【日本新三大夜景】札幌「藻岩山の夜景」の楽しみ方を徹底解説!【ベストな時間、雰囲気抜群のレストラン、車のアクセスなど】

一般社団法人夜景観光コンベンションビューローなどの主催による「夜景サミット2015 in 神戸」において、札幌市が長崎市に次ぎ2位にランクインしました。3位の神戸市とともに名実ともに【日本新三大夜景】として認定されました。その札幌夜景でも特に綺麗だといわれるのが藻岩山の夜景! これを機に是非ご覧になってみてくださいね。

藻岩山は標高531メートルの山で、札幌市の多くの地域から望むことができる山なので札幌を象徴する山とも言われています。また、国の天然記念物に指定されている原始林には450種類もの植物が生い茂りエゾリス、キタキツネ、エゾフクロウなどの生息地としても注目を集めています。1958年(昭和33年)のロープウェイ開業より札幌をパノラマで一望できる絶景スポットとして多くの方たちに愛され、現在も数多くの雑誌、口コミなどでも紹介されているほか毎年多くの来場者が訪れている北海道屈指の人気スポットです。
今回は、この藻岩山から見るひときわ豪華な札幌夜景の楽しみ方をご紹介させていただきます。

札幌の象徴的な山 藻岩(もいわ)山とは

日本三大夜景で、北海道三大夜景でもある正真正銘の夜景を見よう!

そもそも藻岩山は、函館山、小樽天狗山と並び「北海道の三大夜景」と言われている北海道では誰もが知る夜景絶景スポットですが、その魅力が認められ昨年、冒頭でも記述したように昨年、一般社団法人夜景観光コンベンションビューロー等主催による「夜景サミット2015in神戸」において札幌の夜景が「日本三大夜景」に認定されました。今や北海道最大190万都市の札幌夜景は日本屈指の夜景といっても過言ではありません。それにより今後は海外観光客の増加で混雑することも多くなる可能性も。そして何といっても藻岩山山頂展望台からは札幌を一望できる360度の大パノラマが広がり見渡すかぎりの美しい夜景、まるで夜景の中に浮かんでいるような錯覚すら覚える感動があります。この夜景を見ない手はありません、北海道にお越しならドライブを楽しみつつ是非訪れてみてください。

夜景を観光資源として活用する観光「夜景観光」に関する普及、啓発活動を行い、地域の活性化及び観光産業全般の発展に貢献することを目的に、夜景検定、夜景サミット、日本夜景遺産、夜景ナビゲーター養成等の事業を行っています。

恋人の聖地としても名高い藻岩山

NPO法人地域活性化支援センターなどの主催による「恋人の聖地プロジェクト」は、女優の菊川玲さんなどが選定委員を務めているプロジェクトで、日本全国に200ヶ所を越える「恋人の聖地」がプロポーズにふさわしいロマンチックなスポットとして選ばれています。藻岩山は「幸せの鐘」や永遠の愛を誓い合う「南京錠」を取り付けられる事、皆様から愛され親しまれている事が評価され「恋人の聖地」サテライトに認定されています。ロマンチックな夜景、降り注ぐような星空のもと忘れられない素敵な一日となること必至! 思い出作りに、プロポーズに、ぜひ訪れてみてくださいね。

イメージ画像

恋人の聖地プロジェクト [二人のプロポーズにふさわしいデートスポットを!!もっと幸せになれる]-NPO法人地域活性化支援センター-

藻岩山夜景の楽しみ方はいろいろ!

藻岩山夜景と一概にはいえないくらい藻岩山からの夜景鑑賞には多種多様な楽しみ方があります。恋人とドライブデートをされている方、家族みんなでお越しの方、スキーを楽しまれにいらっしゃる方など、皆さんが「100万ドルの夜景」を楽しんで頂けるのも藻岩山夜景の魅力! また展望台には「幸せの鐘」があり記念撮影スポットにもなっています。周りの手摺に南京錠が取り付けられるようになっており、その南京錠にふたりの名前を書いて取り付けると、そのカップルは別れないとも言われています。素敵な夜景を見ながらお二人の絆をさらに深めてみてはいかがでしょうか。

ドライブの延長で山頂へ 恋人とパノラマ展望台へGO!

