初心者必見!走りを楽しむ三菱スポーツカー特集!

これから車を選ぶ方にこれだけ知っておけば良いといった三菱の代表的なスポーツカーをご紹介です!

スポーツカーに乗りたい方けど、どれを選べば良いかわからない?

スポーツカーに興味があるけどどんな車があるのかわからない方やメーカー別の車の特徴を知っておきたい方に向けてまとめていきます。
三菱車は海外での評価は非常に高いのが特徴です。ランサーエボリューションと言う4WDターボセダンは日本では当たり前のように目にしますが、海外ではポルシェのようなスーパーカー扱いをされています。
そんな高性能なスポーツカーを手軽に乗れるのが日本の良いところです。維持もしやすく補修部品もチューニングパーツも簡単に手に入ります。
そんな魅力たっぷりの三菱車をご紹介しましょう。

ここは抑えておきたい!三菱スポーツカーの特徴

駆動方式の特徴

三菱のスポーツカーの特徴はFF(前輪駆動)か4WD(四輪駆動)のどちらかが前提になります。FR(後輪駆動)といった車種は最近では製造しておりません。過去の名車たちはFRですが、旧車の域になるので大掛かりなレストア作業が前提になり、維持も難しくお金も手間も掛かると思います。初心者向きではないのでおすすめしません。
性能面でも当時は速いと評価されていたのですが、現在では期待外れなほど遅かったりします。もちろん今の車にはない「味」はたっぷり詰まっていますが、今回は90年代あたりのスポーツカーを紹介しますのでのご理解ください。
90年代あたりの車は各自動車メーカーのスポーツカー合戦時代でもあったので非常に高性能で走りを楽しむ工夫がされています。安全基準や環境基準も現在ほど厳しくなかったので自由な設計がされていますし、技術も高いレベルです。十分楽しめるかと思います。

革命的なエンジン技術が採用されている

三菱スポーツカーの特徴はなんと言ってもMIVEC(マイベック)が搭載されていることだと思います。これは「Mitsubishi Intelligent&Innovative Valve timing&lift Electronic Control system」の略で可変バルブタイミング機構のことです。と言っても難しくてわからないと思いますが、エンジンは通常、最高出力はエンジン回転数の一ヵ所にしか設定できません。これにより例えば高回転域に最高出力ポイントを設定した場合、低回転域は非力になってしまい、ストップアンドゴーの多い街乗りでは不便な物になってしまいます。
逆に低回転域に最高出力ポイントを作ると逆に高回転域が使い物にならなくなり、すぐにシフトチェンジを強いられてしまいます。これでは実用性がありませんし、エンジン回転数が低い域では高出力を狙うことが難しくなります。
これを克服するためにエンジンの出力に非常に重要な役割を持っているカムシャフトという部品が一定の回転数で低回転用のカムから高回転用のカムと切り替わることにより広い範囲で最高出力を出すといったことを狙うシステムです。(普通のエンジンではカムは切り替わりません。)もっと簡単に言うと、MIVECエンジンは低回転が得意なエンジンと高回転が得意なエンジンをドッキングさせた物と言う認識で良いと思います。
ですので低回転から高回転まで排気量の割にパワフルな加速が可能といった特徴を持っています。

ドレスアップも得意です

海外でも人気の高い三菱車は日本のみならず特にアメリカから多数のドレスアップパーツがリリースされています。最近ではインターネットを使って海外からパーツを取り寄せることも可能です。そのためファッションアイテムの延長として三菱のスポーツカーカスタムを楽しんでおられる人も多いです。
走りも楽しめドレスアップも楽しめると魅力たっぷりですね!

雪道に強い!

ラリーカーベースの多い三菱のスポーツカーでは特に4WDモデルの雪道の走破性は驚くほど安定しています。言ってみれば、雪道とは気が付かない程の安定感があります。そのため周りの車とのスピード差が気になりついつい追い越してしまいたくなるほどです。くれぐれもスピードの出し過ぎには注意しましょう。

峠道に強い

これは三菱のスポーツカー、ランサーエボリューションに言えることですが、ラリーカーベースのため中低速域のコーナリングがとても速いです。通常4WDは小回りが効きにくいといった短所がありますが、ランサーエボリューションの4WDシステムはそれを克服したシステムが組み込まれています。そのためクイックに曲がり、ビッグパワーを余すことなく四輪で出力します。その実力は特に峠道で実感することができると思いますが、安全運転を心掛けましょう。
サーキットへ行ってそのポテンシャルを発揮しましょう! とても楽しめると思いますよ!

