【スズキ カプチーノ】最初で最後のFR軽スポーツカー!特徴&欠点大紹介

現在、スズキでは「ハスラー」「スイフト」と言った軽自動車・コンパクトカーが情報誌やテレビで多数宣伝されています。そのスズキでは、1991年~1998年に今は無き軽オープンスポーツカーが販売されていたのです。それが「カプチーノ」です! 本日はスズキから販売されていたカプチーノについて紹介していきます。

スズキ カプチーノとは?

スズキから発売されたカプチーノは1991年~1998年に販売された軽自動車になります。当時は軽スポーツカーとして、ホンダから「ビート」、オートザム(現マツダオートザム)から「AZ-1」が同じく発売されていましたので、それぞれの頭文字をとって「平成のABCトリオ」と呼ばれていました。それでは早速、車の情報を見ていきましょう。

・全長:3,295mm
・全幅:1,395mm
・全高:1,185mm
・ホイールベース:2,060mm
・車両重量:700kg

・エンジン:F6A型 657cc 直3 DOHCターボ
・最高出力:64PS/6,500rpm
・最大トルク:8.7kgf·m/4,000rpm
・変速機:5速MT / 3速AT
・駆動方式:FR

ちなみにカプチーノに搭載されているエンジンはAZ-1と同じエンジンになります。ビートのように回転数を上げて楽しむ車ではなく、AZ-1同様ターボを活かした爽快な走行を楽しむことができるのです。

スズキ カプチーノの特徴

3ピース構造のルーフ

1つ目の特徴は「3ピース構造」にあります。これはホンダのビートのようにオープンカーとして楽しむのではなく、取り外し方によって様々な状態にして楽しむことができるのです。例えば「Tトップ」「タルガトップ」「フルオープン」のように、3つの状態で楽しめます。そのため当時としては、ただ単にオープンにするだけではなく3種類の方法で楽しめましたので、他社の軽スポーツカーと差別化を図ることに成功したのです。

平成のABCトリオの中で1番車重が軽い

2つ目に紹介する特徴は車重です。まずは平成のABCトリオの車重を見ていきましょう。

●AZ-1:720kg
●ビート:760kg
●カプチーノ:700kg

なんと平成のABCトリオの中で一番車重が軽いのです。皆さんもご存知のように車重が軽ければ軽いほど車にとって有利に働きます。パワーの出力を無くす重みもなく、そしてコーナーへの侵入時にも軽さを活かした軽かなハンドリングで他車を圧倒することができるのです。もちろん、立ち上がり加速もエンジンのパワー+軽さが合わさればどの車よりも加速で追いつくことは難しいのです。

スズキのカプチーノでは軽さと「ターボエンジン」のため、峠道の昇りや直線が多いレース場では難しいですが、峠道の下り・コーナーが連続するレース場では思う存分軽さを活かした走りで他車を寄せ付けない圧倒的な走りになるのです。

軽スポーツカーの中で唯一のFR

現在発売されている軽スポーツカーは「FF」「MR(S660)」が主流になっています。そんな中、スズキのカプチーノは今まで販売されてきた軽自動車の中で唯一の「FR」の車だったのです。FRの長所と言えば「前後の重量配分が優れている」「MRと同様に運転を楽しめる車」「前後のタイヤに役割分担が決まっているため高出力のエンジンにも対応できる」と言ったことが挙げられます。

特にカプチーノは前後の車重が優れています。カプチーノの重量配分を「前51:後49」と言う理想に近い重量配分に成功しています。そうすることで前後バランスが整い、車が持つ本来の走行を楽しむことができるのです。

軽自動車初の「4輪ダブルウィッシュボーン式サスペンション」を採用

4つ目に紹介する特徴は軽自動車では初となる「4輪ダブルウィッシュボーン式サスペンション」を採用したことです。このサスペンションは主に「スポーツカー」「レースカー」に採用されているサスペンションです。特徴は下記のようにあります。

・サスペンションの設計に制約が少ないため自分なりに調整がしやすい
・設計上、強度を向上させやすい
・サスペンションの中でもコーナーをスムーズに曲がることができる

と言った特徴を持っています。
このサスペンションを搭載できたのもエンジンを「縦置き」にしたからです。縦置きにすることで空いたスペースを活用してこちらのサスペンションを組み込むことに成功したのです。そのため、今の軽自動車の軟弱なサスペンションと違い、がっちりとした足回りで走行を楽しむことができるのです。

