スズキが生み出した「遊べる軽」 個性的なハスラーの魅力

個性的な見た目で「遊べる軽」として登場し、あっという間に日本全国へ広まったスズキ ハスラー。室内の広さばかりで選ばれていた軽自動車に「遊び」という要素で成功を収めました。軽SUVというジャンルそのものを盛り上げるきっかけにもなったハスラーというクルマを今一度見直してみたいと思います。

スズキ ハスラーとは

「スズキ ハスラー」は2014年に発売された軽クロスオーバーSUVです。街中で走る姿を見かけたことがあるかと思います。中にはもう既に乗っているという方も居られるでしょう。発売された年のカーオブザイヤーを受賞し、中々の人気者となりましたからねぇ。
そんなハスラーも発売開始から3年目を迎えようとしています。この機会に今一度ハスラーというクルマを見てみようかと思います。

その名前の由来は?

名前の由来は、あらゆることに行動的に取り組み俊敏に行動する人を重ね合わせたといわれています。ちなみに、かつてスズキが生産していたオフロードバイク「スズキ・TS」の愛称でラフロードを軽快に走っていく姿をイメージしたものといわれています。

なぜハスラーが誕生したのか?

ハスラーが登場する以前にも軽SUVはありました。「スズキ ジムニー」「ダイハツ テリオスキッド」「三菱 パジェロミニ」があり、クロスオーバータイプなら「スズキ Kei」なんかもありましたが、これらはジムニーを残して生産終了となっていました。
仮面ライダーシリーズは今なお親しまれる一方で、軽SUVというジャンルは衰退し、風前の灯となっていたのです。

ところが、ある会食の席でスズキ自動車の会長である鈴木 修氏がKeiの生産終了を惜しむユーザーの声を耳にします。それまではKeiの後継機となるような構想などなかったものの、その声から軽クロスオーバーの需要があると判断され、後のハスラー開発へとつながりました。

スズキ ハスラーの特徴

開発経緯からすればハスラーはKeiの後継機的なポジションに位置し、同社のジムニーとは棲み分けがなされています。
Keiのようなクロスオーバーを作るのは良いですが、一度生産を終了したKeiをそのまま復活させるわけにもいきません。その当時の売れ筋の軽自動車はトールワゴンタイプでした。これに該当するのが「スズキ ワゴンR」「ダイハツ ムーヴ」などであり、これよりも大きなスーパートールワゴンとして「ダイハツ タント」なんかがあります。
Keiでは走破性には優れていても、使い勝手でトールワゴンタイプに立ち向かえないのです。ならどうしたのか?

「それならばワゴンRをそのままオフロードタイプにしてしまえ」
ハスラーはワゴンRのプラットフォームを共有しています。そこに15インチタイヤ採用やサスペンションストローク変更を行うなどにより走破性を高められています。

スズキ ハスラーの購入諸費用・維持費・車検代

ハスラーを乗る上で必要なお金のお話です。

購入費用はどれぐらいなのか?

ハスラーにはいくつかのグレードが用意されていますが、今回は上位グレードである「Xターボ CVT 4WD 2トーンルーフ仕様」を例に見ていきたいと思います。またメーカーオプションとしてナビを設定すると
・車両本体価格 1,717,200円
・ナビオプション 127,440円
・販売諸費用 101,430円
・合計 1,946,070円

とりあえずメーカーからきたクルマをディーラーで受け取るだけで195万円程必要となります。これとは別でディーラーオプションを追加した場合
・フロアマット 14,202~20,142円(複数種あり。工賃込み)
・ドアバイザー 12,906円(工賃込み)

などが別途必要となります。Xターボの場合は購入費用として200万円前後は必要と思っておけば良いかと思います。
もちろん装備面を引き換えに下位グレードを選べばこれより安くなりますし、ターボではなくNAモデルを選べば車両価格も抑えられ免税対象車となります。ただ、軽自動車は元より取得税・重量税が低いので、そこでの恩恵というのは全体で見れば数%程度の差とも言えますので、購入価格の差は「ターボの有無」によるものだと思っておきましょう。

維持費はどれぐらいなのか?

