トヨタアルテッツァ。希少なスポーツセダンとして売り出したその魅力に迫る

レクサスISに引き継がれたトヨタアルテッツァ。今では希少なスポーツセダン。6速マニュアルの設定があるFRとして、レースからドリフトまで人気を博したアルテッツァの魅力に迫ります。

トヨタアルテッツァの歴史と性能

イタリア語で高貴を意味する「アルテッツァ」

出典:http://voices.221616.com/report/cartype_report/c_0101015.html

voices.221616.com

アルテッツァは、1998年から2005年まで発売されたクルマでした。発売当時は、本格的なFR4ドアスポーツセダンということで、トヨタも積極的にスポーツ性をPRしていました。ちなみに、アルテッツァとはイタリア語で「高貴」を意味しています。その意味からも、スポーツを楽しむ貴族というイメージがアルテッツァには似合います。速さを競い合うというよりは、ドライビングそのものを楽しむ。まさに貴族が乗馬を楽しむかのようなイメージでアルテッツァは開発されました。
対抗車種としてはBMWの3シリーズ。欧州車を意識しながらも、アルテッツァにだからこそ出せる性能・魅力を持った車を目標に作り上げられました。

アルテッツァの基本パッケージ

出典:http://altezza.blog.jp/tag/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%A1%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%BF2012

altezza.blog.jp

設定されたグレードは、大きく分けて2つです。4気筒エンジンの3S-GEを搭載し、最高出力210ps、最大トルク22kg-mを発揮するRS200。6気筒エンジンの1G-FEを搭載するラグジュアリー志向のAS200の2つです。
どちらのグレードにも共通するシャシーは、開発のコンセプトからも分かるように、日常ユースでの楽しみを追及したパッケージとなりました。ベースのシャシーはプログレのプラットフォームを流用し、これのホイールベースを110mm短縮して運動性能を向上。レーシングカーでは当たり前の、4輪ダブルウィッシュボーンサスペンションを採用し、乗り心地とスポーツ性を追及して開発されました。
そして、アルテッツァでは必要以上の容量と言われたのがブレーキ。RS200にはフロントに重量級のアリストと同じ大容量のディスクブレーキを、リヤにはアリストよりも1サイズ径の大きいピストンとローターが採用されたのです。
これらの基本パッケージによって運動性能を高めた上で、RS200には6速MTと自然吸気で210PSを発生するパワフルなエンジンが採用されました。

徹底的に鍛えられたアルテッツァのボディとシャシー

出典:http://www.tomsspirit.co.jp/users_voice/?users_id=36

tomsspirit.co.jp

ミドルクラスセダンでありながら、なぜここまでのボディとシャシーをアルテッツァは手に入れたのか。普通のミドルクラスセダンであれば、街中を走り、乗り心地が良く高速移動もそつなくこなす程度のものでOKのはずです。
ここには、開発者のアルテッツァに対するこだわりがありました。トヨタから4ドアのスポーツセダンが発売されるという情報は開発中からもちろん噂で流れます。世間からもFRのスポーツセダンが開発されていると聞くと、その性能に期待が高まるのは当たり前です。
この期待に応えられるよう、アルテッツァ開発メンバーの方々は徹底したテストを繰り返しました。ドイツのニュルブルクリンクでは、2週間で20,000kmのテスト走行を行ったそうです。BMWも同時に持ち込んで比較テストをするなど、ボディ剛性、シャシー性能を徹底的にまずは煮詰めたそうです。
そして、公道テストではドイツのアウトバーンで全開走行テスト。フランスの山岳部で時速200kmオーバーのテスト。北海道の雪の中で180kmでのドリフトテストなどを行ったそうです。

アルテッツァの開発秘話、FRスポーツの魅力について紹介しています。

トヨタのマスターテストドライバー・成瀬弘市のコラムより

スポーツ性能を全面にだしてPRしたアルテッツァ

ネッツカップ アルテッツァワンメイクレースの開催

出典:http://www.gtnet-kaitori.com/satei/model/0010010104/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%A1%E4%B8%AD%E5%8F%A4%E8%B2%B7%E5%8F%96/

gtnet-kaitori.com

アルテッツァの発売とほぼ同時に発表されたのがネッツカップのアルテッツァレース。純粋なワンメイクレースで、参加車両規定はJAF国内競技規則「N1規定」に準ずるレースです。ようは、エンジンはノーマルのままで、ボディの軽量化と足回り、デフくらいしか変更することができない規定です。
トヨタとしては、アルテッツァのスポーツ性能をアピールするためにワンメイクレースを開催し、TRDからはこのワンメイクレース用のレーシングカーが販売され、店頭引渡し価格320万円でコンプリートカー購入することができました。
当時、ハコ車レースの入門でヴィッツレースがあり、次のステップとしてアルテッツァのレースという流れで、アルテッツァのスポーツイメージを押し上げた要素でもあったレースでした。

