ETCの深夜割引を活用しよう!深夜割引の紹介&対象となるパターン紹介

読者の皆さんの中にも、お仕事以外で深夜の高速道路を走行される方もいると思います。その際、皆さんに是非とも活用していただきたいのが「深夜割引」です。これはETCのセットアップが完了している車が決まった区間を決められた時間帯に通れば適用される割引です。今回は深夜割引について紹介していきます。

ETC 深夜割引とは?

ETC深夜割引とは「深夜0時~深夜4時」の間、対象の高速道路を通過することで受けられる割引になります。割引額は「30%OFF」になります。対象になる車種に制限は無く、軽自動車~大型車両まで幅広い車種に適用されます。また他の割引である「平日割引」のように「○回使用すれば割引対象になる」「○回以上使用しなければ30%OFFにならない」と言ったこともありません。決められた時間・決められた高速道路を通過するだけですので回数に制限無く適用されます。

そのため、深夜から遠出、または旅行に行く際に活用すると朝や昼間に活動するよりもお得に高速道路を活用する事ができるのです。

割引対象となる高速道路とは?

続いては対象となる高速道路を紹介します。対象となる高速道路は「NEXCO東日本/中日本/西日本(NEXCO3社)が管理する全国の高速道路」そして「宮城県道路公社の仙台松島道路」となります。ただし、高速道路によっては対象外の高速道路もあります。例えば「京葉道路」「第三京浜道路」「横浜新道」は例え深夜0時~深夜4時に活用しても対象の道路ではありませんので割引されません。そして皆さんの中にも活用する機会が多い「首都高」も割引から外れています。

ですので「適用される時間帯に通過したのに割引になってない! どう言うこと?」とならないように、割引が適用される区間をよ~く確認してから深夜割引を活用してみましょう。

走行距離や回数に制限はあるの?

「さっきので深夜割引の回数制限は無いことは分かった。けど…走行距離はどうだろう?」
先ほど紹介したように、深夜割引は回数制限も無く、また○回使用しないと適用外になることはありません。では、走行距離に関しても制約(○○km適用される高速道路を利用しないといけない・○○km未満は適用外等)はあるのでしょうか? 結論を述べますと走行距離に関して制約はございません。つまり○km適用される高速道路を走らなければいけないと言うこともなく、対象区間さえ利用すれば適用されるのです。そのため、回数・走行距離に制限はありませんので活用していきましょう!

深夜割引と一緒に他の割引も適用されるの?

深夜割引以外にも、対象時間・対象区間で他の割引も適用されることがあります。例えば「休日割引」「障害者割引」の2つです。休日割引の場合は対象区間の土・日・祝に30%OFF、障害者割引は50%以下の割引が適用されます。そうなると、深夜割引の他に割引を適用すれば半額以上の割引になりますね? では深夜割引と一緒に他の割引も適用されるのでしょうか?

答えは「NO」です。
深夜割引に重複して割引を受けることはできず、もし重複する場合は「一番割引率の高い割引」が適用されることになっています。と言うことは、深夜割引・休日割引・障害者割引は重複することは無く3種類の中で一番割引率の高いものが選出されると言うことです。

ETCレーンでトラブル! ETCレーンで支払えない場合はどうすれば良いの?

深夜の時間帯に限らず高速道路では何が起きるか分かりません。皆さんがETCレーンを通過しようと思った矢先に事故が発生し、全てのETCレーンが使用不可能になることもあります。そうなるとETCレーンで支払うことができませんので「もしかして…深夜割引は受けられないの?」と思いますよね? しかし、方法によっては例えETCレーンが使用できなくても深夜割引が適用されます。

それではその方法を下記に紹介していきます。

(1)ETCレーンが使用できない場合、最寄の料金支払い所に車を移動させます。

(2)もし大々的な事故が発生し「通行止め」になった際は「高速道路通行止め乗継証明書」を利用して乗り換え、その旨を料金所の方に話しましょう。

(3)料金所に着きましたら係員に深夜割引の旨を伝えて深夜割引を適用してもらいしょう。

以上となります。例えETCレーンが使用できなくても慌てずに、ETCレーンではなく料金支払い所に車を移動させて係員に話すようにしましょう。

スマートICでは「時間」「車種」が決まっているため注意が必要です!

