【トヨタ AE86】発売から30年以上たった今でも大人気の理由は?

発売から30年以上たった今でも大人気のAE86。この記事では多くの人から愛され続けているAE86についてお話しさせていただきます。また、現在の中古車相場や中古車の選び方など購入を検討している方にも参考になると思います。AE86を知っている方も知らない方にも是非読んでほしい内容になっています。

トヨタ AE86について

AE86は1983年にトヨタから発売されました。横長の四角いヘッドライトが特長的なカローラのスポーツモデル「AE86 カローラレビン」と、リトラクタブルヘッドライトが特長的なスプリンターのスポーツモデル「AE86 スプリンタートレノ」の2車種があります。

一般的には「AE86」の「86」の部分から「ハチロク」と呼ばれています。

独特なサウンドを響かせる「4A-GEU型エンジン」

発売当時はターボエンジンの搭載が主流だったのですが、AE86に搭載されたエンジンは自然吸気(NA)の1.6Lの4A-GEU型エンジンでした。4A-GEU型エンジンは6,600rpmで130psという控えめなパワーで、発売当初は他の国産スポーツカーと比較して見劣りしていました。

しかし、7,700rpmまで回るエンジンは当時では驚愕で、走り屋やチューニングメーカーなど多くの人を虜にしました。また、独特なエンジン音は車を走らせる楽しさを教えてくれるようなサウンドで、今でも多くの人から愛されています。

1,000kgを切る軽量ボディ

1.6Lの4A-GEU型エンジンを搭載してFR駆動方式にもかかわらず、車両重量が約975kgという軽量ボディになっています。これによりサーキット走行などでコーナー速い速度で曲がっていくことができます。FR駆動方式のMT車で1,000kgを切る車両重量の車はほとんどありません。

一般的な軽自動車は車両重量が1,000kgを切っていますが、660ccという排気量です。それに対してAE86は同じ重量で1,600ccという軽自動車の2倍以上の排気量です。

AE86とAE85の違いについて

同年式で4A-GEU型エンジンではなく、「3A-U型エンジン」を搭載したカローラレビン・スプリンタートレノも発売がされています。型式はAE86ではなくAE85で、一般的には「ハチゴー」と呼ばれています。AE85に搭載されている3A-U型エンジンは5,600rpmで85psとAE86に比べてパワーが少なく、スポーツ走行に向かないということから人気はありませんでした。

足回りや駆動系など細かな部分に違いがありますが、見た目の違いはほとんどなく、改造してある車両であれば見分けるのは困難です。1番の違いがエンジンなので、エンジンを見たりエンジン音を聞けば区別することができます。

AE86が今でも大人気な理由は?

発売から30年以上たった今でもAE86が人気な理由は何なのでしょうか? ここではAE86の人気が衰えない理由についてお話しをさせていただきます。

漫画「頭文字D」の主人公がAE86に乗っている

週刊ヤングマガジンで1995年から連載されている「頭文字D」という大人気の漫画があります。漫画だけではなくアニメや映画にもなっています。その主人公である藤原拓海が乗っている車が白黒のAE86 スプリンタートレノということもあり、車にあまり詳しくない人でも知っている人が多く人気の理由の1つになっているようです。

もともとは豆腐を配達するための車だったのですが、ストーリーが進んでいくにつれてレース用のエンジンに載せ換えたり、シートをバケットシートに変えたりなどチューニングカーになっていきます。頭文字Dの影響で白黒のパンダカラーのAE86は大人気のカラーとなっています。同じカラーでドアの部分に「藤原とうふ店(自家用)」というステッカーを貼ったりして漫画に出てくるAE86のレプリカを制作している方も結構いるようです。

頭文字Dの影響でAE86は日本だけではなく、アメリカでも人気の車種となっています。パワーのある車が好きなアメリカではコルベットに搭載されているLS1型エンジンや、セルシオに搭載されている4,0L V8エンジンを搭載したAE86が制作されているそうです。

