【ダイハツ ムーヴ】実燃費・歴代モデル・中古車情報など、ムーヴ丸ごとご紹介!

スズキ ワゴンRが開発される前から、すでにダイハツ工業で開発されていた軽トールワゴンがダイハツ ムーヴです。軽トールワゴン市場投入を躊躇したため、ワゴンRに先を越されてしまったデビュー秘話があります。ムーヴは兄弟車、姉妹車、OEM供給車を含めワイドすぎるバリエーションを誇り、トヨタ系列ならではの高品質に定評があります。軽自動車購入に迷ったら、おすすめしたい1台です。

ダイハツ ムーヴとは?

ダイハツ ムーヴは軽自動車の5ドアトールワゴンで、1995年よりダイハツ工業により販売されています。軽自動車のロールワゴンとしては、スズキ ワゴンRと双璧をなす人気車です。

車種名の由来は?

車名は「動く」という意味の「move」が語源です。「move」には「(人を)感動させる」という意味もあります。搭乗者に感動を与えるクルマを意味しています。

ダイハツ ムーブのコンセプト

1993年に発売されたスズキ ワゴンRが爆発なヒットカーとなっていました。その要因は丸目のかわいらしい外観、道具としての機能性、当時では画期的だったトールワゴンパッケージなどでした。ダイハツ ムーブは、スズキ ワゴンRの対抗馬としてデビューしました。

LA150/160S型ダイハツ ムーヴの5大特徴

2016年11月現在販売されているダイハツ ムーブは6代目モデルです。型式名がFFモデルがLA150S、4WDモデルがLA160Sです。標準モデル、カスタムとも同じ型式名です。

【その1】先代モデルから大きく進化!軽量高剛性ボディ

LA150/160S型ダイハツ ムーブの軽量高剛性ボディ「D monocoque」

車体の鋼板の厚みを2倍にしながら、重量は先代とほぼ変わらない軽量高剛性ボディ「D monocoque」を採用しました。、外部からの衝撃を車両全体で「いなす」、そして吸収するというアプローチは先代モデルまでには見られなかったLA150/160S型ダイハツ ムーブの大きな特徴です。

【その2】余裕の室内空間

軽自動車とは思えない室内空間の広さが特徴のLA150/160S型ダイハツ ムーブです。特筆なのは前後シート間と頭上空間の余裕さです。各搭乗者に十分なスペースを確保するため、4人乗りに限定しているのもこだわりポイントです。

残念なのは、各シートの幅の余裕がないことです。しかし、これは軽自動車のサイズ規制が原因ですので、ムーヴというよりは、軽自動車規格の弱点と言えます。

【その3】小回り上手で運転しやすい

小さいボディの4隅にタイヤを配置したことにより、最小回転半径は4.4mを達成。狭い駐車場や縦列駐車、車庫入れにもスムーズに対応できます。

【その4】多彩なシートアレンジで、プチ軽キャンパー気分!

シートアレンジでフルフラット状態になります。エアークッションを置いたらシートの段差も気にせず、車中泊ができますね。ちょっとした軽キャンピングカー気分に浸れます。

もちろん、リヤシートを倒してラゲッジスペースを拡大することも可能です。キャリングケースのような大きな荷物や、スキーや観葉植物のような長い(高い)荷物も積載可能です。

【その5】衝突回避支援システム「スマートアシストII」

ダイハツ ムーヴには事故を未然に防ぐために、衝突回避支援システム「スマートアシストII」が一部グレードに標準装備されています。「スマートアシストII」の機能は、次の通りです。

●衝突回避支援ブレーキ機能
●衝突警報機能(対車両・対歩行者)
●車線逸脱警報機能
●誤発進抑制制御機能(前方・後方)
●先行車発進お知らせ機能

ついうっかり、な運転の誤りを防いでくれそうなシステムですね。

LA150/160S型ダイハツ ムーブの実燃費

e燃費に投稿された情報によると、LA150/160S型ダイハツ ムーブの実燃費は次のような傾向です。

●FF車 ターボなし 17~19km/L
●FF車 ターボ 18~19km/L

●4WD車 ターボなし 17~20km/L
●4WD車 ターボ 14~16km/L

6代目ダイハツ ムーヴ FF車の実燃費データはこちら 6代目ダイハツ ムーヴ 4WD車の実燃費データはこちら

LA150/160S型ダイハツ ムーブの購入諸費用・維持費・車検代

LA150/160S型ダイハツ ムーブの購入費用

LA150/160S型ダイハツ ムーブの購入費用は?