ハスラーの維持費はどれぐらいなのか…車検代や整備費用も維持費と言ってしまえばそれまでですが、ここでいうところの維持費とはズバリ「燃費=燃料代」を考えています。ターボの有無や減税を気にしているのであれば、その後の燃費も気になりますよね? 
現在のハスラーのグレードA以外にはマイルドハイブリッドシステムである「S-エネチャージ」が搭載されています。エンジンにはオルタネーター(もしくはダイナモ)と呼ばれる発電機があるのですが、これに発進時のモーターアシスト機能と制動時の回生ブレーキ機能を持たせています。単純に言えば「モーター=発電機」なので、「電気を流せば回るし、逆に何かの力で回してやると電気が出てくる」のです。
さて、そんなハスラーの実際の燃費はどれぐらいなのか? ちなみに先ほど購入費の例に出した「Xターボ CVT 4WD」でのカタログ燃費は26.2km/L(JC08モード)です。NAモデルの場合は30km/Lを超えています。カタログの数値に対して「本格的なハイブリッドで60% ガソリン車なら70%」がおおよその実燃費だと言われていますので…
・ターボ車は18~20km/L
・NA車は21~22km/L
このぐらいが実燃費になります。ハスラーユーザーの口コミでも大体同じぐらいの数値となっています。もちろんこれも使用条件によっては差が出ますので、エコな運転やメンテナンスを心がけてください。特別な理由が無ければ、現在のクルマの多くが「応急用パンク修理キット」をスペアタイヤの替わりに搭載しています。その中にタイヤに空気を充填するためのシガーソケット電源駆動エアーコンプレッサーもありますので、これを使って普段からタイヤの空気圧を自己管理するということもできます。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/0Djqqu7AUvU" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

さて、実燃費が分かればあとはガソリン価格から計算するだけです。計算しやすいように「実燃費20km/L」「ガソリン価格を120円/L」と仮定します。そしてハスラーのタンク容量は27Lです。燃料の残量警告灯が点灯する基準は「点灯した時点で高速道路上のSAから次のSA間を走行できる量」とされており、距離にすると大体100km分の燃料…ハスラーの場合は5L以下で点灯するかと思いますので「22Lを消費して警告灯が点灯したので直ぐに給油」という条件で計算すると…

・実燃費20km/L×消費した燃料22L=440km
・消費した燃料22L×120円/L=2640円

つまり「ハスラーはガソリン満タン状態から440km程度の距離を走り、給油の際は22L程度を給油し、そのガソリン代2640円となる」という結果になりました。高速道路上では良い燃費が出やすいですし、残量警告灯が点灯する基準も曖昧ですが「おおよそこれぐらい」程度に覚えておいていただければと思います。

中古車を買うなら気をつけておきたい「ハイブリッドシステムの有無」

先の項で「現在のハスラーのグレードA以外にはマイルドハイブリッドシステムである「S-エネチャージ」が搭載されています。」と述べました。実は過去にはそれが無いモデルもあるのです。
これは2015年5月13日に行われた一部改良によって、ワゴンRに搭載されていたS-エネチャージをハスラーにも搭載するようになったためです。そのためこの日付より前に製造されたハスラーにはそもそもS-エネチャージ搭載モデルが存在していません。
ではどう見分けるのか? それは意外と簡単です。
・車両型式がMR41S型となっていればハイブリッドモデル(それ以前はMR31S型)
・リアの車両エンブレムの下に「S-エネチャージのエンブレム」があればハイブリッドモデル
コレを元に中古車選びでの判断材料になればと思います。

車検代はどれぐらいなのか?

