スバル360に戦いを挑んだ「三菱500」。三菱自動車の乗用車の源流

三菱500。「国民車構想」に対応して三菱自動車(当時、新三菱重工業)が開発販売した軽乗用車です。但し、すでに「国民車」的なポジションはスバル360が先行しており、これを追う形で各メーカーがしのぎを削っていた時代です。三菱の挑戦は、果たして成功したのでしょうか?

三菱初の自主開発乗用車は、国民車への挑戦だった

戦後、A型リムジンとしてフィアット・ゼロの、ヘンリーJとしてカイザー・フレイザーのノックダウン生産で乗用車生産をはじめた新三菱重工業(現・三菱工業)。3台目に選んだのは自主開発の道でした。その大きな理由には1955年に通産省(現・経産省)の内部構想として報道で周知された「国民車構想」があったことは間違いありません。この国民車構想は「定員が4人(大人2、子ども2も認める)、最高速度100km/h、価格250,000円以下」と高いハードを置き、ここに応募した車両の中から1台を国として販売支援するというものでした。当時、技術的なハードルは越えられたとしても、コストがクリアできないというのが常識的な判断となり、自動車工業会でも対応不能という結論を導き出す内容でした。これに最も早く対応したのが、未だ乗用車としては後発という状態だった富士重工。富士重工はスバル360で価格こそクリアできなかったものの、定員(大人のみ)4人の360cc軽車両を完成させ1958年に販売を開始します。

ついに新三菱重工業も国民車販売へ

スバル360は大きなヒット商品となり、各競合メーカーが無視できる状況では無くなってきます。同時に生産技術も上がりはじめていく中で、新三菱重工業がチャレンジしたのが500ccエンジンを搭載した「三菱500」でした。

ボディは2ドアセダンで全長3,140mm、全幅1,390mm、全高1,380mm、ホイールベース2,065mmと先行するスバル360よりも一回り大きい車体に、エンジンはソレックスキャブレターを装備したNE19型空冷直列2気筒OHVの493ccが搭載され、最高出力21PS/5,000rpm、最大トルク3.4kgm/3,800rpmと、こちらもスバル360を上回るスペックで、最高速度は90km/hと若干下回るものの実用レベルでは充分に使えると思われたレベルの仕上がりとなりました。

時代の趨勢「デラックス化」で三菱500の販売力強化へ

三菱500は、当時人気の「ハナ肇とクレイジーキャッツ」がイメージキャラクターに起用し、390,000円の価格設定として鳴り物入りで市場に投入されます。しかしスバル360の壁は厚く、人気車と呼ばれるほどの売上に伸びず、初年度の生産台数は5,203台にとどまります。1961年、状況を改善するため、8月になると車名は三菱500のままでエンジンを594ccのNE35A型に換装し、出力は25にパワーアップした「スーパーDX」を追加します(車体価格409,000円)。しかし、この作戦でも状況を打破することはできませでした。

結果として、総生産台数は5,203台。1962年に生産終了となりました。しかし、カーレースへ投入されていて、生産終了の1962年に、マカオ・グランプリレースでは、Aクラス(750cc)にエントリーし、優勝を納めただけではなく、4位まで独占するという高い性能を持っていました。

フルモデルチェンジに踏み切り「コルト600」として生産開始

三菱500で描いていた成果を成し遂げることが難しくなった新三菱重工業は、「見ただけで乗りたくなる車」を作り上げるために、1962年にフルモデルチェンジへ踏み切ります。エンジンは、三菱500スーパーDXと同じ、排気量594ccとしてエンジン形式名は「NE35B型」と変更していますが、スペック的には変更なしの最高出力は25PS/4800rpm、最大トルクは4.2kgm/3400rpmでした。

装備は既に各社デラックス化を進める中で、カーラジオを標準装備し、ダッシュボードの計器類は視認性を上げるためは大型化、スイッチ類の操作性や、後部座席へのアームレスト装備するなど居住性も重視したつくりとなりました。そのため、このクラスでは当時唯一とされた定員5名、シートもビニール張りですが、ワイヤスプリングを仕込んで座り心地を上げ、カーヒーターも装備されています。

また、カラーも一新したモノコックボディーは、三菱500が曲線主体だったのに対して、やや直線的なフォルムに印象が変わり、新三菱重工業としては、戦前・戦中に築いた航空機制作のノウハウを注ぎ込んだという空力重視の仕上げとしていますが、全体にシックさを狙ったものとなりました。

しかし、フルモデルチェンジも売上の向上にはあまり貢献ができず、1965年、コルト800の発売に伴った形で生産を終了しています。

まとめ

「国民車構想」。この報道に積極的に取り組んだ富士重工のスバル360以外、後続となってしまった各メーカーは非常に苦しんでスバル360へと戦いを挑み、そして厚い「てんとう虫」の壁に跳ね返されています。三菱500も、スバル360よりも一回り大きな社格で挑戦しますが、先を行くスバル360の影を観ることも難しい状況だったのでしょう。しかし、この500、そしてコルト600への流れは後のギャランへと繋がる三菱にとっての本流へと成長するのですから、ここで紹介した出来事も後の成功のための重要な経験だったのでしょう。ギャランの生産終了と共に、中大型の普通乗用車の製造を中止している三菱自動車には、コルト600のコンセプト「見ただけで乗りたくなる車」をこれからも作り続けて欲しいです!