【時代はバブル】中古車の方が高かった…日産Be-1物語

余程のレトロカーやカルトカーならともかく、新車と同じモデルの中古車なら、新車の方が高いものですよね。今回紹介する「日産Be-1」はその常識を覆した上に社会現象まで巻き起こしたクルマでした。その秘密は何だったのか?少し調べてみようと思います。

日産純正パイクカー Be-1

東京モーターショーで話題になるクルマと言えば、斬新なデザインで先端技術を盛り込んだコンセプトカーや、発売間近の新型車と相場が決まっています。ところが1985年の東京モーターショーでは、小さなレトロなデザインの自動車が話題を奪っていました。それは、言わば日産純正の「パイクカー」であり、それから2年後の1987年に型式BK10、「Be-1」と名付けられて10,000台、国内限定で市販されたクルマは発売前から東京モーターショーの影響で大きな話題になりました。このBe-1は、1982年に発売された初代マーチ(K10)のシャーシなのですが、曲線を多用したデザインに丸いライトがマッチして、直線主体の初代マーチとは全く違う個性が与えられたこともあり、話題だけではなく女性を中心に予約が殺到します。

ホンダ・シティの牙城を崩すために考えられたBe-1

Be-1は、カラーリングはパンプキンイエロー、ハイドレインジアブルー、トマトレッド、オニオンホワイトとカラーのネーミングも野菜や花を使った4色、で発売が始まります。するとわずか2カ月で予約販売の台数が完売してしまうのです。この成功の陰には日産によるライバルへの対抗策としう一面もあったのです。

1982年に発売されたマーチは、大きな人気を得ていたもののホンダ・シティが築いたと牙城を崩すまでには至っていませんでした。このため、マーチ発売から間もなくの1984年から日産は新型マーチのコンセプトを練り始めます。この中で、デザイン主管だった清水潤氏は新型車の開発とは別にマーチのシャシーをつかいながら、多彩なデザインを生み出せるかという実験プロジェクトを企画します。

専門家集団2社とアパレル1社によるデザイン・コンペ

この規格はプロジェクト化され、デザインは3つのデザインスタジオが提出した案からの選択になりました。そのうちの一つは、日産車内から、そして、一つはイタリアでイタリア最大のカロッチェリア、ピニンファリナーの出身で、フェラリー・モデューロやロールスロイス・カマルグなどを手がけた国際的なデザイナーです。そして、もう一つは坂井直樹が率いる「ウォータースタジオ」。坂井直樹は1970年代には刺青プリントのTシャツをヒットさせ、またワコールのヒット商品シェイプパンツのカラーコーディネーションを手がけた人物ですが、当時は全く自動車業界とは関係がありませんでした。そして、各チームの提案に基いてフルサイズモデルが作られますが行われます。このモデルは社内の関係部署へのアンケート調査のために公開されると、日産でも(元)ピニンファリナーでもなく、ウォータースタジオのデザインに強い支持が集まります。中には、「こんなクルマ見たことない。ぜひつくってくれ」という手紙が清水のもとに送った人もいたそうです。

ちなみに、坂井はBe-1のデザイン活動に入る前に幾つかの逸話を残しています。清水と初対面の時には、「自動車業界は商売の仕方を知らない。だから一等地にディーラがありながら、平日はガラガラだ」というようなことを言って驚かせたそうです。また、坂井がはじめて厚木の日産を訪問した時に、まず、出で立ちが黒で統一されていて、自動車業界では余り見かけない風貌だったことから警備の守衛さんに止められます。これに対して坂井は後に「まるで紅衛兵のようだ」と言っていますし、守衛さんも呼び出しのために清水に連絡するときに「変な人が来ています」と伝えたそうです。全くの自動車業界に染まっていなかったことが新鮮なデザインに繋がったのかもしれませんね。