出典:http://www.thinkstockphotos.com/image/stock-photo-mechanic-at-work-in-his-garage/473909642

日本においては車検も維持費のひとつと言えます。
さて、その車検にかかる費用ですが、これが人によって様々です。まず絶対に必要な費用があります。
・自賠責保険料 26,370円
・印紙、証紙代等 1,100~1,400円
・自動車重量税 0~5,000円(エコカー減税での基準次第)
まずこの時点で 最大32,770円 かかります。もし仮にユーザー車検という形で軽自動車検査協会へ持ち込み車検を行えばこの値段です。
では、持ち込む場所が近くの整備工場やディーラーで車検を委託した場合は? その場合は委託された店に「必要な手続きをする上での手数料」「陸送費用や検査機器の使用料」などが加算されます。おおよそ15,000~30,000円ぐらいが追加で必要になります。もちろん修理や調整が必要な箇所がある度に追加費用が発生します。
まとめますと「32,770円+委託した場合の追加費用+追加整備費用」となりますが、あらかじめ車検費用の見積もりや点検をされることをオススメします。いざユーザー車検で検査場に持ち込んだものの、不合格項目があった場合は修理や調整が必要になりますし、その分時間もかかってしまいます。

スズキ ハスラーのエクステリア(外観)

今でこそ街中でよく見かけるようになったハスラーですが、私がハスラーを始めてみたときの最初の印象は

「デフォルメされたFJクルーザーだ!!」

FJもそうですが、非常に個性派なクルマだと言えます。スズキもそのあたりを意識しており、オプションカタログにはエクステリアをより個性を引き出すアイテムが揃えられています。

ランクル40をモチーフに造られた「FJクルーザー」のデビューは北米でした。その後、国内のファンの要望により国内での販売が決まりました。今回はその個性派SUVの魅力を徹底解剖してみましょう。

スズキ ハスラーのインテリア(内装)

インパネ周りの色使いも個性的です。「パッションオレンジ」「アクティブイエロー」は車体の色に合わせられており、その他は「ピュアホワイト」となっています。

シートに関してはいたって普通という感じでしょうか? というのも、シートアレンジなどはワゴンRと共通しており、使い易さ重視の作りとなっています。この部分に関しては個性の演出よりも既に成功している「ワゴンRと同じ使い勝手の良さ」によって、既存のワゴンRユーザーを販売ターゲットにしている印象があります。

スズキ ハスラーのオプション

ハスラーはワゴンRと共通部分が多いわけですが、ただそれだと「ハスラーを選ぶ決め手」に欠けてしまいます。では、ワゴンRとはどう違うのか? ハスラーは「クロスオーバーSUV」なのでそれに似合うような屋外でのアクティブシーンでの活躍を想定しています。ただし、具体的にどのような使い方をするかというのはユーザー次第なわけです。

そんな幅広いアクティブシーンをカバーするのがハスラーのオプションです。ハスラーというクルマに対してオプションを付けることによってハスラーは真価を発揮します。
バックドアに「タープキット」を取り付ければ日差しや人の目を遮ってくれますので、休憩スペースや着替えを行うことができます。
「ベッドクッション」は車中泊するための就寝スペースを作るのに便利です。凸凹のないフラットな面であれば快適な睡眠が取れます。

外観でより個性を出したいと言うのであれば「デカール」もありますし、「ルーフキャリア」を取り付けてればアクティブな感じがより引き立ちます。
ハスラーほどオプションによって使い方が変わるクルマというのはなかなかありません。ハスラーに乗るならオプションも揃えないと損ですよ。

スズキ ハスラーのラインナップ

ハスラー A

ハスラー内での下位グレードモデル。駆動方式は2WDと4WDの2種。ミッションはCVTと5MTとなっており、4通りの組み合わせとなっています。
ターボの設定は無く、色も2トーンは用意されておらず「カーキ」「シルバー」「アイボリー」「ブラック」「ホワイトパール」の5色。4WD車向けの装備である「ヒルディセントコントロール」や「グリップコントロール」も装備から外されています。
値段は2WDが1,078,920円 4WDが1,199,880円です。

