【日産スポーツカーの源流】ダットサン・フェアレディ

日本におけるスポーツカーの代名詞「フェアレディZ」。その源流は1952年にまで遡ることができます。当初はダットサンスポーツとして、そして後に「フェアレディ」の名を持つスポーツカーとして開発され、サーキットでも活躍するクルマへと成長していきました。今回は、「Z」の源流ダットサン・フェアレディについて調べてみました。

日産スポーツカーのルーツ「ダットサンスポーツ」誕生

戦後、自動車生産には「トラックのみ」、「乗用車の制限付きの生産許可」と段階的に緩和されていたとはいえ、GHQの政策によって自動車生産には規制が掛けられていました。その規制が1949年に「自動車の生産販売についての制限の全面的解除に関する覚書」がGHQから発令されます。それまでの自動車は販売価格が「公定価格」制度になっていたのですが、その規制も撤廃され製造・販売が自由化されます。その一方で、製作に必要な資材は配給制が継続されていてトヨタでも激しい労働争議が起こるなど苦境の時代でした。しかし、自由化によって開発エンジニアにとっては作りたいクルマ、顧客に乗ってもらうためのクルマづくりがはじめられるきっかけになった年でもあります。

その3年後、戦争終了から12年経った、1952年。日本では、血のメーデー事件などの騒乱事件が起き、イギリスではエリザベス2世が戴冠した年に日本でスポーツカーの生産がはじまります。そのメーカーは日産。イギリスの名車「MG・Tシリーズ」を目標に開発したダットサンスポーツDC-3です。

とは言え、この時代には充分な開発資金もないため、エンジンは1950年に発売されていた普通乗用車「DB-2」の20馬力(25馬力とも言われる)エンジンを搭載し、シャーシも既にあったトラック用のシャーシの流用でした。その上に戦前から自動車デザイナーとしてスポーツカーも手がけていた太田祐一デザインのボディーを載せた「トラックと兄弟のスポーツカー」でした。

しかし、既に当時のMGには60馬力近いエンジンが搭載され、1930年代から続けられたスポーツカー生産の経験があり、とても最新パッケージであるTシリーズには及ぶものではなく、その前世代である「Jシリーズにも敵わない」と評価されるものでした。そのため、DC-3はわずかに2年で生産を終了、生産台数も50台に留まりました。

「ダットサンスポーツ1000」モダンスタイルで再挑戦

DC-3から5年後、再び日産はスポーツカー市場にチャレンジします。「ダットサンスポーツ1000(S211型)」と名付けられた新型車は、1957年11月1日に試作車が発表されます。初代DC-3が持っていたクラッシクカーのような外観を一掃し、一気にモダンな形状にと変化します。展示会は東京・日本橋三越の屋上で行われ、一般も観覧可能だったことで大変な盛況になり、当初3日の開催予定を一週間も延長することになります。

この二代目ダットサンスポーツは、 翌年10月の東京モーターショーに完成車を出品します。そのシャーシは初代と同じく既存車からの流用、ダットサン・トラック220型系、ダットサン・セダン210型との共用でした。ただ、ボディーは当時の新素材FRPを使い、4シートのオープンモデル、エンジンはC型(OHV988cc、これもトラック、セダンと共用)、 ツーバレル式キャブレターの装着で34馬力、最高速度115km/hというライトウェイトスポーツとしては合格点となるスペックでした。ただ、このクルマは主にアメリカ市場向けに生産され、ほとんどが輸出され国内流通には回されていません。また、生産台数もDC-3よりも少ない20台で終了してしまいます。

1960年「フェアレディ」誕生

そしてダットサンスポーツが「フェアレディ」へと進化する時がきます。それは1960年1月、「フェアレデー1200」が発表されるのです(当時の事なので、フェアレディではなく、フェアレデーです)。この名前は、当時の社長、川俣克二がニューヨークを訪問した時に観て感動したミュージカル「マイ・フェア・レディ」の影響だと言われています。型式はSPL212型とされ、「S」はスポーツ、「P」はパワーアッ版、「L」がレフトハンドドライブ(左ハンドル)を示しています。つまり、これもアメリカ向けの輸出を主眼においたスポーツ車両ということですね。なお、数字に使われている3桁は最初の「2」が第二世代を示し、シャーシの基となったダットサンセダン(210型)と合わせています。そして、次の「1」が奇数を乗用車、偶数を貨物で使い分け、小型の乗用車として1が割り当てられました。最後の「2」が同じ基本形に対するモデルチェンジ回数を示していて、これが2度めのマイナーモデルチェンジだということになります。

