新春が狙い目!?新車を格安で買う方法3つとディーラーの裏側

新車を出来るだけ安く買いたいという方に向けた内容です。一般的な値引きの話はもちろん、意外と知られていない「お買い得な時期」の裏側までをお伝えします。年末年始の「お年玉セール」よりも安く買うなら絶対3月の決算セールなんですが、ではなぜ決算セールが安くなるのか?そのカラクリと合わせてディーラーの事情をお伝えします。

車を買うにもお買い得な時期がある

皆さんは車を買う時期ってありますか?
新しいのが出たから、車検が来たから、故障したから、免許を取ったから、ボーナスが入ったから、車屋さんからチラシやDMが来たから…などなど様々な理由があると思いますが、買う時期を意識されている方ってどれくらいいるのでしょうか。実は車を買うには、特に新車を買うにはいい時期というものがあります。夏や冬のボーナスセール、低金利セール、決算セールとありますが、一番格安でお得に買えるのが2~3月の決算セールなんです。
今回はその理由をディーラーの裏側と一緒にご案内しつつ、合わせて新車を格安で買う為の方法を3つご紹介しようと思います。

一年で一番車が売れない1月、一番大切な3月

一年のうちで一番車が売れないのは1月であると言われます。
これは新車、中古車に限らず以下の様な理由があると言われています。

1:12月にボーナスを頭金などにして車を買ってしまった。(契約してしまった)
2:12月に車以外で旅行や欲しかった物などで出費があった。
3:お歳暮、クリスマス、お正月など出費が増えた。

といったような理由があり、自動車業界に限らず消費が落ちると言われる時期が1月です。
そして、その1月から二ヶ月後の3月には一年の締めとも言える決算が待ち構えており、ディーラーは特に気合いを入れてこの3月を向かえます。

そう、この3月がもっとも新車を安く買える時期でもあります。それには単なる売上ではないディーラーとメーカーの契約が関係してきますのでご紹介します。

来年以降の卸価格が決まる3月

決算は企業にとって成績簿のようなもので、その一年どれだけ商売をしてどれだけ利益が出たかがわかる時です。そのため大きな企業は会社に出資している株主に向け株主総会というイベントでその決算を報告したりするほどです。それがディーラー(販売会社)にも訪れます。

また、ディーラーはもっと重要なことがあります。この決算の時に「どれだけ儲かった」ということよりも「どれだけ売れた」という事が判明します。実はこれが翌年に大きく影響します。
この販売台数は翌年以降のメーカーからの卸価格を決定するものとなります。例えばですがAという車を年間100台売ると定価の80%で卸してもらえます。101台以上売ると頑張ってるので78%で卸してもらえるとしましょう。たった2%の差ではありますが、年間101台が全部2%引きになればそれは大きな差になります。そのため、ディーラーは3月に「あと少しで基準台数になる」という場合には何としてでも目標を達成しようとするわけです。

要するに「売りたい」時期なんですね。ちなみに「未使用車」や「新古車」もこのタイミングで大量に生まれるんです。お客さんに売れなかったので自社で購入して「登録」だけして目標を達成し、それが完了したら「新古車(中古車)」として売ってしまうわけですね。
ここで少し外れますがディーラーとメーカーの関係、新古車の出来るまでをお話します。

メーカーは製造し、ディーラーが販売する

トヨタが車を作って、トヨタのディーラーで売ってますよね。
日産の新車が、マツダで買えると言うことはなくあくまで同じ系列のディーラーでしか買えないと思います。しかし、最寄りのディーラーのHPやチラシ、テレビCMを見ると「関東マツダ」とか「中部日産」といった地域の名前が入ったものを見たことはないでしょうか。そうです、これが「ディーラー」を運営する「販売会社」なんですね。
メーカーの子会社であったり、資本関係がある場合もあれば、全く関係がない場合もあります。例えば東京でポルシェディーラーをやっているMKグループは主にMKタクシーなどの事業を行っており、グループ会社でポルシェやマクラーレンのディーラーを運営しております。もちろんポルシェもマクラーレンも製造はしていません。

このように車を作るメーカーと、車を販売するディーラーが異なっている為に年間の販売台数に応じて価格や割り当てに変化がでます。メーカーとしても多くの台数を売るディーラーにはより多く売ってもらう為に価格を下げて利益を上げてもらい、なおかつ人気車種も多数割り当てをしよりお客さんに喜んで頂こうとします。
一方で販売台数が少ないディーラーだとどんなに人気車種でも数が知れているので割り当て台数も少なくなり、卸価格も台数が少ないので高く設定されてしまうわけですね。

