板金屋も使っている!誰でも簡単に車のへこみを直す2つの方法

車をぶつけて、へこんでしまった! 修理の見積もりをしたら数万円もかかると言われてしまいました。今回の記事では1,000円ほどで誰でも簡単にへこみを直す方法をご紹介いたします。高い修理費用を払いたくないという方は1度試してみてはいかがでしょうか。

板金屋さんなどに依頼してへこみを直す

ほとんどの人が板金屋さんやガソリンスタンドなどでへこみを直してもらうのではないでしょうか。当たり前ですが修理をしてくれる人はその道のプロです。そのため修理が終わったあとにはどこがへこんでいたのかもわからないぐらい綺麗になります。しかし、その分だけ修理費用が高額になってしまいます。修理費用は手のひらサイズのへこみで3万〜が一般的な相場になっています。

ディーラーに板金を頼むこともできますが、基本的にディーラーは自社で板金塗装をすることはありません。板金は専門の技術が必要なため、板金屋さんなどに外注をしていることがほとんどです。外注だからといって心配はしなくても大丈夫です。ディラーが認めた腕の保証された工場などに任せているので、仕上がりの精度などは完璧です。

ドライヤーを使ってへこみ直す

へこんだままは恥ずかしいから嫌だ! へこみを直したいけど、板金屋さんやディーラーで高い修理費用を支払いたくない! そんな方にはドライヤーを使ってへこみを直す方法があります。必要なのはドライヤーとエアーダスターのみ。エアーダスターはホームセンターなどで1,000円程度で購入することができます。

誰でも簡単にできる方法ですが、へこみの大きさや素材によってはへこみが直らなかったり、さらに変形してしまう場合があります。必ず自己責任で作業を行っていただきますようお願い申し上げます。

STEP1:へこんだ部分にドライヤーを当てて熱する

へこみを直したい部分にドライヤーを当てて熱していきましょう。熱する時間についてはへこみの広さによって変わってきます。手で触るとかなり熱く感じるぐらいまで熱することができたらSTEP1は完了です。熱した部分で火傷をしないように注意しましょう。

STEP2:熱した部分にエアーダスターを噴射する

続いてはSTEP1で熱した部分にエアーダスターを噴射していきます。ここで重要なのはエアーダスターを逆さにして噴射することです。逆さにして噴射すると缶の中の圧力が下がるので、とても冷たい風が噴射されます。熱した部分に冷たい風を当てることで、へこんでいた部分が勢い良く元の形に戻ります。

エアーダスターを逆噴射することで発射される冷却風は有害です。マスクなどで吸い込まないようにして、しっかりと換気ができるような場所で作業するようにしましょう。

エーゼット(AZ) エアーダスター152a390ml 941

¥440

販売サイトへ

最近のエアーダスターは「逆さ利用OK」というものが多く販売されています。「逆さ利用OK」と記載のあるものだと、冷却風が出ないので注意しましょう。エアーダースターが見つからない場合には「冷却スプレー」でも大丈夫です。

動画でやり方を確認しよう

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/lYOw8di2k4I" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

この動画を見れば「これぐらいなら自分でもできそうだ」と思うのではないでしょうか。約3分で大きなへこみが直ってしまいます。この方法は板金屋さんでも使われている方法ということで、成功率は約90%ほどと言われています。

板金屋さんなどで数万円も払って修理してもらう前にエアーダスターを買ってきて、直してみてはいかがでしょうか。これで直れば数万円の修理費を浮かせることができます。

吸盤を使ってへこみを直す

最後は吸盤を使ってへこみを直す方法の紹介をいたします。こちらも吸盤さえ購入すれば自分でへこみを直すことができます。ドライヤーで直す方法では大きなへこみを直すのは大変ですが、吸盤を使えば大きなへこみも簡単に直すことができます。

やり方はとても簡単で、へこんでいる部分の中心に吸盤を貼り付けて引っ張るだけです。へこんでしまった部分を無理やり引っ張りだすという原始的な方法です。

サクションバキュームカップ

¥1,501

販売サイトへ

比較的大きなへこみでも直すことができ、握りやすいように作られているので、簡単に引っ張ることができます。吸盤が大きいため小さなへこみには使うことができません。

ホルツ デントマジック [HTRC3]

¥3,168

販売サイトへ

小さなへこみにはこちらの商品で補修することができます。ドライヤーを使った修復方法で直らなかったへこみに試してみるといいでしょう。

動画でやり方を確認しよう

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/hSQi-Ushmp0" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

ポイントとしては一気に引っ張るのではなく、動画のように何回も引っ張っていくようにしましょう。一気に引っ張ってしまうとへこみが一部しか戻らなかったりしてしまい綺麗に直せなくなってしまうことがあります。

まとめ

今回はへこんでしまったボディを修復する方法を3つご紹介いたしました。数万円の修復費用を払ってでも完璧に直したい方は板金屋さんやディーラーに依頼をしましょう。逆にできるだけ修復費用を抑えたいという方は、ドライヤーや吸盤を使って自分で修復できるか試してみるといいでしょう。ドライヤーや吸盤を使っても直らないようなへこみに関しては、諦めて修復をする必要があります。

また、ドライヤーや吸盤を使って自分で修復をする場合には必ずへこみが直るというわけではないので、自己責任で行いましょう。

車に傷がついてしまったとき、皆さんはどうされていますか? 車屋さんに相談しますか? 自分でなんとかしちゃうタイプでしょうか。“傷の状況にもよるでしょ”っていう意見もありますよね。できることだけでも自分でやってみませんか? 酷いことになっているように見えても、実は傷ついていないことだってあります。自分でできそうなことと、プロにまかせなければいけないことを見極めて、できることは自分でやってみましょう!