お得なETCカードの作り方を調査しました

今や有料道路を使う場合に必修のアイテムになったETCですが、そのETCの支払いに使うETCカードですが、ECTカードにもいろいろな種類があります。クレジット会社系、石油会社系、銀行系、ショッピング系とクレジットカードを発行しているところならだいたいETCカードの発行が可能になっています。では、どれを選ぶのか?特徴、お得な点を調査しました。ご自分の使い方にあったETCカードを見つけてください。

ETCの仕組みってどうなってるの?

高速道路、有料道路で、料金を払う場合、料金所で支払いますが、ETCがなければ、いちいち、停車し料金を支払うわけですが、ETC(電子料金収受システム:Electronic Toll Collection System)があれば、電子的に料金を収集するためノンストップで料金所を通過できます。ETCは、料金所に設置されているシステムと車両に設置してあるETC装置と無線通信を利用して必要な情報を交換し、料金の収受を行います。その際、車両に設置してあるETC装置が、料金所のシステムとの無線通信をします。料金の収納方法、金額は、ETC装置に差し込むカード(ETCカード)から情報を取得し料金を支払う仕組みになっています。

ETCカードはどんな役目をもっているのでしょうか、ETCカードにより支払いを行いますから、ETCカードの種類により支払い方が変わってきます。よって、ドライバーが使うETCカードを選べるので、自分の好きな支払い方法を選べるということです。現在、ETCカードは、様々なところから発行されています。なので、迷う方も多いかと思いますので、お得で便利なETCカードの作り方をご紹介していきます。

ETCカードの作り方

イメージ画像

では、ETCカードはどうやって作ったらよいのでしょうか?まずは、その種類から見ていきましょう。

ETCカードの種類は

ETCカードは、大きく分け3種類あります。クレジット機能を持った、【ETCクレジットカード】、クレジットカード機能を持たない【ETCパーソナルカード】、これは、一般の利用者は使用しないと思いますが、大口・多頻度割引の利用する利用者用の【ETCコーポレートカード】があります。

(1)【ETCクレジットカード】

イメージ画像

クレジットカードの発行会社が、ETC利用者にETCカードを貸与します。ETCカードの発行は、クレジットカードと同時に新規に申し込む場合、所持しているクレジットカードに追加してETCカードを発行してもらう場合があります。いずれにしても、クレジットカードとETCカードの2枚所持することになります。また、クレジットカード発行会社によっては、クレジットカードとETCカードが一体型のカードを発行している会社もあります。どちらが良いかは、使い勝手にもよりますが、一体型のカードで盗難にあった場合、2枚カード発行よりセキュリティ上のリスクが高くなったり、再発行時の手続きに時間がかかる場合があります。

(2)【ETCパーソナルカード】

イメージ画像

クレジット機能を持たないETCカードです。クレジットカードの契約を望まない高速道路利用者用のETCカードです。高速道路6社が共同で発行しています。発行方法は、高速道路6社に申し込みし、審査の上、申し込み者にデポジット(預託金)金額が通知され、郵便振替又はコンビニエンスストアで払い込み後、発行されます。ETCカードで使った高速道路の通行料金は、毎月末日を締めで1か月ごとに集計され、翌月27日に、申し込み時に指定した銀行の預金口座、または郵便貯金の通常貯金口座から引き落とされます。年会費1,200円がかかります。また、デポジットした金額は、解約時に返金されます。

なお、高速道路6社は、NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本の3社と、首都高速・阪神高速・本四高速を加えた3社をいいます。

(3)【ETCコーポレートカード】

イメージ画像

NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本には、大口・多頻度割引制度というのがあります。大口・多頻度利用の利用者が、ETCシステムの利用を前提として高速国道等の通行料金を割引する制度です。NEXCO各社に申込書を提出し、信用保証または預託金の納付などの必要な手続きの後、要件を満たされ審査が通った場合、1台の車両に対して1枚のETCコーポレートカードが発行されます。カードと車両の組み合わせは決まっているので、カードを他の車両に貸すことは出ません。個人利用では、なかなか利用できない制度ですが、通勤で毎日、高速道路を使用し万単位の利用がある場合は、NEXCO各社に相談し大口・多頻度割引制度を申請してもよいかと思います。