目標達成のために自社で買って売るのが「未使用車」や「新古車」

ディーラーは販売台数でメーカーから優遇してもらえることがわかりました。
ではその数字と達成するにはどうするのか? まずは一年を通してお客さんに来てもらう事なんですが、その目標にどうしても到達出来ないとなると気合いが入るのが2月、3月何ですね。

例えばですが新車で150万円の系自動車があります。あと3台売ると目標を達成し来年の卸価格が2%下がるとしたら値引してでも売りたいですよね。その車が年間1,000台売れるとして、2%下がると1台につき3万円安くなり年間を通じて3,000万円の差が生まれます。もちろん例えなんでこんな大きな差にはなりませんが、一桁違っても車両二台分の差が出るわけですから割引をしてでも売ってしまいたいですよね。
ましてやユーザーさんには「普段は5万円引きが限界ですが、決算なんで10万円引きです!」と言えば新車の割引が二倍でユーザーさんも大喜び!こうして販売台数が達成されると翌年の卸価格が抑えられてディーラーも大喜びなんです。

しかし、どうしても売れなかった場合。でもあと少し…そんな時にはディーラーが独自で車両を購入してすぐに売却をします。あくまで陸運局で登録するだけなんで、それこそ走行距離が50kmとか30kmとかです。そして、登録台数だけ達成してからその車を売却します。
そうです、これが最近ネットやテレビCMでも見る「新古車」とか「未使用車」という車なんですね。ほぼ新車ですが、新車から考えたら格安で提供されている物が多いです。もちろんディーラーは買ってすぐ売っているので赤字になるケースもありますが、それ以上に目標達成が重要なためこの様な手段を取るんですね。

以上の様にディーラーにとって2月、3月は勝負の時期です。
この時期こそ新車を格安で買う最高の時期と言えます。新車を検討している方は是非この時期にどうぞ。

また、今回はこの時期に使える「新車を格安で買う為の方法」を3つご紹介していきます。方法によっては3月にも使えますので合わせ技で更にお得に買ってしまいましょう。

ディーラーの在庫車・キャンセル車を買う

ディーラーでは人気の組み合わせやお勧めの組み合わせを事前に在庫として持っているケースがあります。というのも、ボディカラーや内装、オーディオやバックカメラ、アルミホイールやエアロなどさまざまな選択が出来る新車は、それだけ作り置きが難しくお客さんの注文をもらってからメーカーが製造し、数カ月後にお客さんの元にお届けするのが一般的です。
しかし今の車が故障して「今すぐ欲しい!」という方がいたり、他の車種と比較検討されていて逃してしまいそうだったり、多くの方が選ばれる組み合わせはすぐにお渡し出来るように事前に在庫をしているんですね。
特に外車は注文をすると外国で生産して日本へは船便で持ってくることが多い為、注文から半年程待たされるケースも少なくありません。その為、事前に人気の組み合わせを日本法人やディーラーが注文して在庫しておくケースがあります。

またお客さんが注文したはいいけど、どうしても購入できない理由が出来てキャンセルされた車もこの在庫に含まれているケースがあります。

300万円の車が100万円引きになった在庫車両

これは中古車屋で働いていた時の実体験なのですが、300万円程のスポーツカーがありました。非常に特徴的なカラーで、なおかつフルオプションで支払い合計400万円程の組み合わせになっていました。
新車でオーダーを受けお客さんにお届けするまでにキャンセルとなり、出来あがった車がディーラーにストックされてしまっており、なんと半年以上もずっと放置されておりました。そして時期は1月、間もなく決算時期もあることから顔見知りの業者さんには追加したオプション代無しで車両代のみで売りますと言うオファーがありました。400万円相当の車が300万円で買えてしまったわけです。

これは非常に特徴的な事例ですが、実際に在庫となっている車両を見せてもらうとオプション分が無料で会ったり大幅に値引きをしてもらえるケースがあります。在庫車両はメーカーからディーラーが購入しており、ディーラーとしてはさっさと売ってしまいたいという物でもあります。人気車種でいずれ売れるならまだしも、例のような場合だと超特価とも言えるオファーでも出して売ってしまいたい。赤字でもいいから売ってしまいたいという気持ちがあるわけですね。

新古車・未使用車を買う

新車と新古車・未使用車の違いとは?