スポーツカー特有のデザイン性

スズキのカプチーノは、現在販売されている軽自動車では考えられない独創的なデザイン性をしています。それが写真でも分かるように、スポーツカー特有の「ロングノーズ」「ショートデッキ」です。このデザイン意よって先ほど紹介した重量配分を上手に調整することができていますし、何よりこのデザイン性だからこそ多くのスズキ愛好者の目に留まったのだと思います。もしこれがハスラーやソリオみたいな見た目でしたら、もしかしら見向きもされなかったかもしれません。

スズキ カプチーノの欠点は?

実用性に乏しい

1つ目に紹介する欠点は実用性に乏しいと言うことです。現在発売されている軽自動車(コペン・S660を除く)の多くは走行性能もさることながら実用性のある車種が増えてきました。例えば「4人乗り」「荷物を多く搭載できる」「便利な機能(音響システム・カーナビ等)」と言ったように挙げられます。一方カプチーノはと言いますと、実用性はほぼ皆無と考えておいた方が良いでしょう。

と言うのもまず「2人乗り」ですしトランクがあると言っても、ロングノーズ・ショートデッキのため搭載できる量は極僅かです。それに自分で音響システム・カーナビを搭載しないと、非常に不便な車になります。もし今からカプチーノを購入したいと考えているのであれば、現在のような利便性の高さを求めてはいけませんよ!

車内の狭さ

写真のように車内が広いと家族も笑顔でドライブを楽しんでくれるでしょう。特に現在発売されている軽自動車は、規格の中でより快適な空間を生み出すために各社大いに開発を進めています。そんな中、カプチーノは「世界一居住空間の狭い車」と言われるほどの狭い空間になります。

それもそのはず、スズキのカプチーノは「全幅:1,395mm」「全高:1,185mm」のように高さや幅がないのです。身長160cm~170cmであればまだ大丈夫ですが、170cmを超えてくるとルーフに頭をぶつける危険性があります。そうなるとシートをバケットシートに改善するか、シートだけでなく運転席・助手席全てを取り払って一から空間作りをしていかなければいけません。

あくまでもカプチーノは快適性ではなく「スポーツ走行」を楽しむ車です。そのため快適性は確かに悪いですが、そのぐらいはカプチーノが持つ素晴らしい走りで吹き飛んでしまうでしょう。

3ピース構造のため隙間から雨漏りする危険性がある

オープンカー特有の悩みとして幌が破ける、または劣化して雨漏りが発生することです。その場合は幌を張り替える、そしてゴムが劣化しているのであれば交換することで防ぐことができます。しかしカプチーノの場合、3ピース構造のため新品にしても雨漏りしやすい設計になっているのです。

新車の時はそれほど雨漏りを危惧することはありませんでしたが、中古車として市場に流れてくるとどうしても3ピースの劣化、または支えるゴム部分が劣化してくるのです。すると隙間から雨が侵入して車内が水びだしになることもあるのです。そのため中古車で探すのであれば、3ピース・ゴム部分の交換時期を確認、または水を軽く流してもらい雨漏りしないかどうかを確認するようにしましょう。

パワーステアリングがない

軽自動車に限らず、現在の車の殆どに「パワーステアリング」が採用されています。これを採用することによって少しの力でハンドルを右へ左へ軽快に回すことができるのです。そんな中、カプチーノはパワーステアリングなしで販売されていたのです。

走行時は「スポーツカーを運転している!」と感じるほどの軽快な走行ですので、そこまでハンドルの重さを感じにくいです。中には楽しさのあまりハンドルの重さ自体を忘れてしまっている方もいるでしょう。問題になるのが細かな動作を求める時です。例えば「車庫入れ」「路地」と言ったような場所ですね。そうなるとハンドルの重さがあだとなり、現在のような車のように回すことが難しく最初の内は悪戦苦闘すると思います。