好評の裏で、実現に必要な社内コンセンサスの形成が進まない

当時の坂井直樹にあった思いは、「当時のクルマは四角かった。その流れを断ち切りたい」というものだったそうです。そして、このデザインは女子社員などに「かわいい」と表現されるものでした。そして、役員の反応も商品担当副社長や、社長などからも後押しを受けウォータースタジオの案が取り上げられることになります。しかし、この時代の日産は「技術の日産」を押し出していました。マーチのシャーシにボディーを載せ替えただけのクルマに対してはマーケティングや技術部門からの反発も大きかったそうです。そこで、清水や坂井は実現に向けて考えを巡らせます。

幾つも出されたアイデアの中には、原宿の街角に並べ道行く人からの意見を聴いてみようというものもあったそうです。結果として、このアイデアは1985年の東京モーターショーに行き着きます。その出展のためにも急いでマーチの車体からボディの外板を取り外し、坂井がデザインしたパネルを取り付けたそうです。そして社内了承も得て、モーターショーに出展すると大きな話題を呼ぶことになりました。

モーターショーを契機に、新素材を使った実車製作へ

清水・坂井たちが考えた作戦は成功でした。モーターショーで大きな話題になったことで「1年後には実車販売しよう」いう意見が社内に出始めるのです。それまでは「新技術がない」とコンセンサスを形成できなかった日産社内が一気に清水たちの考えるクルマの市場投入の賛成にまわるのです。

このことで実現化に向けて冷水たちのプロジェクトが加速します。それは、プラスチックのパネルを貼り付けたショーモデルから実用車にするため、ボディーの材質から検討が始まります。と言うのは、通常の金属製のボディーに内装を含めると2年程度のリードタイムが必要になるそうです。それでは折角の東京モーターショーの熱気が冷めてしまいます。そこで、限定生産であっても早めに大量の生産が可能である材質を考えなければなりません。結論としては、プラスチックなどの樹脂製を多用することになります。それも10,000台なら何とかなるだろうという予測の上での決断でした。

細かく見ると、フロント、そしてバンパーやナンバープレートが取り付けられるリアエプロン、そしてフロントフェンダーには、世界初の試みとしてGEと共同開発したフレックスパネルが、Cピラーの外装にはABS樹脂、エンジンフードやドアパネルにはデュラスチールと様々な新素材を採用しています。これには、デザインを実現するために適した材質ということもありましたし、特にフレックスパネルにはいろいろなメリットがありました。

■ 小石などの跳ね上げに強い
フレックスパネルは衝撃に強い変性ポリフェニレンオキサイドと熱に強いナイロンなどが使われ、それぞれの長所が活かされています。そのため、フロントなど小石の跳ね上げが予想される場所への使用に耐えられるものでした。

■ デザインに合わせた高い形状自由度
もっとも重要なことは「かわいい」と言われたデザインを実現することです。フレックスパネルは射出成形なので、鋼板では実現が困難だったヘッドランプ周りなどでも自由に成形することができました。

■ 高い塗装品質
FRPなどでは塗装剥がれが起きやすいと言われますが、フレックスパネルが強い耐熱性を持っているので鋼板と同じように140〜160度での焼付塗装をすることができました。焼付塗装なら経年での退色もほとんどなく、「かわいい」色が長い期間、鮮やかに残すことができました。

■ 高い耐衝撃性
従来の塗料方法では、パネルが変形した時にできる「伸び」に対応できずにひび割れ、亀裂ができるのですが、フレックスパネル用に特殊な下地剤を使い、軽い衝突なら簡単に復元するフレックスパネルの特性を活かすことができました。

Be-1が「社会現象」へと発展

Be-1。実は、その名前にはデザインコンペに参加した日産やイタリアのチーム分けが関係しています。日産チームは「チームA」、ウォータースタジオは「チームB」、そしてイタリアチームが「チームC」とされていました。このうちウォータースタジオは2案を提出したのですが、そのうちの第1案が採用されたことから「チームBの1」ということでBe-1とされています。凝った名前が多い中で、音にすれば「びーわん」と非常に簡単な名前だったことも、人気の裏にはあったのかもしれません。

