【中古車をお得に購入するならオークション】日本で開催されている自動車オークションのあれこれ

日本全国で中古車オークションが開催されています。オークションでは車を買いたい人と売りたい人が集まってばいばいをしています。希望する車種やグレード、カラーなどを探しやすく、相場よりも安く購入することができ、相場よりも高く売ることができます。この記事では自動車オークションについての話やメリットとデメリットをお話ししていきます。

会員制のオートオークションについて

オートオークションは、中古車販売店や中古車買取店など「業者」しか参加することができない会員制の自動車オークションです。会員になるためには一定の審査を受ける必要があり、古物商許可が「行商を行う」となっているというのが最低条件となっています。その他に設立状況や業績なども審査の対象となり、審査に合格した業者のみが参加することができます。

スクリーンに映し出された車両で状態を確認する

以前までは実際に売りに出されている車が入札席の前を走らせて車の状態を確認していましたが、映像技術が発展したため最近では実際に走行している映像をスクリーンに映すようになっています。オークション参加者はその映像を見て車の状態などを判断して入札を行います。

手セリからコンピューターを使った入札方式へ

入札方法に関しては築地などでよく見かける「手セリ」が一般的でしたが、出品台数の増加によりセリを仕切る競師の負担が増えたことや、欲しい車がかぶってしまった時に手を挙げづらいなど様々な問題点がりました。そこで新しく導入されたのがポスシステムと呼ばれるコンピューターによる入札システムです。パソコンのような機械で入札をしたり車両の状態を調べたりすることができます。現在ではこちらが主流となっており、ほとんどのオークション会場で採用されています。

安く買えて高く売れる?

オートオークションでは審査に通過した業者しか参加することができません。そのため市場で販売されている価格よりも安く購入することができ、一般的な買取相場よりも高く売ることができます。中古車販売店は安く買って整備をしたり車検を通したりして、価格を上乗せして販売します。中古車買取店はできるだけ安く買取り、綺麗にしてオークションで買い取った価格よりも高く売ります。

オートオークションの会場は?

オートオークションの会場は全国に約120ヵ所あると言われています。会場ごとの出品されている車種や値段が異なり、不動車や事故車など様々な車があります。

個人でも参加できる個人売買オークション

オートオークションは業者しか参加することができないですが、個人でも参加することができるオークションがあります。こちらは業者間の売買ではなく、個人売買が基本です。有名なサイトだとYahooが運営している「ヤフオク」が有名です。登録さへすれば誰でも簡単にオークションに参加することができます。

「ヤフオク」の他にも「モバオク」も自動車やバイクの出品が多いオークションサイトです。「モバオク」はどちらかというとバイクの方が多いイメージです。

個人売買オークションのメリット

個人売買オークションのメリットとしては、業者ではなくても誰でも簡単に売り買いすることができるという点があります。ネット上で自分の希望に合う車やバイクを簡単に見つけることができ、多少であれば値段の交渉もできることがほとんどです。出品者の了承を得れば、実際に現車確認をして試乗させてもらえることもあります。

また、値段は低くてもいいのでできるだけ早く売りたいという方も多く、一般的な相場よりも安く購入ができる場合があります。

個人売買オークションのデメリット

個人売買オークションの1番のデメリットとしては、出品者が個人という点です。中古車販売店や中古車買取店とは違い素人が出品しているため、車の詳しい情報などがわからないことが多いです。実際に購入してから、記載されていなかった傷や不具合などがあることがあります。これを防ぐためには出品者に質問をしたり、実際に現車確認することを推奨いたします。また、基本的に保障などがないため購入後にトラブルがあった場合にはすべて自分で修理しなければいけないということもあります。

その他には個人売買ということで車両の引き取りや名義変更などはすべて自分で行わなければいけません。

中古車オークション代行とは

中古車オークション代行は、業者しか参加することができないオートオークションに出品されている車をお客さんの代わりに購入してくれるサービスです。自分の欲しい車の条件を提示するだけで、あとはオークション代行業者がオークション会場に行って落札をしてもらうことができます。

中古車オークション代行のメリット

中古車オークション代行のメリットとしては「相場よりも安く購入・高く売却することができる」、「プロが点検した安全な車を購入できる」、「自分の希望に合う車を見つけることができる」というものがあります。1つずつ解説していきます。

「相場よりも安く購入・高く売却することができる」:業者が利用しているオークションから代行業者が探してくるので、一般的な中古車相場よりも安く購入することができます。落札価格でそのまま購入できるわけではなく、代行業車に手数料として何%か支払う必要があります。逆に売却する際には相場よりも高く落札されることがあります。

「プロが点検した安全な車を購入できる」:オークションに出品する際に専門の検査員が修復歴がないかや傷や凹みがないかをチェックします。プロの検査員がチェックしているので、細かいところまで確認された車の中から購入することができます。

「自分の希望に合う車を見つけることができる」:オークションには様々な種類の車が出品されています。車種・カラー・グレードなど自分に近所の中古車販売店で見つけるのは大変ですが、オークション代行を使えば自分の条件に合った車を見つけることができます。もし開催中のオークションに出品がされていなくても、毎週新しい車が出品されるので、見つかるまで探してもらうこともできます。

中古車オークション代行のデメリット

中古車オークション代行の1番のデメリットは、実際に車を運転することができないというところです。特に中古車の場合は乗ってみないとわからないような不具合があることが多いので、試乗することができないというのは不安なポイントです。

