ガソリンスタンド系クレジットカードでお得に節約!おすすめのカードはこれだ!

ガソリンの価格が上がったり下がったり。でも、1円でも安く購入したいのは誰でも思うこと。どこかのガソリンスタンドが安いと聞けば、ちょっと遠くても探してしまうのがドライバー心理です。そんなガソリンの価格がスタンド系のクレジットカードを使えば安くなると知ってますか。でも、会社別で分かりにくい、という方にお得度を整理しました。

安くなる仕組みは3タイプ

ガソリン系カードの安くなる方法は、おおよそ3種類です。
・「割引率が一定」=一定型
・「ガソリン利用額(月別)によって割引率が変動」=変動型
・「ポイント加算でガソリン代金還元」=ポイント加算型
それでは、それぞれの特徴を見てみましょう。

割引率が一定

月々のガソリン利用額にかかわらず一定の割引率が適用されるカードです。これは、月々のガソリン購入費用があまり多くない人向きです。

ガソリン利用額(月別)によって割引率が変動

長距離運転が多く、月に数万円のガソリン代を使う人には割引率が1Lあたり10円以上になるカードがあります。これらの中には、ショッピング額も加算できるものもあります。

ポイント加算でガソリン代金還元

給油時には割引を受けられませんが、ポイントとして加算され後でガソリン代金にキャッシュバックしたり、ネットショッピングに使えるサービスです。

それではガソリン系カードの種類を調べましょう。いつもガソリンを入れるスタンドが決まっている方におすすめです。

3種類から選べるカード

エネオス

エネオスカードには変動型、ポイント型、一定型の3種類あります。
・エネオスカードC(変動型)
スタンド、ショッピングで月7万円以上の利用があると、最大でガソリン1L7円引きになります。カードの年会費は1,250円。月々の利用額で値引率は変わるので、月の利用額が2万円以下だと年会費無料のカードSと同じ割引になるので得ではありません。車にたくさん乗り、ショッピングにも使う人向きです。

・エネオスカードP(ポイント加算型)
ガソリン購入1,000円分が30ポイントに還元されます。1,000ポイントが1,000円に換算されて利用できます。ショッピングでは1,000円が6ポイントになります。

・エネオスカードS(一定型)
ガソリンと軽油が常に1Lあたり2円割引になります。初年度会費は無料ですが、年に1回使うと翌年の会費は無料になります。つまり、毎年最低1回使えばずっと会費無料で使えます。

エネオスカードはオリックスレンタカーで10%割引、また加盟店でショッピングすると1,000円で6ポイント貯まるサービスもあります。

コスモ

コスモカードも変動型、一定型、ポイント加算型の3種類のラインナップです。
・コスモ・ザ・カード・オーパス(一定型)
年会費無料でガソリン、灯油、軽油が店舗の会員価格で購入できます。新規入会時は50Lまで1L10円のキャッシュバックがあります。

・コスモ・ザ・カード・ハウス(一定型+ポイント加算型)
初年度会費無料で次年度から525円かかります。オーパスの特典に加え、ガソリン・マイレージが付き、貯まったマイルで商品と交換できます。

・コスモ・ザ・カード・トリプル(変動型+ポイント加算型)
年会費1312円で、入会特典は一緒ですが、キャッシュバック制度が付与されます。コスモステーション、高速道路、他の加盟店でのショッピングでポイントが貯まり、ガソリンや商品にキャッシュバックされます。

他のガソリン系カード

出光

出光カードまいどプラス(一定型+ポイント加算型)は年会費永久無料でガソリン、軽油が1Lにつき2円割引、灯油が1Lにつき1円割引。オプション料金(787円)で24時間365日対応する出光ロードサービスに加盟できます。

昭和シェル

シェルスターレックスカード(変動型)は、価格還元型のスタープライズコースを選択しさらにWEB明細であれば以下の割引となります。半年の利用額に応じて、割引価格は段階的に上がります。