また、このBe-1は「かわいい」がキーワードになって女性に人気だったのですが、当時、やはり人気だったイギリスのバンド「デュラン・デュラン」のボーカル、サイモン・ル・ボンから「どうしても1台欲しい」とリクエストが日産本社にあったほど、海外でも話題になっていました。国内でのみ販売されたBe-1をサイモンが入手出来たかどうかは不明です。

こうして、海外でも話題になったBe-1は社会現象へと発展していきます。なんと、「Be-1ショップ」が東京・青山に出店されたのです。これは単なるショールームではなく、Be-1オリジナルのTシャツやパーカーなどの衣料品やバッグや時計財布などのアクセサリーまで「Be-1グッズ」があふれるお店です。ちょっと今では考えられないかもしれませんが、Be-1のかわいらしさがどれほど受け入れられたかがわかるエピソードだと思います。

中古車価格は「プレミア付き」!それでも売れたBe-1

もう一つ、大きな話題になったのはBe-1の価格です。当初から限定生産となったのは、材質と販売時期が課題となっていたからと言うことは書きましたが、もう一つは生産能力が余り高くできなかったのです。というのも、実際の製作は日産のコンバーチブルなど特殊少量生産などを手がけていた高田工業が請け負っていました。しかも、組み立てはほぼ手作業だったそうです。ですから当初は月間400台、予約状況が伸びてくると600台まで増産しています。しかし、10,000台の予約が入ってしまっているので納車までの時間を待ちきれない人や、先ほど書いたサイモン・ル・ボンのようにコネを使ってでも入手しようとした人が続出します。そして、結果としてどうなったのか。プレミアがつくのです。

とは言っても、正規ディーラーがプレミアをつける訳もなく、早くから入手していた人が中古車市場に売りに出し、この価格が跳ね上がったのです。幾ら新素材をつかい、そして手作業での組み立てとは言ってもマーチをベースにした日産の純正車両ですから、新車価格は130万円程度です。これが一時は300万円近くまで上がっていったのです。これが更に話題をさらってBe-1を見ると「プレミアか…」という溜息が女性たちから漏れていました。

「パイクカー」としての魁。Be-1

これほど話題になり、日産のイメージを「硬派な技術屋集団」から「かわいいクルマも作れる会社」へと変貌させたことでライバルも触発されたようです。特にBe-1のデザイン主管だった清水にはトヨタなどのデザイン部門からも開発の秘訣などを聞くためでしょう、アクセスがあったそうです。

また、日産でもこのBe-1の成功を受けてパイクカーの系譜が後にPAOやフィガロ、そしてラシーンやボレロへと受け継がれていきますし、トヨタもWiLLシリーズへと伝播していきました。

【基本情報】
車種名:日産Be-1
販売期間:1987年〜1988年
デザイン:日産自動車造形部・造形第1スタジオ
乗車定員:5人
ボディタイプ:2ドアセミノッチバックセダン
エンジン:MA10S 987cc 直4OHC
出力:52ps
変速機:5速マニュアル、3速オートマチック
駆動方式:FF
サスペンション:フロント 独立懸架ストラット式、リア 4リンクコイル式
全長:3,635mm
全幅:1,580mm
全高:1,395mm、1,420mm(キャンバストップ)
ホイールベース:2,300mm
車両重量:マニュアル 670kg、オートマチック 700kg
ブレーキ:フロント ディスク、リア リーディングトレーリング

まとめ

わずか10,000台の限定生産、当時は無かったデザインという事が爆発的な人気を呼び、時代がバブルだったこともあり新車価格の二倍以上の中古車(プレミア)価格まで記録した「日産Be-1」。パイクカーとしての魁にもなりましたが、それ以外にもデザインを自動車には門外漢の坂井たちウォータースタジオに依頼するなど、当時の常識を打ち破ることが成功のきっかけだったのでしょう。どうしても専門家にはプロとしての効率的な手腕を持つものの、時には常識に囚われてしまって、新しいものを受け入れられないこともあります。先日書いたフォルクスワーゲン・タイプ2はデザインの勉強もしていない自動車ディーラーのラフスケッチが元になっていたのと似て、ブレークスルーする中で、時には「素人」が出すアイデアやひらめきが大きな成功に繋がることもあるのです。