三菱のスポーツカーを中古で購入するときの注意点

MIVECエンジンはオイルがキモ!

エンジンオイルの圧力を使用してカムシャフトを切り替えるMIVECエンジン。そのためエンジンオイルの質と鮮度に気をつけないと、MIVECエンジンの本領を発揮しません。それどころかエンジンオイル管理をいい加減にしていると、エンジンの損傷にも繋がります。
ハイパワーを出力することもありエンジンへの負荷もとても大きいです。三菱のスポーツカーに乗るのであればオイルにお金をケチってはいけません。ハイグレードなオイルを使用して違いを楽しむのも良いかもしれないです。

下廻りのサビに気をつけましょう

高性能な4WDシステムのお蔭でウインタースポーツや積雪地域にお住まいの方も使用していることの多いランサーエボリューションシリーズ。そのため凍結防止剤の影響を受け、車体の底辺(下廻り)がサビが回っている車体も多くあります。
サビは不具合の原因になりやすいので中古車を下見する際しっかり覗き込んで確認しておきましょう。

中古で買えるおすすめ三菱スポーツカー

FTO(1994年~2000年)

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

2,000ccFF駆動のコンパクトスポーツカーです。エンジンは4気筒と6気筒のMIVEC付きモデルと付いていないモデルがあります。この車の魅力を体感するためにMIVECモデルがおすすめです。
このサイズでは高回転型エンジンの4気筒が一般的ですが、FTOではトルクフルな6気筒といった珍しい車種です。排気音も乾いたサウンドが魅力的で、その力強い加速はクセになると思います。エンジンが6気筒なので重い傾向にありますが、足回りが硬く設定されているのでコーナリングのポテンシャルもしっかり保たれています。
アメリカでも人気があり、スポコンカスタムの定番車種でもあります。モータースポーツでもトルクフルな特性を生かし、ラリーやジムカーナにも現役で使用されています。
マニアックな車種であるため中古車流通量は少な目ですが、まだまだ手に入れることが可能です。
中古車相場は14.8万円~79万円となっております。実燃費はリッター10キロ程度です。

ミラージュサイボーグ(1991年~1995年)

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

MIVECエンジンを搭載したミラージュサイボーグR。ホンダのシビックに対抗した三菱の軽量ハッチバックスポーツモデル。およそ1,000キロの車体に1,600ccエンジンで175馬力を発生するモデルで、峠やサーキットで引っ張りダコでした。
純粋に走りを追求できるのでドライビングテクニックを磨くこともできるので初心者さんにおすすめです。現在でも特にダートラリーに使用されることが多く、多くの成績を収めています。
中古車相場は10万円~80万円とお手頃価格です。実燃費はリッター10キロ程度です。

エクリプス(1994年~2000年)

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

日本車なのに左ハンドル! といった珍しい逆輸入車のエクリプス。アメリカで大人気になり、その後日本でも人気の出た三菱の車の中でも異例の歴史を持つモデルです。ハリウッドスターなどもイクリプスの愛好者だったりとなにかと話題の過去を持っています。
230馬力と十分なパワーを出力しています。走行性能は本格的なスポーツ走行と言うよりはドライブを楽しむといった感じの強い性格です。なにかと故障に悩まさられる輸入車と違い寿命の長いエクリプスで安心して左ハンドルを堪能してはいかがでしょうか? 少し不便も感じるかもしれませんが、いつもと違う景色を楽しめると思いますよ!
中古車相場は25.8万円~72万円となっています。実燃費はリッター8キロ程度です。

ランサーエボリューション5(1998年)

