ETCで休日の高速道路がお得に?ETC 休日割引の紹介&利用例紹介

皆さんはETCを高速道路で活用すると様々な割引が受けられることをご存知でしょうか? 特に休日利用される方でしたら「休日割引」を受けることができるのです。そこで本日は、ETCを活用することで受けられる休日割引について紹介していきます。

ETC 休日割引とは?

ETC休日割引とは、ETC搭載車が「土・日・祝日」に指定された区間を通過することで受けられる割引制度のことを指します。割引率は「30%OFF」になります。「割引適用の車種に制限はあるの?」と言う意見もあると思いますが、そのような制限はありません。軽自動車~大型車まで割引対象となります。そして平日割引のように「事前に登録を行っていませんと割引対象にはなりません」「○回以上使用しませんと割引になりません」「割引はポイントで還元します」と言ったこともありません。通過した時点で高速料金から30%OFFになるのです。

よって、休日に旅行やアウトドアを楽しまれる方、または休日に家族サービスの一環として高速道路を使用して遠出する等のように使えるのです。

割引対象となる高速道路を教えて!

いくら休日割引があっても対象の区間を通過しない限り、30%OFFを受けることは不可能になります。では対象となる高速道路はどこになるのでしょうか?

対象となる高速道路は「NEXCO東日本/中日本/西日本(NEXCO3社)が管理する地方の高速道路」及び「宮城県道路公社の仙台松島道路」になります。ただし一部の高速道路では休日割引が適用されませんので注意です! 例えば下記の高速道路の区間は休日割引の対象外となります。

●東京近郊

・東北道(川口 JCT ~加須)
・常磐道(三郷~谷田部)
・関越道(練馬~東松山)
・東関東道(湾岸市川~成田)
・新空港道
・東京外環道
・東名高速(東京~厚木)
・中央道(高井戸~八王子)
・京葉道路
・第三京浜道路
・横浜新道
・圏央道(茅ヶ崎JCT ~久喜白岡JCT )
・首都高全線

●大阪近郊

・名神高速(大津~西宮)
・中国道(中国吹田~西宮北)
・近畿道(吹田~松原)
・阪和道(松原~岸和田和泉)
・西名阪道(天理~松原)
・京滋バイパス(瀬田東~久御山淀)
・第二京阪道路(巨椋池~門真 JCT)
・第二神明道路
・南阪奈道路
・関門トンネル

以上の高速道路及び区間は残念ながら休日割引の対象外となります。休日だからと言って対象にならない区間を通過しても割引になりませんので、もし利用するのであればルートを考えてから高速道路を活用しましょう。

休日割引に回数や走行距離に制限はあるの?

高速道路の各種割引には時折、制限が設けられていることがあります。例えば先ほど紹介した平日割引。こちらの場合、5回以上使用しませんとポイントが還元されません。では休日割引でも平日割引のような制限があるのでしょうか?

先に結論を述べますと、休日割引に制限が設けられていません。例えば「1ヵ月に○回使用しないと割引にならない!」「1ヵ月に○回使用すると休日割引が受けられなくなる」と言ったことが発生しないのです。他にも走行距離で「1ヵ月に○,○○○km走行しないと適用されない」「1ヵ月△,△△△km以上走行すると制限される」と言ったこともありません。つまり休日や祝日であれば割引し放題なのです!

ですので休日・祝日に「高速道路を利用してアウトドアへ行くぞ!」「高速道路を利用して1泊2日の温泉旅行に出かけよう!」と言うように高速道路を使用される方は大いに活用していくことをおすすめします。

各種割引と一緒に割引される?

「そう言えば…休日に深夜割引が適用される時間帯に対象区間を通過するな…。もしかして2つの割引が受けられるのかな?」と思いがちです。確かに休日割引と一緒に深夜割引・障害者割引のように対象となる割引があります。もし実現できるのであれば半額以上の割引が受けられそうですよね?