遊べる軽!New Color登場!スズキ 軽自動車 ハスラーの車種情報ページです。軽自動車 ハスラーの様々な情報がご覧いただけます。

ハスラー Gターボ・G

ハスラーの中位グレードモデル。ターボモデルが追加されましたが、ターボで選択できるミッションはCVTのみとなります。
色はAからの5色に加えて「オレンジ」「ブルー」「ピンク」「イエロー」「グリーン」「レッド」の2トーンも含めて全11色となります。
4WD車向けの装備である「ヒルディセントコントロール」や「グリップコントロール」はCVTモデルのみに標準装備。「レーダーブレーキサポート」もCVTモデルにのみに標準装備となっています。
値段は1,162,080円~1,529,280円となっています。

遊べる軽!New Color登場!スズキ 軽自動車 ハスラーの車種情報ページです。軽自動車 ハスラーの様々な情報がご覧いただけます。

ハスラー Xターボ・X

ハスラーの上位グレードモデル。ターボ・NA共に全てCVTに統一されており、フォグランプとアルミホイールを標準装備。ブレーキサポートも「デュアルカメラブレーキサポート」になっており、車両だけでなく人も検知し、車線逸脱警報機能なども追加されました。
値段は1,461,240~1,717,200円となっています。

遊べる軽!New Color登場!スズキ 軽自動車 ハスラーの車種情報ページです。軽自動車 ハスラーの様々な情報がご覧いただけます。

ハスラー J STYLE IIターボ・J STYLE II

2014年のRJCカーオブザイヤー受賞記念特別仕様車として登場。J STYLEとしては2代目になります。
ベースはXターボ・Xとなっており、フロントグリル上部に「HUSTLER」のエンブレムが追加されています。各所にチタンシルバーを取り入れ、フォグランプはLED化。ターボモデルには「クルーズコントロールシステム」「パドルシフト」が特別装備されています。色も通常とは違うラインナップとなっています。
値段は1,517,400~1,737,720円となっています。

上質な休日が似合う、こだわりの特別仕様車。スズキ 軽自動車 ハスラー JスタイルIIの車種情報ページです。軽自動車 ハスラー JスタイルIIの様々な情報がご覧いただけます。

次期スズキ ハスラーのモデルチェンジ情報

マイナーチェンジ(年次改良)かフルモデルチェンジか

ハスラー発売開始から何度かの改良を行っています。現在のところ一番最後の改良と言えるのが2015年12月7日のS-エネチャージ搭載に伴う改良です。では、次はいつなのか? これに関しては公式の発表はありませんが「2017年以降でワゴンRの後にフルモデルチェンジされるのではないか」という噂があります。
スズキでは大体4年サイクルでフルモデルチェンジがなされています。そのサイクルで言えば通常ならハスラーフルモデルチェンジは2018年になります。しかし、ハスラーとプラットフォーム共有している5代目ワゴンRは2012年9月に販売開始。既にワゴンRに関してはフルモデルチェンジの時期と言えます。
このワゴンRとの関係からハスラーは「ワゴンRがフルモデルチェンジされプラットフォーム変更となれば、否応なしにフルモデルチェンジするしかない」という考えです。

スズキ ハスラーの過去モデルをご紹介

ハスラーはまだフルモデルチェンジを迎えていませんが、細かな改良は入っています。

2014年1月8日~2015年5月12日モデル

ハスラーはまだフルモデルチェンジを迎えていませんが、細かな改良は入っています。

初期型に分類されるモデルとなります。
この頃のハスラーは全てMR31S型となり、マイルドハイブリッドモデルはありません。
燃費は23.2~29.2km/Lとなっています。

