50万円以下で買う!中古車のミニバン特集!

とにかく安くミニバンが欲しい!そんな方のための予算50万円と少し無謀とも言える金額でおすすめの中古車を厳選してみました。

50万円以下で探すのは無謀なのか?

安い車はダメなのか?

中古車の値段の付け方には何通りか存在します。それにはいくつか理由があります。「寿命が近い」「大きな事故車」「すでに不具合がある」と言うのが一般的です。しかし中には都合の良い理由もあります。
「中古車市場に在庫が溢れかえっている」これは売れた車に良く起きる現象です。
中古車市場に溢れている=値下げしないと売れない=値下げ合戦になる。といった物です。
そのほか「不人気車」もそれに当たります。車の機能としては問題ないのですが、人気車の陰に隠れてしまったり、プロモーションの仕方が良くなくその車の良さが世間に知れ渡ってなかったり、デザインが時代に合わなかったりと、不運な車両もあります。
販売当時300万円以上の車両がこういった理由で50万円以内で購入できれば言うことなしではないでしょうか?
中には世界のどこかで型落ちした日本の中古車がブームになったりするのですが、その場合は例外になってしまいます。

今回のターゲットは維持費も安い車両!

安く購入できても維持費が多く掛かっては意味がありません。そこで今回維持費もリーズナブルで突然の修理にも困らないといった車両をおすすめしたいと思います。
ポイントとなるのはエンジンの寿命の長い物、特有の故障が少ない物、交換部品に困らない(供給があるもの)です。
ですのでおのずと日本車になるかと思います。

車の寿命はどれくらい?

エンジン

エンジンの寿命はおおよそ30万キロと言われています。実際タクシーや営業車などは50万キロや60万キロといった距離を走っているようですが、中古車を購入する以上今までのメンテナンスの度合いにもよるので30万キロを目安にしましょう。
ですので10万キロの車体を手に入れてもあと20万キロ走れると考えておいて良いと思います。

変速機(トランスミッション)

まずオートマチックトランスミッション(AT)の寿命ですが、エンジンと同じくらいの寿命があるとされています。しかしここで少し注意したいのが、CVTと言う無段変速機です。車種によっては15万キロ程度で故障する症状の物もあります。全体の傾向としてはATよりCVTの方が寿命が短いとされています。特に負荷の掛かる急発進や急加速を繰り返すとその寿命は明らかに縮まります。
次にマニュアルトランスミッション(MT)ですが、ATよりも寿命は遥かに長い傾向にあります。しかしこれもメンテナンスしていたことが前提になります。最近でもいまだに営業車にMTを採用している会社もありますが、これは寿命との関係でそうしている場合もあります。

ラジエター

中古車を購入するし、長年使用する予定があるのでしたらラジエター交換は必須になると思います。基本的にラジエターの寿命は10年もしくは10万キロとなります。しかし実際はそれより長持ちしますが、おおかた15年もしくは15万キロ程で交換の必要性があると思います。
今回ご紹介する中古車ではこの交換時期が近付いている物も多いので覚えておきましょう。ラジエターは点検さえしっかりしておけば大きな故障には繋がらないのでご安心ください。

タイミングベルト類

これは搭載されるエンジンによって変わってきますが、タイミングベルトやファンベルト、ウォーターポンプといった消耗品がエンジンには採用されています。寿命は10年10万キロとされています。もちろんこれもそれ以上持つ傾向にありますが、専門的な知識と点検が必要になるので交換を遅らせるのはおすすめしません。
タイミングベルトを採用しないタイミングチェーン車という車種もあります。タイミングベルトを使用していないのでその交換は不要ですが、それ以外のファンベルトなどは交換する必要があります。
タイミングチェーン車はタイミングベルト車に比べ10,000円~20,000万円ほど交換料金が安くなる傾向にあります。

狙い目な中古車の条件

ラジエター交換済み

ラジエター交換は10万円程掛かりますので交換済みの車両があれば率先して狙いましょう。交換費用が安上がりになります。例えば同じ年式でも走行距離8万キロの車両より12万キロでラジエター交換済みの方がお得です。