ETCカード発行日数

ETCカードの発行日数ですが、いずれのETCカードも支払いは、基本後払いですから、ある程度の審査をしてからETCカード発行になりますので、それなりの日数はかかります。一番、手続きの流れで早いのは、すでにお持ちのクレジットカードにETCカードを追加して発行してもらう方法です。お急ぎの方は、お持ちのクレジットカードのクレジット会社が、ETCカードを扱っているか確認してみてください。また、クレジット会社によっては、即日交付で受け取りを郵送でなくカウンター受け取りというところもありますので、クレジットカードの発行条件などを確認の上、申し込んでください。

各ETCカードの手続きをまとめましたので、申請の時、参考にしてください。

【ETCクレジットカード】
○クレジットカードとETCカード同時発行
(1)申し込み、(2)審査、(3)カード発行、(4)クレジットカード、ETCカード受け取り
○ETCカードを追加で発行
(1)申し込み、(2)ETCカード発行、(3)ETCカード受け取り

【ETCパーソナルカード】
(1)申し込み、(2)審査、(3)デポジット金額が通知、(4)デポジット金額振り込み
(5)デポジット金額確認、(6)ETCカード発行、(6)ETCカード受け取り

【ETCコーポレートカード】
(1)申し込み、(2)審査、(3)手続き、(4)ETCカード発行、(5)ETCカード受け取り

ETCカード、何がお得?

ETCカードの種類と作り方をご理解いただけましたでしょうか? では、次にどのタイプのETCカードを選んで作ればよいのか見ていきたいと思います。ETCコーポレートカードは、高速道路を頻繁に利用する利用者用ですから選択の余地はないようです。そうすると、ETCパーソナルカード、ETCクレジットカードのどちらがお得かというところですが、ETCパーソナルカードはETC専用のカードになるので、高速利用料金の各種割引とETCマイレージサービスが利用できます。ただ、ETCクレジットカードも同じように、高速利用料金の各種割引とETCマイレージサービスが利用できますから、ETCパーソナルカードを選択する利用者は余りいないと思います。どうしても、クレジットカードの契約を望まないという人が利用すると割り切ったほうが良いです。

では、残るETCクレジットカードについてですが、これが、なかなか選択に迷うところです。ETCクレジットカードを発行するクレジットカード会社により、プラスアルファのサービスが異なるということです。今回は、ETCクレジットカードのどんなサービスが受けられるかご紹介したいと思います。

ETCマイレージサービスとは

ETCマイレージサービスとは、ETCカードで通行料金を決済する都度ポイントが付与されます。ポイントを付与させるためには、事前に『ETCマイレージサービス』に登録しなければいけません。ポイントが付与される高速、有料道路は、ETCマイレージサービスを運用しているNEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本の3社と、阪神高速・本四高速の5社が対象としている高速道路を利用した場合です。残念ながら首都高速道路は、対象外です。関東首都圏にお住まいの人にとっては、首都高速道路がETCマイレージサービス対象になることを望むところです。貯まったポイントは、還元額(無料通行分)と交換でき、ETCによる高速国道等の通行料金の支払いに使うことができます。年会費はかかりませんので、ETCカードが手に入ったらすぐに登録しましょう。

イメージ画像

ETCマイレージサービスはETCによる高速国道等の通行料金のお支払額に応じてポイントが貯まり、そのポイントを還元額(無料通行分)と交換いただける年会費無料のサービスです。

付与されるポイントは、利用した高速道路、有料道路で異なりますが、「NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本の3社」の場合は、利用金額¥0あたり1ポイントです。例としては、高速道路料金、片道¥350を往復したら、35ポイント×2=70ポイント付与されます。