新車というか、ほぼ新車の新古車や未使用車を買ってしまうというのも一つの手段です。

しかし新車との違いが気になるところですね。新車の最大の利点は何と言っても保証です。万が一の際にも新車保証があれば無償で修理してもらえることが大きなポイントですが、これに関しては「保証継承」という手続きをするだけで新車の保証が受けられます。
新車の場合納車された日(登録した日)から約3年ですが、新古車の場合は最初に登録された日からでありユーザーさんが買ってユーザーさんの名義として登録された日からではありません。ですから買ってから2年と8カ月しか保証がないとか、通常より少ない場合もあるので注意が必要ですが新車で買ってないから保証がないというわけではありません。

保証継承には指定の点検が必要になるケースがありますが、通常ですと2~3万円程度の定期点検レベルのものになります。

また誰かが乗ってるんじゃないか? って気になる方は走行距離をチェックして50km以下の物を選んでください。20kmや30km程の距離を記録しているのは生産した工場で移動したり、登録の際に移動した文となります。これ以上になってくると他のユーザーさんが購入されたケースも考えられますが、50km以下はほぼ乗らずに登録だけした車両と言えます。

ですからほぼほぼ新車といえるのが新古車・未使用車といわれる車両です。

近隣のディーラーと比較をする

一番有名であり、新車を安く買う手段として有効なのが「値引」なんです。
しかし値引きは個人差の交渉能力で差が出やすいので、ここでは誰でも実行出来てなおかつ効果が出やすい方法を紹介します。

先に下手な交渉を掲載しますので、自分が同じような交渉をしてないか確認してみてください。

一方的な価格提示やネット比較、現金値引は失敗しやすい

値引きで多いのが

「235万円のところキリよく230万円でいこうよ!」

だったり

「もう10万だけ負けてよ!」

と言う交渉ですが、この手の多くが失敗に終わります。また最近はネットで値引き額が公表されているのでその価格を持ってきて「他ではこれだけ引いてるから同じ額引いてくれ」というケース。これは先にも出した直営と外資の関係もありあくまで参考にしかなりません。また、ネットであれこれ調べてまで価格を提示してくるお客さんは厄介なケースもあるので、社員の方も警戒したり心を閉ざしてしまうケースもあります。苦労して、割引して売っても更にクレームが多いなら売らない方がマシって判断をされるわけですね。
そして意外と難しいのが「現金」で値引きすることです。実は現金値引はある程度システムで管理されており、規定以上の金額を入れることが難しくなっております。ですから5万円という値引きを10万円にするのがシステム上無理なケースもあります。そこで使うのが「現物値引」と「比較」です。

比較をするなら近所のディーラー、値引でなくオマケを頼む

先ほどもありました比較ですが、ネットではなく近隣にあるディーラーで同じ車種を扱っている所の見積もりは非常に有効です。ある程度エリアも絞られており、なおかつ近隣ディーラーの見積もりですからネットで持ってきた「全国」ではありません。どうしてもお客さんが欲しい時、セールスの方は上司に話をしやすいでしょう。
ですから、比較をするなら近隣のディーラーであったりお勤めの場所の近くにあるディーラーで見積もりをもらうのがお勧めです。

そしてもう一つが現金ではなく現物での割引です。例えばですがバックカメラが3万円のオプションでしたらそのオプションを無料で付けてくれないかという交渉です。コレ以外にも地味に高くて必須なのがフロアマット、これはオマケの代名詞とも言えます。

実はこれもメーカーとディーラーの関係が出てきます。
「メーカーオプション」と「ディーラーオプション」という言葉を聞いたことがありませんか? メーカーオプションと言うのは自動車メーカーが製造する段階で付けるオプションです。パーキングセンサーやサンルーフがそうですね。
一方のディーラーオプションはメーカーから納品されたものにディーラー側で取り付ける物です。アルミホイールやエアロパーツ、スポーティなフロアマットなんかがそれらに当たります。このディーラーオプションはディーラー側の裁量で割引や提供が可能なので、現金での値引きが出来なくても最後にディーラー側の判断でオマケに付けることが可能なわけです。

実際には数万円払って買うつもりだったオプションが無料になるのも実質的な割引と言えます。在庫車両の場合は「本当はコレいらないんだよね…」という話をすると無料とは言わずも気持ち程度の割引があるケースもあります。

格安で買えるからこそ、新車を買おう

以上が新車を格安で買う為の時期と方法の話です。

車が故障してすぐにでも乗換が必要な場合や、時期を待てないケースもあるかと思います。そんな時は三つの方法を上手く使ってみて、逆に三つの方法のうち在庫車や新古車がないケースもあります。そんな時は上手く交渉したり時期を見計らって購入することをお勧めします。

またこの決算時期以外にもボーナスシーズンである7月や12月は安くなりやすいですし、その時まで待っている方も多いので、その少し前の時期は交渉次第で安くなりやすいです。

新車は保証はもちろん、車が自分の運転のクセを覚えるので乗るほどに自分にフィットしていきます。定価では厳しくても、さまざまな手段を使う事で格安になりますので是非とも利用してみてください。