エンジンの耐久性に少し不安のあったこれまでのエボリューションシリーズ。しかしこのエボリューション5からは改善傾向にあります。それまで5ナンバーサイズだったボディーもエボリューション5から3ナンバーとなり、大きく張り出したフェンダーや開口部の大きなフロントバンパーはまるでカスタムカーのような印象を持ちます。
エンジンは280馬力で慣れないうちは怖くてアクセル全開にできない程の加速力があります。ブレーキもストッピング性能に優れたブレンボ製のキャリパーを採用し、それ以前のエボリューションシリーズの欠点であったブレーキの甘さを克服しました。
値段もお手頃で、本格的な走りを味わいたいのであればこのエボリューション5を入門にすることをおすすめします。チューニング次第でどんどん戦闘力を増していくと思います。
中古車相場は39万円~189万円となっております。実燃費はリッター8キロ程度です。

ランサーエボリューション7(2001年)

それまで4WD機構が機械式だったランサーエボリューションシリーズも7から電子制御となり、道路のコンディションに合わせて『ターマック(舗装路)』『グラベル(未舗装路)』『スノー(雪道)』の3モードを車内のスイッチで切り替えることが可能になりました。これによりさらに走りやすさとタイムアップが望めます。
センターデフをコントロール可能で、パーキングブレーキ作動時に作動制限をフリーにする機能も採用されました。そうすることによりジムカーナなどでサイドブレーキターンといった急旋回ができるようになり、操作のレパートリーが増えました。
雪道の安定性もさらにアップしたので、運転に不安な人にもおすすめです。中古車相場は60万円~180万円と幅広くなっていますが、中にはバリバリのチューニングカーも手に入るので改造する予定がある人はお得だと思います。実燃費はリッター8キロ程度です。

ランサーエボリューション10(2007年~2015年)

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

この流れで見てみると、このエボリューション10も高性能なスポーツセダンに見えると思いますが、これはハッキリ言ってスーパーカーの領域です。しかも誰でも簡単に速く走ることができます。エンジンはマイナーチェンジ前は280馬力、マイナーチェンジ後は300馬力となっています。
このエボリューション10は以前のシリーズとはエンジンやボディーの作りが違い、まさに最強のランサーエボリューションとなっています。変速機はそれまでMTのみでしたがそれに加え6速DCT(ツインクラッチSST)と言うセミATがラインナップされています。これによりAT限定免許でも運転を楽しむことができるようになりました。
中古車相場は164万円~530万円となっています。実燃費はリッター8キロ~9キロ程度となっています。

三菱スポーツカーに乗るなら使いたいおすすめエンジンオイル

高性能なオイルを使用してエンジンをいたわりたいけど、どうしたら良いのかわからない。そんなときは「化学合成油」を選びましょう。その中でもおすすめなオイルを紹介します。

TAKUMIモーターオイル HIGH QUALITY 10W-40/ 乗用車・スポーツカー 化学合成油(HIVI BASE)4L 【送料無料】

¥3,400

SAE粘度:10W-40 API:SN  容量:4L
100%化学合成油(Synthetic HIVI BASE)
ガソリンエンジン車に適合 (For Gasoline Engine)
本サイト内のオイルどれでも2缶以上の同時購入で送料分¥500割引
通常配送無料(沖縄・離島のぞく) オリジナルステッカー付

販売サイトへ

Mobil1(モービル1) 0W40 SN 4L エンジンオイル[HTRC3]

¥4,700

用途:ガソリン・ディーゼルエンジン車用4サイクルエンジンオイル●内容量:4L●粘度:SAE 0W-40●規格及び承認:API SN ACEA A3/B3, A3/B4 NISSAN GT-R MB-Approval 229.5/229.3 BMW LONGLIFE 01 PORSCHE A 40 VW 505.00/502.00 Chrysler MS-10850 API CF(相当)●ベースオイル:化学合成油

販売サイトへ

Greddy F2 FOR TURBO&NA 5W-50 4.0L SM-CF 100%化学合成

¥6,339

ハイパワーターボ/NA用ワイドレンジレーシングオイル
Greddy F2 FOR TURBO&NA 5W-50 4.0L SM-CF 100%化学合成

販売サイトへ

まとめ

いかがでしたか? 三菱の代表的なスポーツカーを紹介させていただきましたがお好みの車種はありましたか? どれも高性能で、誰にでも愛される魅力があります。特にランサーエボリューションシリーズは本格的な走行はもちろんですが、セダンとしての使い勝手も十分あるので普段使いも安心です。お買い物からサーキットまで良い相棒になると思いますよ!
最後までご覧いただきありがとうございました。