・「12万円未満」の場合
ハイオク4円/L、レギュラー2円/L
・「12万円以上30万円未満」の場合
ハイオク6円/L、レギュラー3円/L
・「30万円以上42万円未満」の場合
ハイオク9円/L、レギュラー4円/L
・「42万円以上60万円未満」の場合
ハイオク11円/L、レギュラー6円/L
・「60万円以上」
ハイオク13円/L、レギュラー8円/L

この割引が適用されるのは月に150Lまでですが、さらに半年500円を支払うと350Lまで拡大されるサービスも提供されています。

エッソ、モービル、ゼネラル石油

3つのガソリン系スタンドを共通で利用できるのがシナジーカード(変動型)です。年会費初年度無料、次年度から2,100円かかります。月の利用額が1万円以上で1円引きから段階的に割引額が上がり、7万円以上で1Lあたり7円割引となります。

・月の利用額1万円未満 → 値引額1円/L
・月の利用額1万円〜2万円未満 → 値引額2円/L
・月の利用額2万円〜5万円未満 → 値引額3円/L
・月の利用額5万円〜7万円未満 → 値引額5円/L
・月の利用額7万円以上 → 値引額7円/L

宇佐美

全国450店舗ある宇佐美サービスステーションで使えるのが、エクストリームカード(一定型+ポイント加算型)です。年会費初年度無料、次年度から年会費3,150円のところ、年間30万円以上の利用で次年度は無料になります。ハイオクも値引き対象でレギュラー、軽油が常に1L2円割引、灯油1円引き。また、ガソリン値引きだけではなく、ポイントも付与するのでダブルの特典が得られます。このポイント特徴は一般の区ジットカードより還元率が高いのでお得です。他社はだいたい0.5%前後と比べ、1.25~1.5%と2倍以上の率です。

ガソリン系以外でも

・楽天カード(ポイント加算型)
年会費永年無料。全国のENEOSとJOMOのガソリンスタンドで使用すると楽天スーパーポイントが2倍になります。100円で2ポイントです。他の会社のスタンドで使ってもポイント1%が貯まります。

・JCBドライバーズプラスカード(変動型)
ガソリンスタンド、高速道路で月30万円以上使用すると、キャッシュバック率30%にもなります。月3万円以上で2.5%のキャッシュバックから段階的に設定されます。キャッシュバックの振込みは指定口座には3ヶ月後。キャッシュバックの限度額は月最大6,000円です。初年度会費無料、次年度から年1,250円。

・セディナカード ルート2000(変動型+ポイント加算型)
「お油割りくんコース」はガソリンの値引きが、ガソリン代金と高速道路利用代金の合計額で変わります。最大で1L38円引き。初年度会費無料、次年度から2100円。充実したサービスがあり、レンタカー、送迎、緊急宿泊費用、帰宅費用などをカバーする他、海外・国内旅行傷害保険も付きます。年会費初年度無料、次年度から年2,000円。

・シェルPontaカード(ポイント加算型)
Ponta加盟の昭和シェル・ガソリンスタンドポイントが貯まります。ガソリン、軽油を給油すると1Lで1ポイント、さらにクレジットで購入すると1L1ポイントの計2ポイント。全国2万店舗以上あるPonta提携店舗で1ポイント=1円として使えます。初年度年会費無料。次年度は1,250円ですが、年1回の利用で翌年は無料になります。

ライフスタイルでカードを選ぼう

給油するスタンドが決まっている場合、月々のガソリンの使用量が多い人は決まったガソリン系カードがお得です。エネオスカードC、コスモ・ザ・カード・トリプルなど。
ただし、スタンドが決まっていない場合は、JCBドライバーズプラスカード、セディナカード ルート2000が向きそうです。
また、ガソリンだけでなく、ショッピングのメインカードにしてポイントを貯めるならコスモ・ザ・カード・トリプル、エクストリームカードがおすすめ。
ガソリン代が付きに2万円程度ならば、各スタンドでポイントが付く楽天カードや、各ガソリン系スタンドの会費無料のカードをそれぞれ持つことがよいようです。