【オイル交換】でお悩みの方必見! 諸々全部解決します。

オイル交換の悩みって色々ありますよね。交換する時期や誰に頼むか、種類もたくさんあるみたいだしお財布の事情もあるし...そもそもオイルってどうして交換するのでしょう。オイルの働きと交換しなければいけない理由がわかれば、いろいろなことが見えてくるかもしれませんね。というわけで、オイルの働きと劣化のシステム、交換の目安からブランド選びとお財布に優しいオイル交換方法まで、一挙にご紹介します。

オイルについて

まずは、“オイル”について考えてみましょう。ですから、車にまつわるオイルのことです。車に使われているオイルは実にたくさんあります。
エンジンオイル、ミッションオイル、ブレーキオイルはすべての車で使っていますよね。最近はFF車が主流になりましたので、デファレンシャルギヤが独立していない(ミッションケースの中にある)ことが多いですが、FRや4WDでしたらデファレンシャルギヤオイルもあります。
クラッチのある車で、油圧制御の場合はクラッチオイルもありますが、こちらは“交換不要(交換不可を含みます)”という車種も多いですね。
最近は電動モーターで制御しているパワーステアリングが増えましたが、油圧制御の場合はパワーステアリングオイルも交換が必要です。
ミッションオイルは、中身の構造によってオイルの種類が違いますから、交換にも注意が必要です。

オイルの働き

では、オイルの仕事を見てみましょう。
スムーズに動くために潤滑してるんでしょ? って声が聞こえてきそうですが、それだけではありません。もちろん、潤滑はオイルにとって大命題です。でも、その性格は使途によって違うのです。

エンジンオイル

エンジンオイルの働きも、大部分は潤滑です。たくさんの金属部品が回転・摺動していますので、ひとつひとつがすり減ってしまわないように、なるべくロス無く動けるようにしています。エンジンオイルの場合は、潤滑以外にも沢山仕事をしています。
ひとつめは“緩衝”、衝撃を和らげる仕事です。燃焼室で爆発が起こり、その力をピストンが受け取めます。ピストンが下へ下がろうとする力を“コネクティングロッド”と呼ばれる部品が受け取ります。コネクティングロッドは、ピストンとクランクシャフト(ピストンの上下運動を回転に変える部品)を繋いでいて、ピストンから受け取った力をクランクシャフトに伝えて回転させています。それぞれのジョイント部分は猛烈な力を受け取ることになりますので、1/100ミリ単位のわずかな隙間にオイルが入り込んで形成した皮膜で、それぞれがぶつかり合うことを回避しています。

次に密閉です。
ピストンとシリンダの間には、わずかな隙間があります。ぴったりサイズでは動けませんし、一般的にピストンはアルミ製でシリンダが鉄製の場合が多いので、膨張率の違いから隙間を多く取っておく必要があるのです。
エンジンオイルの油膜が、この隙間を埋める役目をしています。

そして防錆です。
エンジン内部は金属部品がいっぱいです。しかもその性格上、切削・研磨されて肌がむき出しになっていますので、そのまま放置すると錆びてしまいます。
エンジンオイルはエンジン内部を油膜でコーティングするように各部品を錆から守っているのです。

さらに洗浄です。
エンジン内部で発生するさまざまな汚れを、オイルが取り込んで掃除しています。エンジン内にはとても小さな隙間がたくさんありますから、ゴミや汚れが入り込むと正常に機能しなくなってしまいます。オイルの洗浄作用はとても大切な仕事なんです。

もう一つ、冷却です。
冷却は冷却水(クーラント)の仕事でしょ? って思いますが、エンジンオイルも冷却に力を貸しているのです。
もちろん、大部分の熱は冷却水が冷やしていますが、さきほどの錆び問題とあわせて濡れて欲しくない部品も多くありますから、水が使えないところはオイルで冷やしています。
凄いスピード動くエンジン内部部品は熱を発してしまいますから、オイルが上手にその熱を奪い取って“オイルパン”と呼ばれる待機所に戻ってきます。オイルパンで冷やされたオイルは、オイルポンプによってエンジン各部に送り出されて油膜を形成し、潤滑・緩衝・密閉・防錆・冷却をしてオイルパンに戻ります。

