等の機能を有していて、なおかつ更新も早く無料で使えるということで大人気なのが、「 Yahoo!カーナビ」です。こちらはWindowsには対応していないのですが、Andoroidを端末上で再現するアプリなどを使用すれば使えるかもしれないので、気になる方はそちらの方法を検索して使ってみてくださいね。
基本的な動作としては他のカーナビと言われるタイプの機械と同等の機能を有していて、地図の更新が最も早く、渋滞情報などで便利なVICS情報が受信でき、画面をオフにしても音声で案内、駐車場情報もあるといった素晴らしい機能が満載です。圧倒的に人気のアプリで、他の追随を許さないのでおすすめですよ!

Android版 iPhone版

ナビといえば「カーナビタイム」

(イメージ画像)

こちらはCMなどでおなじみの「NAVITIME」のアプリバージョンということで、既に使っておられる方も多いかもしれませんね! 完全無料というわけではなく、一部機能を使うために優良版を使うというタイプのものですが、車両管理や、オフラインでも使用できたり、目的地のお天気情報などもありますので、非常に便利な機能が揃っています。普通のカーナビより使えるという評価もあるので、「 Yahoo! カーナビ」で満足できなかった方は使用するのをおすすめします。
Windowsでも使えますし、ガラケーにもアプリがあるので、どのタイプのスマートフォン・タブレット、携帯電話を使っている方にもおすすめです!

Android版 iPhone版 Windows版

代表的な「ポータブルナビ」の解説!

(イメージ画像)

ここからは手のひらサイズで持ち運び可能なカーナビである「ポータブルナビ」について解説していきたいと思います。サイズは基本的にタブレットと同サイズ位で、ナビの他にもオーディオ機能などを搭載しているものが多く、徒歩でのナビゲーションに対応しているので、車から降りてからサポートしてくれるのが嬉しいですよね! 
でも、それってスマートフォン・タブレットで十分なんじゃない? と思われる方も多いかもしれませんが、確かに利便性という意味ではあまり変わらないかもしれません。しかし、「ポータブルナビ」はナビを重点においてあるだけあって、GPSの精度や地図の更新速度、表示の速さなどでは圧倒的に上回っており、機種によってはGPSの衛星を3つ使ってさらに精度をあげているものもあります。その点ではまだまだ、スマートフォン・タブレットのアプリには負けていませんし、電池という面でも二つに分けておくという利便性があります。

ということで、2015年に発売された機種の中から3つのおすすめを簡単に説明していきたいと思います。

独自路線のパイオニア「楽ナビポータブルナビ」

パイオニアの「楽ナビポータブルナビ」は国内シェアナンバー1ということで、信頼の置けるカーナビメーカーのパイオニアが作った「ポータブルナビ」は、お値段は少しはりますが、快適なユーザーインターフェースやストレスのないレスポンス、カーナビやナビとしての機能も申し分ありません。
また、他のメーカーと違って音楽に重点を置いているということで、それらに興味のない方には全く無用かもしれませんが、「ポータブルナビ」=音質が悪いというイメージは完全に覆させられると思いますので、どうせ車に置くなら音質も欲しい! という方には丁度いいかもしれませんね! 
同社のAVユニットに接続することで高音質でDVDをみることができたり、インダッシュ型の音質に近い音質を得られるというのがウリですが、値段的にはインダッシュ型のミドルクラスと変わらないので、そちらを利用でき、「ポータブル」に拘らないなら、選択肢から外してもいいかもしれません。
機能面では素晴らしいので気になった方は一度手にとってみてはいかがでしょうか?

こちらも有名なパナソニック「Gorilla」

かなりの有名機種である「Gorilla」はその知名度に負けないくらいの快適で便利な機能が備わっている「ポータブルナビ」です。特長しては痒いところに手が届くという説明がピッタリで、ナビとしての機能はもちろんのこと、VICSへの対応、るるぶマップ100冊分の観光データ、バックモニターにも対応というので、ありがたいですよね! 特に観光データは重宝すると思います! また最上機種になるとドライブレコーダ機能も搭載しているので、もしものときにも安心ですよね。
他にも「Gorilla」の最新機種のウリとして高精度なGPS機能があげられます。「GPS」「みちびき」の他にもロシアの「グロナス」と3つの衛星通信を用いているので、他のどの「ポータブルナビ」よりも正しく道を案内してくれますし、ジャイロが標準搭載ということでさらに高度な測量をするようになっています。
もちろん渋滞情報のFM-VICSにも対応していますので、渋滞のときにも安心ですね! こちらも少しお値段はしますが、機能面や信頼性で考えればお得かもしれません。迷ったときの一番の選択肢になり得ると思います。

価格面では圧倒的ユピテルの「ポータブルナビ」

機能は普通でいいからとにかく安く「ポータブルナビ」が欲しいという方にうってつけなのが、ユピテルの「ポータブルナビ」です。一番安い機種で10,000円前半からということで、緊急に「ナビ」が必要になったときなどにも嬉しいですね! 
もちろん機能面でもちゃんとナビとしての機能を持っていますし、マップル旅行ガイドブック約130冊分の観光データ、「タイムズクラブ」のロードサービスが一年分付いてきますので、機能面や利便性としても十分候補になると思いますし、お子様や恋人へのプレゼントにもいいかもしれませんね!
また、2年連続シェア1位ということで信頼性もばっちりありますよ! とにかく安く、機能面でも満足したい人におすすめの「ポータブルナビ」となっています。

『携帯ナビ』について色々なことまとめ

今回の記事ではスマートフォン・タブレットで使える地図案内アプリのほかにも「ポータブルナビ」についても紹介させていただきました。はじめて行く場所にはナビがあると大変心強いので、どんな形でもいいのでナビを手に入れておくのをおすすめします。
それでは、安全運転を心がけてドライブを楽しんできてくださいね!