2016年11月現在、ムーブの最上級車「Xターボ"SAII"(FF)」のオンライン見積りは、次のようになります。オプションは一切装着していない、標準状態です。

●支払合計 142万6,580円

【内訳】
●車両本体価格 138万2,400円
●販売諸費用 4万4,180円
《内訳》
◇自動車取得税 4,600円
◇自動車重量税 1,800円
◇自賠責保険料 37,780円 ※37カ月分
◇自動車税 0円

LA150S型ダイハツ ムーブ Xターボ"SAII"(FF)は「平成32年度燃費基準」を+10%で達成しています。エコカー減税は、次の通りです。
●自動車取得税 80%減税
●自動車重量税 75%減税
●自動車税 25%減税

LA150/160S型ダイハツ ムーブの維持費

LA150/160S型ダイハツ ムーブの維持費は?

主な維持費としてガソリン代、オイル交換代、オイル・エレメント交換代、タイヤ交換代、12カ月点検代、自動車税、任意保険料の1例をご紹介します。

ガソリン代

LA150S型ダイハツ ムーブ Xターボ"SAII"(FF)のe燃費による実燃費は18~19km/Lです。ここでは燃費を18km/Lとします。使用燃料は無鉛レギュラーガソリンで、価格を150円/Lとします。走行距離は年間1万kmとします。

●年間使用燃料量 556L
●ガソリン代(年額) 8万3,400円
●ガソリン代(月額) 6,950円

オイル交換代

オイル交換は6カ月ごとに行うとされています。大抵のダイハツディーラーでは2,000円以下で行ってくれます。

●オイル交換代 2,000円

オイル・エレメント交換代

オイルエレメントの交換は12カ月ごとです。ダイハツディーラーでは2,000円程度です。この時に同時にオイル交換も行いますので、前項のオイル交換代も同時に必要です。

●オイル・エレメント交換代 4,000円

タイヤ交換代

走行距離やタイヤの溝の深さに関わりなく、3年に1度、4本セットで交換すると良いでしょう。タイヤは3年で劣化するからです。LA150S型ダイハツ ムーブ Xターボ"SAII"(FF)に装着されているタイヤのサイズは「155/65R14 75S」です。量販店での最低価格は1本3,238円、4本セットで1万2,952円です。ちょっと安すぎて心配という方には、世界的に有名メーカーのタイヤでも1本5,097円、4本セットで2万388円です。

●ダイヤ交換代 1万2,952円~

12カ月点検代

12カ月点検は法律で義務づけられています。その後、法律で義務付けられた点検は36カ月目の車検までありません。12カ月に1度、愛車の全チェックを行っておきたいものです。ダイハツディーラーでは次のような価格となっています。

●12カ月点検 1万円

自動車税

2016年より軽自動車の自動車税が増税されました。660cc以下の自家用車の場合で7,200円から1万800円へと、3,600円の増税です。しかしLA150S型ダイハツ ムーブ Xターボ"SAII"(FF)はグリーンカー税制で、購入後翌年の軽自動車税は25%減額され8,100円になります。2年目以降は減額されません。

●軽自動車税(購入翌年) 8,100円
●軽自動車税(購入2年目以降) 1万800円

軽自動車税は地方税です。詳しくは最寄りの区市町村にお尋ねになるとよいでしょう。

任意保険料

任意保険は次の条件でシミュレートしてみます。

◇年齢 30歳以上
◇運転者限定 配偶者限定
◇運転者の年齢制限 30歳以上
◇免許証 ブルー
◇等級 6等級
◇走行距離 1万1,000km
◇対人・対物 無制限
◇車両保険 なし

●任意保険料 4万2,200円

LA150/160S型ダイハツ ムーブの車検代

ダイハツディーラーで車検を行うと、およそ7万1,000円ほどかかるようです。

●車検代合計 7万1,094円~

【内訳】
〇点検費用 2万2,140円~ ※パーツ代別途
〇保安確認検査料 8,424円
〇検査手続代行料 7,560円
〇法定費用 3万2,970円
《内訳》
◇自賠責保険料 2万6,370円 ※24カ月
◇自動車重量税 5,500円 ※エコカー減税対象車のため
◇検査登録印紙代 1,100円

LA150/160S型ダイハツ ムーブの購入後、年度別維持費合計

LA150/160S型ダイハツ ムーブの大まかな維持費を項目ごとの費用をご紹介してきました。では、いつ、いくらかかるのか、が気になりますね。そこで購入後何年目にいくらかかると見込まれるのか、次の条件でまとめてみました。

●無事故・無違反
●任意保険は6等級スタート
●自宅に駐車場あり
●所有期間は59カ月(2度目の車検はとりません)

購入後1年目

維持費合計 14万9,700円

【内訳】
〇軽自動車税 8,100円
〇ガソリン代(年額) 8万3,400円
〇オイル交換費用(6カ月目) 2,000円
〇オイルエレメント交換費用(12カ月目) 4,000円
〇12カ月点検費用(12カ月目) 1万円
〇任意保険料(年額、6等級) 4万2,200円