タイミングベルト交換済み

タイミングベルト交換もお金が掛かる作業なので交換済み車両はお得です。交換済みだからと言って車体価格が高くなると言っても少しだけなので結果的にはお得になると思います。
特に市場に多く出回っている車種では値段を上げずに早く売ってしまいたいために据え置き価格になる傾向があります。
狙い目なので率先して候補にしましょう。

ワンオーナー車

新車時から乗っている人は大切にする傾向があります。メンテナンスがしっかりし、ボディーも綺麗な状態を保つためコーティングなどの手入れが行き届いている車両が多く見受けられます。これも候補に挙げておきましょう。

50万円以下で買う!おすすめミニバン中古車紹介!

トヨタ:ヴォクシー(2001年~2007年)

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

若者向けのデザインが受けて大ヒットしたヴォクシー。乗車人数は5~8人乗りです。四角いデザインは運転するにあたって見えていない場所の想像がしやすいので初心者の人にもおすすめです。車好きの人も多く乗っていたのでボディー自体の程度が良い車体も多い傾向です。
中古車市場に溢れかえっているのでカーナビなどの装備が充実した車体も低予算で手に入る可能性があります。エンジンも頑丈でトラブルも少なくおすすめです。
中古車相場は1,000円~158万円となっています。中には1,000円や10,000円といった中古車が売られていますが、このような流通量の多い中古車はプロモーション代わりの目玉車として格安車を販売していることが多いです。
特に不満がなければこのような目玉車はお得なのでおすすめです。実燃費はリッター8~10キロ程度です。このクラスの一般的な燃費です。

トヨタ:ノア(2001年~2007年)

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

こちらは上記のヴォクシーの兄弟車でヘッドライトやテールランプのデザインが少し違う程度であとはほぼ同じです。ノアもヴォクシー同様流通量が多く、頑丈で信頼できるミニバンです。
中古車相場は2万円~139.8万円とこちらも目玉車にされていることが多いです。実燃費はヴォクシーと同じでリッター8~10キロ程度です。ノアとヴォクシー、どちらのデザインを選ぶかは好みです。

トヨタ:エスティマ(2000年~2005年)

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

こちらもトヨタの大ヒット車です。両側スライドドアが魅力ですね。そのほかノア/ヴォクシーとの違いは外観はもちろん室内のデザイン、そして大きな違いはエスティマの方がエンジンが大きいので自動車税が少し値上がりします。ノア/ヴォクシーは2,000ccですが、エスティマは2,400ccもしくは3,000ccエンジンです。そういった背景もあり中古車市場に在庫が溢れているが、売りにくい状況ですのでさらに値段は下がり気味です。中古車相場は1000円~135万円でやはり狙い目は目玉車かと思います。
エンジンも頑丈で故障も非常に少ないのでおすすめです。実燃費はリッター8~10キロ程度です。

ホンダ:ステップワゴン(2001年~2005年)

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

ミニバンブームの火付け役のようなステップワゴン。8人乗りの2,000ccエンジンはi-VTEC搭載です。初代からモデルチェンジし、衝突安全性も向上しより安心感がありますね! こちらも人気のある車種なので中古市場に溢れています。特に固有の故障も少なく、基本的なメンテナンスで十分かと思います。
中古車相場は2.9万円~129万円となっています。予算の50万円まででワンオーナー車や低走行車の選択肢が多いことも嬉しいですね。
実燃費はリッター8~10キロ程度です。

ホンダ:オデッセイ(2003年~2008年)

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

ミニバンに乗りたいけど背の高い車種は乗れないといった人にはオデッセイのようなミニバンがおすすめです。車高も低いのでセダンのようにキビキビしたハンドリングが魅力的ですね。乗車人数は7人乗りです。セダンと同等の車体サイズなので大きい車に抵抗のある人にも好まれるかと思います。
エンジンは2,400ccです。中古車相場は6万円~298万円です。過走行な車体でも販売されているのもこの車が頑丈であることの証です。まだまだ程度の良い車体も多いので今が買いかもしれません。
実燃費はリッター9~11キロです。

ニッサン:セレナ(2005年~2010年)