レース界の重鎮「土屋圭市」を育てた車がAE86

モータースポーツ好きなら知らない人はいないと言っても過言ではないぐらい有名な「土屋圭市」がレース業界で有名にしたのがAE86です。土屋圭市は峠の走り屋として腕を磨き、プロのレーシングドライバーとしてデビューしました。1984年の富士フレッシュマンレースでADVANのAE86トレノを操り、開幕6連勝という偉業を成し遂げている。これにより土屋圭市という名前はレース業界で一躍有名になりました。

ドリフトをしながらコーナーを駆け抜けていくドライビングスタイルから「ドリキン(ドリフトキング)」と呼ばれ、当時の走り屋たちの憧れでした。土屋圭市は今でもAE86を所有しています。

これらが今でもAE86の人気が衰えない理由だと言われています。

モータースポーツでも大活躍!

AE86は当時のレースやラリーで第一線で活躍していました。現在はレース界ではほとんど見かけることはありませんが、ドリフト走行においてはまだまだ見かける車両になっています。ここではAE86のモータースポーツでも歴史や現在についてお話ししていきます。

富士フレッシュマンレース(現:富士チャンピオンレース)

富士スピードウェイで開催されているアマチュアレースです。多くのプロレーシングドライバーを排出している排出しており、プロレーシングドライバーへの登竜門と呼ばれていました。近年では不景気や若者のモータースポーツ離れなどの理由から当時ほど盛り上がりはなくなっています。

先ほどもお話しさせていただきましたが、このレースで1984年には土屋圭市がAE86クラスで開幕6連勝を果たしてシリーズチャンピオンを獲得しています。

ドリフト走行の最高峰「D1グランプリ」での活躍

D1グランプリは「全日本プロドリフト選手権」とも呼ばれています。通常のレースとは異なりタイムや順位を争ったりするものではなく、ドリフト走行のスピードや迫力で採点されます。2009年より「グランツーリスモ」が冠スポンサーとなり、サーキットだけではなく「お台場」や「舞洲」の広場を使った特設会場でも開催されています。

AE86はFR駆動方式で軽量ボディのためドリフト走行にも適しており、軽さを生かした迫力のある走りで多くのドリフトファンを虜にしています。2002年には植尾勝浩がAE86で年間シリーズチャンピオンに輝いています。しかし、近年ではランボルギーニやスカイラインなどハイパワーな車両の参戦が増えてきているため、AE86で参戦する選手は少なくなってきています。

現在の中古車相場は?

発売から30年以上経っているということもあり、AE86の中古車は年々少なくなっています。発売当時は約160万円で販売されていたAE86ですが、現在は程度の良い車両であれば200万円を超えるものがほとんどです。走り屋から大人気の車両のためノーマルの車両を見かけることはまずないでしょう。AE86の中古車両のほとんどがカスタムされており、走行距離が10万キロに近い車両ばかりです。

失敗しない!AE86の中古車選び

古い車両とういこともあり中古車を購入する際にはしっかりと確認してから購入する必要があります。ここでは「失敗しない!AE86の中古車選び」ということで、購入する際に確認しておきたいポイントをご紹介していきます。購入を検討している人は是非参考にしてみてください。

事故歴がないかをしっかりとチェックしよう!

AE86はスポーツ走行目的の車両が多いので、事故歴がないかをチェックする必要があります。確認方法としてはボンネットを開けてフロント部分に修復した後がないかを確認したり、アッパーマウントに補修の跡がないかを確認を確認しましょう。フレーム部分がやけに綺麗な場合や汚れが均一ではい場合には修復されている場合があるので注意しましょう。

また、フロント部分から下を覗き込んで、牽引フックやフレームが押されていないかも念のために確認しておくといいでしょう。

リアハッチやトランクの錆をチェックしよう!