購入後2年目

維持費合計 14万8,100円

【内訳】
〇軽自動車税 1万800円
〇ガソリン代(年額) 8万3,400円
〇オイル交換費用(18カ月目) 2,000円
〇オイルエレメント交換費用(24カ月目) 4,000円
〇12カ月点検費用(24カ月目) 1万円 ※法定点検ではありません。
〇任意保険料(年額、7等級) 3万7,900円

購入後3年目

維持費合計 20万8,194円~

【内訳】
〇軽自動車税 1万800円
〇ガソリン代(年額) 8万3,400円
〇オイル交換費用(30カ月目) 2,000円
〇オイルエレメント交換費用(36カ月目) 4,000円
〇車検費用(36カ月目) 7万1,094円~
〇任意保険料(年額、8等級) 3万6,900円

購入後4年目

維持費合計 14万3,600円

【内訳】
〇軽自動車税 1万800円
〇ガソリン代(年額) 8万3,400円
〇オイル交換費用(42カ月目) 2,000円
〇オイルエレメント交換費用(48カ月目) 4,000円
〇12カ月点検費用(48カ月目) 1万円 ※法定点検ではありません。
〇任意保険料(年額、9等級) 3万3,400円

購入後5年目

維持費合計 11万330円

【内訳】
〇軽自動車税 1万800円
〇ガソリン代(11カ月) 7万6,450円
〇オイル交換費用(54カ月目) 2,000円
〇任意保険料(11カ月、10等級) 3万800円

LA150/160S型ダイハツ ムーブのエクステリア(外観)

LA150/160S型ダイハツ ムーブ L"SA II" フロントサイドビュー
外装色はシルキーグリーンパール

LA150/160S型ダイハツ ムーブ X リアサイドビュー
外装色はホワイト

LA150/160S型ダイハツ ムーブのエクステリアデザインは、華美な点もなく大人しく穏やかなものです。悪く言えば新鮮味がないデザインですが、良く言えばいつまでも飽きの来ないデザインです。これはダイハツ ムーブが日常の生活に根差した日常使いのクルマだからです。

LA150/160S型ダイハツ ムーブのインテリア(内装)

インパネ

LA150/160S型ダイハツ ムーブ X インパネ

LA150/160S型ダイハツ ムーブのインパネまわりは、ボタン類が整理され、運転に集中できる環境です。運転中に「あれ? あのボタンどこだっけ?」などと余計なことを考えないことでしょう。アイボリー基調の落ち着いた色使いのインテリアは、快適さと心地よさを感じさせてくれます。

インパネの足元も広々。助手席でも足を伸ばせます。シフトノブもフロアではなくインパネに設定されているので、フロントベンチシートの広さも際立ちます。

インテリア

LA150/160S型ダイハツ ムーブ X“SA”の室内

アイボリーを基調色とした落ち着きある上質感を感じる室内空間です。LA150/160S型ダイハツ ムーブの室内空間の特徴は、前後シート間の距離が広く確保されていることです。リアシートに座っても、膝元の空間に余裕があります。

リアシート

LA150/160S型ダイハツ ムーブのリアシート

LA150/160S型ダイハツ ムーブのリアシートは左右分割式、前後に240mmのスライドが可能です。後席空間を広く取るも、ラゲッジスペースを広く取るも自由自在です。

LA150/160S型ダイハツ ムーブのグレード・価格・燃費

L"SA II"/L

LA150/160S型ダイハツ ムーブ L"SA II" フロントサイドビュー
外装色はプラムブラウンクリスタルマイカ

LA150/160S型ダイハツ ムーブのベースグレードです。L"SA II"はスマートアシストII装着車、Lは非装着車です。ベースグレードらしくエアコンはマニュアル、ホイールはスチールでホイールキャップです。鍵はキーレスエントリーで、エンジン始動はプッシュボタン式ではありません。ここまでは問題ありません。

少し問題なのが、ステアリングにチルト機構がないことです。運転席リフターはブラックインテリアのセットオプションです。アイボリーインテリアがお好きな方は、適切なドライビングポジションが取れない可能性があります。大問題なのがスマートクール(蓄冷エバボレータ)の設定がないことです。

LA150/160S型ダイハツ ムーブは、アイドリングストップを全車標準採用しています。アイドリングストップ中にエアコンから冷気が出るのは蓄冷エバボレータのおかげです。これがないということは、アイドリングストップ中にエアコンから冷たい風が出ないということです。夏の大渋滞ではエンジンかけっぱなしにしないと、間違いなく熱中症です。でもお財布も、周囲の冷ややかな目も気になります……一般的な用途でご使用なら、おすすめできるグレードではありません。