このSPL212はそれまでのFRP製ボディーからスチール製にと変化しているものの、シャーシは大きな変更を加えていません。エンジンは、少し前に発表されたブルーバードと同じE型(OHV1,189cc)にツーバレルキャブレターを装着を行い、48馬力とパワーアップ、最高速度132km/hとスペックの向上が図られています。このことで、ようやく生産台数も288台を記録しています。

更に矢継ぎ早の変更が行われます、1960年10月にエンジンはE型の改良版「E1型」へと換装され、出力を60馬力に向上させ1962年まで生産が続けられます。

モータースポーツに参加した「2代目フェアレディ」

210系に続いて1962年に登場する2代目フェアレディ「S310型系」は、1961年の東京モーターショーに「ダットサン・フェアレディ1500」として発表されます。小径ホイールをはかせ高速化を考慮し、低床フレームを使って低重心化を図り、連続高回転運転を志向したエンジンに変更を加えられています。また、シャ-シはダットサン・トラックとの共用が従来と同様に行われていますが、前後のサスペンション支持部の間に補強メンバーが取り付けられ、剛性を強化しています。

そして、続く1962年10月に日本国内向けとしたフェアレディ1500が発表されます。エンジンは直列4気筒のG型、71馬力。リアシートは左向きに取り付けられ3人乗りと変則的なレイアウトが取られました。

ここから、フェアレディのモータースポーツ参戦、そして日本のモータースポーツが幕を開きます。1963年5月には、「第1回日本グランプリ」で、国内スポーツカーB2クラス(1,300~2,500cc)に輸出仕様のキャブレターを搭載したフェアレディ1500が優勝、1963年6月には、前年の日本GP優勝を受ける形でSUツインキャブの装着により出力を80馬力/5,600rpmへ向上させ、1964年にマイナーチェンジを行った後、フェアレディ1600へと道を譲ります。

90馬力のエンジン搭載「三代目フェアレディ」

モータースポーツに華々しいデビューを飾ったフェアレディ1500の後継、フェアレディ1600(SP311型)は1965年5月にR型エンジン(直列4気筒OHV1,595cc)を載せ、最高出力90馬力/6,000rpmというパワーで登場します。シャーシ、エンジン、トランスミッションなどは直後に発売されたシルビアと共用ですが、トラックとの縁はここで終了したようです。そして、フロントブレーキにはディスクブレーキ、ギアボックスも強化されるなどパワーアップだけではなく、安全対策と操縦性の向上も図られています。も強化された。

そして、モータースポーツの場面では、1966年5月の第3回日本GP予選で2位に14秒73の大差をつけポールポジション(決勝はリタイヤ)。1966年11月「第2回富士ツーリスト・トロフィー・レース」GT-I~Vクラスで総合6位、クラス優勝とまずまずの成績を残します。

「Z」への橋渡し。モータースポーツで輝いた「フェアレディ2000」

フェアレディ2000(SR311、SRL311型)は1967年3月にフェアレディ1600の追加バージョンとして発売が開始されます。エンジンにはソレックスキャブレター2基を装備した新設計U20型(直列4気筒SOHC1,982cc、最高出力45馬力/6,000rpm)と、ポルシェタイプシンクロの5速トランスミッションを搭載し、最高速度は国産初の200km/hオーバー、205km/hと発表されました。

このフェアレディの完成形は、1967年5月に「第4回日本グランプリ」GTクラスで1-2-3フィニッシュ。更に、1968年1月には「第37回モンテカルロ・ラリー」にワークスSRL311を2台も送り込み、そのうち1台が総合9位、グループ3クラス3位という好成績を納めます。また、1968年5月の「'68日本グランプリ」GTクラスでも前年と同様1-2-3フィニッシュを納め、1968年8月の「第3回富士ツーリスト・トロフィー・レース」でもGTS-IIクラスで優勝、1969年10月の「第6回日本グランプリ」GTクラスで優勝と国内GTでは無敵の状態となっていました。

そして、時代は「Z」へと移ります。1969年に日産は「フェアレディZ」を発表し、フェアレディは1970年、生産終了となりました。

まとめ

GHQの規制解除から間もなく、資金が決して満足いく状態ではない中で、トラックとの部品共用などで何とか作り上げたDC-3から、根気強くスポーツカーへの道を歩んだダットサンスポーツ。ヨーロッパ車の模倣などとも言われますが、模倣の中から次の世代に繋がる技術を蓄積したエンジニアや職人などの努力は決して単なる「モノマネ」では無かったのだと思います。

そしてフェアレディに「Z」がつけられたところで、世代は大きく変わっていきましたが、フェアレディで蓄積した技術に日露戦争で日本海軍の奮起を促した「Z旗」の思いを込めて世に送り出されたと言います。この思いはクラッシクカーのような風貌のDC-3を作り上げた人たちと全く変わっていないと信じたいですね。