また、オークションなので落札価格が安定しません。時期やライバルが多数いる場合には希望の価格で購入ができない場合があります。逆に出品を代行してもらう際には相場よりも安く落札されてしまうこともあります。

オークション代行を使って車を購入する流れ

STEP1:自分の欲しい車の相場をチェックしよう

まず最初にすることは自分の欲しい車の中古車相場をチェックしましょう。この際に中古車販売店の相場を確認するのもいいですが、実際にオークションの相場を見ることができるサイトが何個かあるのでそちらでチェックするといいでしょう。だいたいどれぐらいの価格で購入することができるのかを把握しておきます。

STEP2:オークション代行業社に依頼をしよう

自分の欲しい車の相場を把握することができたら、実際にオークション代行業社に依頼をしましょう。どこの会社がいいのかわからない方のためにこの記事の終盤でおすすめの代行業社を紹介しておりますので、そちらを参考にしてみてください。

ほとんどのサイトで「電話」と「メール」で依頼ができますが、どちらでも問題ありません。依頼する際にはわからないことや疑問な点などを聞いておきましょう。相談などは基本的に無料なので、相談した上で辞めるという選択もできます。

STEP3:希望する車両の検索

正式に依頼が完了した後に代行業者が希望する車両の検索を行ってくれます。毎週出品される車の中から条件に合う車両があった場合に都度その車両についての詳しい情報が送られてきます。出品票や画像で条件に合う車両なのかを判断しましょう。

もし条件に合う車両が見つかった場合には最終的な打ち合わせ(上限価格や維持費など)をしていきます。

STEP4:車両の事前チェック

購入したい車両が決まったら代行業者がオークション開催日までに車を現地まで見に行ってチェックをしてくれます。オークションのプロがチェックしてくれるので、出品票や画像ではわからにようなところまで把握することができます。チェック内容や結果についてはもちろん教えてもらうことができます。

ここで問題がなければあとはオークション開催日まで待つだけです。

STEP5:オークション当日

オークション当日になったら代行業者がオークション会場でセリに参加します。最初に決めた予算内で収まりそうなら落札をして、予算を超えてしまいそうなら落札はせずに、再度、別の車両を見つけてのチェレンジになります。ほとんどの代行業者では何度チャレンジしても追加費用は発生しないので、妥協はせずに自分の希望にあった車を探しましょう。

もし予算内で落札することができた場合には次のステップに進みます。

STEP6:料金の支払いと納車

実際に落札することができたら車両の代金と手数料(代行業者によって異なる)を支払います。料金お支払いが完了したら名義変更などの手続きや車両の点検整備が行われます。車検が切れている車両はこの際に車検の手続きもしていきます。(別途費用が発生します。)

全てが完了した後にいよいよ車が納車されます。代行業者が遠方の場合には陸送の手配ができるところもあります。詳しくは代行業者にお問い合わせください。

おすすめのオークション代行業者

くるまオークションドットコム

名古屋を拠点にオークション代行を行っている会社です。くるまの出品数が多い東海地域をカバーしているので、多くの車両の中から条件に合う車を探しやすいのが特徴です。オークション代行だけではなく実際にお店を構えて中古車販売もしている会社なので、安心して中古車を購入することができます。

また、くるまオークションドットコムでは「無条件返品買取保証」、「品質保証」、「24ヵ月無料修理保証」、「輸入車無料修理保証」、「売却手数料無料保証」の5つの保証と「24時間無料レスキューサービス」、「無料台車サービス」、「購入車両事前チェックサービス」の3つのサービスを受けることができます。オークション代行が不安な方でも安心して購入をすることができます。

公式サイトはこちら

オークサポート

オークサポーとでは誰でも簡単にオークション相場を確認することができます。この相場検索機能はプロが実際に使っているオートオークションの落札データーをベースに作成されているので、実際の相場に近いかか雨を調べることができます。

検索機能を使って自分の希望の車を見つけることができたらそのまま購入代行の依頼をすることができます。代行手数料は一律で50,000円(税別)だけなので、高額な車でもお得に購入することができます。代行手数料は成果報酬なので、実際に希望の価格で落札できない場合や購入を辞める場合には費用は発生しません。

また、実際に落札した際の書類を見せてもらうことができるので、価格が上乗せされることは絶対にありません。保証などに関しては有料になってしまいますが、加入することができます。

公式サイトはこちら

カーオークション.jp

カーオークション.jpではどこよりも安い手数料で「安く買い」「高く売る」ことができます。購入する際の手数料は35,000円(300万円以上の場合は45,000円)というどこよりも安い手数料で、実際に車が納車されてから料金を払うことができます。(150万円以上の車両を除く)納車後に出品票にない不具合や傷などがあった場合には返品することもできます。

また、オプションにはなりますが、最大で3年間の保証をつけることができ、全国2000以上の指定工場で整備・修理を行うことができます。故障などが心配な中古車ですが、このオプションに加入することで安心して購入をすることができます。

公式サイトはこちら

まとめ

この記事では自動車オークションについてお話をさせていただきました。オートオークションは業者しか参加することができず、一般的な相場よりも安く購入することができ、相場よりも高く売却することができます。最近では個人売買オークションでの積極的に売り買いされており、誰でも気軽にオークションに参加することができます。できるだけ安く自分の希望にあった車を購入したい場合にはオークション代行がおすすめです。気になる方は検索するといろいろサイトが出てくるので、条件に合いそうな代行会社があれば利用してみてはどうでしょうか。