トランスミッションオイル

トランスミッションオイルもエンジンオイルとほぼ同等の仕事をしています。トランスミッションの中に衝撃は無いんじゃないの? って思うかもしれませんね。でも、実はエンジン以上の衝撃が発生しています。エンジンが作り出した出力は、クランクシャフトからクラッチ機構を通じてメインドライブシャフトに伝わります。トランスミッション内部にはたくさんのギヤがあって、順番に力を受け渡しながらデファレンシャルギヤを介してタイヤへ伝えられます。
ギヤからギヤへ力を受け渡す際、ギヤ同士がふれあう面積はほんのわずかなんです。エンジンが作り出した強大な力を、わずかな面積で受け渡すその瞬間は、じつに大きな圧力を受け取ることになるのです。

防錆と冷却はエンジンオイルと変わりませんが、密閉の必要はありませんね。

オートマチックトランスミッションでは、内部構造によって使用するオイルが違いますので注意が必要です。以前のオートマチックトランスミッションは、トルクコンバーターという部品がクラッチの仕事を行い、常時かみ合っている遊星ギヤを切替ながらギヤ比を変更しています。
21世紀に入った頃からオートマチックトランスミッションの内容が変化していて、CVTはスクーター用無段変速の発展版ですし、最近はマニュアルトランスミッションのクラッチ~シフトチェンジを自動で行うものが主流になりつつあります。
オースドックスなトルクコンバーター+遊星ギヤタイプは、ATF(オートマチック・トランスミッション・フルード)と呼ばれる専用のオイルを使います。CVTはATFをベースに添加内容が違う専用オイルがあります。最近のマニュアルトランスミッションをオートマチックで操作するタイプでは、機構自体はマニュアルトランスミッションですから、同様のオイルを使用します。

ブレーキオイル

これは今までのオイルとは性格が違います。防錆だけは共通ですが、潤滑・密閉・冷却・緩衝などは必要ありません。そもそも名前こそ“オイル”ですが、成分は油ではありません。“ブレーキフルード”と呼ばれることもあり、働きと成分から考えればこちらが妥当だと思います。
ブレーキオイル(フルード)の仕事は、油圧を伝えることです。ブレーキペダルを踏み込むことで、ブレーキマスターという部品が圧力を作り出します。その圧力をホースで運び、各車輪の内側にあるブレーキキャリパーやホイールシリンダーに届けます。
ディスクブレーキの場合は、ホイールと一緒に回転しているディスク(円盤)を、“パッド”で挟み付けて回転を停めるように働きます。
マスターシリンダーからキャリパーへ運ばれた圧力は、キャリパー内のピストンを押しだし、ピストンがパッドをディスクに押しつけます。
ドラムブレーキの場合は、ホイールと一緒に回転するドラム(タルト皿の様な形状)の内壁にライニングを押しつけて回転を止めるように働きます。
マスタシリンダーからホイールシリンダーへ運ばれた圧力が、ホイールシリンダー内のピストンを押しだし、ピストンがライニングをドラムに押しつけます。

このように、ブレーキオイル(フルード)は圧力を精一杯余すところ無く伝えるのが仕事ですので、圧縮されないことが第一条件になります。
圧力を伝える仕事だけでしたら水でいいんです。ですが、ブレーキ内部で錆が発生しては困りますよね。さらに、ブレーキで発生した熱により沸騰してしまうと、気泡が発生します。空気は圧縮できますから、気泡ができると圧力が伝わらなくなってしまいます。これが自動車学校で習った“ベーパーロック現象”です。
水よりも沸点が高い、温度で流動性が変化しない、変質しにくいという理由で、“ポリエチレングリコールモノエーテル”というアルコールの仲間が主成分です。酸化防止剤や防錆剤を混ぜてつくります。

