高級感が漂うルックスなのに経済的!トヨタ「エスクァイア」の魅力とは?

「この車、本当に5ナンバー?」と思ってしまう高級感と存在感を醸し出すトヨタ「エスクァイア」とはどのような特徴のある車なのでしょうか?

トヨタ「エスクァイア」とは?

トヨタ「エスクァイア」は同じ5ナンバーサイズのミニバンとしてトヨタから販売されているノアとヴォクシーをベースに「ラグジュアリーミニバン」として高級感をもたせたモデルです。
ノアとヴォクシーと基本は同じでありながら、外観にも内装にもこだわったモデルになっています。

こんなに大きいのに、本当に5ナンバー?

エスクァイアは全車5ナンバーのみの構成となっています。
ベースはノアやヴォクシーと同じなのに、すごく大きく見える外観は、3ナンバーの高級車と見間違えるほどです。

大きく見える理由は外観に施した豪華な金属パーツでしょう。
フロントグリルだけでなく、サイドに施されたステンレスベルトモールなどが存在感をアップしています。

大型グリルが醸し出す高級感

エスクァイアの最も印象的な部分といえば、大型のフロントグリルです。
このフロントグリルは、T字型になっており、アンダーグリル部分までしっかりと加飾バーが配置されています。
車を見たときに、最初に目に飛び込んでくるこの大型グリルの存在感と、醸し出す高級感がこの車の第一印象として見た人の心に刻まれます。

さらに、こだわりの内装にも注目したいところです。
合成皮革を使った内装は、黒と茶色のシックな色合いになっており、内装からも高級感が感じられるようになっています。
ハンドルなど、ところどころに効果的に金属装飾も使われています。

大きいけれど燃費が良くて経済的

大きくて高級感があると、燃費が悪そうな印象を受けるかもしれませんが、この車は違います。
ハイブリッド車とガソリン車があり、ハイブリッド車は23.8km/L、ガソリン車でも16.0km/Lも走ります。

エコカー減税や自動車グリーン税制の減税の適用対象になっていることもお財布にとても優しいといえます。

運転しやすい機能もたくさん

車が大きいと運転が怖い、運転しにくいという印象がついてまわりますが、大きさを感じさせないような運転しやすい機能もたくさんあります。

まず、視界が広いことです。インパネの形状や三角窓の拡大など、視界を広げることで、安心して運転できるようにしています。
また、ミラーも助手席側のドアミラーの鏡面下部に非球面ミラーを採用し、駐車時の見やすさを確保しています。

トヨタ「エスクァイア」はこんな人におすすめ

トヨタ「エスクァイア」は5ナンバーで燃費もよい車であるにも関わらず、存在感や高級感が感じられる車になっています。
「ラグジュアリーミニバン」という位置づけのこの車は、家族のためにもミニバンにしたいけれど、かっこよさや高級感はあきらめられないという人にぴったりな車といえるでしょう。