運転の腕が無いと簡単に横滑り

スズキのカプチーノは、現在新車で販売されている自動車のように「ABS(オプションで付けることは可能でした)」「横滑り防止機能」「自動ブレーキ」と言った安全機能は付属していません。ですので、軽さを活かした走りを楽しんでいても踏み込みすぎたりハンドルを切るタイミングを誤りますと、簡単に横滑りするのです。

AZ-1同様、ある程度の腕が無いとカプチーノを100%活かした走りを行うのは非常に困難です。ですが、カプチーノは運転手を育てる車としても有名です。「車重を活かした運転をどのようにすれば良いのか(ブレーキポイント・カーブへの侵入等)」「自分の走りに対応できるカスタムはどうすれば良いのか」等々、運転技術・カスタマイズの知識も相まってカプチーノを完全に乗りこなせるようになれば他の車種でも同様に思い通りに動かせることができるでしょう。

確かに運転の腕が無いと100%活かした走りを楽しめませんが、カプチーノから始めて運転の腕を磨くのも良いと思いますよ。

スズキ カプチーノとアルトワークス どっちが良いの?

スズキの軽スポーツと言えばカプチーノの他に「アルトワークス」があります。1987年2月に発売がスタートしたアルトワークスは、軽自動車では考えられないスピードを生み出してしまい「軽自動車の規制」が入りきっかけになったと言われています。1度はワークスが廃止になりましたが「アルトターボRS」の発売を皮切りに2015年12月24日には「アルトワークス」として本格的に復活することになりました。

さて本題のカプチーノ・アルトワークス(ここでは旧車のワークスとします)どちらが良いのかと言う所ですが、車に何を求めるかによって大いに異なります。アルトワークスの場合「カスタム次第で激変するエンジン性能」「4人乗車・積載量もあるため利便性は高い」「中古価格が安い」と言った所を求めるのであればアルトワークスを強くおすすめします。

しかし「車のデザイン性」「車重を活かした爽快な走りを楽しみたい」「FRならではの特徴を活かした運転を楽しみたい」「オープンカーとして楽しみたい」と言ったことを求めるのであればカプチーノに軍配が上がります。値段的な面では現在、カプチーノの相場が上昇しており状態の良いカプチーノを求めるのであれば100万円以上を用意していないと厳しいでしょう。その点アルトワークスは幅広い世代を揃えている・中古市場に流れている量が多い、といったことがあるため中古価格はカプチーノよりも安価なのです。

上記のように求める所によってカプチーノが有利、アルトワークスが有利と言ったことがあります。そのため自分が何を求めているのかをハッキリしてから購入を検討してみましょう。

スズキの軽オープンスポーツカーを支えたカプチーノの最後

平成のABCトリオとして「AZ-1」「ビート」「カプチーノ」それぞれデビューしました。しかしAZ-1は約1年で姿を消し、ホンダのビートは7年間販売して姿を消しました。A・Bが販売を終了してもカプチーノは孤軍奮闘していましたが、とうとう最後を迎えるときがやってきました。

それは1998年10月のことです。既にバブル経済が崩壊し、スペシャリティカーよりも実用性が求められる時代に突入したため自然とカプチーノの販売台数も減っていきました。そして1998年10月、ビートよりも多少期間は長く販売してきましたが、7年間の歴史に幕を閉じました。それ以降は軽スポーツカーでFRが採用されることはありませんし、カプチーノのような3ピース構造・ロングノーズ・ショートデッキと言うデザインが用いられることはありませんでした。

どうしてもカプチーノが欲しい方は中古車を探そう

ホンダがS660(MR)を出し、ダイハツがコペン(FF)を出したように、スズキのカプチーノも何度も復活の噂があるものの、結局現在まで復活していません。また、なかなか確定情報も出てきていないようです。そこで、現状「どうしてもFRの軽スポーツカーが欲しい! カプチーノが欲しい!」という方は中古車市場を探すしかなさそうです。

中古車をお探しの方はこちら

最後に

最後になりますが、先ほども少し触れましたがスズキは新たに「アルトワークス」を市場へ投入しました。これはダイハツの「新型コペン」ホンダの「S660」に対抗して製造したのかと思います。そうなると気になるのがカプチーノの後継機です! ここ最近カプチーノの後継機が出るという噂を耳にする機会が増えてきましたが、軽スポーツカーが続々と進出してきましたのでもしかしたら現実になるかもしれませんね!