藻岩山山頂に車で上がるにはまず藻岩山観光自動車道を経由しなければなりません。藻岩山観光自動車道は藻岩山の南側にある約3.5キロの道路。高度を上げるごとにあらわとなる札幌の夜景が楽しめます。 この有料道路は冬季は閉鎖・夏季でも23時まででそれ以降は利用ができません。深夜に上がるためには登山道を徒歩で登るしかありませんがあまりおすすめとは言えませんので、車で夜景鑑賞へ行かれる際は藻岩山観光自動車道が開通している時にいかれるのをおすすめします。また、藻岩山観光道路途中にある展望駐車場からも夜景を楽しむことができます。寒い日でも車内で夜景鑑賞できるのがメリットですね。なお2012年4月より藻岩山観光道路で山頂まで行くことができなくなりました。ロープウエイの中腹駅まで車で行き、ここから「もーりすカー」というミニケーブルで山頂に向かうことができます。

【基本情報】
スポット名:藻岩山観光自動車道
住所:〒005-0832 札幌市南区北ノ沢1819番地
電話番号:011-571-7131
開通期間:4月上旬~11月下旬 ※詳しい日程は事前にご確認  
開通時間:10:30~22:00
利用料金:一般乗用車 660円/二輪(125ccを超える)/320円/マイクロバス 1,340円/大型バス・トラック 2,000円

【駐車場】
中腹駐車場(80台)/展望駐車場

【アクセス】
札樽自動車道「札幌北IC」から25分

「ロープウェイ」と「もーりすカー」を乗り継ぎ山頂へ!

ドライブで藻岩山のふもとへ。もいわ山麓駅からロープウェイで「もいわ中腹駅」へ上り、スイス製のケーブルカー「もーりすカー」へ乗り継ぎ山頂を目指す方法があります。時期・昼夜問わず一番オーソドックスな藻岩山の楽しみ方であるといえます。徐々に出現してくる札幌の美しい夜景に、乗り合わせの方々からも「きれ~い」と声がもれる事もしばしば。札幌の街や遠くは石狩湾までが一望できます。またロープウェイの速度も早めで1,200メートルの距離を5分でのぼりきるのでお子様も大喜びするのではないでしょうか!

ロープウェイで中腹駅までの空中散歩を楽しみ、そこから山頂を目指しケーブルカーの「もーりすカー」へスムーズに乗り継ぐ事ができます。ロープウェイとは違い森林を駆け抜けるようになり自然を体感しながら山頂を目指すことが出来、15分おきに運行されていますのでさほど時間を待つということはありません。但し団体観光客のなどが多くなってきますと待つことも想定されますが、お土産屋さんの「もいもいのお店」などもある中腹駅建物内で待つことができるので寒空の下凍えるようなことはありませんので安心です。「もいもいのお店」には山頂で恋人が誓い合う「南京錠」の販売や、ここでしか買えない「もーりすグッズ」の食べ物から雑貨まであり、お土産もとにかく充実しています。お待合時間にはぜひ立ち寄ってみてください。

【基本情報】
スポット名:札幌もいわ山ロープウェイ山麓駅/もいもいのお店
住所:〒064-0942 北海道札幌市中央区伏見5丁目3-7
電話番号:011-561-8177
営業期間:4/1~11/23/12/4~3/31
営業時間:夏季10:30~22:00/冬季11:00~22:00
利用料金:ロープウェイ + もーりすカー往復セット料金 大人1,700円・小人850円/もーりすカーのみ 往復600円

【駐車場】
中腹駐車場(80台)

【アクセス】
札樽自動車道「札幌西IC」から30分

【情報】
もいもいのお店(中腹駅)では「南京錠」を販売

スキーヤー必見! もう一つの「藻岩山夜景」

藻岩山の夜景をみるには山頂展望台かロープウェイからと思いがちですが、実は最高のロケーションで夜景が楽しめる方法がもう一つあります。それは「札幌藻岩山スキー場」からみる札幌の夜景です。まずはリフトで登り切ったところから見る絶景を堪能、さらにスキーを滑りながら見る目の前に広がる100万ドルの夜景はまるで宝石箱に飛び込んだような世界。ここまでファンタスティックな滑走ができるスキー場は他にはないかもしれません。
さらに札幌藻岩山スキー場では毎年2月に「雪と虹のまつり」という催しが行われ、スキーヤーによるファイヤーパレードと打ち上げ花火などが行われますが、幻想的な夜景、花火と炎の共演には更に感動させられます。スキーが得手の方は、雪煙の向こうから飛び込んでくる圧倒的な光の海を堪能されてみてはいかがでしょうか。


【基本情報】
スポット名:札幌藻岩山スキー場
住所:〒005-0040 札幌市南区藻岩下1991
電話番号:011-581-0914
営業期間:12月~3月 ※状況により前後 
営業時間:平日 9:00~21:00/祝日 8:00~21:00。
利用料金:リフト料金 7時間券3,400円/ナイター券(16:00~21:00)2,000円

【駐車場】
北斜面450台/南斜面250台

【アクセス】
札樽自動車道「札幌北IC」から30分

【イベント】
2月初旬 雪と虹のまつり開催

日本三大夜景「札幌夜景」を堪能するディナーは贅沢の極み!