スーパー耐久レースにアルテッツァのクラスが設定

出典:http://s.webry.info/sp/fd3s-rx7.at.webry.info/200702/article_3.html

s.webry.info

アルテッツァのスポーツイメージ促進のためかどうかはさておき、ほぼアルテッツァのワンメイク状態となったグループNプラスクラス。スーパー耐久レースの一つのクラスがアルテッツァのみとなったこともありました。
改造範囲は、グループNというネッツカップアルテッツァレースの規定に少しプラスしましたという範囲。公認を受けたエアロパーツを装着でき、エンジンの改造も規定内で許されていました。
ネッツカップアルテッツアワンメイクレースとスーパー耐久のグループNプラスクラスのイメージにより、アルテッツァがレースベース車両という印象はかなり強くなりました。
トヨタとしても、大人のスポーツセダンとして売り出したく、日常ユースは95%ながらも、残りの5%をサーキットで楽しみたいという贅沢な使い方をしたいニーズにマッチするイメージ戦略が取られました。

ディーラーからチューニングコンプリートカーが発売された

出典:https://www.tomsracing.co.jp/products/car/typedetails.php?carID=1097&typeID=2116

tomsracing.co.jp

この当時、ディーラーからチューニングされたコンプリートカーが発売されるということは非常に珍しいことでした。アルテッツァはそのスポーツ性能を全面に打ち出し、販売現場からも新車でチューニングしたクルマを売り出すほどでした。
記憶に残っているのはこの1台。トヨタ系直系のチューニングパーツメーカーであるトムスから発売された280T。なんと、アルテッツァにボルトオンターボキットを装着し、280PSにしてディーラーで販売したのです。仕様は以下のようです。
☆仕様☆
:タービン 280T専用(IHI製)
:インタークーラー 280T専用
:インジェクター TOM`S大容量インジェクター
:インテークパイプ 280T専用(アルミ製)
:マフラー 280T専用(ステンレス製)
:エキマニ 280T専用(鋳造)
:ヘッドガスケット 1.6mmメタル
:CPU TOM`S製T.E.C.S 280T専用ロム
:クラッチ 純正(280T専用TOM`S印字入りOSツインプレート)
:サスペンション トムス・アドヴォックス
:エアロ Netz×TOM`Sフルエアロ

アルテッツァ280Tのエンジンのパワー、トルク、排気量、気筒数を教えてください。以前HKSがテストした実測値は272PS、37kg・mでした。1998cc、4気筒です。☆仕様☆:タービン 280T専用(IHI製):インター...

トムス、コンプリートカー280Tの仕様

アルテッツァのマイナーチェンジ

前期・後期モデルの違い

出典:http://www.elv-er.jp/detail/detail.aspx?ItemNo=27242

elv-er.jp

2001年5月、アルテッツァの発売開始から約1年半ほどでアルテッツァ初のマイナーチェンジがされました。発売当初は売れ行き好調で、月間5000台を超えることもありましたが、その売れ行きは徐々に失速していき、1年半後には3分の1までに減っていたそうです。そのテコ入れとしてマイナーチェンジがほどこされました。
主にはスポーツグレードのRS200をメインにマイナーチェンジ。より走る楽しさを追及した仕様となりました。

<走りの改善>
6速MTのファイナルギアを4.1から4.3 へとローギアード化されて、アクセルを踏み込んだ際の加速性能が改善されました。 そして、ステアリングギアや足回りにもチューニングが施され、『操り、走る』心地よさがさらに追求されました。

<室内の改善>
ドライビングしていて一番目線に入るメーター周りも変更。コンビネーションメーターの中央にタコメーターを配置し、「車速」「瞬間燃費」「航続可能距離」を表示するマルチディスプレイが採用されました。特にタコメーターが中央に大きく表示されるのはエキサイティングに走る演出を意識したものとなっていました。

<安全装備の改善>
安全基準が高められている時代なこともあり、前席はダブルエアバッグ、サイドエアバッグに加え、カーテンシールドエアバッグ(Lエディションに標準、その他はオプション)を装備しました。そして、リアシートにはISOFIX対応チャイルドシート用固定バーが装備されました。

<エクステリアの改善>
エクステリアでは、フロントグリルの変更、リアのハイマウントストップランプ内臓の小型リアスポイラーがオプションで設定。RS200にはディスチャージヘッドライトが標準装備されました。
また、ボディカラーにも新色が追加され、「ホワイトパールクリスタルシャイン」「ダークブルーマイカ」など、4色が新設定されました。