●L"SA II" 2WD 120万9,600円 31.0km/L
●L"SA II" 4WD 133万3,800円 27.6km/L

●L 2WD 113万4,000円 31.0km/L
●L 4WD 125万8,200円 27.6km/L

X"SA II"/X

LA150/160S型ダイハツ ムーブ X"SA II" フロントサイドビュー
外装色はファイアークォーツレッドメタリック

一般的な日常用途で市街地走行中心でお使いなら、Xはおすすめできるグレードです。Lではマニュアルだったエアコンは、オートタイプです。ホイールはアルミです。鍵はキーフリーシステムが標準で、エンジン始動はボタン式です。ステアリングにチルト機構は標準です。運転席リフターはアイボリーインテリアでも標準です。適切なドライビングポジションを設定できる可能性、大です。大問題だったスマートクール(蓄冷エバボレータ)も標準です。これで夏場にアイドリングストップを行っても、室内は快適ですね。

さらに上級装備としてキーフリー連動型オート格納式ドアミラー、フロントドアにスーパーUV&IRカットガラス、室内のメッキ加飾、スーパークリーンエアフィルター、オートライトが装備されます。

●X"SA II" 2WD 131万7,600円 31.0km/L
●X"SA II" 4WD 144万1,800円 27.6km/L

●X 2WD 125万2,800円 31.0km/L
●X 4WD 137万7,000円 27.6km/L

Xターボ"SA II"/Xターボ

LA150/160S型ダイハツ ムーブ Xターボ"SA II" フロントサイドビュー
外装色はシルキーブルーパール

X"SA II"/Xの装備はそのままに、エンジンをターボエンジンに変更したモデルです。一般的な市街地走行はもちろん、自動車専用道路でも走りにガマンすることは少ないでしょう。装備で唯一の違いは、L、Xともにウレタン製だったステアリングが革巻きになることです。走りを意識するとともに、しっとりと手になじみ確実なステアリング操作が行えます。

●Xターボ"SA II" 2WD 138万2,400円 27.4km/L
●Xターボ"SA II" 4WD 150万6,600円 25.6km/L

●Xターボ 2WD 131万7,600円 27.4km/L
●Xターボ 4WD 144万1,800円 25.6km/L

LA150/160S型ダイハツ ムーブ カタログスペック

車両型番 DBA-LA150S(2WD)、DBA-LA160S(4WD)

■車輌寸法
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,630mm

■エンジンスペック
〇ターボなし
最高出力 52PS/6,800rpm
最大トルク 6.1kg.m/5,200rpm

〇ターボあり
最高出力 64PS/6,400rpm
最大トルク 9.4kg.m/3,200rpm

■変速機 CVT

詳しいスペックは、下ボタンのリンク先でご確認ください。

LA150/160S型ダイハツ ムーブ 諸元表(PDF)

ダイハツ ムーヴシリーズのラインナップ

ダイハツ工業にとって「ムーヴ」は車名であり、シリーズ名でもあります。現在販売中のムーヴシリーズの車種をご紹介します。

ダイハツ ムーヴカスタム

ダイハツ ムーヴカスタム X"SA II"
外装色はファイアークォーツレッドメタリック

標準車のムーヴにメッキグリル、エアロパーツ、アルミホイール、専用インテリアなどを装備したムーヴのスポーティーバージョンが、「ムーヴカスタム」です。外観がスポーティーにまとめられていますが、ボディやメカニズムは共通です。

LA150/160S型ダイハツ ムーヴカスタム カタログスペック

車両形式 DBA-LA150S(2WD)、DBA-LA160S(4WD)

■車両寸法
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,630mm

詳しい諸元は、下ボタンのリンク先でご確認ください。

LA150/160S型ダイハツ ムーブカスタム 諸元表(PDF)

ダイハツ ムーヴカスタムの中古車情報

2016年11月現在、中古車検索サイトに登録されているダイハツ ムーヴカスタムの中古車は、5,832台です。修復歴なしに絞っても5,113台です。最安値は1,000円、最高値は184万8,000円です。低価格車の中には初度登録から10年以上経過したものもあります。ご購入の際には、実車をチェックを行いましょう。

ムーヴカスタムの中古車のみ検索するには、リンク先の詳細条件のフリーワード記入欄に「カスタム」と入力してください。

ダイハツ ムーブカスタムの中古車はこちら

ダイハツ ムーブキャンバス

ダイハツ ムーヴキャンバス G“メイクアップ SAⅡ”
外装色はパールホワイトIII×ファインミントメタリック

ダイハツ ムーヴキャンバスは、ダイハツ ムーヴより25mm全高の高いボディに両側スライドドアを組み合わせたモデルです。実用性の高いボディに丸目ヘッドライトが特徴的なルックスとパステル色を多用したボディカラーを与えました。実用性とオシャレを両立した女性向けモデルです。搭載エンジンはNAエンジンのみで、ターボ車の設定はありません。

LA800/810S型ダイハツ ムーヴキャンバス カタログスペック

車両形式 DBA-LA800S(2WD)、DBA-LA810S(4WD)