出典:http://moiwa.sapporo-dc.co.jp/guide/restaurant.html

藻岩山山頂には展望レストラン「THE JEWELS(ザジュエルズ)」があります。レストランの名の通り宝石がふきつけられたような札幌の夜景が大パノラマでご覧いただけます。約270度がすべてガラス面になったその向こうに浮かぶ豪華な夜景、更に天井にはプラネタリウムまで演出され、それらを堪能しながら頂く旬にこだわった創作フレンチは味はもちろん、まさに贅沢の極み。恋人のデートやご夫婦のアニバーサリーにピッタリの札幌で標高が一番高い山頂レストランです。ブライダルプランもあるようですよ。「THE JEWELS(ザジュエルズ)」でのお食事は素敵な夜になること間違いなし! 帰りのドライブは温かい雰囲気に包まれるはずです。是非ご利用してみてくださいね。

【基本情報】
スポット名:THE JEWELS Restaurant
住所:〒005-0832 北海道札幌市南区北ノ沢1956番地先藻岩山山頂
電話番号:011-513-0531
定休日:なし※ロープウェー運行点検の為、夏季運行前に定期休暇あり 
営業時間:夏季11:00~21:00/冬季12:00~21:00

【駐車場】
中腹駐車場(80台)

【アクセス】
札樽自動車道「札幌北IC」から25分・駐車後、ロープウェイ・もーりすカーで山頂まで

藻岩山からみる日の入りから夜景 おすすめ登頂プラン!

北海道の日の入りはわりと早く、おおよそ夏場で18:00~18:30、冬場で16:00~16:30になります。山並みと石狩湾の水平線を紅に染めながら沈む藻岩山からの夕日はロマンティックで、せわしない日常を癒やしてくれそうです。山頂にある「幸せの鐘」を日の入りに合わせて鳴らすのもとっても素敵ですよね。日の入りになったら夜景が徐々に点灯してきますが、日の明るさが残るうちは眩いまでの夜景は現れません。ここで次におすすめなのが先ほどご紹介の「THE JEWELS(ザジュエルズ)」でのコース料理を頂きます。ご予約をしておきますと必ず窓側の絶景席を用意して頂けますし、なんとロープウェイ往復の割引特典もあります。ご利用の際は是非ご予約してくださいね。ディナー終盤は冬場でおおよそ20:30~21:00頃かと思います。そのころには夜景も完全に現れ、ワイン片手に窓越しから絶景をご覧になっていただけます。そして藻岩山の夜景は口コミなどで21:00過ぎが圧倒的に綺麗だと言われていますので、お店をでた後展望台からさらに近くに夜景を体感していただけます。お時間に余裕がある際は是非予定してみてくださいね。

出典:http://moiwa.sapporo-dc.co.jp/guide/restaurant.html

大切な人との大切な思い出を創るアニバーサリーレストラン「THE JEWELS Restaurant」

すべての人にやさしい配慮!徹底した「バリアフリー設備」で安心

2011年に藻岩山では施設を大改修し。建物内はすべてバリアフリーが整いご年配の方、車椅子の方、お体の不自由な方でも、誰もが気兼ねなく登れるようになっています。また乗り物の乗車・下車の際も親切なスタッフさんたちがしっかりサポートしてくれますので安心。また山頂展望台は、1階から屋上までエレベーターも完備となっています。さらに屋外展望台では寒気がお体にさわるという方でも室内から札幌夜景が眺められる眺望スペースも完備。頂上にいらした方がどなたでも満足していただける用に設計・設備された夜景絶景スポットは、日本広しといえどなかなかないように思います。「大切なあの人に感動の夜景を見せてあげたい」と思われるかたはぜひ訪れてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は「日本三大夜景」&「北海道三大夜景」の2称号をもつ北海道屈指の夜景スポット「藻岩山夜景」についてご紹介させていただきました。「日本三大夜景」に認定されたのは昨年(2015年)10月ですので今年は取材や口コミなども影響し益々の来場者が予想されます。まさに今旬な夜景スポットでもある「190万都市・100万ドルの夜景」をこの機会にぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。