ETCマイレージサービス対象道路 ETCマイレージサービスポイント

ポイントの還元方法は、「ポイント自動還元サービス」というのがあり「希望する」を選んでおくとポイントが貯まったら自動的に高速道路の料金から割引してもらうことができます。ただ、自動で還元されるポイントは、自動還元の単位は道路事業者によって異なります。「NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本の3社」の場合は、5,000ポイントで¥5,000です。¥50,000の利用がないと自動で還元されません。しかも、ポイントは有効期限があります。ポイントの有効期限(還元額に交換できる期間)は、ポイントが付いた年度(4月~翌3月)の翌年度末までです。 ですからこの間に貯まったポイントを手動還元します。ちなみに、阪神高速道路株式会社、名古屋高速道路公社などは、1,000ポイントで¥1,000分が自動還元されます。こちらのほうが、利便性があるように思えます。

ETCマイレージサービス自動還元

手動還元する場合、交換単位によってポイントの還元率が変わってきます。また、還元額に交換できるポイントの単位は道路事業者によっても変わってきます。

「NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本の3社」の場合
1,000ポイント(¥10,000分利用)だと¥500円分、還元率5%
3,000ポイント(¥30,000分利用)だと¥2,500円分、還元率8.33%
5,000ポイント(¥50,000分利用)だと¥5,000円分、還元率10%
になっており、ポイントをためたほうがお得になります。

ETCマイレージサービス還元率

入会費、年会費無料

クレジットカード、ETCカードには、入会費、年会費をとるものかあります。初年度だけ無料のもの、年会費永久無料のもの、ETCカードのみ年会費をとるものがありますので、よく確認が必要です。当然、年会費が無料のものを選ぶほうが良いでしょう。ただ、ETCカードの年会費は、クレジットカードの年会費よりは、安いので得られるサービスと比較して選びたいものです。

ガソリン割引

イメージ画像

石油会社(出光興産、ENEOSなど)が発行するクレジットカード/ETCカードには、給油するガソリンスタンドがクレジットカードを発行した石油会社のものに限りますが、給油が~¥2/リットルが割引きになります。ただし、シナジーカードだけは、エッソ、モービル、ゼネラルのいずれかで給油しても割引ができます。また、ロードサービスが無料付帯、格安で付帯しているものもあります。車をよく乗る人にはお得なカードです。

ポイント加算

イメージ画像

クレジットカード/ETCカードの利用金額によりポイントがたまります。たまったポイントは、商品や商品券、キャッシュバック、電子マネー、マイレージと交換ができます。ただ、ポイントの還元率は、クレジットカード/ETCカードを発行している会社でまちまちですので、いろいろ比較してご自分のライフスタイルにあったものを選びましょう。

ポイントが加算されるクレジットカード/ETCカードを発行している会社は以下のようなものがあります。
【クレジット信販会社】JACCS、NICOS、VISA、JCB、オリコ、アメリカンエキスプレスなど
【銀行系】三井住友銀行、三菱東京UFJなど
【ショッピング系】イオン、セブングループ、パルコ、ファミリーマート、ルミネ、ライフなど
【鉄道、旅行会社系】JR東日本など
【Webショッピング系】楽天、Yahoo!JAPANなど
【その他】NTTグループ、アコムなど

マイレージ加算

イメージ画像

国内航空会社(ANA、JAL)が発行しているクレジットカード/ETCカードで、利用金額によりマイレージがたまります。たまったマイレージは、特典航空券に交換できます。旅行をよくする利用者には、うれしいカードです。

まとめ

いかがでしたか? お得なETCカードの作り方。ご自分のライフワークにあったETCカードが見つかりましたでしょうか? ドライブが好きという方は、給油の割引があるETCカード。また、ショッピングをよくするという方は、ショッピング系のETCカード。というようにご自分のライフワークにあったETCカードを見つけてみてください。必ず、ご自分にあったETCカードが見つかるはずです。ETCマイレージサービスへの登録を忘れずに!