■車両寸法
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,655mm

詳しい諸元は、下ボタンのリンク先でご確認ください。

LA800/810S型ダイハツ ムーヴキャンバス 諸元表(PDF)

ダイハツ ムーヴキャンバスの中古車情報

2016年11月現在、中古車検索サイトに登録されているダイハツ ムーヴキャンバスの中古車は、104台です。最安値は111万円、最高値は189万円、中心価格帯は130~150万円台です。2016年に登場したばかりの新型車ですので、中古市場で流通している車両はディーラーの試乗車が多いと思われます。

ダイハツ ムーブキャンパスの中古車はこちら

ダイハツ ムーヴ コンテ

ダイハツ ムーヴコンテ 特別仕様車 L"VS II"
外装色はプラムブラウンクリスタルマイカ

ムーヴ コンテはL175/185S型4代目ダイハツ ムーヴの派生車種で、2008年に登場しました。4代目ダイハツ ムーヴとの違いは、次の通りです。

●直線による平面的なデザイン
●4代目ダイハツ ムーヴより高い室内
●前席優先で、快適性が後席より高いこと

ダイハツ ムーヴコンテカスタム

ダイハツ ムーヴコンテカスタム L'VS II'

ドレスアップバージョンのカスタムもラインナップされます。

後継車であるダイハツ ムーヴキャンバスの登場により、2017年3月ごろに生産を終了する予定です。

L575/585S型ダイハツ ムーヴコンテ カタログスペック

車両形式 **-L575S(2WD)、**-L585S(4WD)

■車両寸法
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,655mm ※カスタム RSのみ1,640mm

詳しい諸元は、下ボタンのリンク先でご確認ください。

L575/585S型ダイハツ ムーヴコンテ 諸元表(PDF)

ダイハツ ムーヴコンテの中古車情報

2016年11月現在、中古車検索サイトに登録されているダイハツ ムーヴコンテの中古車は、1,687台です。最安値は9万8,000円、最高値は156万6,000円です。過走行車も多いので、購入の際には実車確認しましょう。

ダイハツ ムーブコンテの中古車はこちら

スバル ステラ

スバル ステラ Gスマートアシスト
外装色はシルキーブルー・パール

現行モデルのLA150/160F型スバル ステラは、LA150/160S型ダイハツ ムーヴのOEM車です。スポーティーシリーズのカスタムもラインナップします。ダイハツ ムーヴとの違いは外観にあり、スバルマーク、ステラ専用フロントグリル、フロントバンパー、フォグランプカバーが採用されています。

LA150/160F型スバル ステラ カタログスペック

車両形式 DBA-LA150F(2WD)、DBA-LA160F(4WD)

■車両寸法
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,630mm

詳しい諸元は、下ボタンのリンク先でご確認ください。

LA150/160F型スバル ステラ 諸元表(PDF)

スバル ステラの中古車情報

2016年11月現在、中古車検索サイトに登録されているスバル ステラの中古車は、1,552台です。最安値は3万8,000円、最高値は148万円です。安値の車両は10年落ちであったり、過走行車が多いようです。

スバル ステラの中古車はこちら

最近の軽自動車はすごいですね。今回は軽自動車の人気車種でもあるスバル ステラの人気の秘密を探って行きましょう!

トヨタ ピクシススペース

トヨタ ピクシススペース X 2WD
外装色はムースピンクパール

トヨタ ピクシススペースは2011年9月より販売されている、トヨタ自動車初の軽自動車です。ベース車はダイハツ ムーヴタントです。エンブレム以外の違いはありません。スポーティーモデルとしてカスタムがラインナップされます。

L575/585A型トヨタ ピクシススペース カタログスペック

車両形式 **-L575A(2WD)、**-L585A(4WD)

■車両寸法
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,655mm ※カスタム RSのみ1,640mm

詳しい諸元は、下ボタンのリンク先でご確認ください。

L575/585A型トヨタ ピクシススペース 諸元表(PDF)

トヨタ ピクシススペースの中古車情報

2016年11月現在、中古車検索サイトに登録されているトヨタ ピクシススペースの中古車は、249台です。最安値は39万9,000円、最高値は128万円です。比較的新し目の車両が多く、それだけ品質の良い中古車が期待できます。

トヨタ ピクシススペースの中古車はこちら

次期ダイハツ ムーヴのモデルチェンジ情報は?

