【駐停車禁止まとめ】実は停めることすらできない!?駐停車禁止の意味

市街地や観光地をドライブしていると「駐車禁止」と並んでよく見かけるのが、「駐停車禁止」ではないでしょうか? この意味、正確に理解していないと、点数も引かれちゃいますし、なにより罰金が痛い! というわけで、この「駐停車禁止」について、説明していきますので、ドライブの参考になさってください。

「駐停車禁止」ってどういうこと?

「駐車禁止」=「車を停められない」と認識している人も多いかと思いますが、正確にはちょっと違っていて、一定条件の範囲内なら停めることができます。
一方の「駐停車禁止」ですが、こちらが「車を停めることができない」ということを差しているんですよね。免許を取得して時間が経過すると、案外ごちゃ混ぜに認識している人も多いのではないでしょうか。
これから掘り下げて説明していきますので、すでに免許を取得している人も、またこれから免許をと考えている人も、ぜひ参考にしてください。

「駐車禁止」と「駐停車禁止」の違いって?

似ているようで実は全然意味が違うこの2つ。この違いを正確に理解していないとゴチャゴチャになっちゃうので、まずはここから説明しますね。

「駐車」の定義とは

まず最初に「駐車」の定義について説明します。道路交通法によると、「駐車」の定義は以下のいずれかが該当したとき、「駐車」と位置付けるようになっています。

1:【継続的な停止】
簡単に言うと、「停まったまま」の状態のことですね。

2:【客待ち、荷待ち状態での停止】
タクシーはもちろん、ドライブで友だちを待っている状態でもこれに該当します。

3:【5分を超える荷物の積み下ろしによる停止】
引っ越しなどで荷物の積み降ろをしているときも、もちろんこれに該当します。

4:【故障による停止】
パンクやエンジントラブルなどで停まっていても、もちろん修理中でもこれに該当します。

5:【運転者が車から離れていて、すぐに運転できる状態ではない】
駐車場のないコンビニへの買いものや、車を停めてラーメン屋などで食事をしていると、これに該当します。

以上の5点が「駐車」の定義とされています。

「停車」の定義とは

では、今度は「停車」の定義について説明しますね。こちらも道路交通法に基づいて説明していくので、チェックしてください。

1:【人の乗り降りのための停止】
乗用車ももちろん、バスやタクシーの客の乗降による停止は、これに該当します。

2:【5分以内の荷物の積み下ろしによる停止】
短時間(5分以内)の積み下ろしなら、「駐車」ではなく「停車」に該当します。

3:【運転者がすぐに運転できる状態での短時間の停止】
ちょっと車を停めてナビを操作しているなどの状態は、これに該当します。ですが、数分で発車しないと駐車と認識されるので注意してください。

以上の3点が「停車」の定義とされています。つまり、「駐車禁止」区間では、「停車」の範囲内なら車を停めてもよい、ということになります。

「駐停車禁止」の場所はどんなところ?

駐停車禁止場所の道路標識

それでは、「駐停車禁止」の場所とはどんな場所なのか? について、説明します。実はけっこう普通に停めている車が多いので、「そこもだったの!?」なんて思うかもしれません。

1:【「駐停車禁止」の標識、標示のあるところ】
まあ、当たり前ですよね(笑)。

2:【軌道敷内】
「軌道敷」とは、つまりは線路のこと。線路に停めたら電車が走れませんからね。

3:【トンネル(車両通行帯があってもなくても禁止)】
トンネル内は見通しも悪く、何かあっても逃げ場が非常に少ないので、停められません。

4:【坂の頂上付近や勾配の急な坂(上りも下りも禁止)】
万が一車両が暴走したら、危険なので停められません。

5:【交差点の端から5メートル以内】
6:【道路の曲がり角から5メートル以内】
7:【横断歩道の端から前後5メートル以内】
8:【踏切の前後10メートル以内 】
9:【安全地帯の左側とその前後10メートル以内】
10:【バスの停留所の表示板から(運行時間中に限る)10メートル以内】

5~10は、歩行者が急に飛び出してくるリスクが高い場所で、ここに停めると遮蔽物になって周囲の見通しが悪くなるので、視界確保のために停めることができません。

「駐車禁止」の場所はどんなところ?

駐車禁止場所の道路標識

「駐車禁止」もセットで知っておかないと、片手落ちになりますからぜひ知っておいてくださいね。

1:【駐車禁止の標識、表示のある場所】
2:【火災報知器から1メートル以内】
3:【駐車場、車庫など自動車専用の場所から3メートル以内】
4:【道路工事の現場から5メートル以内】
5:【消防用機械置場、防火水槽とそれに接する道路から5メートル以内】
6:【消火栓、指定消防水利の標識のある位置、防火水槽の取入口から5メートル以内】

以上が「駐車禁止」場所になっていますが、消防設備の場所はできれば停車もしない方が、いざというときのためによいかと思います。

反則金や点数

違反をしないに越したことはありませんが、万が一、違反をしてしまったときのために、点数と反則金を記しておきます。違反には、「放置駐車違反」と「駐停車違反」の2種類があるのもお忘れなく。

【駐停車禁止場所など】
放置駐車違反:(点数)3点、(普通車)18,000円、(大型車)25,000円
駐停車違反:(点数)2点、(普通車)12,000円、(大型車)15,000円

【駐車禁止場所など】
放置駐車違反:(点数)2点、(普通車)15,000円、(大型車)21,000円
駐停車違反:(点数)1点、(普通車)10,000円、(大型車)12,000円

点数も痛いですが、なにより罰金が大きいですね…。近隣に駐車場があれば、ちゃんと駐車場に停めましょう。

まとめ

以上、「駐停車禁止」について、説明してきましたがいかがでしたか? ドライバーの人の中には意外と忘れてしまっていることや、「駐車禁止」と混ざってしまっていたこと、あったのではないかなと思います。いずれにしても、停めてはならない場所で停車や駐車をするのは周囲にも迷惑なので、やめましょう。トラブルになっても、せっかくのドライブがつまらないものになってしまいますからね。