安全運転の味方!おすすめのレーダー探知機

レーダー探知機が欲しい! と今お悩みの方、どのような違いがあるのか知りたい人のためにまとめてみました。日本の大手レーダー探知機メーカー3社を取り上げています。

レーダー探知機のメリット

全ては安全運転のため

レーダー探知機と言えば各地のオービスや急なネズミ取りなどがわかるようなイメージがあり、それ以外のところでは制限速度を気にせず飛ばせるようなイメージがありますが、もしそのためにレーダー探知機を取付けるのであればおすすめしません。
実はレーダー探知機の本当の目的は、「自然と出てしまっているスピードに気付くため」の物です。ですから普段からスピード狂な方には向いていません。なぜならレーダー探知機は頻繁に取締りポイントを教えるために警告を発します。ですので安全意識が高くないとうるさくてスイッチオフにするという結末が待っていると思います。

知らない土地では大活躍

道もわからないので制限速度標識を見逃してしまったりすると思います。そんな時は制限速度が何キロかといった情報も教えてくれます。標識を見なくてもサポートしてくれる形になるので、行き先や交通状況に集中できるメリットもあります。

事故率も下がる

最近の自動車は性能が良く、制限速度が遅く感じてしまう程あっという間に加速してしまいます。車種によってはゆっくり走る方が難儀する程です。そこで注意をうながしてくれるレーダー探知機を装着していればスピードが無意識に出ていても減速させるキッカケが増えます。
スピードが抑えられると事故に対するリスクが減少するので事故率も下がるといったメリットがあります。

おすすめレーダー探知機紹介

日本にはレーダー探知機を得意とする3つのメーカーがあります。それぞれ特徴もありますので順に紹介します。

おすすめレーダー探知機:ユピテル

CSR-5S

ユピテル レーダー探知機 ワンボディ・ソーラータイプYUPITERU  Super Cat CSR-5S

¥3,260

ブランド ユピテル(YUPITERU) 商品重量 236 g

販売サイトへ

昔ながらのレーダー探知機のスタイルです。ダッシュボードに貼り付けるタイプです。このモデルは統合的デジタル信号処理技術(iデジタル)により、超高精度識別を実現し、ステルス識別も通常波と区別して、音(ニアミスアラーム)&光(アラームランプ)で知らせてくれます。新Hシステム対応と新Hシステムに対しています。
シンプルながら最小限の装備があります。値段もお手頃なので取り敢えずレーダー探知機が欲しい人におすすめです。

Super Cat (スーパーキャット) SVE-29

ユピテル レーダー探知機 SVE-29

¥4,380

●可動ソーラーパネル採用 ●ロングライフ設計[特許第2075785号] ●ニッケル水素電池内蔵 ●12V車専用

販売サイトへ

こちらは上記のCSR-5Sの性能をそのままにサンバイザーに装着するタイプです。自然に取り付けられるのも魅力ですね。

Super Cat (スーパーキャット) GWR101sd

ユピテル(YUPITERU) スーパーキャット超高感度GPSアンテナ搭載一体型レーダー探知機 GWR101sd

¥20,571

◆業界初!!各都道府県の「速度取締り指針」表示に対応!
各都道府県警察署が公表している速度取締指針をリアルタイムに表示します。
◆GPS測位精度が向上!1秒間に最大5回測位
◆業界初!! 道路交通法の改正による「ラウンドアバウト(環状交差点)」表示対応

◆業界最多!ターゲット77識別、GPSデータ12万6千件以上
取締・検問データ4万7千件以上、取締や無線などを77識別で警報
◆さらにスッキリ!本体を大幅に小型化
本体は横幅106㎜と従来機から18㎜の小型化に成功しました。

販売サイトへ

まるでカーナビのような画面ですが、最近のレーダー探知機の定番となっています。このモデルの特徴は走行している場所と時間に合わせて、各都道府県警察署公表している速度取締指針をリアルタイムに表示します。公開取締情報が公表されていない地域でも、速度取締り指針によって情報をカバーできます。
GPS測位間隔が5種類の衛星で1秒間に5回測位される高感度な物を採用しています。そのため車の走行状況の把握する能力がとても高いです。これにより画面上に表示される車速もより正確なスピードを示していることになります。
さらにオプションのOP-WLSD08を取り付けるとモバイルルーターやテザリング機能付きスマートフォン、無線LANと接続が可能になり、情報が最新の物へと更新されます。これにより公開取締情報のダウンロード、オービス/コンテンツデータのダウンロード、写真データのダウンロード、リアルタイム配信データ(れーだーちゃんねるなどによる投稿で収集された情報)のダウンロードなどの機能が追加され、より正確な取締り情報を得ることが可能です。
そのほか、月間記録機能も装備されており一回の運転毎の日付、運転終了時刻、走行距離、燃費が自動的に記録され、後から確認できます。月間のトータルで何km走行したか、月間の平均燃費がいくつかも確認できます。
コンパクトなボディーに多機能が備えられた優秀なモデルと言えます。