LA150/160S型ダイハツ ムーヴのマイナーチェンジ予想

LA150/160S型ダイハツ ムーヴは2014年12月に販売開始して以来、2015年5月、2016年6月に細かい仕様変更を行いました。さらに2016年9月には両側スライドドア仕様のムーヴキャンバスを追加しました。2016年度に予定されていた小変更は、すでに終了しています。

次回のマイナーチェンジは2017年5~7月ごろと予想されます。モデルライフも折り返し地点を過ぎましたので、外装の変更を含むマイナーチェンジが行われることでしょう。

次期ダイハツ ムーヴのフルモデルチェンジ情報

ムーヴはダイハツ工業の基幹車種です。そのため、ほぼ同じ周期でモデルチェンジします。初代モデルこそ軽自動車の規格変更のため、3年でモデルチェンジしましたが2代目以降は4年のモデルライフです。現行モデルは2014年に登場しましたので、次期モデルは2018年が見込まれます。

モデルチェンジ内容については、まだ情報がありません。しかし2017年夏に、ミラとミラ イースが統合し次期ダイハツ ミラとして登場予定です。次期ダイハツ ムーヴは、次期型ミラに採用される技術を多く採用するはずです。次期型ミラがどのような車種になるのか、次期型ムーヴを占う意味でも楽しみに待ちましょう。

現行型ミライースは2011年より発売を開始し、5年目のモデルイヤーを迎えています。まだ新しいシリーズですが、本体である7代目現行型ミラは2006年より販売しています。原設計から考えれば10年選手です。さすがに古さが目立つためか、販売台数は前年比でほぼ半減です。そこで次期新型ミライースの登場がうわさされています。超音波エンジンでリッター40km? 何やらSFチックな次期新型ミライースです。

ダイハツ ムーヴの過去モデルをご紹介

初代モデル L600/610S型(1995年 - 1998年)

L600/610S型初代ダイハツ ムーヴは、スズキ ワゴンRよりも早く開発が完了していました。しかしトールワゴンを軽自動車市場に投入することを躊躇し、スズキに遅れをとってしまいました。車幅1,400mmまでの旧規格軽自動車のため、1998年に施行された新軽自動車規格への移行に伴い3年で生産終了となりました。

L600/610S型ダイハツ ムーヴ カタログスペック

■車両型式 E-L600S(2WD)、E-L610S(パートタイム4WD)

■車輌寸法
全長 3,295mm
全幅 1,395mm
全高 1,620mm

■エンジンスペック
〇ターボなし
最高出力 55PS/7,500rpm
最大トルク 6.2kg.m/4,000rpm

〇ターボあり
最高出力 64PS/7,500rpm
最大トルク 10.2kg.m/4,000rpm

L600/610S型ダイハツ ムーヴの実燃費

e燃費によれば初代ダイハツ ムーヴの燃費傾向は、次のようになります。

●FF車 ターボなし 14~16km/L(MT)、13~15km/L(AT)
●FF車 ターボ 16~18km/L(MT)、12~14km/L(MT)

●4WD車 ターボなし 14~16km/L(MT)、13~15km/L(AT)
●4WD車 ターボ 11~13km/L(MT)、12~13km/L(AT)

初代ダイハツ ムーヴ FF車の実燃費データはこちら 初代ダイハツ ムーヴ 4WD車の実燃費データはこちら

2代目モデル L900/910S型(1998年 - 2002年)

1998年に軽自動車の車幅が80mmプラスされ、1480mmまでとなりました。L900/910S型2代目ダイハツ ムーヴは、新しい軽自動車規格に対応しました。特徴は初代の「裏ムーヴ」をさらにワルっぽくした丸目4灯ヘッドライトのカスタムシリーズの登場です。大人気車となり、2016年までも続いています。

L900/910S型ダイハツ ムーヴ カタログスペック

■車両型式 UA-L900S(FF車)、LA-L910S(フルタイム4WD車)

■車輌寸法
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,630mm

■エンジンスペック
〇ターボなし
最高出力 58PS/7,600rpm
最大トルク 6.5kg.m/4,000rpm

〇ターボあり
最高出力 64PS/6,000rpm
最大トルク 10.9kg.m/3,200rpm

L900/910S型ダイハツ ムーヴの実燃費

e燃費によると、L900/910S型ダイハツ ムーヴの実燃費のボリュームゾーンは、次のような傾向があります。

●FF車 ターボなし 15~17km/L(MT)、13~15km/L(AT)
●FF車 ターボ 14~16km/L(MT)、11~13km/L(AT)

●4WD車 ターボなし 14~17km/L(MT)、10~13km/L(AT)
●4WD車 ターボ 13~15km/L(MT)、10~13km/L(AT)

2代目ダイハツ ムーヴ FF車の実燃費データはこちら 2代目ダイハツ ムーヴ 4WD車の実燃費データはこちら

3代目モデル L150/160S型(2002年 - 2006年)

3代目ダイハツ・ムーヴカスタム

シャーシを一新したL150/160S型3代目ダイハツ ムーヴでは、カジュアルで高品質な標準車とスポーティーで若者向きなカスタムのコンセプトを明確にします。装備ではiモードとの接続機能を装備したナビや先行車追従走行が可能なレーダークルーズなど、現代に通じる技術が採用されています。