スズキ ハスラー A 2014年登録(660cc MR31S 5MT 4WD レギュラー)の平均燃費:22.92km/L。全国のオーナーからの燃費情報を元にした実燃費が分かります。クルマの乗り方によっても燃費は大きく異なります。車レビューも参考になります。

2015年5月13日~2015年12月6日モデル

一部改良された中期形に分類されるモデルとなります。対象車両はNAである「G」のCVT車・「X」・特別仕様車「J STYLE」となります。
マイルドハイブリッドとなったS-エネチャージ搭載を搭載し、型式もMR41S型へと変更されました。
燃費は2WD 32.0km/L、4WD 30.4km/Lへと向上しています。

スズキ ハスラー G/X/Jスタイル/JスタイルII 2015年登録(660cc MR41S CVT FF レギュラー)の平均燃費:19.75km/L。全国のオーナーからの燃費情報を元にした実燃費が分かります。クルマの乗り方によっても燃費は大きく異なります。車レビューも参考になります。

2015年12月7日~現行モデル

2度目の一部改良。同時に「J STYLE II」を発売しています。
ターボ車である「Gターボ」「Xターボ」へのS-エネチャージを搭載しMR41S型へ。「A」においてはエンジン圧縮比変更による燃費向上がなされました。「X」「Xターボ」にはレーダーから「デュアルカメラブレーキサポート」へと変更が行われています。
燃費は24.8~32.0km/L

スズキ ハスラー G/X/Jスタイル/JスタイルII 2015年登録(660cc MR41S CVT FF レギュラー)の平均燃費:19.75km/L。全国のオーナーからの燃費情報を元にした実燃費が分かります。クルマの乗り方によっても燃費は大きく異なります。車レビューも参考になります。

ハスラーの中古車

ハスラーは製造時期によって中身が違います。なので、選ぶ際には「登録年度」「走行距離」以外に気をつけることがあります。
・「A」以外はS-エネチャージ搭載のMR41S形であるかどうか。「A」は2015年12月7日以降のモデルかどうか。
・「X」は「デュアルカメラブレーキサポート」搭載となっているか。
これらによって見分けることができますので、中古車選びの際の参考にしてください。

全国のハスラーの中古車情報(1〜30件)はGoo-net(グーネット)。価格・年式・走行距離からご希望の車を検索・見積りできます。中古車物件情報が30万台!全国のスズキ(ハスラー)の中古車検索・見積りなら日本最大級の中古車情報サイトGoo-net!

スズキ ハスラーのCM

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/BYOnCY-Dt-U" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

ハスラーのCMに起用されているのは漫画「Dr.スランプ」のキャラと「ももいろクローバーZ」となっています。
「遊べる軽」ということを前面に押し出しており、非常に賑やかで明るいイメージのCMとなっています。

スズキ ハスラーのカスタム

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/EvVGl1XowV8" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

タイヤをオフロード向けのものに替えリフトアップするカスタムが目立ちますが、逆にリフトダウンするカスタムも。ちなみに「車高の上げ下げ±4cm以内」「コイルスプリングのみの交換」という条件であれば構造変更登録は不要です。
個性派ならではのユーザーによる自由なカスタマイズで見た目にも楽しめるのがハスラーだと言えます。

スズキ ハスラーの口コミ・評価・感想

個性派のハスラーの評価は賛否両論。実際のユーザーの声とはどのような物なのか? Goo-netでの口コミをいくつか抜粋して見たいと思います。

ただしエクステリアデザインは、好き嫌いがあるかも……。

出典:www.goo-net.com

ハスラーの見た目ですね。女性から「カワイイ」という評価されることもあれば、男性からは「無骨でタフなイメージが欠けている」というような評価も…。

エンジンのパワー不足。(JスタイルII DAA-MR41S)
JスタイルなのでNAですが加速性能も申し分なしです。(DBA-MR31S)
パワーがあまりないので登り坂はきついです(Xターボ DBA-MR31S)
ターボー車はストレスなく快適に走行が可能であった。(Xターボ DBA-MR31S)

