GTウィング本当に必要?見た目だけじゃない本当の効果

最近の走り屋系の車のエアロの定番と言えば「GTウィング」。リアのトランクからそびえ立つ巨大なウィングは見た目も派手でかっこいいですよね。ところでこのGTウィング、はたして効果はあるのでしょうか。

GTウイングのルーツ

出典:http://photozou.jp/photo/show/2996370/183779848

強力なダウンフォースを必要とするレーシングカーに、飛行機の翼を上下逆にした形状の板を車体に取り付けるためのステート台座で固定されたのが、GTウィングのルーツなのだそうです。見た目も派手なことから、街中の走り屋やドレスアップカーユーザーが真似し出しました。
レーシングカーの後部に巨大なウイングを取り付けるのは古くから行われていましたが、近年のGTウイングの形状はGTウィングという名称からして、日本GT選手権の市販車ベースのGTマシンの影響と思われます。

GTウィングのメリットについて

GTウィングを取り付けると強力なダウンフォースを得ることができます。
ダウンフォースとはわかりやすく言えば、上から押さえつける力の事です。
ダウンフォースによって得られる効果は以下の2点。

1. ブレーキング時の姿勢の安定化

アクセルを踏んだ状態から一気にブレーキを踏んだ時、前に思いっきりつんのめる経験をした事があるかと思います。これはブレーキを踏んだことにより、荷重が急激に前に移動する事によるものです。この時、後ろの荷重が抜けてしまい、車の姿勢は非常に不安定になっています。そうした時にGTウィングでリアに強力なダウンフォースを発生させ、リアを押さえつけることにより、車の姿勢を安定させる事が出来るのです。
サーキット走行でストレートでスピードが出ている状態からコーナに飛び込む場合等、減速後の姿勢を安定させる事は重要な事です。

2. コーナリングの安定化

GTウィングは高速になればなるほど強力なダウンフォースを発生させます。得られたダウンフォースでリアは押し付けられ、高速でのコーナリングが安定します。特に後輪駆動車については駆動輪が押し付けらることでよりタイヤのグリップが増し、タイムアップにつながります。

ブレーキ時の姿勢の安定化やコーナリング時の安定化はコンマ数秒を争うレースの世界では重要な要素です。ブレーキ時の安定化はタイムアップに結びつきます。GTウィングの装着は必然という訳です。

GTウィングによってダウンフォースが発生するしくみ

高速走行時、ボンネットからルーフに沿って流れた風はリアガラスからの急激な落ち込みからきれいに流れることができずに乱気流となり、トランク周辺で負圧を発生させます。一方、サイドを流れてきた風はきれいにサイドに沿って流れてくる為、整流されつ、トランク周辺で発生している負圧に引きこまれながらGTウィング両端に当たることでき下向きの力、すなわちダウンフォースが発生します。

出典:http://www.m2-hanbai.com/new-m2-hp/aero/gt-wing/kaisetu.html

有限会社 エム・ツー販売のサイトより。

出典:http://www.m2-hanbai.com/new-m2-hp/aero/gt-wing/kaisetu.html

有限会社 エム・ツー販売のサイトより。

GTウィングでより強力なダウンフォースを得るために

出典:http://www.dmax-cs.com/1_10wing-1_gt.html

エアロパーツや、ボンネット、エンジン廻りなどドリフト用のチューンパーツを取り扱う、D-MAXのサイトより。

GTウィングの形状は、2本のステーの上に平たい板がただ載っているような単純なイメージでしたが、風の流れを少しでも効率的に取り込み、より大きなダウンフォースを発生させる為、様々な工夫がされているようです。

3DGTウィング

GTウィングで実際にダウンフォースを発生させているのは車体のサイドから流れ込む空気です。ボンネットからルーフ、トランクに流れる空気はトランク付近で乱流を発生しています。
最近のGTウィングはこのような理由からウィング中央部をうまくこの乱流を逃がすような工夫が施されています。さらにはウィング翼端に翼端板を取りつけ、サイドからの空気を逃さないようにすれば、トランク付近で発生する乱流を逃し、サイドからの空気を無駄なく使うことでより強力なダウンフォースを得ることができるのです。
こういった立体的な形状を採用しているGTウィングを3DGTウィングと呼んだりします。

乱人 汎用3D GTウイング L型ステー カーボン 1680mm

¥95,040

販売サイトへ

GTウィングを自分の車に取り付ける際の注意点

D-MAX GT-WING A140 DMGT1T2RW

¥15,909

販売サイトへ

LEG (レッグ) RX-8 SE3P カーボン GT-WING Ver.2

¥186,840

販売サイトへ

空力やダウンフォース云々といった難しい話はさておき、装着すると後ろからの見栄えに迫力があり、尚且つ車高が低く見えるGTウィング。スポーティな車種のオーナーだったら取り付けない手はないですよね。
そこで実際に取り付ける場合の注意点や一番気になる「車検」はどうなるのか調べてみました。

取り付け部分のシーリングや補強

殆どの人が取り付けはそれなりにノウハウをもったショップにお願いするかと思いますが、自分で取り付けを行う場合は以下の点に注意しなければいけません。

1.穴あけ後のシーリング
トランクに穴あけしてしまいますので、雨などで雨漏りの危険があります。また、穴の周りに水分が溜まることでサビの発生も考えられます。取り付け用の穴をあけた後はキチンとしたシーリングを施し、雨漏りや防錆対策をしっかり行いましょう。

2. 取り付け部分の補強
GTウィングを取り付け後はGTマシンほどでは無いにせよ、ダウンフォースが発生し、取り付け部分に相応の荷重がかかることが想定されます。高速域では数十キロの重さがかかるとか。ですので取り付ける部分には裏から補強板を入れる等しないとトランクがベコベコになってしまう可能性があります。

3. 振動対策
自動車はエンジンやミッション、路面からの突き上げ等、様々な振動が発生します。特にGTウィングのような重心の高い位置にあるものはかなりの振動が予想され、その振動によってトランクの塗装面に傷がつき、そこから錆びてしまう、なんてことが考えられるわけです。そういった振動を逃がすためにも、マウントステーとトランクの間にゴム板を挟むなど、対策が必要です。

車検について

厳密に定められてはいませんが、一定の保安基準を満たしていれば問題はなさそうです。

1. 幅について
保安基準によると車幅に対して、165mm以内で収まっていれば問題ないようです。
2. 取り付け位置について
車体最後端部からはみ出ていなければ問題ないようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
サーキットでタイムアップを狙う人も街中でドレスアップを楽しみたい人にもGTウィングは魅力的なアイテムです。
これを機会にGTマシンを気取ってみるのも一興かと思います。

それではよきカーライフを!