派生車はダイハツ ムーヴラテ

3代目ダイハツ ムーヴの派生車、ダイハツ ムーヴラテ

2004年から2009年に生産されたダイハツ ムーヴラテは、3代目ダイハツ ムーヴの派生車です。スペース効率の良いボディはそのままに、キュートなルックスと女性にうれしい使い勝手の良さをさらにプラスした1台でした。

全国のムーヴラテの中古車情報(1〜30件)はGoo-net(グーネット)。価格・年式・走行距離からご希望の車を検索・見積りできます。中古車物件情報が30万台!全国のダイハツ(ムーヴラテ)の中古車検索・見積りなら日本最大級の中古車情報サイトGoo-net!

ダイハツ ムーヴラテの中古車はこちら

L150/160S型ダイハツ ムーヴ カタログスペック

■車両型式 **-L150S(FF、MT)、**-L152S(FF、AT/CVT)、**-L160S(4WD、AT)

■車輌寸法
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,630mm

■エンジンスペック
〇ターボなし
最高出力 58PS/7,600rpm
最大トルク 6.5kg.m/4,000rpm

〇ターボあり
最高出力 64PS/6,400rpm
最大トルク 10.5kg.m/3,200rpm

L150/160S型ダイハツ ムーヴの実燃費

e燃費によると3代目ダイハツ ムーヴの実燃費の頻発値は、次の通りです。

●FF車 ターボなし 14~16km/L(MT)、11~15km/L(AT)、12~16km/L(CVT)
●FF車 ターボ 11~13km/L(AT)

●4WD車 ターボなし 13~17km/L(MT)、14~16km/L(AT)
●4WD車 ターボ 10~12km/L(MT)、11~13km/L(AT)

3代目ダイハツ ムーヴ FF車の実燃費データはこちら 3代目ダイハツ ムーヴ 4WD車の実燃費データはこちら

4代目モデル L175/185S型(2006年 - 2010年)

4代目ダイハツ・ムーヴカスタム

L175/185S型4代目ダイハツ ムーヴは、ボディフォルムがワンモーションのタマゴ型となり、ミニ・エスティマのような佇まいとなりました。3代目と比較するとホイールベースが延長され、居住空間の拡大が図られています。

L175/185S型ダイハツ ムーヴ カタログスペック

■車両型番 **-L175S(FF)、**-L185S(4WD)

■車輌寸法
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,630mm

■エンジンスペック
〇ターボなし
最高出力 58PS/7,200rpm
最大トルク 6.6kg.m/4,000rpm

〇ターボあり
最高出力 64PS/6,000rpm
最大トルク 10.5kg.m/3,000rpm

L175/185S型ダイハツ ムーヴの実燃費

e燃費によると、4代目ダイハツ ムーヴの実燃費はおよそ次の通りです。

●FF車 ターボなし 13~17km/L(MT)、13~18km/L(AT)、14~17km/L(CVT)
●FF車 ターボ 13~15km/L(AT)、14~16km/L(CVT)

●4WD車 ターボなし 17~18km/L(MT)、14~16km/L(AT)、15~18km/L(CVT)
●4WD車 ターボ 12~15km/L(AT)、13~15km/L(CVT)

4代目ダイハツ ムーヴ FF車の実燃費データはこちら 4代目ダイハツ ムーヴ 4WD車の実燃費データはこちら

5代目モデル LA100/110S型(2010年 - 2014年)

5代目ダイハツ・ムーヴカスタム

LA100/110S型代目ダイハツ ムーヴは、シャーシ、エンジンとも刷新しました。環境性能を高めたエンジンはエンジンブロック形式こそ同じですが、新開発エンジンといえるほど全面的に見直されました。変速機はCVTに統一され、燃費改善に貢献しています。

LA100/110S型ダイハツ ムーヴ カタログスペック

■車両型式 **-LA100S(FF車)、**-LA110S(4WD車)

■車輌寸法
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,635mm

■エンジンスペック
〇ターボなし
最高出力 52PS/7,200rpm
最大トルク 6.1kg.m/4,000rpm

〇ターボあり
最高出力 64PS/6,400rpm
最大トルク 9.4kg.m/4,000rpm

LA100/110S型ダイハツ ムーヴの実燃費

e燃費によると、5代目ダイハツ ムーヴの実燃費はおよそ次の通りです。

●FF車 ターボなし 16~21km/L(CVT)
●FF車 ターボなし アイドリングストップあり 18~21km/L(CVT)
●FF車 ターボ 16~19km/L(CVT)

●4WD車 ターボなし 14~18km/L(CVT)
●4WD車 ターボなし アイドリングストップあり 15~17km/L(CVT)
●4WD車 ターボ 16~17km/L(CVT)