ですが、残念ながら休日割引と一緒に割引を受けることが不可能になります。
もし割引が重複する場合は、割引の中で一番割引率の高い割引が適用されるのです。ただし、下記のような一部の割引・ポイント還元は対象になります。

・ETCマイレージサービス
・大口、多頻度割引
・「ハイカ・前払」残高管理サービス

以上の3つです。
そのため上記以外の割引では残念ながら重複して割引は受けられませんので注意しましょう。

高速道路は何が起きるか分からない!もしETCレーンが使用できないときは?

高速道路はいつ何が起きるか分かりません。もしかしたら皆さんが高速道路のETCレーン近くまで到着した時、何台か前の車両がその高速道路で唯一のETCレーンに突入して事故を起こす可能性も無くはないのです。「これではETCを使っていても休日割引が適用されない! どうすれば良いの?」と誰もが感じると思います。ではそのような事態になった時、休日割引はどのようになるのでしょうか?

ETCレーンが何らかの事態によって使用できない場合、最寄の料金所(この場合、写真のような「一般」のレーンへ移動します。この時は勝手に動くのではなく、警察等の指示に従い移動しましょう)もし大々的な事故(一部区間が完全に通行止めになる等)と言った場合には「高速道路通行止め乗継証明書」を利用して乗り換えます。料金所に到着しましたら、証明書を係の者に提出しなぜここに移動したかと言う旨を説明しましょう。合わせて休日割引の旨を伝えれば、例えETCレーンが使用できなくてもETC割引が適用されるのです。

そのため「ETCレーンが使えない! どうすればいいの!」と慌てないように上記の流れを覚えておくと良いでしょう。

スマートICは制限が多い?利用する前に確認しましょう!

高速道路の入口・出口には時折「スマートIC」と言うものが設置されています。このスマートICとは「ETC専用」の出入口であり入口や出口だけでなく、既存のPAまたはSAにも設置されています。ですので、手渡しの料金所よりもスムーズに走行できますし、もちろん対象区間・時間帯であれば各種割引を受けることができます。しかし、スマートICを利用する際は注意が必要なのです。

まずは時間帯です。
一般の高速道路の料金所や出入口のように、年がら年中通行できるとは限りません。スマートICの中には「○時~○○時まで」と言うように時間帯が制限されているのです。もし知らずに入ってしまうと、ETCレーンバーが一切反応せず立ち往生になります。そうなると非常に恥ずかしいですね…。

次に車種です。
こちらも一般の高速道路のように全ての車種が通れるとは限りません。スマートICでは特に「大型車両(例えばトラック・タンクローリー等)」一部制限しているところがあります。そして一般車両でも「車高○mまで」と言うように車高が制限されているところもありますので注意が必要です。こちらの場合、レーンが上がらないのではなく枠が設けられているため無理に通ろうとすると、車に傷が付く、または破壊しますので注意しましょう。

もし皆さんがスマートICを利用しようと考えているなら、利用する場所のスマートICの情報を事前に入手しておきましょう。

ETC パーソナルカードでも対象になる?

クレジットカード所有者であれば、既にカード会社との信用がありますので「ETCカードを作ろう!」と思えば、よっぽどのこと(支払いの遅延・支払い期日になっても支払わない等)が無い限りETCカードを作れないと言うことはありません。しかしクレジットカードを所有していない方からすると、そう簡単にETCカードを作ることはできません。皆さんがもしカード会社の審査する立場でしたら、何の情報も無いお客様から「ETCカードを作ってください」と言われ「はい喜んで!」と言うようにすぐ作りませんよね? もし作るとすれば裕福な方・社会的地位が高い方でしょう。

ではクレジットカードを所有していない方はどうすれば良いのか? そんな時は「ETCパーソナルカード」を作りましょう!

