【オシャレなコンパニオン】ダイハツコンパーノはピザ風お好み焼き?

今ではトヨタの軽自動車専門子会社的な色合いの強いダイハツ。実は日本有数の老舗乗用車メーカーです。戦前・後はオート三輪で大きなシェアを持ち、一世を風靡していましたが、トヨタなどからの四輪トラック攻勢に敗れ、新境地を目指して開発したのが今回紹介する「コンパニオン」の意味をコンパーノです。どうぞ御覧ください!

オート三輪屋から乗用車メーカーへ。転身を迫られたダイハツ

国産エンジンの開発、販売のため明治40年に設立されたダイハツは、昭和5年に三輪貨物自動車用500㏄エンジンの開発に成功ます。この当時、輸入エンジンに頼っていた国産メーカーの流れに、ダイハツは一石を投じたのです。が、しかし、エンジンだけでは誰も見向きもしない状態、つまりまだまだ国産エンジンにたいする信頼性に疑問が持たれたのです。そこで、一念発起、車体も合わせての開発を開始し、オート三輪と小型4輪トラックの製作を行います。その当時、民間の貨物自動車市場の主役は「オート三輪」。会社成長の軸は自ずとオート三輪に置かれていきます。

戦争がはじまって、徐々に物資不足が顕になってくると、政府の指導もあり東洋工業(現マツダ)、日本内燃機(現日産工機)とダイハツの三社がオート三輪を作り続けることを許されました。そして戦後、マツダ・ダイハツがオート三輪市場を2社で独占する状態になります。物資も足りず、貧乏な時代にあっては買い手も作り手も、戦前からの一番安い輸送手段「オート三輪」に頼らざるを得なかったのです。

しかし、朝鮮特需が巻き起こり、徐々に物流が活発になってくると規定の積載量は1トン程度、簡単に横転する不安定さ、そして吹きさらしの運転席などオート三輪では対応が厳しい状況が生まれはじめます。そこにトヨタなどが小型四輪トラックを発売すると、徐々にですが確実にオート三輪の出番は減ってきます。それまではオート三輪で優位な立場にあったダイハツですが、この時期、新たな活路を見出す必要に迫られていたのです。

反省からの改善。そして実車へ

そのために、ダイハツは小型4輪車の開発に再び乗り出します。その最初のプロトタイプは1961年。この秋、第8回全日本自動車ショウが行われ、展示したプロトタイプ車の評価は散々でした。なによりも、先行する海外勢の中のフィアット1800にそっくりな車体。そして、小型車としていながら中型車の模倣によってボディバランスもとれておらず、とても市販できる状況では無かったのです。ダイハツは、翌年、このプロトタイプに改良を加え、第9回東京モーターショーに、再度プロトタイプ車を持込みます。この車体はライトバンで、しかもデザインはフェラーリなどを手がけていたイタリアのヴィニャーレに委託した美しいボディに変化していたのです。この変更はショーでも絶賛を受け、1963年4月、「ダイハツ・コンパーノ・ライトバン」として発売されることになりました。

最初のコンパーノのはライトバンだった

この当時、一般の乗用車を販売する前の「パイロット」的な役割を担わせて、ライトバンから販売する手法は広く使われていて、マツダもファミリアを売り出すときに使っています。このダイハツ・コンパーノ・ライトバンも高い評価を受け、6月にはワゴン、そして11月に「ベルリーナ(セダン)」が発売されます。

このコンパーノのメカニズムは、当時パブリカやブルーバードなど、一般的に使われていたモノコックボディーを採用せず、ハシゴ型フレームを使っています。車重を考えれば、圧倒的に有利なモノコックを採用しなかったのは、ダイハツ自身に成形技術が足りなかったのかもしれません。また、エンジンは41馬力の800ccOHV、車体重量755kgに対しては非力なレベルで最高速度は110km/hとなっていました。いわば「枯れた技術」を使ったコンパーノですが、ギアボックスには4速フルシンクロで、コラムシフト車が多かった中で、フロアシフトがオプションですが選択できたところは、時流の先を走っていた部分です。また、後に出てくる派生車を作り出すために、重いハシゴ型フレームのシャシーが有利に働きます。

コンパーノ・スパイダー登場!

1965年4月、ダイハツはコンパーノにスパイダーを追加します。既に前年の1964年の東京モーターショーに出品されていた2ドアコンバーチブルの実車化でしたが、エンジンはFE型ツインキャブ998ccOHVにサイズアップされ、最高出力も65馬力、最高速度も145km/hと格段に力強さを増します。モノコックからの派生なら、屋根という補強部材を失ったコンバーチブルの車体剛性を保つために、設計の見直しなどが必要になりますが、元々フレーム構造だったシャシーは、比較的簡単にコンバーチブルへの変更を許容する強さを持っていたこともあり、早期に実現された上、幌の関係から4人乗りに減ったとは言え、従来の5人のりセダンからの派生というセールスポイントを強調するように、ファミリーユースにも使える4人乗りコンバーチブルを強みとして販売されました。

これは後に親会社になるトヨタのパブリカ・コンバーチブルに真っ向勝負となった車体ですが、パブリカに対しては性能面で優れたものとなりました。しかし、コンバーチブルをスポーツタイプまで広げてみると、トヨタのS800やホンダS600などの強敵がいたため、商業的に大きな成果は得られなかったそうです。

トヨタとの業務提携、そして生産終了へ

その後、1967年4月には2速ですがコラムシフトのオートマチック車が追加され、更に6月にはマイナーチェンジを行った中で1000GTインジェクションという65馬力車両を追加しています。

そして1968年のマイナーチェンジが行われますが、これが最後の変更となりました。既にトヨタとの業務提携が完了していたため1969年には後継車としてパブリカと同じ車体に、エンジンだけがダイハツ製の1,000ccとなったダイハツ・コルソルテが発表されたたことでコンパーノだけではなく、ダイハツとしての小型乗用車に対する自主開発の歴史は幕を降ろします。

まとめ

ダイハツの名前の由来にもなっている「大」阪の「発」動機らしく、後継車にはコンパーノの血を引くエンジンを搭載したコルソルテがトヨタの車体を借りて生き残ったように思えます。イタリアンデザインの中で、大阪的とも言える枯れた技術を満載したコンパーノ。「ピザ風のお好み焼き」、「一発屋」などと後に呼ばれるようになりますが、日本でははじめてのメカニカル・インジェクション搭載車であり、またはじめてイギリスに輸出されるなど、様々な成果が残された名車なのです。軽自動車メーカー「ダイハツ」が、かつて大きなチャレンジ精神で作り上げた「コンパーノ」が忘れ去られることはないでしょう。