出典:www.goo-net.com

エンジンパワーに関してはターボやS-エネチャージの有無だけでは説明が付かないバラつきが見受けられます。S-エネチャージも条件によっては作動しないこともあるので、搭載車だからといって過信しすぎるのも考え物。ターボに関しても660ccという小さな排気量で生み出せる加給圧にも限度があります。
結局のところ「何と比較してのパワーなのか」というのが明確でない以上は個人的な感想となってしまいますし、万人が納得する明確な基準が存在するわけでもありません。

しいて言えば、ワゴンRなどに比べると乗り心地が少し劣ることでしょうか。とはいえ、気にならない人はまったく気にならないくらい些細な違いですけどね。

出典:www.goo-net.com

ハスラーはワゴンRよりもリフトアップされている関係やサスペンションのセッティングも異なっているので、ワゴンRを意識して乗ると違和感があるようです。

スズキ ハスラーのライバル車

主に小型車をメインで生産するスズキ自動車ですが、そのライバル会社とも言えるダイハツから2台のライバル車といえるクルマが登場しています。

ダイハツ ウェイク

タントを更に大型化したクルマです。ハスラーにはない居住性と収納容積の大きさが魅力となります。アクセサリーオプションに関してもハスラーと同様のアイテムを用意しており、ハスラーを強く意識している印象があります。
ただ、ハスラーは最低地上高の確保やグリップコントロールなどでの「走り」を強化した一方で、逆にウェイクは居住性と収納容積を追求した分、最低地上高がタントよりも下がってしまっています。4WDモデルはあるものの悪路への走破性には難があるかもしれません。

急速に高まる車中泊ブーム。それに伴うユーザーのレジャー志向。一昔前なら大きなSUVでなければ楽しめないレジャーも、今では小さな軽自動車でも楽しめる時代。…軽自動車の気軽さ・軽快さそのままで、もっと大きく遊びたい?それならダイハツのビッグな軽自動車「ウェイク」をお供にするというのはいかが?

ダイハツ キャスト アクティバ

ハスラーの直接的なライバル車に相当しそうなのがこのキャスト アクティバです。性能や装備面はハスラーと同等です。
ただし、こちらはハスラーに比べるとアクセサリーオプションでは見劣りする感じで、シートアレンジの幅も狭めとなっています。

ダイハツ工業が2015年9月に発売した軽乗用車「キャスト」の中でも、 クロスオーバーテイストをまとった「キャスト アクティバ」の4WDのオフロード走破力をムービーにて公開中と発表しました。

スズキ ハスラーの値引き情報

ハスラーは売れ行き好調な車種なので、値引きは中々厳しいところです。おおよそ10~15万円の値引きを引き出すのが限界だと言われています。
ただし、今後のモデルチェンジ次第でもっと値引きなどを引き出せるかもしれません。そのモデルチェンジのタイミングで展示車両などとして在庫を抱えている販売店があれば、その在庫は型落ちになってしまうため販売店としても入れ替えをしたい状況になります。そのタイミングに出くわせば、通常の値引き+αを獲得できるかもしれません。

まとめ

近年稀に見るヒット作となったハスラーの魅力は「ハスラーに乗って出かければ楽しいことができる」と思わせるイメージです。
車体はワゴンRクラスなので、現代の軽自動車としてはそれほど居住性や収納容積が高いわけではありません。それでも売れるほどに「遊べる軽」という存在が他には無く、ユーザーが求めていたものだったわけです。
ハスラーは個性的ですが、ユーザーを選ぶようなクルマではありません。クルマとしての評価が分かれる面もありますが、ハスラーはユーザー対して何かしらの形で「楽しい」というイメージを引き出し、「遊ぶこと」に飢えていたユーザーの期待に答えられるクルマであるということは確かです。