ETCパーソナルカードとはクレジットカードの「信用」の代わりに「保証金」を預けて使用するETCカードになります。保証金を預けETC車載機に入れれば、一般のETCカード同様に使用できると言う訳です。しかし「年会費」「使用料金」「保証金」の支払いが滞っていますとETCパーソナルカードは使用不可能になります。例え保証金が入っていても反応しない、ただのカードになりますので支払いだけは滞らないように注意しましょう。

ETC 休日割引の利用例

ここまで休日割引について紹介してきましたが、これからは「こんな時は休日割引の対象になるの?」と言う利用例を紹介していきます。様々なパターンがありますので、休日割引をこれから利用しようと考えている肩がいましたら参考にしていただけると幸いです。

(1)日曜日に対象区間へ入り平日の月曜日に対象区間を降りた

初めに紹介するのは日曜日に入り平日の月曜日に降りるパターンです。確かに休日割引の対象となる曜日に対象区間に入っているものの、対象区間を降りたのは平日になります。これでは割引対象にならないと思いますよね? ですが、上記のパターンですと休日割引の対象になるのです。今回ですと、休日割引が適用される曜日に侵入していますので、例え平日に抜けても割引になるのです。そのため「もう少しで曜日が変わってしまう! 急がないと休日割引が適用されない!」と言うように慌てる心配がなくなるのです。

(2)平日の金曜日に対象区間へ入り休日の日曜日に対象区間を降りた

今回のパターンは先ほどと反対で、入るときは平日で出るときが休日になります。「今回は休日に入っていないから対象にならないのでは?」と感じますよね? しかし、こちらも休日割引の対象になるのです。例え平日と言っても休日である土曜日・日曜日は対象区間を走行しています。対象となる曜日に対象区間を走行しているのであれば休日割引の恩恵を受けることができるのです。

よって「仕事が早く終わって出かけようと思ったけど…まだ休日割引の曜日にならないな…」と待っている必要はないのです。

(3)平日の金曜日に対象区間へ入り平日の月曜日に対象区間を降りた

高速道路を利用して長旅をされている方、または高速道路の「SA巡り」をされている方ですと上記のようなパターンがあると思います。3つ目に紹介するこちらのパターンは、上記で紹介した時と異なりどちらも対象区間は走行しているものの、対象となる曜日に入る、または降りていません。ではこちらのパターンは割引の対象にならないのでしょうか?

答えは対象になります!

理由として(2)でも紹介したように、例え平日であっても休日の期間に対象区間を走行していたのです。そうなれば例え、平日の月曜日に対象区間を降りても割引の対象になるのです。

(4)土曜日に首都高、日曜日に対象区間へ入り同日に対象区間から降りた

最後に紹介するパターンは土曜日に対象外の区間を走行してから、日曜日に対象区間へ入り、そして降りるパターンです。一見すると、対象の区間から入っていないため割引が適用されないのでは? と感じてしまいます。しかし、このパターンでも割引が適用されるのです。ただし対象区間のみです。

例え対象外の道路へ先に侵入しても、対象となる曜日に対象区間を走れば適用されるのです。上記の場合であれば例え平日に降りたとしても適用されるのです。ですので「しまった! 対象区間ではないところから高速道路に侵入してしまった…」と嘆くことはありませんので、高速道路を大いに活用していきましょう。

ETC 休日割引はバイクにも適用される?されない?

ETC休日割引は軽自動車~大型車まで適用されると先ほど説明しましたね? しかし現在では、バイクにもETCを搭載できるようになっています。ではバイクも、ETC割引の恩恵を受けることができるのでしょうか?

もちろん、ETC搭載のバイクであれば休日割引を受けることができます。ただし、料金はバイクのカテゴリーがないため「軽自動車」と同等の金額を用意しなければいけません。今回紹介した平日割引意外にも「平日割引」「深夜割引」と言った各種割引を受けられますので、バイクで高速道路を走行される方は大いに活用しましょう。

最後に

最後になりますが、ETCカードを搭載していれば休日割引の他に「平日割引」「障害者割引」「深夜割引」等々、幅広い割引を受けることができます。残念ながら各種割引の重複は一部を除いてできませんが、利用すればするほど大変お得な割引になります。もし皆さんの中で、土日祝に高速道路を頻繁に活用される方がいましたら、是非ともETCカードを搭載して休日割引の恩恵を大いに受けるようにしましょう。