Super Cat (スーパーキャット) GWM105sd

ユピテル(YUPITERU) スーパーキャット超高感度GPSアンテナ搭載ミラー一体型レーダー探知機 GWM105sd

¥21,630

●カーロケーターシステムは、全国的に新システムへの移行が進んでいます。2015年1月1日現在受信ができる東京都も、新システムに移行した場合、カーロケ無線の警報や識別、ベストパートナー機能は、はたらきません。
●本機を取付けての違反に関しましては、弊社では一切の責任を負いかねます。日ごろからの安全運転をお心がけください。

販売サイトへ

こちらのモデルは上記のGWR101sdのルームミラータイプです。そのため車内をシンプルに保ちたい人におすすめです。
先ほど紹介しきれなかった機能も紹介します。マップデザインが23種類あるので好みのデザイン選択が可能です。2011年の施行から徐々に増えつつある「ゾーン30」規制区域。2017年には全国で3000カ所の規制が予定されています。SUPER CATは、この規制に業界でいち早く対応しています。住宅密集地域での安全走行を促します。ゾーン30とは生活道路の事故防止を目的に、住宅街などの生活道路が密集する区域(ゾーン)での最高速度を時速30キロに制限する新交通規制です。
ボイスも6種類から選べる機能も付いています。

Super Cat (スーパーキャット) A800DR

ユピテル(YUPITERU) スーパーキャット超高感度GPSアンテナ搭載ドライブレコーダー連動レーダー探知機 A800DR

¥62,460

【ドライブレコーダーと連動】
●レーダー画面 ⇔ カメラ映像切替をワンタッチで切り替え可能! カメラ画像の画面でもきちんと、レーダー警報を行います。
◆ドライブレコーダー◆
【動画300万画素の高画質記録! ! 】
●記録する動画の解像度は3M(2304×1296)、1080P HD(1920×1080)、720P(1280×720)から選択でき、鮮明な記録や長時間録画が可能です。細部まで記録することができ、重要な情報を逃しません。
【HDR(ハイダイナミックレンジ)搭載】
●トンネルの出入り口で発生する黒つぶれや白とびを抑え、 高画質で明瞭な映像再生を実現します。

販売サイトへ

こちらはスーパーキャットシリーズの機能はそのままにドライブレコーダー機能が付いたレーダー探知機です。記録する動画の解像度は3M(2304×1296)、1080P HD(1920×1080)、720P(1280×720)から選択でき、鮮明な記録や長時間録画が可能です。日中天気のよい時の逆光下や明暗差が大きいトンネルの出入り口、また夜間の撮影時に生じる黒つぶれや白とびを抑え、より明瞭な映像を記録します。
Gセンサーが衝撃を検知すると、その前後一定時間の映像を上書きされないように別保存します。事故前後の映像など、大切な映像を保護しするといった大変かしこい機能を持っています。そのほかワンタッチで記録も可能で、RECボタン一つで録画が開始できます。
最近ではドライブレコーダーも必須アイテム化されています。この機会にどうですか?

おすすめレーダー探知機:コムテック

ZERO 75V

コムテック 3.2インチ液晶搭載 5colorLED警報通知 高感度GPSレーダー探知機 ZERO 75V

¥15,690

【5colorLED搭載】
●LEDフラッシュで警報をわかりやすく通知!
●LEDは車内イルミネーションに合わせて5色から選択可能。また車速や警報に連動して点灯・点滅させることもできます。
【グロナス&みちびき受信&最速GPS測位対応】
●従来のGPS、準天頂衛星みちびき、グロナスの受信に加え、ひまわり、GAGANの受信にも対応!
●受信できる衛星数59基へ増加したため受信精度、受信速度が更に向上しました。