高速道路の中には「スマートIC」と言うものが設置されています。スマートICとはETC搭載車専用のICのことであり、ETCを搭載していない、またはETCカードを装着していませんと反応しません。もちろんETCカード単体でも駄目です。このスマートICは他のICと異なり「時間帯」「車種」が決まっているのです。

例えば「道央道」恵庭~北広島の場合、車種に制限はありませんが、時間帯は「6時~22時」までとなっています。この時間帯を過ぎますと入ることはできません。続いて「東北道」岩槻~久喜の場合、時間制限はありませんが「二輪車」「軽自動車」「普通車」「車長6.0m以下」のように車種制限がされています。他のスマートICでも制限がありますので、利用する際は必ずチェックしてから行きましょう。

ETCパーソナルカードでも深夜割引は適用される?

クレジットカードを所有していない方ですと、ETCカードを申請するのはハードルが高いです。クレジットカードを所有しているのであれば、使用期間・使用状況を鑑みてカード会社と利用者の間に「信用」があればスムーズに発行できます。しかし、所有していない方が「審査をお願いします!」と言うのは、よっぽどの経済的余裕・社会的地位が無いと厳しいでしょう。そこで「保証金」を事前に支払うことでETCカードと同様に利用できる「ETCパーソナルカード」の出番と言うわけです。

もちろん、ETCパーソナルカードでもETC車載機に搭載されていれば深夜割引の適用範囲内になります。ただし! 保証金・年会費・支払いが滞っていますと利用ができなくなります。その場合、例え保証金があってもETCパーソナルカード自体が反応せず、ETCレーンを通過することができなくなります。皆さんもETCパーソナルカードを使用する際は支払いの滞りがないようにしましょう。

ETC 深夜割引利用例

ここからは、様々な状況を紹介していき深夜割引が「適用されるのか?」「適用されないのか?」を紹介していきます。今回紹介するパターン、もしかしたら皆さんも活用する機会があると思いますので最後まで見ていただけると幸いです!

(1)対象区間へ深夜2時に入り朝の6時に対象区間を降りた

まず初めに紹介するのは上記のパターンです。どちらも深夜割引が適用される区間を通過していますが、降りる時に時間を超えています。ですがこの場合、深夜割引の対象となります。と言うのも、対象区間へ深夜割引が適用される時間帯に進入しているため例え時間が過ぎたとしても適用になるのです。

(2)京葉道路へ深夜1時に入り対象区間へ深夜4時10分に入った

続いてのパターンは、最初が深夜割引の適用外の道路から対象区間へ入る形になります。こうして見ると、既に割引対象外の京葉道路だとしても、深夜割引の時間帯に進入し尚且つ対象区間へ侵入していますので適用されると思いますよね? しかし、この場合は適用外になります。

深夜割引は「対象区間」に割引が適用される「時間帯」に進入しないといけません。そのため、上記がもし対象区間へ深夜4時前に入っていれば対象区間に限り割引になっていました。たった数分でも見過ごしはしませんので、対象区間からの乗換えを検討しているのであれば注意しましょう。

(3)対象区間へ21時に入り対象区間を深夜2時に降りた

こちらのパターンは対象区間を降りる時間帯は深夜割引に適用されますが、入る時間帯が適用外の時間帯です。一見すると「適用されないのでは?」と感じるところですが、こちらの場合は適用されるのです。理由として確かに対象区間へ時間外に侵入しましたが、降りる時には深夜割引が適用される時間帯になっていますので割引が適用されるのです。ですので「まだ深夜割引の時間帯じゃないから入らないほうがいいかな…」と思わずに対象区間の高速道路に入って深夜割引を降りる際に受けるようにしましょう。

(4)対象区間へ20時に入り対象区間を朝の6時に降りた

現在、PA・SA共に施設が充実しているため一昔前のように「お手洗いだけ」「自動販売機で飲み物を買うだけ」では無くなりました。例えば施設内に「温泉」「大浴場」「仮眠室」「食事処」等、何時間でもいられるほど快適なスペースが続々と増えてきました。そうなると、例え早めに対象区間に入ったとしてもゆっくりとし過ぎて対象区間から降りる時には深夜割引の時間を超えていることもあります。果たしてこの場合は深夜割引の適用になるのでしょうか?