5代目ダイハツ ムーヴ FF車の実燃費データはこちら 5代目ダイハツ ムーヴ 4WD車の実燃費データはこちら

歴代ダイハツ ムーヴの中古車情報

中古車検索サイトに登録されているダイハツ ムーヴの中古車はカスタムも含めて、1万922台です。最安値は1,000円、最高値は184万8,000円です。流通の中心は3、4、6代目モデルです。初代、2代目、5代目は登録台数が多くありません。

中心価格帯は3代目モデルが10~20万円台、4代目は30~40万円台、6代目は100~130万円台です。豊富な在庫の中からお買い得な中古車を選ぶのであれば、4代目モデルがお手頃でしょう。

歴代ダイハツ ムーブの中古車はこちら

歴代ダイハツ ムーヴ 諸元表

ダイハツ公式サイトでは下ボタンのリンク先ページから、3代目以降モデルの諸元表をダウンロードできます。

歴代ダイハツ ムーヴ 諸元表ダウンロードページ

LA150/160S型ダイハツ ムーブのCM

6代目ダイハツ ムーヴカスタムのCMです。威風堂々とした外観で、上級ミニバンのトヨタ アルファードにも引けをとらないように見えます。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/ZnXaimzrL_E" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

TVCM ムーヴ ダイハツ公式

ダイハツ ムーヴの口コミ・評価・感想

かっこいい

出典:www.goo-net.com

LA160S型ムーブカスタムのユーザーの評価です。確かにムーブカスタムのフロントマスクは、スポーティーでカッコいいですね!

マジメなクルマ作りに好印象

出典:www.goo-net.com

現行型LA150/160S型ダイハツ ムーブは、軽自動車だからという言い訳がありません。自動車として真面目に作られ、その作りの良さは上質であり快適性も高いそうです。ただ外観は派手とおっしゃっているので、カスタムユーザーなのでしょう。

さらに口コミを読む

LA150/160S型ダイハツ ムーヴのライバルは?

スズキ ワゴンR

現行型スズキ・ワゴンR

軽自動車、トールワゴンのライバル車となると、外せないのがスズキ ワゴンRです。初代モデルは丸目で可愛いらしくシンプルな外観と道具としての使いやすさが認められ、人気を博しました。現行モデルは5代目で、2012年より販売されています。標準車とスポーティーモデルのスティングレーが用意されています。

それまでの軽自動車「乗用」「商用」だけだった。乗用はどれも狭く、商用には快適なシートがなかった…。そもそもユーザーが軽自動車に対して、そこまで期待してなかった。不満がないわけではないが、そういうものだと妥協していた。この軽自動車が出るまでは…!軽自動車に対する価値観を変え、軽ハイトワゴンという新たな可能性を生み出したワゴンRのお話。

ホンダ N-WGN

ホンダ N-WGN

軽自動車のベストセラーカーといえば、ホンダのNシリーズです。トールワゴン担当はホンダ N-WGNです。軽自動車に求められる要素を高次元で満たした隙のないクルマ作りです。現行モデルは2013年11月デビューで、2017年11月にはデビュー満4年です。次のモデルチェンジが2017~2018年に予定されています。

N-WGNといえば、軽で初めて新・安全性能総合評価で最高ランクの★★★★★5つ星の評価と予防安全性能総合で最高ランクの「ASV+」を獲得した軽で一番安全な車として有名です。ほかにどんな魅力があるのか詳しく説明していきます。

ダイハツ タント

ダイハツ・タント

ムーヴやワゴンRを軽トールワゴンの標準車とするならば、タントは室内空間の最大化により特に後部座席の利便性向上を主眼に置いたモデルです。どちらかといえばムーヴよりもムーヴキャンバスのライバル車と言えます。ダイハツ タントもムーヴと同じく、標準車とスポーティーモデルのカスタムの2シリーズ構成です。

軽自動車が小さくて狭苦しかったのは昔の話。軽自動車は徐々に大きくて広いクルマになっています。その過程で更なる広さと使い勝手の良さをもって販売されたタント。それまでの軽自動車よりも更に大きくなって、戸惑いの声がありながら10年以上販売され続け、今では軽自動車のスタイルを決定付けるクルマとなりました。

【まとめ】どなたにもピッタリな1台が見つかるダイハツ ムーヴ

街角のカフェにも似合うダイハツ ムーヴ

LA150/160S型ダイハツ ムーヴはスペース効率に優れ、日常の使い勝手に優れた1台です。ターボ搭載モデルならスポーツドライビングもこなします。インテリアも日常用途に適したカジュアルなもの、若い女性に喜ばれそうなオシャレなもの、男性に好まれそうなスポーティーでシックなもの、と隙のない商品構成で展開されています。

どの自動車を購入しようか迷ったら、一度ダイハツのお店を訪ねてみてはいかがですか? きっとあなたに相応しいムーヴが見つかりますよ!