販売サイトへ

レーダー探知機のラインナップ豊富なコムテック。こちらは非常にお手頃なモデルとなっています。測位については、グロナス対応で受信可能な衛星数が大幅に増加し、日本上空にとどまる準天頂衛星みちびき対応で都市部や山間部でも自車位置を見失うことなく精度の高い測位を実現しています。さらに、ひまわり、GAGANにも対応し、受信可能衛星数は59基もあります。「最速GPS測位」で受信速度業界最高レベルのようです。
ハイブリッド車の場合、OBD2接続時に(対応車種限定)の18項目を表示することが可能で、・電池容量 ・モータートルク比率・ハイブリッド走行距離・モーター回転数・モーターパワー・累積ハイブリッド走行距離・平均モーター回転数・最高モーターパワー・生涯ハイブリッド走行距離・最高モーター回転数・モーターパワー比率・ハイブリッド走行時間・モータートルク・エンジントルク比率・累積ハイブリッド走行時間・最高モータートルク・エンジンパワー比率・生涯ハイブリッド走行時間のデータを画面で確認できるようです。

ZERO 701DR

【まとめ買いセット】コムテック 3.2インチ液晶搭載 高感度GPSレーダー探知機 【ZERO 701V】 + 衝撃録画対応 常時録画 日本製ドライブレコーダー 【HDR-011H】 セットモデルZERO701DR

¥44,500

コムテック レーダー探知機 ZERO701VとHDR-011Hがワンパッケージになったセットモデル!

販売サイトへ

こちらは上記で紹介したZERO 75Vの機能のほかに、ドライブレコーダーが備わったモデルです。カメラと本体の取り付けも非常に簡単で、ケーブルを接続するだけとなっています。そのほか、生活道路など従来設置できなかった場所へも設置を可能にした「小型オービス」の警報に対応しています。地図と実写で警告を行います。
ドライブレコーダー機能付きとしては非常にお手頃価格かと思います。

おすすめレーダー探知機:セルスター

ASSURA AR-262GM

セルスター(CELLSTAR) ASSURA 無線LAN搭載 3.2インチ液晶搭載 GPSミラー型レーダー探知機 270mm平面鏡 日本生産モデル AR-262GM

¥26,000

【JAPAN QUALITY】ASSURAは国内自社生産・安心の3年保証

販売サイトへ

別売りのドライブレコーダーとセットで使えば、レーダーの画面を見ながらドラレコの設定が出来たり、走行映像や再生映像が見られるので便利です。さらにレーダー側からのGPS情報を用いて位置や時間などの情報も得られます。別売りオプションのOBD2アダプター(RO-115/RO-116)を使用すれば、エンジンの状態や燃費等180以上の項目の細かな車両情報が取得でき、待受画面に表示することができます。また、トンネル内や山間部などGPS測位が出来ない場所でも正確な自車位置を割り出し、高精度な警告を行うことが出来ます。
もちろんレーダー機能も高性能で、高速走行中などに起こる警告タイミングのズレを最小限に抑えています。警告は実写警告、リアルCG警告、カメラ1、カメラ2、の4種類の中から選択できます。

セルスター(CELLSTAR) レーダー探知機用OBDII接続アダプター RO-116

¥4,869

OBDII対応車種と車両側のOBDIIコネクターを接続し、速度や故障情報など様々な車両情報を表示可能

販売サイトへ

こちらがOBD2アダプターです。

ASSURA AR-282GA

セルスター(CELLSTAR) ASSURA 無線LAN搭載 3.7インチ液晶搭載 GPS一体型レーダー探知機 日本生産モデル AR-282GA

¥27,200

◆3.7インチWVGA液晶◆無線LANで自動データ更新◆ドラレコ相互通信対応◆外部入力◆移動オービス設置ポイント◆「ASSURA+Link」対応◆3大衛星+SBAS(全59基)◆OBDII対応(待受最大180項目以上)◆トヨタハイブリッド車情報表示(OBDⅡ接続時)◆「ゾーン30」警告◆17バンド◆トリプルセンサー(G+ジャイロ+気圧)◆高精度GPSデータ125,000件以上◆GPSデータ更新DL無料

販売サイトへ

こちらは先ほど紹介したAR-262GMの機能はフル装備しています。大きな違いはなんと言っても3.7インチの大画面で情報を認識することが可能です。こちらもドライブレコーダーと接続が可能です。そのほか先ほど紹介しきれなかった機能としては、新規に設置された取締機の場所や、検問が目撃された場所の位置情報などをセルスターのスタッフが独自に調査、GPSデータとしてまとめ、ASSURAユーザーだけに月に1度、無料で配信しているので安心ですね!

まとめ

最近のレーダー探知機は、どのメーカの商品も大変高性能で、ドライブレコーダーとの接続やOBD2ポートとの接続が可能で車の状態を画面で把握できるといった共通点があります。どれにしようか迷うと思いますが、大きな違いはデザインくらいなので、どのメーカーも信頼と実績があるので最後は好みといったところです。
良ければ一度カー用品店などで実際にご覧になってください。最後までお読みいただきありがとうございました!