答えは適用になります!

理由として確かに対象区間へ入る・降りる共に時間外ですが、対象区間内を深夜割引が適用される時間に走行していることになっています。そのため、例え時間を超えたとしても深夜割引の適用になるのです。「PAに長居し過ぎた! 早く降りないと深夜割引の適用外になってしまう!」と言って慌てて運転しますと事故のもとです。対象区間を適用される時間に通っていますので慌てずにゆとりを持って運転をしましょう。

(5)均一区間へ深夜0時、対象区間へ深夜0時30分に入り深夜4時10分に降りた

高速道路によっては均一の料金が設定されている区間があります。例えば「三郷南」から「大泉JCT」が均一区間として挙げられます。そして皆さんによっては、均一区間から深夜割引が適用される対象区間へ侵入することもあるでしょう。この場合、均一区間でも適用されるのでしょうか?

もし均一区間も深夜割引の対象区間であれば適用されます。そのため「均一区間で30%OFF」続いて侵入した「対象区間で30%OFF」と言うように割引がされるのです。もし皆さんがよく利用される高速道路に均一区間がありましたら対象になっているかどうかをしっかり確認してみましょう。

ETC 深夜割引はバイクにも適用される?

ETCは何も車だけに搭載するものではありません。現在では「バイク」にもETCを搭載することができるようになりました。そうなると気になるのが「バイクにも深夜割引が適用されるかどうか?」と言うことになります。ではバイクも車同様に、深夜割引の対象になるのでしょうか?

結論を先に述べますと、バイクも車と同様の深夜割引を受けることができます。バイクですと「軽自動車」と同じ扱いになりますので、軽自動車の高速料金から30%OFFになるのです。また、バイクであれば他にも「平日割引」「休日割引」も車同様に適用されますので、バイクに乗って高速道路を楽しまれる方は一緒に覚えておくと良いでしょう。

ETC 深夜割引はゴールデンウィーク・お盆・年末年始も適用される?

ゴールデンウィーク・お盆・年末年始には多くの方が高速道路を活用されます。ゴールデンウィークでは「観光」「旅行」へ。お盆・年末年始は「帰省」するために活用するでしょう。その期間に高速道路を活用した方の中には写真のような大渋滞を目の当たりにしているでしょう。

少し話が脱線しましたが、ゴールデンウィーク・お盆・年末年始の際にも「深夜」の時間帯に高速道路を活用される方もいるでしょう。では、その期間中もETC搭載車は深夜割引を受けることはできるのでしょうか? 答えは適用されます! 例えゴールデンウィーク・お盆・年末年始でも「その期間だから割引はありません」と言うことも無く、対象区間を対象となる時間帯に利用していれば深夜割引になります。もしゴールデンウィーク・お盆・年末年始、深夜に高速道路を利用するなら活用してみましょう。

最後に

最後になりますが、ETC搭載車両は「平日割引」「休日割引」以外にも「深夜割引」と言う割引を受けることができます。割引の重複はできませんが、深夜割引は対象区間も広範囲にあり遠方へ行く方や旅行で高速道路を使用する人にとって非常にありがたいことです。

また上記で紹介したパターンを覚えておくと「深夜割引にならなかった…」「なんで深夜割引にならないの!」と言うことはなくなると思いますよ。もし皆さんの中で、深夜0時~深夜4時に高速道路を使用する方がいましたら、是非ともETCを活用して深夜割引の恩恵を受けるようにしましょう。