オイルの劣化

では、そのオイルをなぜ交換しなければならないかと言えば、オイルは劣化するからです。

エンジンオイルの劣化

エンジンオイルはさまざまな仕事をこなしています。防錆性能を上げるために、酸化防止剤や防錆剤といった添加物が入っています。緩衝性能を上げるために極圧添加剤も追加されています。泡立つことで酸化が進みますし、油膜が切れやすくなりますから、消泡剤も添加されています。
そして、エンジンの汚れを取り込んで洗浄していますから、オイル自体が汚れていきます。
また、エンジンから受ける熱によって粘度が保てなくなると、油膜切れを起こしてしまう危険もあります。実に薄い膜を形成して仕事をするオイルにとっては致命的です。
このような理由から、エンジンオイルは劣化し、定期的に交換しなければならないのです。

トランスミッションオイルの劣化

トランスミッションオイルも劣化のメカニズムは同様です。エンジンオイルよりも極圧添加剤は多く配合されていますし、酸化防止剤も添加されています。
一般的にはエンジンオイルよりも粘度が高いので、トランスミッションオイルの方が寿命は長いといえます。
オートマチックトランスミッションフルードは、その用途からもともと粘度が低く、粘性を利用していませんので長寿命なオイルと言えますが、細い油路を利用した油圧回路で作動していますので、オイルが汚れてくると油路を詰まらせる原因になります。

ブレーキオイル(フルード)の劣化

ブレーキオイル(フルード)は、全く別の劣化原因があります。さきほど、アルコール由来の成分だと書きましたね。実は吸湿性がとても高いのです。使用しているうちに、大気中の水分やブレーキ回路内で発生する結露による水分を吸収して希釈されてしまいます。
まるで水割りのようにアルコール成分が薄れていきますので、知らず知らずのうちに沸点は下がり、錆びやすい環境になってしまいます。

交換時期ってどれくらい?

では、オイルの交換時期はどれくらいなのでしょうか。

エンジンオイルの交換時期

自動車メーカーごとに推奨時期があるようですが、概ね“10,000kmまたは1年ごと”となっているようですね。JAFさんのサイトにもおなじように書かれていました。
メカニックの経験上、“車種ごと・乗り方ごとに違う”というのが正解だと思います。
最近のエコエンジンは、エンジン内部が汚れにくくなっていますし、発熱量も抑えられていますから、オイルの劣化も遅いように思います。
言い換えれば、一昔前の車種の方が劣化しやすい環境と言えるでしょう。
もっと以前の車種になると、エンジンにも精一杯仕事することが求められる設定ですので、オイルには高負荷がかかっているはずです。
私が現役メカニックだった頃は、“5,000kmまたは6ヶ月”を推奨していました。

乗り方によっても大きく差が出ます。例えば、高速道路一定速度で巡航するのと街中でゴーストップを繰り返す乗り方では、エンジンにかかる負荷が違ってきます。ですから、乗り方によっても交換時期は違ってきます。

トランスミッションオイルの交換時期

マニュアルトランスミッションのオイルは20,000km程度と言われています。エンジンオイルに比べて寿命が長いですが、添加剤の性能維持期間も考え合わせると、20,000kmまたは2年ごとには交換しましょう。

オートマチックトランスミッションのオイルは、内部構造によって違いが出てきます。
トルクコンバーター+遊星ギヤタイプで使うATFの場合は、50,000kmごとというのが一般的です。ただし、20,000kmごとという意見もあります。
実は、ATFの交換方法はちょっと変わっていて、ドレンコックを外しても全量のオイルが出てきません。出てくるのは概ね1/3程度ですね。そこへ新しいオイルを足して混ぜ合わせます。またドレンコックから抜いて新油を入れるという作業を繰り返しながら全体を新しくします。
一度に全体を新油に交換するなら50,000kmですが、20,000kmごとに1/3ずつ新油に入れ替えながら乗る方法もあるということです。