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

このセレナも定番のミニバンです。この代のセレナからエンジンがリニューアルされ、より低燃費に、そしてシャープでパワフルな物へと進化しました。運転席からの景色はフロントガラスも大きく見渡しやすいので初心者の方でも運転しやすいと思います。
エンジンは2,000ccで乗車定員は8人です。両側スライドドアで利便性も良いです。
中古車相場は10万円~240万円で特にブルーやオレンジのような特徴的なボディーカラーは程度が良くても値段が安い傾向があるのでこういった車体が気に入れば狙い目かもしれません。実燃費はリッター10キロ程度です。

マツダ:MPV(1999年~2006年)

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

マツダMPVはエンジンバリエーションが多く2,000cc~3,000ccまで合計4種類あります。このMPVではその中でも4気筒の2,000ccと2,300ccのモデルが故障が少なくおすすめです。このクラスの中古車を探す人はほかの車種を選ぶようで、MPVは程度の良い車体が低価格で多く流通しているので少しでも良い物を安く購入するのであればMPVを候補に入れてみてはいかがでしょうか?
乗車定員は7人です。ラゲッジスペースも堀が深く積載量が多く乗るように工夫されています。足回りも良く車両重量の割に走行性のにも優れています。中古車相場は1000円~181万円となっています。予算50万円以内で十分良い車両が手に入ると思います。実燃費はリッター8~10キロ程度です。

車を購入したらこれも買っておきたいアイテム紹介!

ワコーズ:フューエルワン

ワコーズ F-1 フューエルワン 洗浄系燃料添加剤 F112 300ml F112 [HTRC3]

¥1,347

[保証] 初期不良保証
[容量] 300ml
[使用方法] 約50Lの燃料に対し、本品1本を注入
[容量] 300ml
[使用方法] 約50Lの燃料に対し、本品1本を注入
■高性能特殊清浄剤により吸気系デポジット、燃焼室デポジットをクリーンアップさせます。
■キャブレター、インジェクター、吸気バルブを清浄することにより燃料の霧化 吸気効率を改善しドライバビリティの向上を図るとともに、有害排気ガスを低減させます。
■ピストンヘッド、シリンダーヘッド等に堆積したカーボン等を清浄することにより燃焼を改善し、オクタン価要求値を下げノッキングを防止します。
■特殊気化性防製剤により燃料接触部 非接触部の複雑な形状、細い経路、狭い隙間の金属表面の発錆を防止し、メンテナンスコストを削減します。

販売サイトへ

今回少し走行距離の走っている車両をおすすめしたこともあって、年のためにこのような添加剤を使用して安心感を得ておきましょう。この商品は給油口に入れるだけで燃料の通る道を綺麗にしてくれます。
ある程度汚れが落ちるので性能復活に貢献してくれると思います。

カストロール:フラッシングオイル

Castrol(カストロール) FLUSHING OIL フラッシングオイル[ 3L ] エンジン内部洗浄油 [HTRC3]

¥1,318

[サイズ]3L
●エンジンのコンディションを整えるエンジン内部洗浄剤
[NO.1]オイル交換時に使用することで、エンジン内部の汚れを取り除き、コンディションを整えます。
[NO.2] 非溶剤系のフラッシングオイルなので、エンジンを優しく洗浄します。

販売サイトへ

中古車を購入する上で、以前のオーナーさんがどれほどメンテナンスしていたのかわからないので念のためフラッシングをして汚れを落としてましょう。汚れが溜まったままではエンジンの性能が発揮されないどころか寿命を縮めかねないので行っておくと良いでしょう。

まとめ

いかがでしかた? 50万円以内で程度の良いミニバンは手に入ります。値段が安い=なにか不具合があるのでは? と少し不安もあるかもしれませんがご安心ください。今回ご紹介した車種はどなたにもおすすめできる出来の良いモデルばかりです。
どれも流通量が多く、新型が登場したばかりに値段が下がっているだけなので非常にお買い得です。実際にどの店舗にどれくらいの物件があるのかを調べてから実際に下見をして購入してください。
最後までご覧いただきありがとうございました!