近未来的加速?ハイブリッドスポーツカーの魅力を簡単にご紹介!

スポーツカーは車好きにとって永遠の憧れの存在です。スパルタンな顔つきから、時に凶暴な加速を見せつけてくれるエンジン。そんなスポーツカーも時代の流れから続々とハイブリッド車がラインナップされています。ハイブリッドスポーツカーの持つ魅力を簡単に紹介します!

スポーツカーだってハイブリッドの時代へ!

ハイブリッドスポーツカーの先駆けであるホンダのCR-Zを筆頭に、各メーカーが続くようにモーターショーなどでハイブリッドスポーツカーのプロトタイプを発表しており、次世代のスポーツカーとして注目を集めています。

スポーツ性能はそのままに、燃費は劇的な向上!

高い走行性能を手にいれるかわりに、パワフルなエンジンゆえに燃費がどうしても悪くなってしまうといったデメリットがありましたが、ハイブリッド化が進むことで、従来では夢のような話であった燃費と走行性能を両立することを実現しています。ラインナップされ始めている段階ですので、まだ数こそは少ないですが、この先多くのハイブリッドスポーツカーが市場に投入されることが予想されています。

実は抜群の相性!

スポーツカーとハイブリッドシステムは真逆のようで意外にも抜群の相性なんです。ハイブリッドシステムを搭載することで、燃費の向上だけでなく運動性能の大幅な向上が可能です。世界最高峰モーターレースF1でもハイブリッドシステムが採用されています。F1の舞台でも採用されるほどハイブリッドシステムは運動性能向上に対して大きくアシストしてくれます。ハイブリッドシステムがスポーツカーの動力に大きくアシストする部分は、加速時のトルクです。パワーを重視しセッティングされているエンジンですと、最大トルク発生が高回転域に設定されている事が多いので、中低速トルクが薄くなる傾向にあります。そこで、ハイブリッドシステムのモーターで補助をさせる事で、ストレスなくパワフルな加速を実現してくれるのです。

ハイブリッドカーによる性能の大きな違いは故意的?

同じメーカーの同等クラスのハイブリッドカーとハイブリッドスポーツカーを比べた際に、トルクなどで大きな差が生まれています。これって実はメーカーが故意的に行っているんです。エンジンの性能を故意的にセーブする事によって、走りに振った味付けではなく、低燃費に徹した味付けを実現しています。ハイブリッドスポーツカーはその点で、故意的にエンジン性能をセーブする事をしないので、本来のエンジン性能を発揮でき高い運動性能を実現しています。

ハイブリッドスポーツカーのラインナップ!

ホンダ CR-Z

コンセプトモデルが2007年に初公開され、2010年にデビューを飾ったCR-Zは世界初のハイブリッドスポーツカーとして注目を集め、日本カーオブザイヤーにも輝いた実力を持っています。気になる、CR-Zのスペックですが、最大出力は87kW/6,000rpm、最大トルクは144N・mとスポーツカーとしては充分なパワーを発生させます。発売当初は、スポーツカーとしてみると、もう少しだけパワフルな走りを体感したいという声が多かったために、ホンダは2012年のマイナーチェンジでplus sportシステムが導入されています。このシステムは車両が30km以上の直進走行時でバッテリーに余裕がある条件下でS+ボタンを押す事で、アクセルを少しだけ踏むだけでフルパワーを発揮させる事ができリニアな加速を体感できるというシステムです。このシステムを使う事で、3,000ccクラスの加速を楽しむ事ができ、ドライバーをその気にさせてくれます。気になる燃費性能も21.6km/Lとスポーツカーとは思えないほどの燃費性能を誇っています。

ポルシェ パナメーラS E-ハイブリッド

価格の面ではまだ現実的ではありませんが、スポーツカー好きが一度は憧れるポルシェからもハイブリッドスポーツカーがラインナップされています。パラレル方式のハイブリッドシステムであるPHEV(プラグインハイブリッド)が搭載されています。最高速度は270km/hと世界のポルシェの名に恥じない仕上がりとなっています。EV走行時の燃費性能は32.1kmと驚異の燃費性能を誇っています。ハイブリッド車の命であるバッテリーはメンテナンスが不要となっており、バッテリーには6年の保証が付く事も魅力の一つです。

まとめ

現在の国内メーカーですとホンダのCR-Zだけとハイブリッドスポーツカーのラインナップは少ないですが、海外メーカーは続々とラインナップを開始している事からも、国内メーカーがこの先多くのモデルを市場に投入してくる事が予想されます。これから主流になっていくであろうハイブリッド車は、お財布にも、地球環境の事を考えてもおすすめです。
ハイブリッド車だからといって、走りがつまらないといった事は一切なく、むしろパワフルに近未来的な走行を実現してくれる事を理解していただけたかと思います。

大排気量よりハイブリッド?

一昔前の車のステータスは排気量の大きさや、V6やV8といったエンジン形式で判断されてきていました。しかし最近では時代の流れからか、ハイブリッドを搭載している車の方がステータスが高くなってきているようです。
街中で目立つ事のできるスポーツカーでハイブリッドが搭載されていれば、車好きであり環境の事もしっかりと考えているオーナーとしてみてもらう事ができます。決して大きなエンジンではなくても、ハイブリッドシステムのモーターによるアシストで効率的かつパワフルな加速を実現する事ができるハイブリッドスポーツカーはこの先主流となる事間違いなしです!