CVTの場合

CVTの場合も基本的に同じです。
100,000km交換不要とか、無交換(交換不要)という車種がありますが、機械ですからオイル交換の必要が無いなんてことはないでしょう。
保証が切れた途端に壊れた! なんて話をよく聞きますが、まず間違いなくオイル交換をしなかったことが原因で、壊れなくても不調(シフトショックの増大やスリップなど)が出るケースも多いようです。やはりこまめにオイル交換をしてあげるべきです。
こちらも全量を抜くのは難しい構造ですので、50,000kmを目安にきっちり交換するか、半量程度をまめに交換するかという選択になるでしょう。

ブレーキオイル(フルード)の交換時期

ブレーキオイルの劣化は、圧倒的に吸湿改変ですので、距離よりも時間で管理するべきでしょう。2年ごとの交換が一般的です。ただしブレーキに関わることですから、1年ごとでも早すぎることはないと思います。吸湿が進むと赤色に変化しますので、色で判断することが多いですね。黒くなっていたら危険ですのですぐに交換して下さい。
ちょうど車検が2年ごとですので、ブレーキオイルに関しては“車検ごと”という管理でよいでしょう。

オイルの交換方法は?

DIYでやってみる

次に交換方法についてお話しします。エンジンオイル、トランスミッションオイルともに、廃油には酸化金属が含まれていますので、産業廃棄物扱いとなります。定められた方法で廃棄しないと罰せられますので注意して下さい。
近所のガソリンスタンドにお願いできれば良いですが、固めるタイプやすわせるタイプの廃油処理剤が販売されていますので、利用するのも一案ですね。
基本的には、ドレンコックを外して古いオイルを抜き取り、新しいオイルを注入するだけです。
一部の車種では、安全上の理由からDIYで作業ができないようにドレンコックがついていないものがありますので、素直にプロに任せましょう。

ブレーキオイル(フルード)の交換は、DIYはお勧めできません。ブレーキ回路に空気が混入していると、圧力が伝わらずにブレーキが効かないとか、ベーパーロックを引き起こす原因になります。
極端な言い方ですが、エンジンやトランスミッションが壊れても直接危険とはつばがりませんが、ブレーキは命に直結しています。自分だけでなく他人を巻き込むことにもなりかねませんので、資格を持ったプロに任せて下さい。

オイル交換の手順については以下の記事をご覧下さい。

ガソリンスタンドで

近所のガソリンスドにお願いする人もいます。普段給油しているスタンドでしたら、気軽に頼めそうですね。気を付けて欲しいのは、整備士がいるスタンドを選んで下さい。やはりちゃんとプロに任せるべきです。
ガソリンの仕入れ先(シェルとかエネオスとか)の製品しか置いていないケースもありますので、選択肢が限られることがあります。

オートバックス、イエローハットなどカーショップに頼む

カーショップにお願いするのも一案ですね。たくさんの種類の商品が取りそろえられていますので、オイル選びで苦労しそうですが、それはお店の人に相談しましょう。
もちろん廃油の処理までやってくれますし、次回の交換目安まで記載してくれるはずです。

ディーラーに頼む

“餅屋は餅屋“と言いますが、その車を作ったメーカーに頼むのが正論かもしれません。その車種に精通していますし、オイル交換のついでに何か不具合を見つけてくれるかもしれません。また、リコールや改善対策情報、ネットワーク内で起きたトラブル事例なども豊富にありますので、一番安心して任せられる相手と言えます。

料金は?

かかる費用については、使うオイルと量次第ですよね。DIYでしたら工賃はかかりませんし、プロにお願いすれば工賃も必要です。

オイル選びについて

実はこれが一番難しいですよね。オイル交換に関しては、オイル選びに質問が一番多いです。そしてその答えも実に多く存在しますので、注意が必要です。

エンジンオイルの場合、大きく分けると2種類に分かれます。
ひとつは鉱物油です。
掘り出された原油を精製する中で、アスファルト・重油・軽油・灯油・ジェット燃料・ガソリン・ナフサ・LPガスなどが産出されます。重油と軽油の間くらいの成分を生成したものが潤滑油のベースオイルになります。
これを素に各種添加剤を追加してつくられます。