古い車なので錆がないかのチェックをしましょう。絶対に確認しておきたいのは「リアハッチ」と「トランク」の錆です。この2か所は比較的錆が出やすい部分で、錆びていると雨漏りの原因になってしまいます。もし、錆びていた場合には修理してもらえるかを販売店で確認をしましょう。

また、リア部分から下を覗き込んでガソリンタンクを支えるバンドの付け根が錆びていないかも確認しておきましょう。バントが錆びていると走行中に突然ガソリンタンクが外れてしまい、走行できなくなってしまったり、最悪の場合には炎上してしまうことがあります。

平らな道で車が左右に取られないかをチェックしよう!

AE86の中古車を選ぶ際には見た目だけではなく、実際に運転して確認するのも重要です。平らな道でハンドルを離した時に車が左右に取られないかを確認しましょう。左右どちらかに曲がってしまう場合には、大掛かりなアライメント調整が必要になったり、最悪の場合には足回りの交換しなければいけなくなることがあります。

ミッションの入り具合や異音が出ていないかをチェックしよう!

実際に運転をしてギアがしっかりと入るか、異音が出ないかを確認しましょう。ギアがうまく入らなかったり、「ガリッ」というような異音がする場合には注意が必要です。最悪の場合にはミッションのオーバーホールが必要になり、10万円〜という高額な費用が必要になることがあります。

アクセルオンの時にデフから異音が出ていないかをチェックしよう!

アクセルを踏んだ時にデフから異音がしないかも確認をしておきましょう。デフから異音がする場合、こちらも最悪の場合はオーバーホールが必要になることがあります。もし、異音がした場合には販売店に確認してもらい直してもらえるか、費用はどれぐらいかかるのかを教えてもらいましょう。

中古車をお探しの方はこちら

AE86の後継車種

1983年から発売され多くのファンを作ったAE86ですが、トヨタではそれ以降ライトウエイトFRスポーツクーペ車は販売されていませんでした。しかし、2012年にAE86の後継車種となる「トヨタ・86」が発売されました。

25年の時を経て生まれ変わったトヨタ・86について

2009年に東京モーターショーに先立って発表されたコンセプトカー「FT-86」は2012年に「トヨタ・86」という名前で市販化されました。86はトヨタとスバルが共同開発したFR駆動方式のコンパクトスポーツカーです。「直感ハンドリングFR」というコンセプトで開発された86は、運転することの楽しさを改めて実感させてくれる車で、かつてAE86に乗っていた方や当時憧れていた40代〜50代の方から大人気になりました。また、姉妹車としてスバルからはBRZが発売されています。

【スペック】
乗車定員:4人
最高出力:200ps/7,000rpm
最大トルク:205N-m/6,400-6,600rpm
駆動方式:FR
全長:4,240mm
全幅:1,775mm
全高:1,300mm
車両重量:1,220kg

多くのチューニングメーカーもすぐに86のチューニングカーを制作され、ワンメイクレースやラリー、ドリフトなどモータスポーツ業界で多く活躍しています。チューニングパーツも豊富で自分だけの1台を楽しみながら作り上げていくことができるというところはAE86から継承されています。

まとめ

発売から30年以上たった今でも多くの人から愛され人気のあるAE86は、トヨタの名車と言っても過言ではないと思います。多くの伝説を作ってきたAE86は、今でもモータースポーツ界で活躍しています。近年では市場に出回っている中古車も少なくなってきており、当時の新車価格の2倍以上の価格で販売されている車両もあるようです。また、中古で買ったAE86をフルレストアして新車に近い状態にしたチューニングメーカーもいるようです。かかった費用は新車のレクサスが買えるぐらいだとか...。

2012年にはAE86の後継車種として「トヨタ・86」が発売され、若者でも購入しやすいような価格で販売がされています。モータースポーツ界でも第一線で活躍しており、チューニングパーツの数もとても豊富です。また、スポーツ走行だけではなくファミリーカーとして使用することもできます。(少し狭いですが)

AE86は今後も多くの人に愛され続けていく車両だと思います。