アルテッツァに追加されたグレード

特別限定モデルクオリタート

出典:http://221616.com/search/toyota/altezza/detail_50235444/

221616.com

1999年、6月に全国のネッツ店から発売されたモデリスタのカスタマイズモデルです。ベースとなったグレードはZ EDITION。RS200のMTとATに、AS200のAT車両に設定されました。
装備としてはエクステリアとインテリアの装飾がメインとなりました。今のモデリスタでも同様ですが、エンジンや足回りなど走りに関わるようなチューニングではないです。
エクステリアでは、専用の"QUALITAT"の専用エンブレム付きフロントグリル、フォグランプ付きの専用フロントバンパー、サイドマッドガード、リアバンパー、リアスポイラーが装備されました。
細かいところでは、クリアレンズターンランプ、スモーク調ヘッドランプ&リアコンビランプ、そしてリアの"ALTEZZA"ロゴがレスとなっていました。
そして、足元ではゴールドの17インチアルミホイールを装着。マフラーもフジツボ製スポーツマフラーが装備されるなど、このようなチューニングも少し施されていました。
インテリアでは、グリップ色がレッド&ディンプル付きの本革巻きステアリング&パーキングブレーキレバーを装備。シートサイド部分とドアトリムの色もレッドを基調として内装でした。
タコメーターがセンターのクロノグラフメーター(モデリスタ製のため通常"ALTEZZA"の文字が"MODELLISTA"の文字なっていました。
外装色はスーパーホワイトパールマイカ、シルバーメタリック、ダークブルーマイカの3色。この中でもダークブルーマイカがクオリタート専用色となっていました。

廉価版のRS200 リミテッド

出典:http://kuruma-ex.jp/usedcar/search/result/maker/TO/shashu/S007/pref/62

kuruma-ex.jp

後期型で設定されたRS200リミテッド。ZエディションをベースにしながらもZエディションよりも値段を安く設定したのがリミテッドです。後にリミテッド2も販売されました。特別限定モデルとなっていました。
ベースモデルとは走りの点でことなるのが、トラクションコントロールレスでトルセンLSDを装着している点です。トルセンLSDはトルク感応型と呼ばれ、アクセルワークに素早く反応して左右輪に最適なトルク配分が行われます。そのため、常に優れた操縦安定性とトラクション性能を発揮できためスポーツカーに多く採用されています。
これ以外に、フロントプロジェクターフォグランプ、エアログリル(6速マニュアルのみ)、アルミペダルなどが採用されました。

アルテッツァの弱点・壊れやすいポイント

出典:http://blog.livedoor.jp/moriken12/archives/51286195.html

blog.livedoor.jp

スポーツ性を重視して開発されたアルテッツァですが、それでも弱点がありました。純正で210PSを発揮する自然吸気エンジンを搭載していますが、やはりターボ車と比較するとかなり非力です。
このパワーを補おうと各アフターパーツメーカーから後付けのターボチャージャーやスーパーチャージャーが販売されました。これによって250PSや300PSを発揮するクルマも出てきましたが、純正ではこのパワーに耐えられる駆動系ではなかったのです。
クラッチ、ミッションが特に弱く壊れやすいポイントで、パワーを上げるとすぐに音を上げます。最初に壊れるのがクラッチ。これをツインプレートなどに強化すると次に壊れるのがミッション。そしてミッションを直すとプロペラシャフトが壊れます。
このように駆動系が純正パワーまでにしか対応できていないので、アルテッツァをパワーアップする際は覚悟の上でチューニングしましょう。

アルテッツァの中古車情報

アルテッツァを欲しいと思った方も中古車から探す必要があります。販売台数も多いので流通は多くありますが、カスタムされてしまっているものも多くノーマルを探すのが根気がいりそうです。下記リンクより是非チェックしてみてください。

中古車をお探しの方はこちら

まとめ

後輪駆動のクルマが少なくなる中、走る楽しみを追及して開発されたトヨタアルテッツァ。ミドルクラスセダンながらもFRにこだわって開発されたこのクルマの素性はスポーツカーです。ニュルブルクリンクなどで徹底的に鍛え上げたボディやシャシーに、これまで実績のある3S系のエンジンを搭載。セダンとは言えスポーツカーです。
パワーはないですが、大人4人がきっちりと乗れて、走りを楽しめるスポーツカーとしてアルテッツァほどバランスの取れたクルマも少ないのではないでしょうか。
中古車でも手軽に購入できる価格帯になってきているので、今だからこそアルテッツァに乗るという選択肢もいかがでしょうか。