もう一つは化学合成油です。
上記のナフサや、天然ガスから得られるエチレンをベースに必要な成分だけを合成してつくられたオイルに添加剤を加えます。
鉱物油は精製しながら不純物を引き算してつくり出すのに対し、化学合成油は必要な要素のみを足し算してつくります。
特徴はいろいろありますが、化学合成油にはほぼ不純物がありませんので、オイルの汚れのもとになるものがありません。
鉱物油に比べるとオイルが汚れません。天然由来の鉱物油は温度変化によって粘度が変化しますので、幅を持たせた粘度選択が必要ですが、化学合成油の場合は環境変化による粘度変化が少ないので、用途に合わせて絞り込んだ選択が可能です。
性能的には化学合成油が優れていると言えますが、そのまま良いオイルかどうかは別の問題です。

粘度の選択は難しく考えないこと

オイルには“粘度指数”と呼ばれる数字があります。“10W-30”なんて表記を見たことがありますよね。この数字は、そのオイルが持っている粘度を示しています(SAEという規格で決められています)。オイルの粘度は温度によって変動しますので、冷えている時とあたたまってからの粘度を指数にして表記してあります。
“W”が付いている数字は冷間時の特性を表していますので、寒いところでは10番、暖まると30番のオイルとして働きます! と言う意味です。
数字が大きくなるほど粘性が強くなりますので、自分の使用環境を考えて選んで下さい。
サーキット走行をするような人でしたら5W-50なんてグレードもありますが、一般的な使い方の場合は、寒い地方でしたら5W-30、暖かいところでしたら10W-30程度で大丈夫です。
氷点下30度以下のような地域でしたら0W-30なんてオイルもありますが、日本国内で使う分にはあまりシビアに考え無くても大丈夫です。

高いオイルが良いオイルではなく、安いオイルが悪いオイルでもない?

これがオイル選びを一番難しくする要因なのですが、“愛車のエンジンにあっていること”が一番良い選択なのです。
極端な方がわかりやすいと思いますので、あえておおげさに書きますね。

例1)1950年代設計のエンジン
バルブ機構はOHVで、エンジン、シリンダヘッドともに鋳鉄製。シリンダとピストンの間のクリアランスは4/100mmくらいあります。
このエンジンに最新技術が集結した化学合成オイルを使うと、メカノイズがすごいことになります。面精度(シリンダとヘッドの接合面など)が低く、場合によってはオイルにじみが発生します。
OHV機構の場合、バルブを駆動するための部品点数が多く、各部のクリアランスが広めの設計になっています。最新の油膜がとても薄いオイルを入れても、クリアランスを埋めることができなくなってしまいます。
例2)最新技術満載のエンジン
シリンダもシリンダヘッドもオールアルミ製で、各部のクリアランスは1/100mm程度。タペットクリアランスをオイル調整するアジャスター付き。もちろん、可変バルブタイミング機構も油圧制御。
このエンジンに鉱物油を入れると、油膜が厚すぎて必要なところにオイルが行き渡らなかったり、抵抗が増えてしまいます。さらに、可変バルブタイミングやタペットアジャスターには油圧を保持するために細い油路が設けられています。鉱物油の不純物が油路をふさいでしまう可能性もあります。

おわかりですか?
貴方の愛車のエンジンに最適なオイル=良いオイルなのです。

工賃もまちまち

DIYなら工賃は無料ですし、ガソリンスタンドでも比較的安価に行っています。カーショップは、“オイルを買ってくれるなら”お値打ち価格になります。ディーラーでも、他の作業と同時ならお値打ちにできたりしますので、一概には言えませんね。ただし、ディーラーでは純正指定オイルしか扱えませんので、カーショップに比べてオイルの選択肢が狭くなります。
愛車にあったオイルを在庫していて、いろいろと相談に乗ってくれて、工賃も良心的。そんなショップを探すことが大切です。

