憧れのスーパーカーに乗ってみたい!年収いくら必要?

スーパーカーといえば、憧れの存在だったり、はたまた夢のまた夢なんて思ってしまうくらい高額の車。それだけではなく、性能も一級品でそれこそ桁違いといっていいほどです。そんなスーパーカーを所有するためには、いったいいくら掛かるのでしょうか。年収にすればいくら必要になってくるのでしょうか。

スーパーカーを新車or中古車どちらで選ぶ?

「夢のスーパーカーを新車で購入!」といっても、値段設定も様々で、いわゆるピンからキリまであるというのが現実です。想像されるスーパーカーといえば、フェラーリやランボルギーニといったところでしょう。しかし、スーパーカーという括りだけで考えれば、そんなに手の届かないような存在というわけでもなく、意外と国産車の方が高かったりするのです。

ランボルギーニ・カウンタック

スーパーカーといえばこのクルマが思いつくってくらいの代表的存在が、この「ランボルギーニ・カウンタック」ですね。男子は憧れているひとも多い人気車種ではないでしょうか。
価格は中古車で約3,800万円程度です。

シボレー コルベット Z06

こちらも古くから人気のスーパーカーのひとつ、コルベット。アメリカを代表するスポーツカーとして、市場最強のコルベットという謳い文句なのが、このZ06です!
価格は、新車で約1,300〜1,600万円程度。中古車で約950〜1,400万円程度。

フェラーリ・F50

ご存知イタリアのフェラーリが創設50周年を記念して作ったモデルです。限定って言葉になぜかそそられますよね!
価格は、新車で5,000万円。

スーパーカーに手が届く年収は?

スーパーカーの所有者の平均年収は900万円程度というところだそうです。スーパーカーの新車での購入には、年収1,000万円以上は必要になってきます。
では、年収300万円程度では諦めるしかないのかというと、そうではなくて、新車は無理だが中古車で探してみようということになるのです。

国産の人気スーパーカー

国産のスーパーカーの方がかえって女性ウケよかったりします。見劣りするというイメージがあるかもしれませんが、実用性という点から見ても国産車の方が安心感があると思います。

HONDA NSX

ホンダのスポーツカー、NSX。フェラーリに追いつけ追いこせをコンセプトに開発された人気車種は、日本人好みのスーパーカーです! 写真は2016年発表予定といわれている新型NSXです。
価格は1,800万円程度ということです。

日産 GT-R

出典:http://www.nissan.co.jp/GT-R/

圧倒的人気なのが、やっぱりGT-R。日本にとどまらず海外にまでファンが多いという世界水準に達している日本が誇るスーパーカーです!
価格は1,100万円程度で、乗り心地もよいのが特徴。女性人気も高く男性に乗ってほしいスーパーカーNo.1といっても過言ではないんじゃないでしょうか。

レクサス LFA

出典:http://lexus.jp/models/lfa/

世界のトヨタが展開している高級車ブランドのレクサスですが、日本製というのはどうしてこんなに安心感があるのでしょうね! 買っておけばまず間違いないという思いにしてくれます。トヨタの高級車クラスの中でも、最上級に位置するLFAは、限定販売ということもあり、非常に希少価値のあるモデルです。
こんなドライブでもちょっとした買い物にでも気軽に使えそうな、最上級のスーパーカーは他にはありませんね!
こちらは限定販売のため相場はありませんが、通常レクサスは1,000〜1,500万円の間くらいです。

諦めなくてもいい!スーパーカー所有者になれる!!

スーパーカーを購入するには、年収1,000万円以上は必要と前記しましたが、所有者たちの実情というのはちょっと違って、実際に年収が300万円程度のひともいれば、3,000万円以上という高額所得者までいるのです。なぜこんなに幅広いのか不思議な部分でもあります。
ここでは、この違いをもたらす原因についてご紹介していこうと思います。

中古車を上手に目利きしよう!

1,000万円のスーパーカーを5年ローンを組んだと想定すると、年間200万円ですね。そこに維持費として少なくても100万円、多めに見積もって200万円といった出費がかさみます。スーパーカーに掛かるだけでも400万円は必要で、他の生活費も考えると、やはり年収1,000万円は必要になってくるという計算になります。しかも、フェラーリやランボルギーニのような外国車になると3,000万円以上が相場となるため、上で出した値も比例して大きくなるというわけです。
ではなぜ現実に300万円程度の年収のひとがスーパーカーを所有しているのかというと、中古のスーパーカーを吟味しているから可能になるのです。販売店によっては、90回以上のローンが組めるところもあり、900万円程度の外国車が月々10万円弱で所有できるということにもなります。不可能ではない金額ではないでしょうか?

年収300万円でもフェラーリのオーナーになれる!

フェラーリの買い方 (竹書房新書)

¥918

販売サイトへ

本を開くと、「フェラーリは『買わせていただくもの』」「オプションは最低300万円から?」「自動車保険料が年間250万円!?」などなど、刺激的な目次が並んでいます。
第一章「あなたもフェラーリを買いに行ってみよう」では、フェラーリのディーラーに足を運ぶところから細かくシミュレーション。「日本の東北以北にはディーラーが1件もないので、東京に買いに行くことになる」「勇気を出して建物内に入っても、受付嬢や営業マンから無視される可能性が高い」などの驚きの事実が判明します。
特に、最終章の「年収300万円でもフェラーリは買えます」という見出しにはびっくり。そこを開いてみると、本書の後半は中古のフェラーリを乗り継ぐ方法の指南書になっていました。
清水さんは20年間で10台のフェラーリに乗り、合計5600万円のお金を使用したそう。しかし、現在所有しているフェラーリ458イタリアを売れば、2300万円。つまり、3300万円で10台のフェラーリに乗れたことになる計算です。

出典:gazoo.com

考え方ひとつ、やり方ひとつで可能性は広がるということですね。ないものを追い求めるという前に、今あるものに着目して、できる方法を考えるという前向きな姿勢こそが、大げさかもしれませんが夢を実現するための最善の道なのでしょうね!

外国車は故障が多い傾向がある

これはよく耳にすることがあるかと思いますが、スーパーカーのようなある種希少価値があり、唯一無二的な車というのは、得てしてメンテナンスが何かと大変なところがあるのです。あの頑強そうな見た目とは逆に、なかなか繊細でもろさもあるんですね。量産型ではないため、いわゆる手作りというところがその大きな要因のようです。
所有者は当然修理を並行しながら乗っているのです。だから結果的に中古車のなかには、修理が行き届いているものがラインナップされていることが往々にしてあります。
あまり走っていない展示品よりも、ある程度走っている方が、維持費が掛からないといわれる由縁はここにあるのですね!

価値が落ちにくいのがスーパーカーのいいところ!

前途したように、中古でフェラーリを900万円で購入して、それを1年後に100万円落ちで買い取ってもらえるということもあるのが、スーパーカーのいいところでもあります!
そして、購入時よりも売却時のほうが高くなることもあり、まるで投資物件のような感覚にもなります。お金ばかりが掛かるというイメージかもしれませんが、意外とお金になってしまったりするのかもしれませんね!

スーパーカー所有のための年収は?

というわけで、スーパーカーを新車で購入したければ年収1,000万円以上が必要になり、中古で探す場合は、年収300万円から可能になってきます。しかし、価格というのは変動がありますので、充分なリサーチというのは必要不可欠ですね。いずれにしても高い買い物です。とことんまで突き詰めて、納得のいく愛車を見つけたいですよね!

※この記事に掲載の新車、中古車の価格は2015年10月時点のものです。