オイル交換でオイル以外に換えるもの

オイル交換では、オイルだけを変えれば良いというものではありません。

パッキン

(STRAIGHT/ストレート) ドレンパッキン ホンダ用 10ピース M14 94109-14000 19-17012

¥438

販売サイトへ

古いオイルを抜き取る際に外したドレンコック。普通はエンジンの一番下(というか底面)についていますよね。このドレンコックとエンジンの間に隙間があったら、オイルが漏れてしまいますよね。ですから、通常、ドレンコックにはパッキンがあります。ちょうどエンジンに当たる面にドーナツ状のものがはまっています。
素材はいろいろありますが、どれもわずかにつぶれて隙間を埋めるように働きますので、原則再使用は禁物です。ドレンコックパッキンは毎回換えましょう。

エレメント

HONDA ホンダ HAMP ハンプ オイルフィルター オイルエレメント H1540-RTA-515

¥313

販売サイトへ

“オイルエレメント”とも言われます。古い車ではケースを開けて中の紙フィルターだけを交換していましたが、今はカートリッジタイプ(ケースとフィルターが一体)になっています。
エレメントは10,000km程度使えますので、オイル交換2回に1回程度の頻度で問題ありません。

その他気になること

新車のオイル交換は?

オイル交換について多い質問の中に、新車のオイル交換はどうすれば良い? といううのがありますね。最近のエンジンは設計が良くなりましたので、以前のように切削カス(要するにゴミです)はほとんど出ません。3,000km~5,000kmを目安に交換すれば良いでしょう。
ただし、気を付けて頂きたいのは、その車が生産されてから貴方が乗り出すまでに、時間的な空白がある場合です。工場から出荷されてモータープールへ行き、ディーラーへ運ばれてオーナーの手元に届きますよね。人気車種でしたら、出荷を待ちわびていますから、ほとんど同時進行です。でも、そうでない場合は、モータープールで何日も、何ヶ月も、いや何年も寝ていたかもしれません。
気の利いたディーラーさんでしたら、オイル交換を勧めてくれるかもしれませんが、こちらから申し出るくらいの気遣いが必要です。
トランスミッションはギヤの固まりですので、初期に切削カスが出ることは否めません。新車から初めてのオイル交換は早めに行うべきでしょう。初回だけはエンジンオイルと同時でも良いと思います。
ブレーキオイルも時間で劣化しますので、冬眠していた車輌は交換してから乗りだした方が無難ですね。

バイクの場合は?

バイクのオイル交換も基本的に同じです。もうあまり走っていませんが、2ストロークエンジンの場合はエンジンオイルは2ストローク用のオイルを使います。4ストロークエンジンのバイクの場合は、オイル選びや交換時期も同じ考え方でよいでしょう。ただ、一部の車種を除いてほとんどのバイクのトランスミッションは、エンジンと同じオイルで潤滑されています。つまり、エンジンオイル交換=トランスミッションオイル交換です。

原付は?

原付も基本的にバイクと同じです。エンジンオイル=トランスミッションオイルです。
原付のオイル交換に関しては、以下の記事に詳しく書いてあります。

スクーターは?(通勤スペシャル・アドレスv125など)

スクーターのトランスミッションは、変速機自体はCVTと同じ構造です。ただ自動車のCVTは、無段変速機構をスポーツ走行用にあえて段階変速するために細かな油圧制御をしていますが、スクーターにはそのような機構がありませんので、専用のATFではなくエンジンオイルを使います。

最後にまとめ

いかがでしたか?
一口にオイル交換と言っても、選択肢がたくさんあって迷いどころが多いですよね。文中に書きましたが、“高いオイルは良いオイル”なんてことはありませんからね。
高いオイルを選んでエンジンを壊してしまうケースだってあります。貴方の愛車にあったオイルを選んであげましょう。
鉱物油と化学合成油のいいとこ取りをした“半科学合成油”や“部分化学合成油”も出ていますので、迷ったら使ってみても良いと思います。
それと、“高いオイルは長持ちする”こともありません。残念ながら高いオイルでも寿命は変わりません。ベースオイルが違うだけで、添加剤(特に酸化防止剤)の寿命は変わりませんから。
お値打ちなオイルをまめに交換した方が、エンジンにとっては良い結果に繋がると思います。